おさびし日記

たのしい作文練習帳

反応せよ

2012-10-31 22:11:18 | Weblog
10月31日(水)

図書館で仕事して、帰りにダイコクで、貼るカイロ・ミニをひと袋買う。
明日から寒くなるらしいから。
すでに昨日から手足の先が死人のように冷たい。辛い季節がやってきた・・・けど、
今年は夏の暑さが恐ろしく(生まれて初めて)辛かったから、もしかしたら、
夏よりマシかも。それに、寒いと血圧が上がるらしいから、頑張って寒がろう。

今日はまだ寒くなく、風もなくて穏やかなお天気。
図書館の帰り道、気持ち良かった。死ぬなら、こういう
穏やかに晴れた日の、夕方ちょっと前ぐらいがいいなあ
と思う。静かな、秋か、春の、昼下がり。


父が同窓会か何かに出かけたので、夕刻、母とふたりでぶらぶらと
スシローまで歩き、お寿司。
回ってるのってなんとなくキモチワルイので、タッチパネルで注文
するのだけど、私の指に全く反応しないのである、パネルが。
指先をおしぼりで湿らしたり、湯飲みを握って温めたりして、5回ぐらい
タッチしてやっと、ピョンって鳴る。疲れる。
ほんまに死んでるんちゃうか私の末端。
隣の席のおっさんなんか、ぴっ(触る)ピョン(鳴る)、って一瞬で注文してるのに。
悔しい。
こんな穏やかな日に死にたい、とか思ってる場合じゃなく、
とりあえず血圧と体温を上げ、指先に油分水分を蓄えて、
すみやかに梅しそきゅうり巻をオーダーしたい。


chin chin chuu
http://www.youtube.com/watch?v=Hm614TkznG8&feature=related
コメント

SALAAM BOMBAY!

2012-10-31 22:02:41 | Weblog
10月30日(火)

掃除して、仕事。

夜、またYouTubeで SALAAM BOMBAY! を全篇
見てしまった。

ああもうテーマ曲聴いただけで泣ける。
そして、ナーナー・パテカル、何回見ても渋い。

でも私の目、首、僧帽筋は死んだ。
パソコンで映画を見てはいけない。



Salaam Bombay!
http://www.youtube.com/watch?v=6B8uwecEk98
コメント

旅に出よ。

2012-10-29 20:17:10 | Weblog
10月29日(月)

美容師M田さんと阪大散策。
先月カットに行ったとき、「今度お店休みの日に阪大の中、
歩きましょー」と誘われていて、ま、言うてるだけかと
思ったら、ほんとに連絡が来て本日の散歩が決まったのである。

阪大は、うちからもM田さんちからもぶらっと歩いていくのに
ちょうどよい距離で、天気も悪くなく、大学構内は紅葉が始まって
いたし、気持ちよかった。

ひとまわりしてから学校を出て、近くのこぢんまりしたインド料理屋
に入ってみた。ランチは学生向けで安かったけど、あんまり美味しそう
じゃなかったので、単品でスペシャルベジタブルとご飯(細長いお米ね)
にした。注文取りのインド人に「辛ーくしてね」と言ったら笑われた。
で、
しばらくして運ばれてきたベジタブルカレーは、特に辛くはなかった。
でもまあ、手作りっぽいチリソースを2種類(レッドとグリーン)持って
きてくれたので良しとする。
ご飯も、香りのいいバスマティライスじゃなく、安めの米だった。残念。
しかし、私、
厨房で料理人がきちんと作ってる店では残せないタチで、普段は、そもそも
昼は食べないのに、ものすごく頑張って、限界を越えて平らげて、・・・・
後悔している。

店を出てM田さんと別れてから、ダイコクで消化剤を買って飲んだ。
夜8時を過ぎた今もまだ苦しい。晩ご飯は無し。

まあしかし、誰かと出かけるなんてことは滅多にないのだけど、楽しかった。
M田さんに「いつも旅帰りだった頃と比べて全然生気がない!旅に出るべし」
と言われて、うーーーん そうかーー そんなに覇気が無いのか今のわたしは、
と、ちょっと悲しかったけど。

