テスラ研究家・新戸雅章の静かなる熱狂の日々

エジソンも好きなテスラ研究家がいろいろ勝手に語っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『テスラ エジソンが恐れた天才』公開近づく

2021-03-15 17:51:59 | Weblog


 イーサン・フォークの二コラ・テスラ伝記映画『テスラ エジソンが恐れた天才』の公開が近づいて来た。
 以前に書いたように伝記映画といっても、二コラ・テスラの半生をテーマにしたひねりの効いたドキュメントといった趣の作品である。監督のマイケル・アルメイダはこの作品を長年温めていたそうで、その思い入れは十分に伝わってくる。
 観客に想像を広げさせようという監督の意図だとは思うが、エピソードの説明が少なく、予備知識のまったくない人には少しハードルが高いかもしれない。彼の伝記や紹介書で知識を仕入れてから見るのが、より楽しむコツかとも思った。もちろん予備知識なしでも充分に楽しめる作品に仕上がっているが。
 コアなテスラファン向きには随所に小ネタが散りばめられている。それを探すのもおもしろいだろう。全体的には最後までわくわくしながら見させてもらった。
 この作品を機に世紀の天才の認知度がさらに上がるとすれば、長年のファンとしてこんなにうれしいことはない。

『テスラ エジソンが恐れた天才』3月26日より全国順次公開
コメント

イーサン・フォークのテスラ映画「テスラ エジソンが恐れた天才」、来春日本公開決定

2020-12-27 21:49:44 | Weblog
 
 マイケル・アルメイダ監督の「テスラ エジソンが恐れた天才」の来春(3月26日)公開が遂に決定した。
 すでに試写で見たが、印象を一言で言うと、天才二コラ・テスラの半生をテーマにしたひねりの効いたドキュメントといった感じだった。テスラにまつわる重要なエピソードはほぼ過不足なく描かれており、大変満足した。
 ごぞんじのように、テスラの生涯のハイライトは「エジソンとの電流戦争」と、それに続く「無線(送電)への挑戦」になる。前者は、エジソン社への就職と離反、その後の不遇、交流システムの発明の発表、ウェスティングハウスとの同盟成立、エジソンによる動物実験、電気椅子処刑への交流採用の働きかけ、シカゴ万国博覧会での劇的勝利、などだが、全体を通してエジソンとの角逐がよく描かれていた。
 エジソンとテスラのアイスクリームのなすり合い、ウェスティングハウスの危機を救うため、特許を破棄するという友情エピソードなどは印象的なシーンも多かった。後半の無線送電の部分は天才の光と影、栄光から没落への話になるので、テスラファンとしては少し悲しくなるが、それも含めてテスラということだろう。アン・モルガンやサラ・ベルナールとの恋愛エピソードは少し弱いかなと感じたが、といって女性関係を追いかけても実り少ないのが、発明一筋の異端者の悲しいところか。
 イーサン・フォークのテスラは、内気で繊細なテスラの静のイメージをよく表現していたと思う。エジソン、ウェスティングハウス、モルガンもそれぞれ適役だった。
 現代の携帯やPC、カラオケが登場するのは、電気と電波の時代を開いたテスラに対するリスペクトだろうか。コアなテスラファンほど感動するだろう。 
 観客に想像を広げさせようという監督の意図だろうが、エピソードの説明が少なく、予備知識のまったくない人が話の流れを理解するのは少々むずかしい気もした。彼の伝記などで予備知識を仕込んでいく方がより楽しめるかなと思った。
 全体的には最後までわくわくしながら見られたので、こんな時代だが、多くの人に映画館に足を運んでもらいたいと思う。
 この作品を機にテスラブームが盛り上がるとすれば、テスラ研究者としてこんなにうれしいことはない。
コメント

テスラーガーンズバック連続体(下)

