日本共産党衆議院東京1区くらし・雇用相談室長、千代田地区副委員長 冨田なおき

衆院東京1区で3度出馬。2017年、野党共同候補・海江田万里さんを市民と野党の共同で勝利させることができました。

石川区長の高級マンション購入疑惑めぐり、百条委員会設置へ!

2020-03-10 21:22:18 | 千代田区政

(写真は東京民報社提供です)
昨日3月9日、千代田区議会の予算特別委員会を傍聴しました。
石川雅己(まさみ)区長が2017年に、千代田区三番町のマンションを次男と区長夫妻の3名の名義で取得したことをめぐり、
区長が、区の総合設計制度の許認可権限の利害関係者である三井不動産から便宜供与を受けた疑いがもたれています。
6日のNHK(首都圏ネットワーク、ニュース7およびBSのニュースで放送)の報道で、多くの人の知るところとなりました。

石川区長は、東京都の港湾局長、福祉局長などを経て、2001年に千代田区長に。
マンション売買を繰り返していることは、知る人も多い話です。
最近の千代田区では、マンションは中古物件の方が値上がりし、購入時よりも高値で売却できるのが特徴です。

木村正明区議は、今回のマンション取得問題を昨年の予算議会に続き2度目の追及を行いました。以前のマンション取得に関する疑惑を含め、区長の不透明なマンション売買について4度目の区議会での追及です。
今回、NHKで報道されたことから、区民のなかに怒りが広がっています。
けさ、私が訪問して、真相解明を求める陳情署名に協力してもらった神田地域の区民も、普段は温厚な紳士ですが、
「区長本人が知らなかったなんて、ありえないよ」と怒りをあらわにしていました。

今回新たに判明した点は、三番町のマンションを、地権者や不動産会社にとっての「VIP」などを対象とする「事業協力者住戸」として、
抽選なしで購入したとされる点です。
分譲されない物件を、区長の家族が所有していたということです。

NHK報道直後から、木村区議に対し、全国紙、雑誌などのメディアから取材が殺到しています。
これまでも、木村区議が区政報告ニュースなどで繰り返し情報発信してきたため、NHK報道では、共産党に一切触れていないのですが、
区民から「さすが共産党」「木村さんのご尽力のたまもの」などの声が寄せられました。

当日に戻ると、
私は、区長のマンション問題が取り上げられた午後から傍聴しましたが、見た感じ30人前後の傍聴者。
テレビ(NHKと日本テレビ、テレビ朝日)や朝日、毎日、読売、東京新聞、東京民報を含む取材陣が詰めかけ、
後から傍聴者用の椅子が補充されるなど、注目の高さを示しました。

区長が「皆様にご心痛とご迷惑をおかけし、おわびを申し上げる」と発言しました。
しかし、「次男は抽選に何度か落ち、最終的に、事業者から価格の提示を受け、本人が適正な価格と(判断して)手付金を払った」
「事業者から、事業協力者住戸だとの説明はなかった」「手続きは、次男がやった」「許認可については、担当管理職に質問を」との趣旨でした」。
要は、「私は知らない。悪いのは、三井不動産。自身の許認可権限も、知らんもんね」というところです。

木村区議は、「反省がない。次男はマンション購入価格の3分の2を両親に頼っている。何がVIPか」
「公正であるべきまちづくり行政の私物化であり、三井不動産から区長側に仮に請託があれば、受託収賄に問われる可能性のある重大な疑惑」
「三井不動産も、事業協力者住戸だと認めた。なぜ、入居出来たのか」
「一般職の職員が、許認可業務、物品購入の契約などの利害関係者から金銭や物品の提供を受ければ、千代田区職員コンプライアンス・ガイドラインに沿って、処罰の対象になる問題」だと指摘しました。

また、区がかかわる、飯田橋西口やミッドタウン日比谷、今後の帝国ホテルや東京電力本社などの日比谷・内幸町1丁目プロジェクトなどについて触れ、
三井不動産やNTT都市開発(区長の長男が現在勤務)などが事務局を担当するなど、区長と三井不動産関係がいかに「特別な」ものかを強調しました。
質疑は、何度か、決して短くない時間の休憩が入りましたが、
区長は、自らが述べた、「次男が抽選に落ちた」という物証を示すことはできませんでした。