出られるものなら明日の朝にでも出たいのですが、
2、3の事情が・・・・

まあ、きっとまたいつか。
出られる日も来るさ。ららららーー
コメント

大雑把なもんで。

2012-10-28 21:28:34 | Weblog
10月28日(日)夜

午前中、本の整理したり角川短歌11月号を読んだり
していたのだけど、午後は心を入れ替えて仕事。

買い物に出なかったので本日の夕餉も冷蔵庫にあるもので
済ませる。高田食品さんの冷凍おからコロッケを揚げ、
茄子も素揚げにする。
つけあわせに生野菜いろいろ、山盛り。
それから、母がマビキ菜の塩麹炒めなんぞ作る。最近、
塩麹に凝っていて、自分で作って何かと使っているよう
である。
私は、料理は好きだけどちまちました作業は嫌いなので、
塩麹作るとか、きのこ干すとか、そういった類のことは、
しない。きのこを干すのも流行ってるらしいですな。母は
きのこ干し用ザルまで作って(ザルに紐を通して、物干し竿に
吊せるよう細工)、エノキ、干してはる。

ただの大雑把な料理好きと、こまめに手作りしちゃう人、の
人生は大きく違う。たぶん。


夕方から、どろどろと雷が鳴る。こんな、10月も終わろうかと
いう頃にまだ雷なんて、どうかしてる。
私の安住の地は何処に。
コメント

取捨選択

2012-10-28 12:28:04 | Weblog
10月28日(日) 昼

雨。
仕事・・・があまり進まないので、モノの整理に逃げる。
家の取り壊し&リフォーム及びちょっとした引っ越しに向けて。
たぶん所有物は少ないほうだと思うけど、それでも、今、だらしなく
3部屋を使っているところを、四畳半に引き揚げなければならないので、
もう少し持ち物を減らしたい。

とりあえず、今日は、手放してもよさそうな文庫本をダンボール
に詰める。で、近いうちに「まちの図書館」に引き取ってもらう。
私は大抵、読むときに帯も表紙も外して捨てるし、つい折り目を
つけてしまうので、ブックオフに売れないのである。

考えてみれば、昨日は経済的理由で何冊か購入を見送ったけど、
家が片付くまでは、本を(他の何モノも)増やさないほうがいい
のだな。よかった、買わなくて。
それに、
読みたくて買っても、いつかはこうしてダンボールに詰め・・・・
無常なり。


NimboodaNimbooda美しすぎるアイシュワリヤ
http://www.youtube.com/watch?v=ksWgHUwK5sk&feature=related
コメント

歌の会

2012-10-27 21:01:58 | Weblog
10月27日(土)

批評会、というのに初めて参加する。Hさんの歌集批評会。
今日は発言しなくてよく、パネラーの話をのんびり聴いて
いるだけ、なので、寝そうになった。
別に、退屈、というわけではなく、ただ眠かったのである。
しかし、その、
普段の歌会で、考えがまとまらないのに指名されて焦る、と
いうのもイヤだけど、今日のように言いたいことが言えず聴いてるだけ、
というのも、また辛いもので、
何と言うか、その、
歌の会、というのはままならない。

会のことなどOさんMさんと話しながら帰り、梅田でひとり別れて本屋に寄る。
ちくま文庫の鶴見俊輔コレクションとか、福田和也『病気と日本文学』とか、
読みたい本をいくつか見つけたのだけど、この間「そとがわからそとがわから」
って化粧水を買ってしまったから、この秋は、本、我慢なのだ。うーー。
カーディガンなどの暖かい衣服も。
今しばらく、毛玉だらけのニットに甘んじ、肌寒さに耐えよ。

電車の中で、歌みっつ出来た。
お金は無いけど気分のいい宵だ。
コメント

そとがわ

2012-10-24 20:31:06 | Weblog
10月24日(水)

朝晩ぴたぴたつけてたら1本使い切るまでにシミが消えた、
という化粧水のことを母が知人に聞いてきて、暫く前から妙に
勧めてくる。ネットで調べてみ、とか、ロフトに売ってるねんて、とか。
そりゃあまあ私の頬には大きなシミがあるけれど、これは何年にも渡って
アジア旅で無防備に焼いたからで、ま、楽しかった日々の思い出、というか
代償だからいいのである。今さら美容液で消えるとは思えないし。
が、今朝、母が「お金半分出すから、二人で使ってみよか。ほら、私も
このシミに」とニコニコ、財布を手に。
なんや自分が欲しかったんか。ほんでロフトへ買いに行けってことか。

