徳島電友会 各サークル 活動状況

徳島電友会の各サークル活動状況を会員の皆さんにお届けします
左サイドの「カテゴリー」から各サークルにアクセスして下さい

日峰大神子広域公園散策

2021年02月25日 | NTT徳島OB健歩会

 〈日峰大神子広域公園散策〉


                                                                                                   小 川  武 男 (徳島) 

2月度の『健歩会』行事は、当初の計画は『大阪城公園・梅林巡り』の日帰りバス旅行を

計画しておりましたが、コロナ感染症の拡大や高齢者の飲食会に対する世間の厳しい目など

もあり、公共交通機関を利用した近場を歩く計画に変更を行い、2月9日(火)に『日峰大神子

広域公園散策』を今月の行事内容として実施をいたしました。

集合場所の徳島駅前・市バス乗り場に集合時間前に行くと、丁度大きな寒波が四国地方を覆っ

ていることも影響し数人しか居なくて、今月は少人数での実施になるのか?と、心配をしまし

たが、バスの発車5分前までには、次々と参加者が集まり、寒い日でしたが男性7名・女性2名、

合計9名で元気に今月も行事を実施することが出来ました。 

市バス4番乗り場から『大神子線』のバスに乗車をし、終点の「大神子テニスセンター前」まで

行きました。バスを降り松林を抜け、デイキャンプ場方面に歩きました。岬の先「大崎」へと続く

散策道に入ると「トイレ」が無いのでデイキャンプ場の2カ所有る「トイレ」に寄ってから、散策

道の長い階段状のアップダウンの道を10分余り歩くと最初の休憩場所「北望の広場」に到着し、

ここで小休止と参加者で記念撮影を行い、次の「南望の広場」に向けて尾根ルートを空が見え

ないほど生い茂る木々の下を道なりに歩き昼食会場でもある、「南望の広場」の屋根付きの

休憩所、ベンチを利用し、お待ちかねのランチを楽しみました。

津田の堤防、徳島市の街並み、眉山、南の和田島、阿南・橘湾なども見渡せ展望台の横には、

元禄時代に築かれた「のろし場跡」が有り異国船の来航を見張り、異変が有れば徳島城に向

かってのろしを上げて知らせた。と横にある立て看板に書かれていました。 

元気が有る数人は、そこから「大展望広場」を見学し、岬の先端「東望の広場」まで歩き

ました。「東望の広場」からはご褒美の絶景等を楽しむことが出来ました。津田の防波堤、

徳島市街地、淡路島、紀伊水道越の和歌山など360度に開けた景色が堪能できました。

歩いて来た道を引き返し、またアップダウンの道を25分余り歩いて松林の中のデイキャン

プ場で全員が再集合し、帰りのバス停まで歩き帰路のバスに乗り徳島駅前まで、全員無事・

元気に帰って来て解散となりました。

                                                                 以 上

.

コメント

あすたむらんど徳島

2021年01月26日 | NTT徳島OB健歩会

〈あすたむらんど徳島〉

                              小 川  武 男 (徳島) 

 1月度の『健歩会』行事は、当初の計画は『神山温泉・四季の里』を利用、ホテルの送迎バスを

利用して、神山森林公園を散策後、ホテルのお風呂で汗を流し、サッパリし新年会の予定でしたが、

コロナ感染症の影響を大きく受け、高齢者の大勢による飲食を控えるようにとの指摘に従い、計画を

大幅に変更し行事の目的地等を変更して、実施しました。

 目的地を2年ぶりの『あすたむらんど徳島』に変更し、1月15日(金)に行事を行いました。

行事の目的地の変更、新年会の“中止”も有り、参加者の少ないこと等を、覚悟していましたが、

直接車で『あすたむらんど徳島』に来た人を含めて、14名の参加(女性4名、男性10名)で、

近、女性の参加者が少ないのが気になっておりますが、無事に今月の行事を実施することが

来ました。

 徳島駅前の「徳バス14番乗り場」から、佐古、西ビル前を通って、不動町、名田橋から

「ゆめタウン」を経由し、約1時間の公共バスの旅を楽しみました。

 『あすたむらんど徳島』の「明日多夢(あすたむ)橋」で直接現地まで車で来ていた、参加メン

バーと合流し、「探検の国ゾーン」の外周を遠回りしながら歩いて、丁度、遠足で来ていた、小学生

の元気な様子を見ながら、最初の目的地である、風車の丘までの上り坂を、いつもと同じ?“ワイワイ・

ガヤガヤ”とにぎやかに、マスク越しでの、大声で話をしながら坂道を上りました。

 風車の前で、参加者の記念撮影を行った後、「ジャンボパラソル広場」まで、下り、お待ちかねの

ランチを、それぞれ好みのベンチを選んで座り、ここでも楽しく食事と日ごろの生活、家族のことな

どの、会話と楽しんでから、帰りの集合時間まで、自由見学タイムとなりました。

 「くつろぎ館」での、コーヒー等を楽しんだ後、帰りの集合場所に集まって今月の『健歩会行事』

を計画通りに実施し、全員元気に徳島駅・自宅まで各自の交通手段を利用し、帰って来ることが出来

ました。

                                     以 上、

 

