日本共産党衆議院東京1区くらし・雇用相談室長、千代田地区副委員長 冨田なおき

衆院東京1区で3度出馬。2017年、野党共同候補・海江田万里さんを市民と野党の共同で勝利させることができました。

広島被爆73年の日に

2018-08-06 23:58:39 | 平和
8月6日。1945年に広島に原爆が投下されて73年の夏です。
豪雨災害が多くの犠牲と被害をもたらし、各地の慰霊碑をも覆うという、未曾有の状況での関係者の方々のご苦労に、心から連帯の気持ちを表します。

去年は、7月に人類史上初の核兵器禁止条約が採択されました。
被爆者と市民運動が国際政治を動かしていることが目に見える状況が進みつつあるなか、
去年は長崎をメイン会場に開かれた、原水爆禁止世界大会に送り出していただきました。

被爆者の方々の発言、とりわけ、日本被団協代表委員の谷口稜嘩(すみてる)さんの亡くなる直前となった渾身のビデオメッセージ、各地の原水爆禁止運動の組織の違いを超えたヒバクシャ署名の共同のとりくみの発言、また中満泉・国連事務次長・軍縮問題上級代表のあいさつを、「ここまできた!」と高揚する思いで聞いたのは昨日のような思いです。

被爆者の存在と声に世界からますます光が当たり、
今年の米朝首脳会談で、朝鮮半島の非核化に大きくかじを切った北東アジア情勢が進むなか、

今日の広島平和記念式典で、安倍首相は「非核国と核兵器国の橋渡し」とこれまでのセリフを口にしました。
一方、世界の大勢である核兵器禁止条約には一言も触れず。
被爆者への国家補償にも触れませんでした。

この問題でも、市民と野党の共闘でこそ、
被爆者と世界の思いにこたえる日本の政治に前進できる。
その思いを新たにしています。


コメント

町会の納涼、親子でほっと一息

2018-07-28 18:47:39 | 町のみなさんと


写真を撮り忘れてしまいましたが、昨日は台風はまだ接近しておらず、息子と出かけ、小さくなった運動靴の買い物などした後、お隣の神田同朋町会の納涼のつどいに親子でおじゃましました。
毎年、町会外の子どもたちもオープンに歓迎してくださっていて、大賑わいです。息子の学校の友達も来ていて、一緒に残って遊んでいきました。

そのあと、地元の神臺(じんだい)会のTシャツに着替え、神臺会の納涼ビアパーティーへ。
会場近隣のマンション工事中は実施できませんでしたが、いまは復活。
地域の皆さん、たくさんのお勤めの方々、お住いの親子連れもみえ、盛況でした!

この日は、子どもの学年が違う保護者の方と「こちらなんですか~」と話になったり、お会いした方々から「こないだアキバで(宣伝)やってたね!」「野党は共闘、そうだね。今の政権は独裁だもんな」「フェイスブック見てますよ」など、激励もいただき、ビールのおいしいひと時でした。

コメント

豪雨災害救援募金の訴えにあたたかい反応

2018-07-14 20:39:43 | 震災、原発、災害、募金



12日に神保町で、今日14日は秋葉原で、西日本の豪雨災害への救援募金を訴え宣伝しました。

国政の最優先課題としてとりくむべきと野党が共同で申し入れているにもかかわらず、
石井国土交通大臣がカジノ解禁法案のために国会に張り付いており、救援・復旧の陣頭指揮に立っていないなど、
言語道断。「緊急事態なので待ってくれ」と言えばいいことではないでしょうか。



また、この時期に、こともあろうに自民党議員の救済のために選挙制度を私物化する自民党の改悪案の強行。
問題点については、13日の共産党の笠井亮政策委員長の会見がわかりやすいのでどうぞ。

こういう安倍政権と国会運営を進める自民・公明には、国民の生命・財産を託せないと思うのは私だけでしょうか。

何しろ、猛烈に暑い中ですが、街頭では、親子連れ、カップルなど多くの方が立ち止まり、12日は5539円、今日は30人近い方々から11663円の募金をお預かりしました。
ある外国人労働者風の方は、応じたメンバーに「私もお金ないよ。(被災者支援は)国がやる仕事。安倍さん、おかしいんじゃない?」と話していきました。