2020-03-17 17:14:23 | Weblog
★ラルフ124C 41+

 1911年、ガーンズバックは「モダンエレクトリック」誌に、未来を舞台にした技術冒険物語の執筆を開始した。最初は誌面の穴埋めのつもりだったが、読者の熱心な要望に応えて書き継がれ、完結までに全12回に及ぶ長期連載となった。
 作中には、科学好きの読者をわくわくさせる未来的な発明が数々紹介されていた。たとえば蛍光照明、テレビ、ラジオ、プラスチック、野球の夜間ゲーム、立体映写機、ジュークボックス、液体肥料、自動販売機、睡眠学習、無線電力送信、ガラス繊維、ナイロン等(?)……。蛍光照明やラジオはいうにおよばず、その多くが尊敬するテスラの発明やアイデアに触発されたものだった。
 作品は最終的に「ラルフ124C 41+」という題名で出版され、科学冒険小説の代表作のひとつとなった。
 ガーンズバックは、読者の反響によって「ラルフ─」のような作品に需要があることに気付かされた。そこで、その手の作品を積極的に雑誌に掲載するようになった。この傾向は、彼が次に創刊した雑誌によってさらに顕著になる。
 アマチュア無線家の数は急増し、無線のマーケットはさらに拡大していた。それを見越して、ガーンズバックは1913年、二番目の雑誌となる「エレクトリカル・エクスペリメンター」誌(「モダーン・エレクトリック」誌を改題)を発刊した。
 この雑誌でガーンズバックはコラムニスト、エッセイスト、作家として、未来冒険物語「ミュンヒハウゼン男爵の新しい科学的冒険」を含む多くの文章を発表し、未来技術がもたらす社会的インパクトについて探求した。
 さらにA・A・メリットやレイ・カミングスといった人気作家の科学冒険小説で誌面を飾ったほか、ウェルズやヴェルヌの復刻作品も登場させた。後者はもっぱら著作権料節約のためだった。
 ガーンズバックはこの雑誌を通して、「ラルフ─」のような作品にふさわしい名称を採用しようとした。
 ウェルズに代表される空想的な科学小説は従来、「サイエンティフィック・ロマンス」と呼ばれてきた。それらは社会批判・文明批判を旨とし、描かれる未来も悲観的で暗いものが多かった。
 これに対して、彼が求めたのはジュール・ヴェルヌ風の明るい未来小説だった。
 二〇世紀初頭の西欧世界は、科学技術が開く新世紀への期待に満ちあふれていた。電力システム、電話、電信、無線、鉄道、汽船、自動車、航空機、合成化学、アルミニウム精錬。人々は次々と生まれる新技術・新発明に熱狂し、それらが普及した未来の姿を熱烈に知りたがった。こうした期待に沿って楽観的な未来社会を描くのが彼が求める新しい科学小説だった。それだけに従来の用語は捨てられなければならなかったのである。
 考えた末、彼が提案したのは「サイエンティフィクションscienti-fiction」という名称だった。
「サイエンティフィクション」とはなにか?
 彼の定義によれば、それは「ジュール・ヴェルヌ、H・G・ウェルズ、エドガー・アラン・ポーのタイプの物語……科学的事実と予言的ヴィジョンをないまぜにした魅力あるロマンス」である。
 これだけでは旧来の科学ロマンスと大差ないように思えるが、注意すべきはここで彼が強調したかったのは後半部だということである。彼の関心は科学的事実と予見技術社会の未来像そのものにあり、前半部に挙げたヴェルヌ、ウェルズ、ポーの三人彼らの小説の文学性や思想性にほとんど興味がなかった。言い換えれば、彼の「サイエンティフィクション」は、科学技術に特化した通俗小説だった。これは文学的洗練などに興味のない彼の読者の嗜好にも合致していた。
 この新語づくりにあたって大きな刺激を与えたのはやはりテスラだった。彼の未来的な発明やアイデア、ビジョンは、まさにサイエンティフィクションそのものだったからである。
 ガーンズバックはその「生きたサイエンティフィクション」に新しい文学のイメージを重ねようとして、テスラに関する情報ならなんでも載せようとした。1917年8月号には、「電気学と戦争に関するテスラの見解」と題するインタビュー記事を掲載、その中で軍事レーダーに関するもっとも早い予言を語らせている。
 原稿の執筆も依頼、これに応じて、テスラは新発明やそれに基づく予言的ビジョンを披瀝していった。とりわけ1919年の活躍はめざましかった。
 2月号には「有名な科学的幻想」、4月号と6月号には「月の回転」、5月号には「無線の真実」と立て続けに論考を発表、さらに自伝執筆の求めに応じて、同年2月号からは、唯一の自伝となる『わが発明』の不定期連載を開始した。誌面にはのちに高名なSFイラストレーターとなるフランク・R・ポールによる無線送電塔、無線動力の飛翔体などのイラストが華々しく添えられていた。
 世紀の予言者の誌面登場は、雑誌の権威を高めるとともに、無線の通販という新興ビジネスのイメージづくりにも貢献した。まさに一石二鳥だった。一方、テスラにとっても、ガーンズバックという賛美者の出現はありがたかった。
 無線送電の挫折以来、投資家の信頼を大きく損ねた発明家は、この頃、慢性的な資金不足に悩まされていた。再起の思いは強かったが、予備的な実験すらままならない状況が続いていた。そこへきて、1917年には完成目前で工事が中断していた無線送電塔が、新しい所有者の手で破壊されるという憂き目にもあった。
 それだけに、専門的意見から未来のビジョンまで、自由に意見を発表できるメディアの存在は貴重だったのである。

