日本共産党衆議院東京1区くらし・雇用相談室長、千代田地区副委員長 冨田なおき

衆院東京1区で3度出馬。2017年、野党共同候補・海江田万里さんを市民と野党の共同で勝利させることができました。

原水爆禁止世界大会・広島の報告(その3・被爆者のお話を聞いて)

2008-08-19 19:37:06 | 平和








原つとむさん、佐藤なおきさん縮小JPEG.JPG 八幡さんJPEG.JPG  集合写真再縮小JPEG.JPG 安藤、U縮小JPEG.JPG







2日目は青年の分科会に参加、グループに分かれて被爆者の方を訪問、直接お話を伺いました。会場に着くと、東京6区の佐藤なおきさん、少し前まで同じ赤旗出張所員同士の墨田区議・原つとむさんと再会、写真をパチリ。



ほかの分科会よりも集合時刻が30分早かったのですが、あまりの参加者の多さに(800人!)、まずはグループに分かれるまでがスタッフの皆さんの大仕事でした。



私のグループは、ほかの2グループと一緒に、若いスタッフの方の先導で、バスに乗って観音(かんおん)という地区へ。2人の被爆者がお話をしてくださいましたが、予定では5人見えるはずだったとのこと。高齢の被爆者のみなさんは、闘病しながら、体調がすぐれないなか、日々を生活していることを、まず思い知らされました。



2枚目の写真の八幡保さんは、原爆が落とされたときは15歳。広島市から13キロ離れた呉市にいました。8月17日に、お母さんの使いで、いとこの安否をたずねて広島市に入ったのですが(後に「悪かったのう」と言って亡くなったそうです)、昭和54年(1979年)まで、自分は被爆者ではないと思っていたそうです。



30歳から70歳代まで労働組合の専従として、被爆者の救援活動に携わる日々。あるとき、「人のこと一生懸命だけど、あんたも入市したなら、被爆者手帳もらわないのか」といわれ、いろいろ思い出したそうです。



原爆の年の10月に頭が禿げたこと、家族からも差別されたこと、翌年の夏に海水浴に行き、皮膚をかいたらぼろぼろになり、医者に「手術のあとだ」と思われたこと。



当日、その場にいなくても、被爆し、身体を、心をむしばむ。放射能は、そこがほかの被災者と違うところだと繰り返し強調されました。



写真でかかげている被爆者手帳は、「2号」被爆者のものだそうです。2週間以内に、中心部から2キロ以内に3~4時間以上滞在したことが条件。1号は直接被爆、3号は救護で被爆した人だそうです。



八幡さんは「4号被爆者制度をつくれと私は言ってるんです」と。おつれあいは被爆したとき、「黒い雨」が降った地域を走って帰宅し、被爆しました。「黒い雨地域」で被爆したおつれあいは「そう騒がないで」と言っていたのが「こうなったら、手帳ほしいわね」とおっしゃるようになりました。しかし、被爆者手帳を交付されない(国が被爆者と認めない)うちに、がんが転移し、痛さ、苦しさに耐え切れず、最後は10階から飛び降りて亡くなりました。しかも、八幡さんが突き落としたとの疑いで、警官が5、6人でやってきたそうです。



八幡さんは、「核も戦争もない地球にしたい。戦争前夜は、人の権利は無視される。「腹が減った、飯を食わせろ」と言えば非国民と言われた。いまもそういう危険な動きがある。若いみなさんには、できるところから協力してほしい。町で署名を集めていたら、少なくとも自分の署名はしてほしい」と力強く締めくくりました。



もう一人、被爆体験を語ってくださったのは木村はるしさん。投下翌日の8月7日、市内を一回りしたら、建物は2、3しかなく、兵士は死体をもっこで「1、2の3」で川に投げ込んでいたそうです。男性の遺体は上を向いて、金玉からあぶくがでていたとのこと。



新日本婦人の会(新婦人)観音班の石井なつ子さんは、広島の新婦人が出し続けている被爆体験集のお話をされました。42集を数えます。第1集に文章を寄せた、中心的な方は、戦後生まれたご自分の子どもが白血病になり、一度も小学校に通うことのないまま、7歳の8月になくなり、出し続けられない時期もあったけれど、乗り越えて続けてこられました。