被災者支援の制度、募金について、ボランティアについては、こちらからご覧ください。

コメント

米朝・対立から対話へ。時代は動いているー週末の対話

2018-06-14 01:03:53 | 平和
やれば、できる。史上初の米朝首脳会談の報道に接して、率直にそう感じました。

共同声明では、
1、新たな米朝関係の確立
2、朝鮮半島における永続的で安定した平和体制構築への努力
3、4月の南北首脳会談で合意した「板門店宣言」の再確認による完全な非核化への決意
4、戦争捕虜・行方不明者の遺骨返還への協力
の合意を表明。

敵対関係から、「平和と繁栄」の新たな関係の転換へ、合意事項を「完全かつ速やかに履行する」とし、交渉を継続するとしています。

つい先日まで、戦争になるのではないかとすら危ぶまれていた、法的には今も戦争状態の両国が、
「過去に足を取られ、古い偏見と慣行に行く手をさえぎられ」ながらも「障害をすべて乗り越えて今日ここにいる」(金正恩・国務委員長)という思いで直接首脳による対話を実現し、

友好関係に転じる努力で合意したことを、歴史的な合意として、心から歓迎します。

もちろん、まだ非核化と平和体制構築のとば口に立ったところです。

両国も、周辺国も、非核化と東アジアの平和体制構築へ、最大限の努力がいっそう求められます。
日本共産党は、対話による平和的解決を一貫して求め、朝鮮半島の非核化と北東アジア地域の平和体制構築を一体的・段階的に進めることを関係国に要請してきました。

日本共産党の志位和夫委員長が談話で述べたように、
このプロセスが成功を収めれば、世界史の一大転換点となり、地域の情勢を一般させるでしょう。

先週末、ある飲食の席で、複数の方と、おおむねこんな会話がありました。
Aさん「北朝鮮はがらっと変わりましたね」
Bさん「アメリカもだけど」
Aさん「安倍さんの圧力が効いたってことですかね」
冨「オバマ政権が対話をやめて、北朝鮮は開発をエスカレートさせちゃった。
 北朝鮮にしてみればアメリカに攻められないのなら、カードの核を手放すのは、十分ありだ と思いますよ。会って対話しないと、プラスの結果は出ない」
Bさん「小泉首相が平壌に行ったのは、良かったってことですかね」
冨「そう思います」
Aさん「市ヶ谷の防衛省には、PAC3がありますしね」
冨「当たらないって防衛省自身も、内部でひそかに認めていたとわかりました」
Aさん「逆に撃ち落としたら落下してかえってひどいことに」
Bさん「PAC3も、イージスアショアも税金の無駄ということですね」

ひとり、日本政府だけが数日前まで「最大限の圧力」と言い続け、まだ「イージス・アショア」などと固執する姿は、真の日本の安全保障とアジアの平和よりも、自らの人気取りを優先する、みじめで、歴史に汚名を残すものと言わざるを得ません。

やはり志位委員長が談話で述べたことですが、
今からでも、日朝平壌宣言に基づき、核・ミサイル、拉致、過去の清算など、両国間の諸懸案を包括的に解決し、国交正常化の努力をし、始まった平和のプロセスを前に進めるために、汗をかこうと言いたいと思います。



コメント

虚偽データの「働き方」法案は差し戻しを

2018-05-29 08:52:44 | 政策
先週の衆院厚生労働委員会で採決が強行された「働き方改革」一括法案。
共産、立民、無所属の会、自由、社民の4野党1会派は、昨日、大島衆院議長に、本会議で採決せず委員会に差し戻してやり直しを申し入れました。

厚生労働省が「議論の出発点」としていた労働時間データの2割が虚偽で削除に。

一般労働者の残業時間を年1000時間以上との「三六協定」を結ぶ事業所で、
実際に1000時間を超す割合は旧データの3・9%から48・5%に。
2015年2月の予算委員会で、安倍首相が志位委員長に「実際にはこんなに残業しておらず、念のために結んでいる」と答弁したことが覆ってしまいました。

高度プロフェッショナル制度の対象になる研究開発業務でも、
産業時間が、大臣告示の月45時間、年360時間を超す事業所が、虚偽データをのぞいたら3割から5割に。

政策決定に直接かかわるデータがでたらめであり、すでにまともな国会審議はできません。
法案は撤回し、再調査のうえ、労働政策審議会に差し戻させるしかありません。
コメント

憲法集会に参加 安倍九条改悪反対署名は現在1350万!

