おさびし日記

たのしい作文練習帳

歌会へ

2018-12-08 20:56:34 | Weblog
12月9日(土)

一年ぶりの大阪歌会に、詠草を出したものの、昨日あんなへろへろに
なって大丈夫か・・・と不安なまま、とりあえず、行く。
早く着いてしまったのだけどドトールは満席で、やむなくサンマルクで
休憩。
普段から参加者の多い歌会へ割り込んで、ご迷惑をおかけするのも心配で
なんか、うじうじしつつ、しかし、行く。

行ったら、たのしかった。
カラダも、なんとか、耐える。
みなさまありがとうございましたーーー

そして
明日は、かばん関西の歌会という
不可抗力スケジュール、
もう寝なあかん。

つづく
コメント

interval

2018-12-07 21:57:08 | Weblog
12月7日(金)

インド映画を観にゆく。
「パッドマン」
大変よろしかったですーーー
めちゃくちゃインドの匂い、インドの気温、インドの湿度。
しかし
アミターブ・バッチャンがアミターブ・バッチャン役で出てきたので、うぷぷ
と笑ってしまった。以前(だいぶ前)に観たやつ(タイトル失念)でも彼は本人役であり、
もう、アミターブ・バッチャンはアミターブ・バッチャンでしかないのだった。すごい。
しかししかし、
本国なら真ん中で休憩があるところを、ぶっ通しで上映するのがちょっと不満。
正しいインド映画は前半と後半それぞれに起承転、起承転結があって、一粒で二度
美味しい(ああっ 陳腐な言い回しを使ってしまった)。で、今日のはその正統派
だったのだけど、一気に見なければならず、それだと、違うんだよ、物語の味わいが、
ぜんぜん。
ま、しょうがない。

映画館を出て、丸福珈琲店で休憩して、ユニクロへ、ちちははのクリスマスプレゼントを
買いにゆく。それから、ジュピターでタイ米とミャンマーのハチミツを買う。
そうこうするうちに、
曇天のせいか、人混みのせいか、暑すぎる屋内のせいか、わたくしのカラダがダメになる。
久しぶりにタイ料理屋に行こうって言ってたのだけど、ごめんもう無理、帰途につく。
スーパーでマリーさんのお弁当買って帰宅。ごめんごめん。

ふらふらの結末となったけど、
でも、街で過ごせてたのしかったな。
へろへろなんかに負けないわ。
コメント

おさびし数首選 塔11月号②

2018-12-05 16:07:21 | Weblog

 さまざまの物がセロハンテープで直るとぞ子に説く夫と夏の日差しと(澤村斉美)

 死の日まで人は男女でありたしとわれ思ふなりあなたは違ふ(山下昭榮)

 ロシアの地図商う店の消えており携帯ショップのあかき看板(高橋武司)

 呼び止めるざんこくふり返へるやましさそのうへ希ふひそけさ(國森久美子)

 全身にたしかに書いた筈なのに一ヶ所漏らしたか 耳を(上崎智旦)
コメント

雨。

2018-12-04 22:13:55 | Weblog
12月4日(火)

E先生と美容院予約の日。
早起きして北摂へ向かう。
朝、アパートを出て、ふと振り返ったら、うちの上に細い月と大きな星が、
じーーーーーーと在ってびっくりした。すごくきれい。

スターバックスで歌をつくり、E鍼灸院、実家、美容院、と回って帰途につく。
街の人混みが、ざわめきが、きらめきが、しんどい。

ところで
わたくしは、ケータイストラップというものが大嫌いであった(もちろん我がの
ガラケーに提げたことなどない)。人々の携帯機器がスマートフォンに変わって、
もうストラップはこの世から消えるのだな、よしよし。と思っていたのだけど、
しかし、
近頃、おばちゃんのスマートフォン(のカバー)には再び、クマ、ウサギ、鈴、
おフダ、しゃもじ等々がゆらゆらしているではないか。
もう、見てるだけでうっとうしい。
何かぶらさげんと気が済まんのか。

帰って、マリーさんが買っといてくれた柿の葉寿司を食べて、
ぶらぶら、本屋まで散歩して、スーパーでバナナとアイスと
メイバランスなど買って、またぶらぶら帰る。
ちょっと雨が降った。
気味悪いぐらい暖かい。
コメント

おさびし十余首選 塔11月号

2018-12-03 21:11:26 | Weblog
12月3日(月)

体調大変不良とかばん前号評(提出済み!)に苦しむうちに12月になっていた。
ので、
塔11月号はあんまり読めてないのだけれど、ざざっと、好きな歌選。

 盛りつけに夢がないのだまみどりのブロッコリーは黄花のつぼみ(仲町六絵)

「百合よ百合」通り過ぎても花好きの貴女は百合を捜しておりぬ(枡田紀子)

「二次会もたうぜん行きます。お話をもつと聞かせてください、課長」(宮本背水)

 久々に晴れたる朝の水たまり空より来しもの空を写して(佐々木美由喜)

 喪の日々は目の覚めやすし水撒けばミストの中へ糸とんぼ来る(西山千鶴子)

 喜々として墓石に水を注ぎしのち大人のうしろにしづもれり 児は(加藤和子)

 約束をしてしまった 手鏡に映る私のかのような顔は(山岸類子)

「もう起きるの」ふと呼びかけた傍にうつすらと秋そして空つぽ(坂楓)

 ひざかりにひろげられてる梅干しにモンシロチョウが来てさわらない(相原かろ)
 
 父母ともう暮らす日のもう来ないこと昨日とおなじ蝉の声する(山下裕美)

 息子のおらぬ夜の夫のあかるさは我が皿すいすい洗いくれたり(山下裕美)

 窓あけて料理してゐる裏の家の卵溶く音短く終はる(小林真代)

 昼に食ふはずが夜食ふサラダうどん嗚呼昼の味がすると思へり(小林真代)


ほんとにもう、12月なのだねえ・・・・・

 

コメント

お休み。

2018-11-23 21:07:59 | Weblog
11月23日(金)

リーゼはほののんと眠くなる。
ほののんとシゴトに行き、ドトールで前号評に苦しみ、
家賃を振り込み、頂き物のブリーチーズ(大大大好き)を
食べる。

昨日は休日。それで、マリーさんと、
予定していたテアトル梅田へ、ゴー。
「ガンジスへ還る」を観る。
しんとしずかで、ものすごくよかった。
お父さんが死ぬ。それだけなんだよ。それがあのような
作品になる。インドすばらしい。

たよしで早めの晩ご飯を食べて帰る。

今日もお休み。連休うれしいな。
でも、朝から前号評に苦しむ。
もう限界。というところで散歩を兼ねて書店へ出向く。
古本コーナーで、
米原万里「旅行者の朝食」(こないだ、この人おもろないって言うたのに
また買ってしもた)
高野秀行「異国トーキョー漂流記」
赤瀬川原平「名画読本 日本画編」
酒井順子「ごはんの法則」
宮脇俊三「シベリア鉄道9400キロ」
いったい、
いつ読むつもりか。前号評書けたらね。

スーパーで食材もすこし買って帰宅し、
晩ご飯の支度。
朝から取っておいた昆布だしで、湯豆腐。
小松菜とお揚げの煮浸し。
いんげん入れた玉子焼きも作る。
あとは、
頂き物の松前漬けなど。

明日からはまたシゴトのち前号評。
コメント

続・例えばこんなふうに過ぎる日々

2018-11-19 15:21:31 | Weblog
11月17日(土)

シゴトのちドトール。前号評に苦しむ。
夕方帰宅して、晩ご飯は近所のめし屋食堂に行く。
鍋焼きうどんの具、冷奴などを、マリーさんに手伝って
もらいながら食べる。
帰って、食後の映画。
「ザ・カンパニーメン」面白かった。星まあまあ五つ。


11月18日(日)

ここへ来てから、そういえば西方面に行ってないよね。ということで、
西へ向かって探検に出る。そうしたら、古〜い長〜い商店街があって
びっくり、面白かった。ほとんどシャッターが閉まってたけど、中には
昭和40年代のまま生き残って賑わってる店もあり。
そういう店、町並みを見ると、子供の頃云々より、旅先のあそこやあそこ
がぐいーんと思い出されて、今日よみがえったのは、トリヴァンドラムの
バス降りたとこの宝石屋と、クアラルンプールのチャイナタウンの屋台の
焼きそば屋・・・・・・