そんなわけで梅田へ出向く。
ロフトなんかもう10年以上足を踏み入れてない。コスメ売り場でスタッフに尋ねて、
件のダーマサイエンスシリーズを手に取る。
備え付けのパンフレットにも目を通す。

穂村弘の確か『にょにょっ記』に、〈・・・「うちがわからうちがわから」
と唱えながらヨーグルトを食べるときれいになるらしい・・・〉のような
文章があったけど、ダーマサイエンスのパンフ見てると、「そとがわから
そとがわから」の気持ちがむらむら湧いてくる。

クリームを併用した方がいいような気もしてきて、しかしクリームだけでも
1万円以上するので、「そとがわからそとがわから」と唱えつつ、ミニ美容液と
ミニクリームがセットになった若干お安い〈10日間トライアルキット〉を、
姑息に自分の分だけ買うことにした。
化粧水は母と一緒に使い、お試しセットはひとりで使うのである。

はー 高額のお買い物をしてなんかどきどき。テアトルでやってる映画を
チェックしたり、丸善ジュンク堂で歌集や語学テキストなどを眺めたりして
気持ちを落ち着かせる。そとがわからそとがわから。
あ、
そとがわついでに、モリオカ先生の中国気功整体も行っちゃおかな。
電話したら「いま空いてますよ」とのことだったので、いそいそ第3ビルへ。
今日も60分コースなのに1時間半施術してくれて、リンパマッサージまで
オマケしてくれた。でも、「・・・全然運動してないいでしょ。めちゃくちゃ
リンパ詰まってますよ・・・この肌荒れね、リンパ流れてないからですよ」って。

あー リンパ。

リンパは、どちらかというと、うちがわね。

やっぱり人間は うちがわから なのか。
コメント

哀しき温泉

2012-10-23 21:21:06 | Weblog
10月23日(火)

大雨。
天気のせいか、起きられない。朦朧。
バナナ食べて、e歌会にコメント送って、
Tさんの歌集を読んで過ごす。

午後、母が、
スパーガーデンのお風呂券あるで。
と言うので箕面へ行く。

しかしスパーガーデン、何年か前までは平日でもけっこう賑わっていて、
フードコートのあるフロアでは歌謡ショーをやっていたし、レストランも
お土産売り場もそれなりにお客は入っていた。それが今は恐ろしく寂れて
しまっている。いったい何が。お店は全部畳まれ、ショーはなくなり、ただ
ただ暗くがらーんとした空間、怖いぐらいの。
まあ、
お風呂は変わりないし、私は人がいないほうが有り難いから、いいんだけど。
今日もだだっ広いお風呂に客はおよそ10人。
ゆったり、静か。
あんまり温まると低血圧に悪いらしいので、肩と首を打たせ湯に当て、
露天風呂の縁にぼーっと座っていた。
いくつか歌が、浮かんでは消え、消えては浮かび。
でも、為すすべなく、消えたまま・・・・。
お風呂のあとは高機能マッサージ椅子に座る。1回10分200円を2ラウンド。

帰る頃には雨が上がり、カラダも幾分しゃんとする。

で、今晩は簡単に(最近はいつも簡単に、だが)鉄板焼き。
お肉にキャベツ、玉葱、ピーマン、もやし。エリンギと椎茸。
こんにゃく。それから、昨日高田食品さんで買った絹揚げと
きのこ入りひろうす。
胡麻ドレッシング、タイスキのタレ、オイスターソース、ポン酢等々
各自勝手に数種ずつ、好きな味で食べる。

しかしながら、
スパーガーデンの行く末が気にかかる。
山の中腹に取り残された、哀しいお城・・・・


isaan
http://www.youtube.com/watch?v=584G0SvW6lc&feature=related

maenam
http://www.youtube.com/watch?v=ya3as22XpO0&feature=related
コメント

眠い。

2012-10-22 19:45:20 | Weblog
10月22日(月)

気温が下がってきて、お昼のスムージーが少々つらい。
冬場は飲めないと思う。が、今日は暖かかったので、
気持ち良くミキサーを回す。干からびかけたゴーヤー、
ブロッコリーの茎、使いさしのレモン、いちじく甘煮の
残り汁。なんか、カラダのためというより生ゴミ処理・・・。
でもまあ色も味も悪くはなかったし。