2018-05-03 18:19:38 | 憲法

今年もさまざまな流れが一緒に開いた、有明での憲法集会に参加しました。千代田区議団、千代田地区の面々とともに、千代田区労協のみなさんの隣に陣取らせていただきました。


山添拓参院議員と一緒に1枚。

天気も回復してよかったです。

佐藤タイジさんのライブでは「怒っているだけではだめ。ノリノリで楽しそうにしていると人が寄ってくる。」との話に共感。

トークやあいさつを聞き、
すでのこの国では、警察が手続きなしに抗議行動参加する人の身体的自由を奪う「憲法番外地」の沖縄、

原発事故もうないとばかりに、モニタリングポストを撤去されている福島をはじめ、

人の尊厳を何よりも基本に据えた憲法が有名無実化し続けていることをあらためて実感しました。

同時に、自らが沖縄で警察による「ごぼうぬき」で座り込みから排除された室蘭工業大の清末愛巣砂さんが言及した、パレスチナ人の非暴力運動のように、不屈に行動をやめないこと。輪を広げ続け、強め続けることが今こそ必要との思いを強くしました。

政党から立憲民主、民進、共産、社民党があいさつし、自由党がメッセージをよせました。

世界、アジアでは板門店宣言でおおきな前進が始まっています。戦争を選ばせず、北朝鮮との対話を積極的に追求した韓国の文在寅政権の後ろには、腐敗した朴槿恵政権を引きずり降ろした国民の世論と運動があります。


前向きの情勢を力にして、1350万筆と到達が発表された九条改憲NO!3000万署名をさらに広げ、諸悪の根源、安倍政権の退陣を現実のものにする決意を新たにしました。

千代田関係では岩田区議が海江田万里衆院議員の新しい秘書のかたとともに参加されていて、一緒に写真も写していただきました。



私も会員の「青年ユニオンを支える会」と東京公務公共一般(首都圏青年ユニオンの親にあたる労働組合)のみなさんとともに。

コメント

米英仏のシリア攻撃は国際法違反

2018-04-17 00:53:00 | 平和

米・英・仏が、13日(日本時間14日午前)シリアのアサド政権が化学兵器を使用したとの理由で軍事攻撃を行いました。

もとより、化学兵器の使用は非人道的な行為であり、許せません。

同時に、シリアでは14日にも化学兵器禁止機関(OPCW)が調査を開始する予定でした。
国際社会が事実を確認しておらず、国連からのお墨付きもない下で一方的に軍事攻撃をおこなったのは、国連憲章と国際法を踏みにじる暴挙です。

同時に、アメリカなどの態度は、調査より軍事攻撃を優先させるもので、真相解明を困難にするものです。
トランプ大統領が攻撃前に「ロシアよ、準備しておけ」などと脅し文句を発したことは、
核大国同士の軍事衝突の危険を理解しない、自制力のない人物だということをあらためて世界に示しました。

14日の国連安保理の緊急会合でも、グテレス事務総長は、
各国が「事態が制御不能になるのを避ける必要がある」とし
「国連憲章は諸点において非常に明白だ」と述べました。

武力行使を認める安保理決議もないままに3カ国が行った攻撃は国連憲章違反だという認識を示したものです。

多くの参加国からも、「事実究明、安保理の義務、全国際社会に対する攻撃だ」(ボリビア)
「いかなる解決策も国連憲章に一致しなければならない」(ペルー)など、自制と外交解決を求める声が相次いでいます。

アメリカは昨年にも同じ理由でシリアを攻撃しました。
しかし、事態は一層複雑になり、悪化にしかなっていません。
日本は、昨年同様支持を表明。ここでもアメリカを支持する盲従ぶりを改めされられるのは、自民党内の「ポスト安倍」ではなく、
憲法無視、隠ぺいと改ざんの政権を許さない、市民と野党の粘り強い共闘の力です。
コメント

東日本大震災から7年

2018-03-11 23:58:32 | 震災、原発、災害、募金

先日、六本木のジャズスポット「サテンドール」で、福島の原発事故からお子さんと避難を余儀なくされたシンガーYUKARIさんのライブを聴きました。
五感に入ってくるYUKARIさんの歌声、生きる喜び、明るさにあふれた、すばらしいライブでした。