なぜ出し続けているか。今も、被爆の体験を話すことができない方が、たくさんいるからとのことでした。今年も、11人の方が、初めて書いてくれたそうです。





石井さんは、「第1集から42集まで、持ってきました。どれか読んでいただき、心のヒバクシャになってほしいです」とおっしゃいました。



被爆体験をしていない、身内に被爆者がいるわけではない(祖父母の戦争体験は聞いてきましたが)、広島や長崎の人間ではない、戦後世代のさらに子どもである自分は、どう、被爆体験を伝えていけばよいのか、説得力はあるのか、ということを考えたりもするのですが、ご出身は福岡で、広島に転居して、広島でこの運動を続けている石井さんに、優しくバトンを渡されたような気持ちがしました。



地元のご町内の60歳代の男性は、「普段ニコニコしている人も、話を聞くと悲惨な体験をしている。被爆の悲惨さとともに、なぜ日本はこんな戦争をしたのかをぜひ考えてほしい。われわれが意識を変えないと。日米安保でアメリカに従属している現状を変えないと」と力説されました。



司会の地元の原水協の方からは、国の認定基準、「原因確率論」のおかしさが指摘されました。



ご自身の叔母さんは被爆時10歳。被爆者手帳はもらえず。その弟2人は、もらえた。なぜ兄弟で違うの?




国の理屈はこうです。



「2、3歳なら救護していた母親の背中におぶわれていたはずだから、内部被爆(ちり、ほこりなど、口の中からの被爆。国は当初認めていなかった)だ。10歳なら、母親の身体から離れていたはず」



みなさん、自分がこう言われて、納得できますか?



この調子で、被爆し、今もなお国が認めようとしない被爆者が数多く、私の住む東京にも数多くいます。見た目に分からない方も多く、「元気なのに、なんであの人は、被爆者だというだけで、医療費払わないの?」と無理解からの心無い言動を聞くこともあります。



しかし、各地での原爆症認定訴訟は、国が10連敗しています。国のやってきたことは、裁判所からはっきり断罪されていると言っていいでしょう。それでも、舛添厚労大臣、福田総理大臣は裁判を継続するそうです。余命少ない被爆者の方々が、亡くなるのを待っているのでしょうか。先日話を伺った港区内在住の女性は、「亡くなった姉のためにも、負けられない、あきらめない」とおっしゃっていました。「東京おりづるネット」のHPにリンクを張らせていただきます。裁判の経過、そしていまの運動について、勉強になります。



話を戻します。



グループで感想を出し合いました。



「生のお話をきくのは本当に大事。わざわざここに来て、つらい過去を伝えてくださった。この思いを大事に受け止め、伝えたい」(公立保育士)



「ここに参加しなければ、こういうお話を聞く経験はできなかった。被爆者の方が生きていられるうちに、私も、一歩でも前進させるため、署名など、活動したい」(公立保育士)



「初めて参加し、お話を聞いて、元気が出た。日本で生活していると、戦争はみんなイヤだと思う。それなのに、9条改憲の動きがあるなんて、信じられない。地道に運動してきた人たちがいたから、これまで9条を守ってこれたことも感じた」(自治体職員)



「私の病院には被爆者外来があり、被爆者の方が、多くは癌で入院している。病院で憲法9条の学習もあったが、これまで関心がなかった。患者さんの話が少し具体的に感じた。これまでは「昔あったこと」としか聞けなかったけど、もっと患者さんに近づいて話が聞ける気がした。戦争や核のこと、誰かが発信しないと、だめなんだと思った」(病院・栄養士)



「民青をやってる友人に引っ張られて参加した。被爆者のお話を聞けてよかった。北朝鮮なんか見ると、必要な戦争もあると思っていたけど、「戦争は権利を奪うものだ」とのお話をきいて、対話が大事だと思った」(学生)



などなど、初対面ながら、貴重な交流ができました。すごく勉強になったし、同年代の(ほとんど私より若いですね(^^;)皆さんの前向きなパワーに元気をもらいました。「被爆体験の風化」などというニュース報道もありますが、戦争、被爆を体験した世代の思いをひきついで、同時に、戦争そのものも客観的に、被害にも、加害にも、向き合っていくこと。すなわち、いかなる理由においても、戦争を許さない、核兵器をゆるさない、まずは核のない世界を実現することが、私たちの世代にはできるはずです。



移動中の雑談のなかで、若い保育士さんが、自治体の民営化がすすめられているなか、組合と保護者と連携を図りながらがんばっていることを聞き、子どもを保育園に預ける親としても、大いに元気をもらったのでした。



4枚目の写真は、品川区議の安藤たい作さんと、ともに出張所でがんばってきた赤旗品川出張所長の内田さんです。(続く)



コメント   この記事についてブログを書く
« 原水爆禁止世界大会・広島の... | トップ | 帰省しました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

平和」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事