当該マンションは、延べ面積が1万平方メートルを超えないことから、東京都ではなく、区の総合設計制度の認可の対象となります。
千代田区が認可した2015年は、建築審査会の協議を経て、
「歩道状空地」(再開発ビル周囲につきものの、歩道と地続きの、歩ける部分ですね)の必要な幅員を、
2メートルから、都の制度に合わせ、要綱を改正して3メートルにした時期の直前にあたります。
これより早期にマンションを建設できたことで、三井不動産は2フロア分に相当する床面積を多くつくることができました。今回の1部屋で1億1890万円。報道によると、約1億5000万円にのぼる物件もあったようですから、区政が、間接的に、利益に大きく貢献したことになります。

木村区議は、三井不動産を含む関係者に事実を聞くことなど、権限を持つ百条委員会の設置を求めました。
自民党の嶋崎秀彦区議も、議会としての引き続く対応を求めました。
無所属の小枝すみ子、長谷川みえこ両区議が発言し、利害関係者から利益供与を受けることの倫理的認識をただし、引き続く真相解明を求めました。

一方、公明党の大串区議は区長を擁護する発言をしました。
小林やすお予算特別委員長(自民)は、小林たかや議長に、百条委員会の設置を申し入れると、明言しました。
その後、11日に、百条委員会が設置されることにとなりました。常任委員会の、企画総務委員会が、調査権限を付与されることになるそうです。

真相解明を求める陳情書名がとりくまれ始めています。
短期間で5人、10人、20人と集めておられる区民の方々の奮闘も聞こえてきます。
千代田地域の日本共産党も、わが取り組みとして、大いに協力していきたいと思います。


コメント

安倍政権は答弁不能、共闘は日々力づよく

2020-02-21 00:10:51 | 野党共闘
    



今週は各地で手ごたえ。

17日には、港区の麻布十番での、東京1区市民連合の宣伝行動に参加しました。
1区市民連合は、毎月、港、新宿、千代田区で順繰りに共同行動を行っています。
海江田万里衆院議員が、国会での、野党が結束しての追及の様子を報告しました。

そして、前回(昨年8月末)の港区での宣伝行動に続き、共産(風見利男、熊田ちづ子、福島宏子)、立憲民主(山野井つよし)、社民(阿部浩子)各党の港区議や、1区市民連合事務局長の大西広・慶應義塾大教授がマイクを握りました。

私も訴えました。
「桜」疑惑について、安倍首相は「募ったが募集していない」とか、「合意したが契約していない』とか、
参加者について、『公開の対象とされることと、名簿全体を公開されることとは違う』との言い逃れぶりは、まさに日本語で答弁できていない。

追い詰められた挙句に、維新の議員とかけあい漫才よろしく「共産党は暴力革命の党」と。
本会議で公然と「共産党は暴力革命」とデマを言い放った首相は、戦後誰もいませんでした。
共産党にレッテルを貼れば、野党共闘は分断できると、まだ思っていたのか。
抗議するのは共産党自信とごく一部の人と思ったのでしょうか。

そうは問屋が卸しませんでした。
各野党議員が、いっせいに抗議のコメントを出し、党としても一致して謝罪と撤回を求めました。共産党への反共デマ攻撃に対して、他党が抗議する。これも史上初のことです。

前日に行われた、共産党の都党会議には、都内の立憲民主、国民民主、社民、緑の党、新社会党各党の都本部または都連会長名でメッセージをいただきました。
非常に心強いく、心温まる中身でした。

国会内での一致結束が可能になり、力を発揮しているのも、
東京1区をはじめ、各地で、共同行動や意見交換を重ね、一致点を生み出す努力をしてきたから。

さらに政権合意にコマを進め、
都知事選、港区長選、総選挙で、安倍政権を終わらせようと訴えました。


18日には、神保町で昼宣伝。
2013年、14年、16年に「桜を見る会」前夜祭会場となった、ANAインターコンチネンタルホテル東京が、
野党の問い合わせに文書で回答したのに続き、メディアの取材に回答しました。
安倍首相の「ホテルは辻元議員には一般論で答えた。個別案件は営業の秘密にかかわるので回答に含んでいない」との答弁を否定。見積書や明細書を主催者に出さないケースはないと。その後、自民党はホテル側を党本部に呼び出したと報じられられました。これ自体、圧力にほかなりません。
ホテルとのやり取りを文書で示せなければ首相の虚偽答弁です。国会審議は成り立ちません。
「羽田新ルート」問題が1面に掲載された、「赤旗」日曜版16日号見本を配りました。
また、マイクで音を出す前から、改憲発議反対署名、消費減税署名に足が止まりました。