★サイエンス・フィクションの誕生

 自作の自雑誌掲載を機に、ガーンズバックのサイエンティフィクションへの思いはますます募っていった。その思いは、一九二三年の「サイエンス・アンド・インベンション」誌の”サイエンティフィクション特集”につながった。特集の反響は上々だったので、勢いに乗って今度は「サイエンティフィクション」というタイトルの新雑誌創刊を読者に提案した。しかしこちらの反応は余り芳しくなかった。
 そこでいったん仕切り直しをして構想を練り直すことにし、1926年、まったく別のタイトルで新雑誌創刊に踏み切った。「アメージング・ストーリィズ」。アメリカ最初の商業SF誌の誕生である。
 アメージング・ストーリイズは順調に部数を伸ばし、10年来採用してきたサイエンティフィクションという用語もようやく定着しかけた。
 だが天性のアイデアマンはそれに飽きたらず、新しい呼び名を次々に読者に提案していく。そして最終的に「サイエンス・フィクション」という名称で落ち着いたのである。もっとも何と呼ぼうと、彼が意図していた技術主体の未来小説だったことに変わりはなかったが。
「アメージング・ストーリィズ」誌創刊時、テスラはすでに七〇歳になっていた。ガーンズバックがSFに足場を移してからも、ふたりの親密な関係は続いた。そしてテスラの発明的想像力は、SF的想像力の源泉であり続けた。
 ガーンズバックにとってテスラはまたとない支援者だったが、逆に、テスラにとって彼との関わりはプラスばかりではなかった。
 エジソンやテスラを生んだ発明の英雄時代は19世紀末に終焉を迎える。20世紀、独立独歩の発明家に代わって台頭したのは大学や研究所に所属する高学歴の専門家たちだった。それによりかつて世界を震撼させた発明家たちの栄光も次第に色褪せていったのである。
 そんな中、彼らに新たな活躍の場を用意したのがサイエンス・フィクションだった。科学的想像力を重視するこの新興の文芸ジャンルの中に、彼らは天才的でアウトローな科学者──「マッドサイエンティスト」として再生したのである。
 世界を一変させる大発明を成し、時に世界征服すら夢見る異端の天才科学者。彼らの発明を軸に、次々登場する狡猾で獰猛な宇宙怪物(BEM)、必ず窮地におちいる薄着の金髪美女、それを救う力強い正義のヒーローなどが、大宇宙せましと駆けめぐる。これがスペース・オペラと呼ばれる初期サイエンス・フィクションの定番だった。
 この場合、主役のヒーローやお相手の美女は、たいてい類型的で無個性な大根役者と決まっていた。それに比べて、宇宙怪物やマッドサイエンティストなどの脇役たちは、個性がきわだつ演技派だった。中でも人間的な弱さを抱えたマッドサイエンティストは、ともすれば平板になりがちな物語に深い陰影を与える役割を果たした。
 拙著『逆立ちしたフランケンシュタイン』でも指摘したように、彼らのモデルは中世の魔術師や錬金術師であり、直接には19世紀の発明家たちだった。とりわけテスラの天才性、カリスマ性、異端性、悲劇性などは最高のモデルにふさわしかっただろう。
 しかし、こうしたイメージの浸透はテスラにとって痛しかゆしだった。通俗SFにおいては、マッドサイエンティストのイメージも通俗化せざるをえない。それによってテスラの発明もまた、殺人光線や超破壊兵器に特化され、俗化されていったからである。このことが後世、テスラの過小評価を招く一因になったことは否めない。
 まさかガーンズバックも、おのれが心血を注いだメディアが「自分の神」を貶る結果を招くとは思いもよらなかっただろう。
 とはいえそれは結果論であり、テスラはガーンズバックの存在に大いに慰められたし、ガーンズバックのテスラに対する尊敬も終生変わらなかった。
 一九四三年に発明家が亡くなると、ガーンズバックは遺骸を受け取った葬儀屋にデスマスクの制作を委託した。完成したデスマスクは、「プラクチカル・エレクトロニクス」誌に発表され、その後、ガーンズバックの事務所内に保存された。
 そして現在はベオグラードのテスラ博物館の収蔵品となっている。

