日々是好日

撮った写真にまつわることを気の向くままに書いています。

ネリネ・クリスパ

2021-11-14 07:00:00 | 植物

散歩コースに咲いていた花。

ヒガンバナによく似ているけれど、花と同時に葉も見える。

だからこれは「ネリネ」に違いない。

花が咲いている時に葉がなければヒガンバナ、葉があれば「ネリネ」。

このように、花はそっくりでも葉があるかどうかで見分けがつく。

また、ヒガンバナとネリネは花の咲く時期も違う。

ヒガンバナは名前の通り、彼岸の頃だから夏から秋にかけて咲き、ネリネは花が少なくなった頃、秋から冬にかけて咲く。

 

 

 

ネリネにもたくさんの種類があり、咲いていたのは「ネリネ・ウンデュラータ(Nerine undulate)」、でも「ネリネ・クリスパ」の方がなじみがある。

花弁は細いけれど、フリフリがかわいい。

 

 


 

学名:Nerine

英名:Nerine

別名:ダイヤモンド・リリー

科名・属名:ヒガンバナ科 ネリネ属

原産地:南アフリカ

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« シャクチリソバ(赤地利蕎麦) | トップ | クレマチス »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