誤った安全神話にもとづいた国策で原発事故を引き起こした日本政府が、
被災者・被害者の生活と生業の再建・復興から手を引くことを許さず、
とりわけ生活の土台である住宅への支援縮小、打ち切りをやめさせなければなりません。

東電など電力会社、日本経団連など財界は、被害者の苦しみや度の世論調査でも明らかな原発ゼロの世論に背を向け、再稼働、輸出の暴走中。
そのためにじゃまになる被害者・被災者の存在を隠し、過去のものにしようとする傲慢な動き。
それを最大限庇護している安倍政権。

その政権も国会への資料改ざんなどでこの週明け、存立が許されない事態へと至ってきました。

小泉・細川両元首相が顧問の原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)が「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」を提案、
野党の共同が進められ、立憲民主党との違いを乗り越え、
運転している原発を直ちに停止、再稼働を認めないという最重要部分で一致に至ったことはすごいことです。
立憲、共産、自由、社民などの共同で「原発ゼロ基本法案」を提出しました。

わがふるさとである東北、被災地、そして異質の被害がこれからも長期に続く福島の現状を、被害者の声をしっかりと見据え、
その行く手を阻む政治とたたかい、誰にでも当たり前のくらし、幸せを追求できる日本社会実現へ。私もともに生き、歩んでいきます。
コメント

平昌オリンピック閉会に思う

2018-02-26 09:57:18 | 思うこと
平昌オリンピックの閉会式を観ました。選手の解放感にあふれた姿を見ながら、
いろいろ雑音はあっても、やはりオリンピックは素晴らしいと感じました。

「自分の競技をやりきれるか、自分との勝負。メダルや色はその結果だ」と語る選手も報道で何人も見かけ、
メディアがその時ばかりの国別メダル数に熱狂するなか、動じない選手が増えているように思えたのはうれしかった。
昔の円谷幸吉さんのような悲劇は繰り返さない社会でありたいと改めて思います。

とりわけ、
スピードスケートの小平奈緒選手の500mでのゴール直後、人差し指を口に当てて後のレースの選手を気遣った場面、
競いあってきた韓国・李相花選手とのリスペクトと友情に胸を打たれました。

カーリング・LS北見やスケート・高木姉妹のドラマ、ジャンプの葛西選手の4年後への決意、平野歩夢選手とショーン・ホワイト選手のたたえあう姿などなど、

印象に残る姿はたくさんありました。

北朝鮮からの参加も重要でした。
私自身、1991年の高校生の時、千葉・幕張での世界卓球選手権を見に行った際の統一「コリア」の選手と、応援する観客席の興奮を思い起こしました。
余談ですが、この時のことを描いた韓国映画「ハナ 奇跡の46日間」もこのときの背景を知る大きな助けになりました。

平和の祭典だけに戦争回避にむけた流れへの後押しになるよう、多くの関係者が努力したことは間違いないと思います。

アメリカの対応も変わってきました。
北朝鮮の独裁体制を批判する一方、
ペンス副大統領と北朝鮮の金与正氏と会談の予定をしていたことも明らかに。
前提条件なしでの対話も示唆されています。

日本は「圧力一辺倒」の姿勢を変えていません。
しかし「『接触』を否定するものではない」(河野外相)など、
これまでの「対話のための対話は意味がない」路線から軌道修正を図ろうとしているようです。

和田春樹・東大名誉教授が指摘するように、
「『韓国は北朝鮮にだまされている』という見方があるが、そうではない。
お互いに必死に戦争を避けようとしている」
「五輪を契機に米朝間で対話するよう促す国際的流れがあったとみるのが自然だ。日本政府もこの方向に努力すべきだ」
ということではないでしょうか。

日本政府は外交の本流に立つべきです。


コメント

阪神・淡路大震災23年

2018-01-17 23:58:50 | 震災、原発、災害、募金
ブログの更新の間隔がだいぶあいてしまいました。
今年もよろしくお願いします。

1月17日。1995年の阪神・淡路大震災から23年。
あまりに甚大な被害は、超党派の市民と野党など議員と共同してのたたかいを発展させ、
公的支援が個人の住宅に適用される制度を勝ち取る契機になりました。

一方、借り上げ復興公営住宅入居の被災者に退去が押し付けられているなど、たたかいは続いています。

私にとっても、自分の行動が問われる問題としての政治と関わる原点です。
今後とも、誰もが人間として尊重される災害・復興政策へ、おおくの皆さんとともに頑張ります。

コメント