★ガーンズバックの贈り物

 未来を鏡とする現代批判を旨としてきた「科学ロマンス」は、未来の国アメリカで、未来の技術風景そのものを描く「サイエンス・フィクション」へと変貌を遂げた。それを牽引したのは、移民でありながら、きわめてアメリカ的な個性をもった一人の編集者だった。
 しかし彼のアイデンティティは1930年代末には早くも崩壊してしまう。それを促したのは、MITで学んだインテリ編集者、J・W・キャンベルだった。
 文学指向の強いこの敏腕編集者のもとで、サイエンス・フィクションは、ガーンズバック的な技術楽観主義や通俗性を脱して、洗練された〈文学〉へと変貌していった。それはたしかにSFの進化ではあったが、一面では科学ロマンスへの回帰でもあっただろう。
 その後もサイエンス・フィクションは、J・バラードの「スペキュレイティヴ・フィクション」、ウィリアム・ギブスンやブルース・スターリングの「サイバーパンク」、「スティームパンク」などの衝撃を受けとめ、変貌を重ねながら、より重層的な文学ジャンルへと成長を遂げていった。
 興味深いことにギブスンは1980年代に、「ガーンズバック連続体」というメタフィクション的なSF短編を著して、ガーンズバックへの多大な負債を認めた。
 むろん、サイバーパンクの旗手は、現代SFの内実が名付け親の定義から遠く隔たったことは充分に認識していた。その上で、彼の技術小説が持つ荒々しい想像力や廃墟のイメージ、人工性、神秘性などに、ハイテク時代の文学の可能性を見ようとしたのだった。
 反科学・反技術主義的な風潮に支配されていた1970年代が終わり、80年代にはコンピュータや新素材などの科学技術に再び期待と関心が集まった。その技術の行く末を見据えて、コンピュータを介して人と機械が融合する先端的で、異端的なマッドサイエンスを扱ったのがサイバーパンクの小説群だった。これとニコラ・テスラという真正マッドサイエンティストの同時代的復権は偶然ではないだろう。
 挫折した発明家ガーンズバックは、テスラを通して発明家の時代の終わりをさとった。だからこそ文学の発明を通して神々の時代の再興を夢見たのではないだろうか。私には「サイエンスティフィクション」がガーンズバックからテスラへの私的な贈り物だったように思えてならない。


〈参考文献〉
*Tesla, Nikola, My Inventions, Hart Brothers, 1982.
*Tesla,Nikola, Famous Scientific Illusions, Electrical Experimenter, February 1919
*Tesla,Nikola, The Moon's Lotation, Electrical Experimenter, April,June 1919
*Tesla,Nikola, The True Wireless, Electrical Experimenter, May 1919
コメント

テスラ─ガーンズバック連続体(上)

2020-03-15 11:23:24 | Weblog
この文章は2006年神奈川県川崎市で開催された「テスラ生誕150年記念イベント」のプレ・イベントとして東京で開催した「テスラ記念講座全3回」(講師:新戸雅章)の第3回「テスラーガーンズバック連続体」の原稿に若干の手入れを施して掲載するものです。

テスラ─ガーンズバック連続体


                    新戸雅章

 もし真に発明した人間を意図しているなら、言い替えればーー他の人間によってすでに発明されていたものをたんに改良しただけでなくーー発明し、発見した人間を意図しているなら、疑いなく、ニコラ・テスラは現代の最大のというだけでなく歴史上最大の発明家である……彼の革新的であるばかりでなく基本的な発見は、まったく大胆で、知的世界の歴史において並ぶものがない。
           ――ヒューゴー・ガーンズバック


