worldNote
世界の覚書

道州制、易姓革命、外国人参政権には反対です。伝王仁墓に百済門を作るのは場違いであり、反対です。
 



集団的自衛権、憲法解釈変更で自公協議開始 2014.4.4 01:01高村氏は「国の存立のため必要最小限度の範囲内なら、集団的自衛権は認められる」と限定的に集団的自衛権を認める自民党の基本方針を説明した。山口氏は個別的自衛権や警察権の行使での対応は可能との認識を示し、自衛権か交戦権か。本来は、そこが問題の要のはずだ。憲法改正が必要なのは、交戦権の否定を止める必要があるからだ。 分かっているのか分 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )