worldNote
世界の覚書

道州制、易姓革命、外国人参政権には反対です。伝王仁墓に百済門を作るのは場違いであり、反対です。
 



北朝鮮はどんな攻撃を受けても、ソウルに対して長距離砲やロケット弾を大量に送り込める。その抑止力は甚大で、米国は(韓国の犠牲を懸念して)攻撃したくても出来ないくらいである。この判断はクリントン政権から変わらない。北朝鮮を壊滅させることは出来ても、韓国の犠牲が大きすぎる。 だとしたら、そもそも北朝鮮に核の抑止力は不要という事になる。弾道ミサイルの射程も長すぎる。軍事合理性はない。 スカッドなどはイ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に北を空爆せよ」ソウルの無防備さはアメリカが攻撃しない理由にはならない。ソウルが無防備なのは韓国の自業自得である面が大きいからだ。 約40年前、当時のジミー・カーター大統領が韓国から駐留米軍を全面撤退すると決めた際(最終的には1師団が残った)、アドバイザーとして招かれた国防専門家たち(筆者自身を含む)は韓国政府に対し、中央官庁を北朝鮮との国境から十分に . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




北朝鮮のミサイル開発は最近急速に進んだ。独自開発にしては不自然なので、技術導入があったなと観測されていた。その主体は常識的に言って中国かロシアしかあり得ないが、謎だった。 瀋陽軍区が怪しいという話もあったが、これは核開発の件。 習近平氏が人民解放軍「瀋陽軍区」に怯えている! 核の原料・技術を平壌に流す?最精強集団 火星級のIRBMが旧ウクライナ(当時はソ連)で作られていたRD-250と同じ形状 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




韓国外交官に非エリートの臭い 米国務長官の夕食会なしに「事務的ミス」?思い出すのは2013年の東日本大震災の追悼式典を、駐日韓国大使が「事務的ミス」で欠席したことだ。その内容とは「招待のファクスが英語だったので、大使館員が重要なものと思わずうっかり捨てた」(SBS、13年3月12日)。 (中略) 古い記事になるが、「最近3年間の外務公務員特別採用合格者現況を分析した結果、合格者190人のうち81人 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




人民解放軍は中国共産党の私兵である。軍閥の一種とも言う。勝手といえば勝手であって、勝てば官軍、負ければ賊軍である。軍事的に勝ったことが正統性の根拠となる。 大日本帝国陸海軍は統帥権の独立が近代国家体制としての難点だったと言われる。政府の管理が及ばぬ軍隊だが、元老が生きている内はそれでも機能した。山形有朋が死んで、タガが外れたと言われる。薩長藩閥政府とも言った通り、明治新政府はその本質において薩長 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




死ねが流行語とは世も末だが... オックスフォードディクショナリーの今年の言葉2016は「post-truth」だ。格が違うね。「fake news」の方が実態に近いかもしれないが。 前者は起源がだいぶ古い。プロパガンダを言い出したら、100年遡る。多分、ラジオの出現が背景。fake newsはネットやSNSが背景。post-truthは古くて新しい問題。 WIRED 日本の場合、パヨク、ポ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日本は世界一つっぱりかもしれない。脅されても、いや脅されるほど萌える。座して死を待つわけにはいかない、として戦闘モードに切り替える。国力があるものだから、そこが口だけじゃない。正面から戦う。ソ連や中国の核ミサイルを、日本はあまり気に止めていない。潜在的にはやばいよなと思っても、だから何と言う。基本的に恐れてびびる事がない。日本が唯一屈したのは対米戦だが、奇妙なことに、戦後日本は戦前日本よりもっと国 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




英国 閣僚が同性愛公表 キャメロン首相「すばらしい」 LGBTにキャメロン首相は好意的だ。欧米ではLGBT支持は知的エリートのたしなみっぽい。 日本でLGBTをことさら言う向きは、欧米風である。図式化すると、反知性主義は反LGBTであり、日本のLGBT支持派は欧米の知的エリートと同じサイドに属する。となると、EU離脱派のような大衆のサイドではなく、キャメロン首相のようなエスタブリッシュメントの . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




参院選に臨んで、憲法改正の2/3が話題になっている。しかし政権を攻撃しようとするほど、野党は自滅していく、奇妙なパラドックスが生じている。そもそも民主党政権という、本来なら絶好のチャンスを、彼らは自滅していった。その後も、自滅していくばかりである。民進党は共産党に近づき、ますます自滅していく。 最近の日本では左翼の劣化が目立つ(自滅しているのだから、逆に目立たないのかもしれない)。パヨクという言 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




【萬物相】軟弱な息子と過保護な親、「幼稚園化」する韓国軍親は軍の幹部にいつであろうと連絡をよこし、子どもの安否を尋ねる。親と部隊は、息子の所属中隊が開設したBANDやカカオトークのグループチャットでニュースを共有する。中隊の幹部は、兵士たちが土用にサムゲタンを食べている写真、サッカーをしている写真を撮って掲載する。グループチャットでニュースを共有するのかあ。 幼稚園はあんまりだが、小中学生くらい . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




中国外相反論「日本は対抗意識を捨てるべきだ」日本が〈1〉歴史を直視・反省し「一つの中国」政策を厳守する〈2〉「中国脅威論」や「中国経済衰退論」を広めない〈3〉互いの正当な利益を尊重し対抗意識を捨てる――ことなどを要求した。自己愛性パーソナリティー障害(人格障害)という症状がある。調べていただければ分かると思うが、周囲の人間にとっては非常に厄介である。通常の人付き合いは不可能である。付き合わない、が . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




民進党の山尾氏は、秘書の不法行為は議員の責任という論を甘利氏には適用し、自分には適用しない。ダブルスタンダードだ。この背景に、不誠実な知性を見てもいいのだが、どうもこの種の人格は、類型として存在するのではないか、という気がする。以下述べる事は一般論である。 ダブスタは本人が一番先に気づくべきだ。そうでないという事は、そこに気づく脳の回路が出来てないという仮説が成り立つ。まず、記憶回路に弱点がない . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




自民党大会安倍首相発言 「選挙のためだったら何でもする。誰とも組む。こんな無責任な勢力に、私たちは負けるわけにはいかないんです。」 日テレは安部首相|選挙のためだったら何でもするとテロップ。 さすがにまずいと思ったのか、夜中にひっそり訂正報道。選挙のためだったら何でもする。 無責任な勢力に、私たちは負けるわけにはいかない。と2行に訂正したらしいが、「誰とも組む。こんな」が省かれて台無し。訂正1 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ロイター日本や中国およびその他アジア諸国が過去数年にわたり為替操作で人為的に輸出価格を抑えてきたと名指しした。こりゃ駄目かも分からんね。じゃあ共和党は?トランプになりかねない勢い。トランプも日本にいい顔はしないが、彼は日米安保の片務性の由縁を無視している。これも駄目っぽい。韓国については、ただ乗りっぽくはあるが、地政学を無視してはいけない。 こうなると、共和党のルビオとクルーズが手を結ぶしかない . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




中国建設のインドネシア高速鉄道 受注後に支払いや安全性で紛糾中国がインドネシアに作った企業連合は、事業が失敗した時にインドネシア政府が損失を保障すると言う、契約にない要求をしている。後で話が違くなるのが中国流の開発話な訳で。一方インドネシア政府は、高速鉄道に地震対策を強化し、耐用年数を100年にすよう求めました。地震速報システムで緊急ブレーキとか、耐用60年→100年にしろとか、官僚は追い出しにか . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