 天才の栄光と悲惨を一身に背負ったニコラ・テスラの生涯はつねにわたしたちを魅了してやまないが、近年は科学や発明におけるヒーローとして、またマッド・サイエンティストのモデルとして、メディアや文化に対する影響力の大きさでも注目を浴びている。
 テスラの文化的影響のひとつに、サイエンス・フィクションの起源との関係がある。彼が文化ヒーローとして、このもっともアメリカ的な文芸ジャンルの成立に果たした役割は想像以上に大きい。
 よく知られているように、世界最初の商業SF誌は一九二六年、アメリカ在住の編集者ヒューゴー・ガーンズバックによって創刊された「アメージング・ストーリィズ」誌である。この業績によってガーンズバックは「アメリカSFの父」と呼ばれるようになった。
 一八八四年、東欧に生まれたガーンズバックは、発明家になる夢を胸に新大陸の土を踏んだ。しかし発明家として一定の成功をおさめたあとは事業家に転身、ラジオの通販業と通俗科学雑誌の発行で大成功をおさめた。その後、自分の発行する電気技術雑誌に連載した未来技術小説が好評だったため、その種の作品を積極的に掲載していった。
 これを小説に特化・発展させて創刊されたのが「アメージング・ストーリィズ」であり、サイエンス・フィクションという名称もこの雑誌でガーンズバックが初めて採用したものである。
 のちに考察するように、このサイエンス・フィクション誕生において、テスラの発明的・技術的な想像力が果たした役割は大きかったが、その関係を支えたのが、ガーンズバックのテスラに対する終生変わらぬ尊敬の念だった。
 アメリカでの初対面以来、テスラのカリスマ性に心酔したガーンズバックは、未来技術に対する彼の予言的ビジョンを積極的に紹介していった。そこから生まれた未来のイメージは一九一〇年代、二〇年代のアメリカSF草創期における重要な支柱のひとつになっていった。
 だが、こうした視点は近年までSF史家の考察からもほぼ抜け落ちていた。わたしはこの論点を、拙著『逆立ちしたフランケンシュタイン』や「ワールドコン(世界SF大会)2007」の基調報告のために準備した論稿(「テスラーガーンズバック連続体」)などで指摘してきたが、充分に展開できたとはいいがたい。
 そこでこの際、世紀末の天才発明家と彼を終生信奉した出版者の交流を通じて、ひとつのメディアの成立過程をあらためて考察してみようというわけである。
 まずは、SFというジャンルの成立に多大な貢献をしながら、意外に知られていないガーンズバックという人物の追跡から初めてみよう。

★ガーンズバック

 ヒューゴー・ガーンズバックは1884年、ルクセンブルグの比較的裕福な酒造業者の家に生まれた。
 少年時代のガーンズバックが強い興味を示したのが電気だった。きっかけは子供の頃、電気回路の端子から飛び出す緑色の火花に魅了されたことだった。経済的に恵まれた少年は、部品をパリの電気店からカタログ注文して電気の実験に熱中したという。この経験は、のちの通販業者としての成功のカギとなったと思われる。
 電気とともにガーンズバックを夢中にさせたのが、最新の科学や天文学の知識だった。
 10歳の頃、彼はアメリカの天文学者パーシバル・ローウェルの著書の翻訳で、火星生命についての記述に初めて遭遇した。すっかり魅了されたガーンズバックは、昼も夜も火星の生命と文明について考え続けたという。これはのちのSFとの出会いに導く重要な体験となった。
 基礎教育を終えたのち、彼はブリュッセルの寄宿学校に入学した。ここで英語を習得したことが、のちの作家、編集者、出版者としてのキャリアに役立った。またマーク・トウェインの著作を読んで、新大陸へのあこがれをかきたてられたという。
 ドイツのビンゲン工科大学に学んだガーンズバックは。その三年目、高電流の積層乾電池と小型の火花間隙式無線送信機を設計した。これを商品化して発明家として身を立てるべく1904年、新大陸の土を踏んだ。
 ニューヨークで電池の特許を申請したガーンズバックは早速、その売り込みに奔走した。だが意に反して結果ははかばかしくなかった。彼の電池は高性能な反面、生産コストが高く、大量生産には向かなかったのである。
 ある自動車部品業者と電池の製造契約を結んだものの、その後は恐慌の影響もあって、事業は廃業に追い込まれてしまった。こうして本命の電池では挫折したが、もうひとつの小型無線機が彼を思いがけない成功に導いた。
 20世紀初頭のアメリカは発明ブームに湧いていた。なかでも発明マニアや科学少年の夢を激しくかきたてていたのが、草創期の無線電信やラジオだった。
 19世紀末、テスラ、ポポフ、ロッジらによって基礎技術がつくられた無線電信は、1901年のマルコーニの大西洋横断無線電信の成功を機に、実用化に大きく踏み出していた。とはいえ、当時の無線機は数万ドルもする高価な商用機に限られ、一般の愛好者には文字通り高嶺の花だった。
 ガーンズバックは自分の設計に従えば、はるかに安価な無線機が製造可能だと信じていた。ところが、いざ着手してみると意外な壁に突き当たった。
 それはニューヨーク周辺には無線機器の販売店がなく、必要な電気部品の入手が困難だということだった。このとき、脳裏によみがえったのが、通販を利用して部品を購入していた子供の頃の思い出だった。早速、ヨーロッパへ部品を発注しながら、ガーンズバックは新しいビジネスのアイデアを思いついていた。
 それは電気や無線部品を輸入・販売する通販会社の設立だった。無線機の自作を試みる科学マニアは全米に少なからず存在し、自分と同様、部品の入手の問題で悩んでいるだろうと読んだのである。