イオンで買い物して、晩ご飯は鍋。
トリミンチでつくねなど手作りし、白菜、干したエノキ、白ねぎ、豆腐。
わたくしはしかし今日は食欲なく、アボカドにガドガドソース。

食後の映画は、「余命90分の男」。まあまあ。
ロビン・ウィリアムスはいいけど、あの女優さんが好きじゃないのだな、
名前覚えられん・・・・なんとかクニスか。なので星は3つ半。


11月19日(月)

特定健診の予約をしていたので、Aクリニックへ。
お久しぶりですA先生。
健康診断のついでに、食べられない病の血液検査してもらうことになり、
安定剤も処方してもらう。
結果は、来週。
それから、
K皮膚科に寄って、ウイルス性イボ凍結除去の続き(2週間ほど前、急に発症)。
それから、
前から気になってたT整骨院を初めて訪い、首のマッサージをしてもらう。
そうして、
処方箋薬局で、リーゼを受け取って帰宅。
ふーー。
健やかでいるって、大変。

休憩して、マリーさんと書店まで散歩。
「NHKまいにちロシア語12月号」(買うばっかりで聴いてないんだけどさ)
古本コーナーで
国分拓「ヤノマミ」(新潮文庫)。

今晩も鍋の予定。
今日の具は、サバ缶。サバ缶大根おろし鍋。
リーゼを飲むのが楽しみ・・・・
コメント

例えばこんなふうに過ぎる日々

2018-11-16 21:59:36 | Weblog
11月14日(水)
頂き物の美味しいシメサバを、おいしく食べるため、
オニオンスライス、きゅうりと大根の千切り、海苔を
準備してざっくり混ぜて器に盛り、シメサバを丁寧に
スライスしてのせる。
お味噌汁の具は、エノキと青ネギと井川さんのお揚げ(冷凍保存分)。

食後の映画、「マーティン・フリーマンのスクール・オブ・ミュージカル」
がすごくよかった。久しぶりに星五つ、二重丸。


11月15日(木)
シゴト後、「チャイって飲んだことない」と言ってたZ子さんを
カンテに連れてゆく。
Z子さんジンジャーチャイ、わたくしマサラチャイ。
さほど、美味しさに感動 というほどではない様子だった。
仕事場のあれこれ、昔の旅話、最近の体調不良話などなどして
夕方、帰宅。今日はマリーさんがラタトゥイユを作ってくれることに
なってて、帰ったらいい匂いで出来上がっていた。有り難くいただく。

食後は、今日はドラマ、「アボンリーへの道シーズン2」。
ほのぼの。


11月16日(金)
早起きしてE先生のオステオパシー。
予約時間までのスターバックスで評書きを始めるつもりが、
つもりばかりが舞い上がって、一言も書かず。
実家で母の作った漬物、佃煮をもらい、商店街の和菓子屋に寄って
Y子さんに会い、福寿司で巻き寿司を買って、帰宅。

今日はよい映画もドラマもなく、YouTubeでお相撲を見る。
コメント

ロシアかばんスペイン

2018-11-13 22:22:58 | Weblog
11月13日(火)

ロシアのことを読みたくて、米原さんのを読み始めたのだけど、
なんかちょっとイメージ違った。ロシアのじゃなく文章が。
ものすごく頭のいい人なのだなあ米原さんは。という感想。
ロシアの感想が出てこない。
なんというか、その、あんまり面白くないんだ文章が。色気がない
っていうか。ま、要らないもんね同時通訳とか翻訳には。すみません。
そんなわけで、
ロシアものはまたしばらくしてから探すことにして。