仕事が一段落したので、ぼーっと空を眺めたりしていたら、
母が白子豆腐を買いに行くというので、同乗して高田食品さんへ。
里山の秋の景色を楽しめる、と思ったのだけど、車が走り出したら
すぐ寝てしまい、着くまで眠っていた。帰りも然り。

夕刻、あり合わせの食材で、茄子の煮浸し、豚肉玉葱トマト炒め、
もやしとキュウリの胡麻酢和え等々をぱぱぱっと作り、白子豆腐を
器に分ける。これ、ホントに白子みたいに、ねっとりこっくりした
お豆腐で、器に移すと形が無くなるので、スプーンで掬って食べる。
4月から10月までしか作ってないから、今日が今年最後になるだろうなあ
と思いつつ、ご飯食べながらもまだ眠い。
低気圧が近づいているせい、かも。
コメント

ふしぎないちにち

2012-10-20 22:49:17 | Weblog
10月20日(土)

京都へ、歌会に行く。
ものすごぉぉぉくいい天気。
今日は会場がいつもと違う初めての場所なので、早めにうちを
出たら、何のことはない、簡単に着いてしまったので、時間まで
鴨川の川原で日光浴していた。きらきら。気持ちいい。もう、
このまま、ここで、まどろんでいたい・・・・・
しかし今月は歌会記当番なので出席せねば。

5時までみっしり歌会。
またしょーもないこと言うてしもてぐったり疲れたけど、
ま、みんな来月までには忘れてるさ。
外に出たら、ああ なんて美しい夕方。
細い月を見ながら、川沿いを、歩いて、四条まで戻る。
そうして、
空いてる準急に座る。座って、今日Tさんにいただいた歌集を
読みながらゆっくり帰る。あああすごく好きな感じの、歌、歌。
興奮してしまって、もうしばらく外にいたくなったので、
スタバに寄り道。とりあえず、歌会記を、雰囲気を忘れないうちに
ざっと下書きして、ふたたび歌集に戻る。
そうしたら、傍の席に、インドネシア人のグループがやってきて、
ころんころんとしたインドネシア語が聞こえてきて、心地よく、
ここ何処?みたいな、ああ ぐるぐる、何かがぐるぐる・・・・

なんというか、今日は朝から、どうもちょっと時間軸がズレたような、
空間が一部めくれてるような、妙な日だった。

syaifaana のkopi dangdut
http://www.youtube.com/watch?v=SVozNUd1Kh4

ayam den lapeh
http://www.youtube.com/watch?v=7KgvQTxXtEU
コメント

ライティングマン

2012-10-19 21:57:08 | Weblog
10月19日(金)

朝から昼過ぎまで図書館で仕事。
閲覧室の、いつもの18番席で作業していると、向かいに
坊主頭のおじさんが、持ち出し禁の朝日新聞縮刷版を2冊
抱えてきて座った。そしてスーパーのレジ袋から、黄色い
紙を取り出す。そしてそして、おもむろに本を開き、
赤いボールペンで、黄紙の上のほうからものすごく小さな字で
何か書き始めた。記事を写してるのかと思ったのだけど、
こっそり、よーーく盗み見ると、数字の羅列だった。
・・・・・・。

おじさんは、ひじょうに楽しそうな、というか、何か得心した
ような面持ちで、蟻より小さい数字を書き連ねていった。
朝日新聞縮刷版は全然関係なさそうだった。

うーーーーーーーーん
そういう人を見ると、なんというか、こう、すごく、自分も
近いところにいるような気がするのだな。
私も、明日にでも、そういうことを始めそうな。ラオ文字とか
ビルマ文字とか。自分で発明した文字とか・・・自然に笑みを
浮かべつつ、蚊みたいな字を、延々と、綴ってゆくの・・・・。

burma
http://www.youtube.com/watch?v=wn3MyPMlT6k&feature=relmfu
コメント

哀愁の本屋の鍵

2012-10-17 22:20:19 | Weblog
10月17日(水)

雨。
一歩も外に出ず。
朝から仕事。午前中、なんとか目処が立つ。
午後、とりあえず仕上がったところまで入力作業。
へろへろになる。
夕方、入力したのを見直していたら突然、
「哀愁の本屋の鍵」などという文が出てきて、
なんやこれと思ったら、
「来週の本社の会議」の打ち間違いだった。
ひゅるるる・・・・


so happy together
http://www.youtube.com/watch?v=gdUjmDjm_Bk&feature=fvst
コメント

Bountyyyyy!!!