19日には、「戦争させない千代田の会」の毎月の共同行動。
ついに50回を数えました。

共産党(木村正明、飯島和子、牛尾こうじろう)、立憲民主党(岩田かずひと)の各区議や区民らが、コロナウイルス対策の遅れ、改憲許さないなど怒りを込めてマイクを握りました。
 9年に及ぶ過酷な避難生活をしいられている福島原発事故被害者は、ローマ教皇と面会したときの感動を述べ、
来日の折も「声を発しても耳を貸して貰えない人々の声になりたい」と述べたローマ教皇のような、人権や命を守るリーダーを選ぶ必要があると強く訴えたのが胸に残りました。






コメント

政治を変えて明るい年に・明日から第28回党大会

2020-01-13 21:04:40 | お知らせ
 

遅くなりましたが、新年おめでとうございます。

年明け、飯島和子・牛尾こうじろう両区議と神保町での宣伝。

 
先週末から、「自衛隊を中東に派遣するな」の横断幕を作り、御茶ノ水駅前の宣伝で掲げました。


まだ宣伝を準備しているときから、「冨田さん頑張って!」と男性から声がかかりました。こういうのは久しぶりです。

宣伝参加者に話しかけてきた別の男性は、
「新潟から来ました。共産党支持じゃないけど、田村(智子)さんの(桜を見る会追及の)質問で火が付きましたね。
あんな〇〇野郎は、みんなの力で引きずりおろさないとだめだ。頑張ってください」と、改憲発議反対署名に応じてくれました。

2015年の安保法制=戦争法強行いらい4年3カ月余り。
日本共産党を含む市民と野党の共闘は、各地で日常の風景となっています。選挙での共闘も、3度の国政選挙、各地の知事選などで、共産党を含む各党出身の統一候補を数多くの国会議員が応援に駆け付け支えるなど、質的にもかなり強まっています。


手前味噌で恐縮ですが、いまの市民と野党の共闘が、「過去の焼き直し」でない、安倍政権の政治に代わる新しい政治をつくることの担保となっているのが、日本共産党が加わっていること。保守の立場の方が「いまの安倍自民は保守ではない。一番近いのは共産党だ」と言ってくださることもかなり普通になってきました。
期待にこたえられる党に成長できるうえで、明日から始まり、18日まで5日間にわたり行われる、日本共産党第28回大会は、すごく大事だと思っています。

16年ぶりとなる、綱領改定案が討議されます。いつもの共産党大会前に比べれば報道量が多いと感じるのは、中国を「社会主義をめざす新しい探求が開始」されているとの文言を削除することが話題になっているからだと思いますが、綱領を改訂しようとしているのは、それだけではありません。
全体を貫くのは、21世紀の情勢の進展・発展にそくしてのもの。
たとえば、
現綱領では、20世紀に起こった世界的変化を、
1、植民地体制の崩壊
2、国民主権の民主主義の発展
3、平和の国際秩序
の3点から特徴づけていますが、改定案では、20世紀の世界的な変化の中で、植民地体制が崩壊したことを「世界の構造変化」と明記しました。

人権の問題では、「ジェンダー平等」を、20世紀半ば以降の国際的な人権保障の流れの重要な一要素として、また、日本共産党がめざす民主的改革の内容として、太く位置づけようとの提案がされています。

きたるべき総選挙を展望して、市民と野党の共闘の発展と、日本共産党の躍進という「2つの大仕事」をやりぬくための「第1決議案」、
2022年の党創立100周年をめざす党づくりの方針案・「第2決議案」も議論されます。

明日14日13時から野党各党など来賓あいさつ、綱領一部改定案への志位和夫委員長の報告、
第1決議案への小池晃書記局長の報告があります。

15日は、10時から来賓あいさつ、第2決議案への山下よしき副委員長の報告、討論の一部が中継されます。
日本共産党ホームページ(Youtube)からご覧になれます。ぜひ、日本共産党の意思決定過程と活動の一端をご覧ください。


コメント

対話だけで戦争は防げるの?共産主義や社会主義だと労働意欲がそがれるのでは?|乙武洋匡が日本共産党 小池晃議員に聞く!#1

2020-01-04 16:07:32 | 政策
Youtubeの興味深い対談です。
対話だけで戦争は防げるの?共産主義や社会主義だと労働意欲がそがれるのでは?|乙武洋匡が日本共産党 小池晃議員に聞く!#1