コメント

吉野川河口~マリンピア散策

2020年12月24日 | NTT徳島OB健歩会

 〇平成2年12月16日(水) (参加者12名)

吉野川河口~マリンピア散策」

                             小 川  武 男 (徳島) 

 12月度の『健歩会』行事は、当初、日帰りバス旅行を予定してましたが、コロナウイルス

感染症の影響もあり、本来のウォーキングと自然の中でのランチを楽しむコースに変更を行い

実施をいたしました。

 12月16日(水)に徳島市バスを利用して、中央市場前で下車して、『吉野川河口』から

『マリンピア』と歩き、新しく建設中の新吉野川大橋等の現代建設技術のスゴサ!を見るこ

とを目的に、実施を行いました。

 寒波の影響でお天気は快晴でしたが、冷たい風の中の行事となりましたが、男性9名、

女性3名の12名の元気なメンバーが参加し、いつもと同様に楽しい会話をしながら、約5Km

ワイワイ・ガヤガヤとにぎやかに歩きました。

 近くで見る、四国横断道橋架工事中の新吉野川大橋の大きさに驚きながら、土手を歩き、

マリンピアの北緑地公園で小休止をし、恒例の記念写真を撮りましとた。

 

   ランチ会場を目指して、歩く途中、右手に建設工事中の、先日(12月5日)国内最大の

つり上げ能力を誇るクレーン船「海翔」を使い、中央部に長さ161メートル、重さ2900

トンのブロックを取り付けた迫力一杯の沖洲、津田高架橋(新町川橋)が、近代的な姿を見せ

ているのを見ながら、マリンターミナルを目指し歩きました。

 お待ちかねのランチは、新町川の河口を見ながら、ベンチなどで食事を会話と楽しんでから、

オーシャン東九フェリー徳島まで歩いた後、市バスで徳島駅まで移動し、今月の『健歩会行事』

を計画通りに実施し、全員元気に徳島駅まで帰って来ることが出来ました。

 

   「河口からの新吉野川大橋の建設現場」

 

  「新吉野川大橋工事現場を背にマリンピアに向かう」

                

  「12月5日に繋がった沖洲津田高架橋」

 

コメント

11番札所藤井寺参拝&四国菊花展見学

2020年11月11日 | NTT徳島OB健歩会

 

コメント

愛宕山古墳散策(板野)等

2020年10月27日 | NTT徳島OB健歩会

〇令和2年10月16日 (金)    (参加者14名)

 <愛宕山古墳散策等>        駒田彰男(藍住)

 今回の健歩会は、3月以来、7ヵ月ぶりで今年度初となりました。

コロナ禍のため総会をはじめすべての計画を中止していましたが、緊急事態宣言も解除され

GoToトラベル、GoToイート等社会活動も回復しつつあります。

 健歩会も今回は、戸外で弁当持参でもあり、密も避けられるので実施することとなりました。

JR徳島駅発10時58分発板野駅行に乗車、途中駅から乗り込む人、JR川端駅に直接来る人等

14名の方々が集まりました。

久ぶりの再会で話も弾むなか、愛宕山古墳に向かって出発です。

10数分で、古墳入り口に到着、距離150m、高低差、数10mの竹林を歩くこと5分で到着しま

した。この古墳は約1600年前の前方後円墳で当時の阿波国地域最大級だそうです。

                 愛宕山古墳

 次は2番札所極楽寺です。コロナ禍の影響か参拝者もまばらで売店も4月から閉めています。

ここで集合写真を撮り、お弁当です。

次は板東俘虜収容所跡です。途中、バルトの楽園ロケ村(映画で使ったセットを移設した)を

外から見学し収容所跡へ向かいました。

ここは、第一次世界大戦時に日本軍の捕虜となったドイツ兵のうち約1000名が1917年から

1920年まで収容されており、2018年に国の史跡に指定されています。

日本で最初に「第九」が演奏されその様子は本や映画で紹介されています。

周辺を散策し、給水塔、パン工場跡などを見て1番札所霊山寺に向かいました。

ここも参拝者はまばらでした。

コロナの早期終息をお祈りして、板東の門前町通りを経てJR板東駅へ向かい

解散しました。

 天候にも恵まれ、総行程は約6Kmで秋空での久ぶりのウォーキングでした。

 