★巧妙なメディア戦略

 待望の新型無線機は、この新会社から「テリムコ無線電信機」の名で発売された。価格は受信機付きで八ドル五〇セント。破格の安さに最初はインチキや詐欺を疑う声も出たが、やがて本物だとわかると、爆発的な売れ行きを示すようになった。
 こうして無線機事業は大成功を収め、あわせて通販事業の方も順調に拡大していった。このまま彼が発明に打ち込んでいれば、発明家としての成功も夢ではなかったかもしれない。
 しかし実際にはそうはならなかった。幸か不幸か彼の頭にはビジネスのアイデアもまた湧きだしていたため、それにかかわって発明のアイデアを熟成させるひまがなかったのである。
 そのビジネスマン・ガーンズバックが次に目をつけたのが、技術的知識の啓蒙を通して幅広い客層を開拓することだった。
 もともと彼の通販カタログには、技術記事がコラム的に掲載されていた。これを徐々に拡大していき、1908年4月には、電気と無線の技術雑誌「モダーン・エレクトリック」誌の創刊にこぎつけた。
 価格は一部10セント。内容は無線のハウツー記事、特許情報、無線に関するニュースなど、アマチュア無線家にとって有益な情報が満載されていた。この雑誌で、ガーンズバックは出版者、編集者、ライターから宣伝担当まで兼務した。
 ガーンズバックが次に打った販売戦略は、無線愛好家のネットワークづくりだった。そのため、無線機の所有者名、コールサイン、装置などのデータを列記した「無線紳士録」を作成、これを雑誌に掲載した。さらに無線愛好家の全米組織である「アメリカ無線協会(WADA)」も立ち上げた。ここに現在のアマチュア無線の基礎がつくられたのである。
 強固なマーケットに支えられたガーンズバックの雑誌の販売部数は、1915年には40万部以上にのぼった。並行して電気輸入会社の売り上げも倍増していった。メディアを利用してブームをあおり、その風に乗って売り上げを伸ばす。まさにマーケッティングの勝利だった。
 こうしてガーンズバックは、現代に通じる通販ビジネスの開拓者となった。技術の将来性を見透して、新しいビジネスモデルを立ち上げたという点では、現代のビル・ゲイツやジェフ・ベゾスにも通じる才能といってよいだろう。

★テスラという神
 
 ガーンズバックが通販ビジネスを拡大する上で、採用した戦略がもうひとつあった。それは無線界の大物たちとのコネクションづくりである。
 発明王エジソン、「電気の魔術師」テスラ、大西洋横断無線通信のマルコーニ、無線電話のフェッセンデン。無線技術の基礎を築いたこれら大発明家たちは、無線愛好家たちにとっては文字通り神であり、生きた伝説だった。
 その思いをよく知るかつての無線少年は、彼らを誌面に登場させるべく手紙攻勢を仕掛けた。
 エジソンの場合には実際に研究所を訪問し、その折り、わき出るようなアイデアを語り続けて、初老の発明家を疲労困憊させたという逸話が残されている。こうしたコネクションは雑誌の読者確保と権威付けに役立っただけでなく、アメリカ無線協会の設立に際しても大きな力となった。
 だが、ガーンズバックがとりわけ心酔し、深い絆で結ばれた発明家はテスラだった。
 子供の頃から憧れていたテスラの魔術師的な雰囲気は、ガーンズバックの中でつねに電気の持つ神秘的な魅力と重なっていた。しかしそれ以上に、彼にはテスラに強い親近感を抱く理由があった。
 それは渡米前までのふたりの出自と足跡だった。テスラの出身は当時のオーストリア=ハンガリー二重帝国(現クロアチア共和国)、一方、ガーンズバックはルクセンブルグ。ともに東欧出身だった。
 幼い頃から科学に強い関心をもち、技術教育を受け、発明家を夢見て新大陸の土を踏んだのも同じだった。マーク・トウェインの著作によって、アメリカへの夢を育んだというのも共通していた。
 片や発明家として大成功し、片やビジネスに転じて成功したという違いはあるにしても、強いシンパシーを抱く理由は揃っていたのである。
 そのガーンズバックが憧れのアイドルと初めて会ったのは、渡米から4年後の1908年のことだった。そのカリスマ性に深い感銘を受けた編集者は、のちにその思い出を次のように記している。