コメント

東京1区市民連合のリレートークに参加しました

2019-12-15 19:55:28 | 野党共闘


今日は新宿アルタ前で行われた、東京1区市民連合とみんなの新宿をつくる会の共同リレートークに参加しました。

海江田万里衆議院議員、立憲民主党の田中ゆきえ区議、社民党のかわの達男区議、1区市民連合の水久保文明事務局長代行とともに、私もマイクを握りました。



消費税が10月に増税されましたが、
報道されている通り、内閣府の景気動向指数では2011年3月以来のマイナス幅となり、
このほど発表された、1万近い企業を対象とする日銀の短観でも、企業の景況感は4期連続マイナス。
新車の売れ行きは、前年同月比で、10月がマイナス24%台、11月もマイナス12%台。
消費の落ち込みが、生産活動の低下に直結しています。
鉱工業生産が10月は前年比7・4%のマイナスです。あらたな消費不況に突入したといってよい状況です。

ある飲食店では、ただでさえ、かつての「社用族」はめっきり姿を消し、リピーターがいない現状があるのに、
消費税増税以降、夜のお客に加えてランチのお客もカードでの支払いをこぞってするようになったそうです。
そのために、
「翌日の豊洲(市場)での仕入れに必要な現金が足りない」
という事態だと訴えられた話を紹介しました。

また、「消費税は誰にでも同じ税率だから公平だ」と消費税増税論者は言うが、
買い物・お店の形態や、企業によって、キャッシュレス還元の有無を含めた待遇に差があるという、きわめて不公正な事態になっていること。
ここに、安倍政権の2度にわたる消費税増税強行の深刻さとともに、
それを覆い隠して、大したことでないかのように見せようとする、
安倍政権の政治の典型的なあらわれがあるのではないでしょうか。

これを抜け出す道はある。
すでに、東京1区でも、共同の宣伝行動や、消費税など税制、労働法制、憲法9条改定など、学習会、意見交換の積み重ねをつうじて、
2017年の、いわば揺籃期にあった市民と野党の共闘をぶち壊すような、「希望の党」づくりと、当時の野党第1党の民進党解体という事態のもとでも、
12項目の政策協定を結び、ともにたたかい、勝ち抜くことができました。
マスメディアが、安倍政権に代わる選択肢が示されていないかのような印象を振りまいていて、投票率は伸ばせていません。
一番の組織政党である、自民党が延命することになっています。

野党連合政権で税金の使い方を転換し、教育・子育てや介護・医療などの労働者の待遇完改善もすすめたり、
人間らしい雇用に転換するルール作り、
憲法9条を生かす外交に転換して、希望を示そうと訴えました。
複数の若者を含む人たちが、足を止めて「共産党は、年明けの国会では、どう対応するんですか」など、話していってくれました。
なんと、そのうちの1人は、以前、御茶ノ水駅前で街頭演説した際、立ち止まってくれた人でした。









コメント

大門ゼミ 「桜を見る会」&「ジャパンライフ事件」2019.12.7

2019-12-11 14:00:23 | 政策

Youtubeの大門「みきし参院議員の「大門ゼミ」をぜひご覧ください。
大門ゼミ 「桜を見る会」&「ジャパンライフ事件」2019.12.7



コメント

50年党員・永年党員・新入党員をお祝いしました

2019-09-22 22:55:24 | 思うこと



21日、党千代田地区委員会は入党して50年、30年の党員と、この1年で入党した党員をお祝いする会を開きました。



1969年に入党した方々がそれぞれあいさつしました。
いろいろな苦労を乗り越え、いま、国政では市民と日本共産党を含む野党の共闘をさらに前進させ、しっかりと歴史を前に進められる日本共産党をつくるためにがんばる決意が語られ、感銘を受けました。