コメント

県立埋蔵文化財総合センター(板野町)周辺散策

2020年03月20日 | NTT徳島OB健歩会

〇令和2年3月5日 (木) (参加者13名)

   <県立埋蔵文化財総合センター周辺散策>  

                            駒田彰男(藍住)

 今年度最後の行事はJR板野駅から県立埋蔵文化財総合センターまでの往復約5Kmの行程です。

 JR板野駅11時30分集合です、JR利用で5名、地理的に直接マイカーで板野駅へ8名

計13名が集まりました。

新型コロナウイルスが拡大しており、全国一斉に小学校、中学校、高等学校など休校となり

外出自粛でもありますが、戸外であり濃厚接触の危険性も低いと思いマスク着用での出発です。

天候は薄曇りですが、時々太陽が顔を出し、また小雨も時々降るなど少々肌寒さも感じる道中でした。

途中岡上神社の前を通り(ここには岡の宮の大クスと呼ばれる天然記念物があり、前年に健歩会で

訪れているので道路から参拝)。

 途中には人通りはほとんどいなく、埋蔵文化財総合センター(レキシル徳島)に到着しましたが、

ここも先客が2名いたほどで、あとは我々だけです。

案内人に常設展示室の説明を受け館内を見学しました。ここには、発掘調査によって徳島県内から

出土した約1600点の土器、石器、金属器、木器などが展示されています。

 見学を終え、外に出ると風が強く寒いので板野町歴史文化公園の山裾で弁当を食べ周辺を散策し

早々と切り上げてJR板野駅に着き解散しました。
    

   

 

コメント

和美彩美マリンピアBBQ牡蠣食べ放題

2020年03月07日 | NTT徳島OB健歩会

令和2年2月5日(水) (参加者20名)
<和美彩美マリンピアBBQ牡蠣食べ放題>     漆川 澄子 (徳島)

2月は、今が旬の「焼き牡蠣食べ放題」と言うことで、天気にも恵まれ10時30分ごろ

ポッポ街東口に、マリンピア新鮮なっとく市の送迎バスで、男性13名、女性7名の

20名で、「なっとく市アクアテラス」に到着後、11時ごろから、即牡蠣を焼きに・・・・・

と言うのも、100分で食べ放題という時間制限なので。最初は、ビールで乾杯し、

焼き上がるのを待ちながら、各テーブルでは、ワイワイ、ガヤガヤとちなみに「ごはん」

「みそ汁」「ソフトドリンク」が食べ放題、飲み放題なので、しっかり食べ、どのテーブル

も大きな鉄板で2~3回は、牡蠣を焼きお腹いっぱいになり、時間内で食べ終わり、あとは

記念写真に収まり後、送迎バスでポッポ街に到着後、解散ですが、時刻も早いこともあり

“カラオケ”でもと言うことになり、歌好き10名程で歌って飲んで又楽しみました。

健歩会ですが、今回の様に歩くことがなかったのも、たまにはいいなあ・・・と思いました。

お腹いっぱいで楽しい一日でした。みな様、おつかれ様、ありがとうございました、

又ごちそう様!

 

コメント

脇町うだつの街並み散策&新年会

2020年01月26日 | NTT徳島OB健歩会

コメント

城山(徳島)と昼食(ひなた)

2019年12月27日 | NTT徳島OB健歩会

〇令和元年12月17日 (火)  (参加者19名)

    「城山(徳島)と昼食(ひなた)」

                            四宮康弘(徳島)

 朝9時30分徳島駅に集合。四国放送の天気予報では雨の確立が70%、気を

もんでいたが、今朝の空は雨が降る気配を感じない。とにかく「よかった」と話が

笑顔でまとまり、駅前を出発しました。

気分も軽く、ポッポ街を通り抜けて突き当りを右折して線路沿いの道を行き、内町

小学校前を通り公園の敷地に入る。ここには一般の車が入らないように車止めが

あった。

徳島駅の裏側を見ながら歩を進める。皆さん歩くのがかなり速い。竜王さんのクス

、SL展示場を過ぎ左手に子供平和記念碑、右側に蜂須賀家正像を見ながら、徳島

城博物館の外堀横を通過して、隣接する旧徳島城表御殿庭園に到着。

この庭をバックに全員集合の証拠写真を取り、庭の散策をしばらく楽しんだ。

 