「・・・・・・あなたは高次の人間性と対面していることにすぐ気づくだろう。ニコラ・テスラは進み出て、六〇歳を超える年齢とは思えない力で力強く手を握る。異常に深い眼窩の奧にある淡いブルーグレイの瞳で射るように見つめながら、人を惹きつける微笑であなたを魅惑し、たちまちくつろいだ気分させてくれる」(「エレクトリカル・エクスペリメンター」1919年)

 この会見以降、ガーンズバックのテスラ熱はますます高じ、自分の雑誌にテスラの業績やアイデア、発明に関するニュースなどを積極的に紹介するようになった。
 この熱がやがて彼を新しい文芸ジャンルの開拓者へと導いていったのだろう。
                                                               (続く)

コメント

図書館、静かすぎる!

2020-02-18 17:42:18 | Weblog
 調べ物をしながら原稿を書く仕事をしている関係で、図書館はよく利用する。地元二宮の図書館、勤め先のある藤沢の図書館を軸に、用が足りない場合は横浜市立図書館、都立中央図書館、最後の頼みの綱が国立国会図書館である。そんな便利な図書館だが、昔から引っかかっていることがあった。楽しい反面、妙に緊張をしいられるところがあるのだ。それがどうも足を向かなくさせるし、行っても余り長くいられないという困った状況を生み出すのである。
 最近になってその理由がわかった。つまり……、図書館は静かすぎるのだ。
 図書館では私語厳禁、静かに利用するというのが一般的なマナー。しかしそれが私をモヤモヤさせるのである。つい声を出したり、独り言を言いたくなる気持を抑えられなくなるのである。
 小学校の頃、授業中にやらかしがちな私だった。おとなしく先生の話を聞かなければならない。そう思えば思うほど、声を上げたり、立ち上がったりしてしまいそうになる。授業中にマンガを描くとか、本を読むとかだけが救いだったが、それでも結局はやらかしてしまい、立たされたり、職員室に呼ばれたりする。図書館に行くと、あの授業中の緊張を思い出してしまうのだ。そのせいで、教室のようなところで、人の話を長時間聞くのは今でも苦手だ。
 実を言うと、うるさいから気が散るというのは私にはどうもよくわからない。私が一番、落ち着いて集中できる環境は適度に混んだ喫茶店である。私語も、BGMもOK。もっとうるさい場所でも困らない。現にこの原稿は私語が飛びかう喫茶店で書いている。つまり図書館が喫茶店にならないのか、というのが私の希望なのである。
 妻にこの話をしたら、私はうるさいのは絶対ダメ、と即座にはねつけられた。そういう人が多数派なのかもしれない。私は少数派。だとすれば、私の「図書館喫茶店化計画」は最初から挫折を余儀なくされることになる。これからも、緊張を抱えたまま図書館に通わなければいけないわけか。
 そうなのかー。悲しいなー。
コメント

平賀源内の故郷志度に来ています。

2020-01-18 20:46:15 | Weblog

平賀源内の故郷香川県さぬき市志度に来ています。
今日は平賀源内記念館、源内の墓がある自性院、平賀源内旧邸・薬草園などを回りました。
記念館で絵葉書、旧邸で薬草茶を買いました。



コメント

レトロ・フューチャー2

2019-10-02 00:23:00 | Weblog
レトロ・フューチャー2
コメント

テスラの新刊「天才二コラ・テスラのことば」出ました。

2019-03-26 17:34:07 | Weblog

 発明家二コラ・テスラは生前、論文や自伝、雑誌・新聞に発表したエッセーやインタビューに多くの言葉を残しました。本書はその中から、彼の天才性や人間性をよくあらわす言葉を著者が独自に選定して翻訳・紹介したものです。