前号評。
シゴト後、かばんヨミ。
今日はドトールもホリーズも一杯で、ダメ元でスターバックスを
のぞいてみたら、奇跡のようにソファー席がひとつ空いていた
幸運な昼下がり。
マリーさんにメールしたら返信なく電話にも出ず、死んでるんちゃうか
と心配していたら、ほどなく折り返し電話が鳴った。よかった、けど、
なかなかスマ子で電話が取れず、焦る。焦ってるのが、両隣の人に
バレバレな感じが恥ずかしい。
やっと通話になって無事を確認し、夕方までかばんヨミ。本日も
へろへろになりました。

帰宅して、
昨日の粕汁の残りを温め、マリーさんは王将のお弁当。
わたくしは夏に買い込んだものの食べられず冷凍しておいた
アボカド(冷凍庫の底に溜まってしまった)をひとつ、
解凍してガドガドソースで食べる。

夕食後の映画は、
アルモドバル監督の「抱擁のかけら」。後半ちょっと
だらけてきたけど、まあまあ。ペネロペクルスうつくしい。
コメント

休日

2018-11-12 22:11:29 | Weblog
11月12日(月)

お休み。ゆっくり起きる。
書店をぶらぶらし、お肉屋さんでメンチカツとコロッケを、
スーパーでメイバランス、りんご、酒粕、こんにゃく等々を
購入。

聞き逃しサービスで、ラジオ深夜便の穂村さんの回を聴き、
ロシア語講座も聴く。
それから、
粕汁を作る。
朝から決めてたからね、昆布と椎茸の出汁、出てます。

粕汁。
ことこと煮えてきて、冬の匂い。冬のおかず。

マリーさんの揚げ物に添えるキャベツとキュウリを刻んで
出来上がり。

古本コーナーで
米原万里「ロシアは今日も荒れ模様」
中沢新一「三万年の死の教え」
石毛直道・森枝卓士「考える胃袋」
こんないいものばっかり買ってしまって、
前号評は書けるのか。
コメント

30余年・・・

2018-11-11 21:28:31 | Weblog
11月11日(日)

「かばん」前号評が当たっています。
そろそろ始めないと危険です。

というわけで
シゴトの帰り、先日USBからコピーした紙の束を持って
ホリーズカフェにこもる。
こもって読む。
普段は、わからんやつ(が、多い)は、そっと置いておく
のだけど、今回は全部読むぞ。と決めたので、読む。
すると、
しんどい。
めちゃくちゃ疲れる。
初めて、スマ子のグーグルを作動させたりもした。
疲れた。
今日は読むだけで終了。
ふらふらになって帰る。
帰って、待ってたマリーさんと晩ご飯食べに行く。
今日は「餃子の王将」とあらかじめ決めており、
王将。
いやあ
むかしむかし、一度、天津飯を食べたことがあるよ。
へえ 美味しいものであるなあ
って思って、それ以来、30年ぶりぐらいの王将。

塩焼きそばと天津飯のセット、小さいサイズの炒飯と麻婆豆腐を
注文して、ちょっとずつ食べる。ほとんどがマリーさんの胃に
収まったわけですが、
油が、濃ゆい濃ゆい味が、
おいしかった。

ああ一人で全部食べられるようになりますように。

その前に、前号評。
コメント

中之島

2018-11-09 23:38:13 | Weblog
11月9日(金)

朝、シゴト行って、一旦うちに帰り、
休憩して、夕方、中之島歌会へ。
昼も夜も、中之島はうつくしいなあ。

本日の歌会もみっしり楽しく。
しかし、
うにゃうにゃ貶してしまった歌が、
大好きなM氏の歌だったと知り、
逃げるように帰る。しくしく。

まあしかし。
朝から降ったり止んだりの天気だったのだけど、
タイミングよく止み間に移動できて、傘要らず。

今日は朝からぜんぜん食欲なく、水分も取りにくく、
摂取したのは温めた豆乳(ハチミツとヒマラヤ岩塩を入れて)、
メイバランス、メイバランスゼリー、上島珈琲店の豆乳ミルク珈琲、
ジャスミン茶、チョコレート少々。
大丈夫か、こんなんで。
コメント

メモリーーー

2018-11-08 22:30:21 | Weblog
11月8日(木)

