おさびし日記

たのしい作文練習帳

なぜか申し訳ない感じ

2018-06-03 21:50:31 | Weblog
6月2日(土)

長いなあなかなか終わらんなあ 
と思っていた五月がいつのまにか終わって、六月。

なんですかねえ こんなこと言うてもしょうがないけど
今日の仕事場は不愉快なことが多いったらもう。

よれよれで帰ってきて、でも今日はお姉さんがお寿司食べに
連れてってくれる日なので、ああ落ち着け落ち着けわたくし。
と横になって、ゆたぽん(リラックマのやつ)して、少し眠って
そして、夕方、ふたたび街へ、マリーさんと向かう。
そしてそして、
ご馳走になった優雅なお寿司は、わたくしたちが時々食べる
廻ってるやつとは別の食べ物なのであった。
先付けの、あずき入り胡麻豆腐(蓴菜のお出汁がかかってる)も
あの世的に美味しかった・・・・

わたくしの昼間の不機嫌はきれいさっぱり消えました。すみません。
って何に謝っているのだか。

持ち帰りで柳寿司(バッテラ)を作ってもらい、
地下でモロゾフのデザートも買ってもらい、
もうほんまいつもありがとうございます・・・・と
駅で別れて帰途につく。

しかし それにしてもなあ
マリーさんも、お姉さんといればずっとラグジュアリーな
生活だったのに、わたくしと暮らしてしまったばっかりに
節約とか入院とかせなあかんことになって(ま、入院は
知らんけど)、なんか、申し訳ないことであるよ。

東直子「晴れ女の耳」(角川文庫)
司馬遼太郎対談集「日本語と日本人」(中公文庫)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« おさびし十首選 塔5月号② | トップ | お揚げ »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事