人間テスラは発明家としての功名心と挫折、己の才能に対する自信と不安の間で揺れ動きました。生来の繊細さから、自律神経失調、強迫性障害、潔癖症などの精神的病にも苦しめられました。そこから自ずと孤独を愛する性格が形作られていったのです。
 その反面、放電パフォーマンスなどで見せた芝居っ気やユーモアで多くの人を引き付けました。折にふれて発表された科学や社会に対する鋭い批評、東洋思想にも通じる人生哲学、感性の豊かさを示す詩作、祖国や自然や動物などに注いだ豊かな愛情。それらの全体が人間テスラを形成しているのです。

 本書が未だ知られざる人間テスラの魅力を理解する一助になればさいわいです。

 孤独になりなさい。それが発明の秘密なのだ。孤独になりなさい。アイデアが誕生するのはその時なのだ。(一九三四年)

 現在は彼らのものだが、私が心血を注いだ未来は私のものだ。(一九二七年)



新戸雅章編著
「天才二コラ・テスラのことば」
小鳥遊書房
2019年4月3日刊
\1,800
コメント

レトロ・フューチャー

2019-01-12 01:06:34 | Weblog


コメント

政太夫の説教節

2018-09-21 15:13:33 | Weblog
先月31日、説教節政太夫さんの説経節を日暮里に聴きにいってきた。
政太夫さんとは遊行かぶき創立以来のお付き合いだから、もう20年以上になる。
私が説経節を最初に聞いたのは、1996年、つまり遊行かぶき旗揚げの年。ところは時宗総本山清浄光寺(遊行寺)。その本堂で、政太夫さんの師匠に当たる武蔵大掾師の「小栗判官一代記」を聴いたのが最初だった。
 舞踏家大野一雄氏とコラボしたこの歴史的舞台で、初めて接した説経節は言葉もわからず、節回しも初めて聞くものだったが、深い郷愁を呼び覚ますような独特の響きがあり、なぜ知らずその懐かしい世界に身をゆだねていた。武蔵大掾はその後体調を崩され3年後にお亡くなりになったので、再会は果たせなかったが、代わりに弟子の若松若太夫と政太夫さんの演奏を聴くことができた。
 とくに政太夫さんは「遊行かぶき」の狂言回しとして、その後20数回の公演にお付き合いいただき、間近かで拝聴してきた。全6時間余りに及ぶ「小栗判官一代記」全段通し公演という荒行も2度聴かせていただいた。その間の精進をつぶさに見て、芸道の厳しさを改めて認識させられたものだった。
 説経節とは、中世末から近世にかけて行われた語り物芸能の一つで、仏教の説経が平俗化し、節をつけて音楽的に語られるようになったものである。原型は、中世に竹でできた「ささら」をすりながら語った大道芸や門付芸で,江戸時代にはささらの代わりに三味線が伴奏に使われるようになった。操り人形との共演も行われた。
 元禄以前には浄瑠璃よりも盛んで,「かるかや」「さんしょうだゆう」「しんとく丸」など、いわゆる五大説経が人気を博した。最近、私がよく聞いている講談や浪曲などの語り芸のルーツともされている。
 明治になって一時、衰退したが、初代若松若太夫が新しい台本と節で復活させた。戦前は講談や浪曲に次ぐ人気を誇っていたが、戦後は久しく後継者が絶えた。それを復活させたのが、前出武蔵大掾(二代目若松若太夫)である。
 政太夫さんは私とほぼ同年代。近年、大きな病をえたが、それを克服してからの進境が著しい。今回もますます冴えわたる政太夫の「勧進帳」を堪能したが、この公演では、「江戸映し絵」との共演も見どころだった。
 写し絵とは、要するに幻灯のことである。数台の幻灯機を使ってスクリーンに絵を裏から映す。それを自在に動かすことによってアニメーションのような効果を生み出すのである。
 江戸時代後期、オランダから渡来した幻灯機を、日本の伝統的語り芸に取り込むことで完成した。からくり儀右衛門(田中久重)に代表される江戸からくりの精華の一つであり、日本アニメの隆盛の原点ともいえる貴重な芸能と言ってよい。説経節と同じように一度途絶えたが、平成の世になって(一九九四年)、有志の手で復活した。
 前述のように説経節はもともと人形芝居や影絵との組み合わせが多かった。その延長上の新しい試みは、互いを引き立てあって大成功だった。
 説経節、写し絵とも、今後も公演予定があるので、古典芸能や江戸からくりに興味がある方にはぜひお勧めしたい。
コメント