なかなか食べられるようにならず焦る。焦ってもしょうがないけど。
あきらめて、意識しなくなれば、またいつのまにかなんとなく、
適量を食べられるようになっている、かも。
とりあえず死なないように、工夫して、栄養をとっておく。

さて。
今日はマリーさんの定期検診日。Kセンターへ出向く。
相変わらず、予約時刻など無いに等しい長い長い待ち時間。
新聞、多和田葉子の短編集、ロシア語テキストなど読んで
ひたすら待つ。待って、呼ばれて、検診結果は変化なし。
増悪化に気をつけつつ様子見で、次回は年明け。

しかしながら本日のメインエベントは其処ではないのであった。
USBメモリー。
紙で読みたいのだわたくしは。データで送られてきても困るのだ。
そんなわけで、ついに必要に迫られて、買いました。苦労しました。
あんなに細分化されてるなんて。
自分のパソコンに使えるのがどれかぜんっぜんわからんやん。
(苦労略)
で、今日やっと、ジョーシンの親切な店員さんに助けられて購入。

帰宅して、やってみる。おお できた。
データ移したら、もうはやく紙にしたくなって、近所のコンビニへ走る。
すこし前に、SPちゃんに教えてもらった、マルチコピー機を使うやつね。
どきどき。ひとりでできるかしら。
マリーさんを連れて行って、
これか?こうか?とぴこぴこ触ってるうちに、ああ なんか、できたかも。
するすると紙が出てきて、あっというまに20余枚のプリントが完成したでは
ありませんか。
ああ 紙で読める。うれしい。

SPちゃん、あの時はありがとう。おかげさまで、
今日、ひとりでできました・・・・
コメント (2)

回復へ

2018-11-02 21:55:49 | Weblog
11月2日(金)

倉敷から帰って、冬物衣服を出したりシゴトしたりゴハン作ったり
怒ったり弱ったりしているうちに、11月ではないですか。
びゅんびゅん、日が過ぎる。

E先生の日。
朝、電車を降りたら北摂は寒かった。
施術後、実家に寄ってお茶などのんだのち、母と近所のユニクロへ出向く。
買い物のあと別れてわたくしはケータイ屋へ。
スマ子のメールの、わからんかったことを、解決してもらう。
すいてるし親切だし、これから困ったらここに来よう。

福寿司で太巻きを買って帰宅。

E先生の言うことを守って
治ろう。しゃきっとしよう。

最近よかった無料配信映画、
「善き人」
「エンジェル」
「ロイヤル・アフェア」
「ラスト・アクション・ヒーロー」
それから、
ドラマ「アボンリーへの道」も、なにか、こう、荒み弱った心身に
よいものがひったり沁みてくるようで、気に入ってます。
コメント

2日目

2018-10-24 22:33:12 | Weblog
10月24日(水)つづき

なんとなく7時に目覚めてしまい、テレビをつけ、
前日にコンビニで買っておいたコーヒーを淹れ、というか
お湯で溶き、啜りつつ、マリーさんはクッキー齧り、
うちにはないテレビを存分に眺めたのち、身支度して
チェックアウト。
大原美術館へ行く。

しかし倉敷も、年々、観光客が増えているなあ

美術館、今回は、あれっこの絵がこんなところに、と
場所の変わってるのが多く、ちょっとつまらないアメリカモノが
多かったり、いつもと印象が違った。児島虎次郎とオリエント、
っていうのは初めてで、オリエント部分がすごくよかった。

有隣荘の中にも入れて、オンシーズンというのも
なかなかよいものでありますな。

美術館見物後は、H吉の、それはそれはうつくしい祭り寿司を食べに
行くのもまた慣いであり、今回も楽しみにしていたのだけど、なんと
「前日までに要予約」になっていた。激しくがっかり・・・・
まあ、あんまり食べられないから、
たぶん残すことになるだろうし、
それはとても心苦しいことなので、
よかったのだと思う。そういうことで。
で、
お昼の定食からお刺身定食を選び、マリーさんに助けてもらいながら
いただく。

店を出たら、土砂降り。

バスの時間までショッピングモールで本を読んで過ごし、
雨の夜を、大阪へ帰る。

ではまた来年。
コメント