2012-10-16 20:48:04 | Weblog
10月16日(火)

商店街の楽市でBounty発見。
Bountyって、オランダのチョコバーで、ココナッツフレークが
みっしり詰まってる。食べたら30秒で健康な歯も虫歯になるほど甘い。
けど、なぜか惹かれる味と歯触りなのである。
アジア各地で売ってて、私はスリランカのヒッカドゥワで、ほぼ
毎日食べていた。
旅行中は、昼ご飯をゆっくりたっぷり食べるので、夜はお腹が空かず、
果物とかローカル菓子とか、と煙草、で済ませることが多いのだけど、
ヒッカドゥワでは、これ。だから、Bountyと言えば、
海と、椰子の木と、夕焼けと、マルボロライトメンソール。

それを楽市で見つけるなんて。しかも大袋入り。
しかも2割引。賞味期限が近いから、らしい。
というわけで、
仕事に行き詰まって散歩に出て、買ってしまったBounty。
うちに帰ってさっそくひとつ。ああーーー あまーーーーい
ニッポンの日常生活にはヘビーすぎる甘さ。
ああ 南アジアだ。
コメント

冬瓜

2012-10-14 20:36:13 | Weblog
10月14日(日)

ゆうべ夜中にYouTubeで映画を観てしまった。
懐かしい香港映画『古惑仔』(『欲望の街』っていう
どうしようもない邦題がついてる)、昔、
何度も何度もビデオを借りたわ、そういえば。
あの頃愛してたイーキン・チェン、今見るとチャラい。
ま、そこがいいんだけど、彼は。
そして、
秘かに好きだった(別に秘かにじゃなくてもいいのだが)
ロイ・チョン、今見てもカッコいい。
それで、ふと、現ロイ・チョンはどうなんだろうと思って
検索してみると、あああ 見なければよかった。
もたっ、と、顔に肉がついている。それにヘンなTシャツ着て、
北京語で歌謡曲を歌ってる。あれじゃあ、本土内陸部のおっさんだ。
長距離バスの客引きか、散髪屋。
せめて、北京語はやめて広東語で尖っていて・・・・

ねむいねむい頭で、仕事。
もう夜中に映画を観てはいけない。

眠気覚ましに台所に立つ。
冬瓜を使い切ってしまいたいので、んーーー 炒めてみるか。
冬瓜って、どう料理してもいまひとつなのだなあ。
あんかけ、お揚げと炊き合わせ、ぶり大根の大根の代わりに、
などしてみたけど、なんか、ねえ。

以前ラオスの村で、冬瓜とじゃがいものスープ、なるものに
遭遇したことがある。ものすごく素朴で、ものすごく美味しかった
のだけど、でも、あれはポーンサワンで食べたから美味だったので
あり、うちで再現しても、いまいちだった。
話が逸れた。で、
今日はあり合わせの野菜と一緒にタオチァオで
炒めてみた。白菜、玉葱、にんじん、えりんぎ、まいたけ、
冬瓜。みんな薄切りにして、豚肉に焦げ目をつけたあと、
生姜、青唐辛子、豆板醤とお砂糖少々にタオチァオで、
じゃーっと炒め煮に。
しかし、冬瓜はやっぱり冬瓜だった。なんて頑固な瓜だ。

どんな味にも仕上がるふうを装いながら、どう料理しても
頑なに冬瓜。なんか、嫌なヤツ。
コメント

金木犀

2012-10-13 23:02:37 | Weblog
10月13日(土)

朝から図書館へ、仕事しに行く。
片付け手伝わんのか(リフォームに備えての)という母の
冷たい視線を感じつつ、行く。
どうも私はヒマと思われてるようなのだが、別にヒマなわけ
ではありません。

図書館は、しかし、土曜日で子どもが多く、うるさかった。
あんまり集中できなくて予定箇所まで進まず、ぼぉーっと
歌を2首つくって、うちへ帰る。

どこを歩いても金木犀の匂い。10月の匂い。
コメント