庭は「阿波の青石」といわれる緑色片岩をたくさん使っているのと、数寄屋橋下から

地下水路を通して内堀の海水を導入した潮入庭園であるのが特徴。(内堀は、北側

が助任川と南側が地下水路で新町川とつながり海水が流れている。)

庭園は、国の名勝に指定されており、桃山様式を伝える庭で、枯山水庭と築山泉水

庭の二庭からなり、鑑賞式と池泉回遊式を兼ね備えている。

枯山水にある大きな青石橋は中央で折れており、これは初代藩主の蜂須賀至鎮

(ヨシシゲ)が踏み割ったという伝説が残っています。

庭園の鑑賞と回遊、65歳以上の人は無料でした。「ありがとうございました」と頭を

垂れて庭を後にする。

数寄屋橋から内堀の水を覗いてみたが、汽水域に住むという魚は残念ながら確認

できなかった。ちょうど小舟に乗った人が川面に浮かぶ落葉などのゴミを清掃してい

るのが目撃できた。堀の底が見えるほど水は綺麗でした。

 三々五々に話し、集いながら、城山の貝塚、バラ園、流れ池、菖蒲園、岩石の海蝕痕

と歩を進めて、城山の北側登山道を使って頂上まで往復。

そして、本日のメインイベントの昼食会を目指して、心を躍らせながら「ひなた」へと

向かった。

昼食はいつものように幕が開き、そしてにぎやかに90分を過ごし散会となった。

楽しい一日をありがとうございました。

 

 

コメント

京都大原三千院と雄琴温泉(琵琶湖散策)

2019年12月16日 | NTT徳島OB健歩会

〇令和1年11月27日(水)~28日(木)  (参加者14名 )

「京都大原三千院と雄琴温泉(琵琶湖散策)」

                             小川 武男 (徳島)

 『健歩会11月の行事』は、一泊二日の 滋賀・京都方面へのバスツアーとなりました。

早朝のまだ暗い 6時に鴨島郵便局前を出発し、徳島駅前ポッポ街東口を経由し、とくとく

ターミナル前のコンビニで全員集合となり、長いバスツアーを開始しました。

 淡路SA・桂川PA・養老SAでトイレ休憩とおやつなどを調達しながら、最初の目的地

昼食会場でも有る、長浜市の国民宿舎『豊公荘』で長浜名物「焼きサバそうめん」などを

お好みの飲み物と一緒にいただきました。

 昼食後、長浜城・歴史博物館を見学。織田信長が浅井長政を攻めた時、落城する直前に

お市の方と三人の娘を救出したエピソードは有名ですが、同時に木下藤吉郎から城持ちの

大名、羽柴秀吉を名乗ったスタートのお城が長浜城です。

 続いて、『国宝彦根城』『彦根城博物館』を見学し、本日のお宿・雄琴温泉『雄山荘』へ

16時過ぎの到着となり、18時からの宴会前に、自慢の露天風呂をゆっくりと楽しみ、

展望宴会場での楽しい宴会がスタートしました。

 いつものように、のど自慢メンバーのカラオケが宴会終了まで賑やかに続きました。

 翌日は、昨夜の疲れを朝風呂等で解消し、全員元気でホテルを8時半に出発しました。

二日目の目的地「平家物語」ゆかりの寺として有名な『寂光院』の紅葉と苔を眺め、住職

の寺のいわれ等の話を本堂の中で聞き、周辺を散策後、バスで『三千院』に移動し、ここ

でも紅葉と境内の苔を見ながら、晨殿・客殿・往生極楽院などの散策を楽しみました。

 バスに戻り、昼食会場の『きょうと和み館』で「秋の和み膳」を食べた後、腹ごなしに

『京つけもの西利』二階の試食コーナーで京おつけものと白ワインを楽しみました。楽しみ

過ぎて、次のお客様団体から『どのワインも瓶が空になっている‥』との声が聞こえました。

お買い物を済ませ店の前からバスに乗り、次の目的地『錦市場』へ移動をしました。

『錦市場内』や『大丸京都店』で京土産を大量購入し、帰路につきました。

 紅葉は11月27~28日と遅い行事のため、あまり期待をしてはいなかったのですが、

バスの窓からも京都のお寺でも、きれいな3色(緑・黄・朱)のモミジ、イチョウなどの

紅葉を満喫するバスツアーを参加者全員、元気に無事に実施することが出来ました。

 

                    「長浜城」

    

                    

                   「彦根城」

コメント