また、50年党員の方々が、新しい党員と一同に会したことを大変喜んでおられれたのも、嬉しいことでした。

コメント

麻布十番で1区市民連合の宣伝行動に参加

2019-08-28 23:50:05 | 野党共闘





東京1区市民連合がほぼ毎月、千代田、港、新宿区内を持ち回りで続けている宣伝行動。
今日、港区の麻布十番入口で行われ、私も参加しました。

1区市民連合事務局長の大西広慶応義塾大教授、
東京合同法律事務所の横山雅弁護士がスピーチ。

また、港区議7人が参加、スピーチしたのは壮観でした。



立憲民主党から杉浦のりお、兵頭ゆうこ、山野井つよし区議、
社民党から阿部浩子区議、
日本共産党から風見利男、福島宏子、熊田ちづ子区議。


私は、九州の水害へのお見舞いとともに、
その前の豪雨災害で繰り返し自宅が被害を受けた方の「政治家はこの現状を知ってるのか」「戦闘機買うなら被災者に配ってくれ」との国政への怒りの声を紹介。
消費税増税の無策を批判。
参院選の結果は、与党を、憲法改定発議ができる3分の2を下回らせ、自民党にも、9議席減らし、単独過半数を下回るという、拙速な改憲を安倍首相にさせないという審判。

これを可能にしたのは、市民と野党の共闘。
先週末の埼玉県知事選でも、自公推薦候補を破り、野党共闘の大野知事を誕生させました。

この3回の国政選挙での努力を経て、今度は政権が問われる総選挙です。野党が「こう変える」という政権構想を示すことで、
棄権に回った有権者も、投票に行く希望をもつことができます。

若者が、安倍首相による憲法9条改訂反対の「3000万署名」に応じてくれました。

また、私の話に立ち止まって最後まで聴いてくれた外国人男性が、私のスピーチ直後に話しかけてきました。
近場にお住まいだというこの男性は、「トランプは日本人が思うよりずっとひどい。アメリカ人を2つに割ってしまった」
「私も9条変えるのは反対。そういう外国人は多い。妻にも伝える」とうれしい激励でした。
コメント

今日15日、秋葉原で吉良よし子候補、田村智子副委員長とキラサポがトーク

2019-07-15 00:08:39 | 選挙


7月15日、日本共産党の97周年の創立記念日でもあります。
秋葉原駅・電気街口前広場(UDXビルの側です)で、吉良よし子・東京選挙区候補と、田村智子・党副委員長(参議院議員)が、お話します。
しかも!キラキラサポーターズとのトーク企画です。どんな話になるか、私も楽しみにしています。

ぜひ、直に、吉良候補や田村議員の話を聴いてみてください。


コメント

卒業間近

2019-03-09 01:54:20 | 家族・子育て




6日、息子の小学校の6年保護者が準備してきた、「卒業を祝う会」を行いました。

未来へ飛行機で飛び立つ子供どもたちをイメージし、



プログラムはパスポート風、


会場もフライトをイメージさせる装飾でいっぱい。


お母さん方の知恵と愛情がこもった会の準備がぎりぎりまで続きました。

来賓には、お世話になってきたこれまでの先生がた。

子ども達の劇のさなかに挿入された先生からの思い出話に爆笑したり、涙したり。

私たち保護者も、練習してきた「365日の紙飛行機」をフォーメーション付きで歌いました。
紙飛行機を本当に飛ばす演出も。
元本職のおかあさんに吹きこんでもらった未来に向けたフライトへのアナウンスなどが入った冒頭と末尾のDVDを流しました。


私は「卒対」の名ばかり副委員長で、お世話になりっぱなしでしたが、
当日はDVD上映時の照明、来賓の退場時の先導で足を引っ張らないよう、楽しくやらせてもらいました。

今日(8日)は、金管バンドの今年度最後の発表が朝いちでありました。
息子は入部可能な3年生から入部し
1年前はいろいろあって意欲を失い、やめるといったことも。
先生が仲間を支えてほしいと慰留してくれて、最後までやりきることができました。

ゴーゴーブラス、美女と野獣、崖の上のポニョ、シング・シング・シングが演奏されました。
さすが、今年最高の音色、キレのいい音楽でした。
6年生一人一人がソロの曲の前にあいさつし、思いも語られました。
演奏も一人一人、みんな立派でした。


個人的には、ユーフォニアムを担当した6年生が、
低学年の時にユーフォの音を聞いて、大きな波のような音色にほれ込んだ話が聞けて、トロンボーンで同じ中低音をやったものとしては、うれしくなりました。

息子は、親に事前のアピールを全くしないのですが、
彼お気に入りの「スター・ウォーズ」のソロでがんばっていました。


もう、この子たちのこの演奏を聴くことがないかと思うとさびしいですが、
本人たちがあいさつで語ったように、つらくても仲間や先生に支えられてがんばったことを糧に、
これからの中学、その後の人生でがんばってほしいと心から思います。
コメント