谷崎光 中国日記  official blog  

北京発! 2017年9月3日で北京在住17年目に突入。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2月20日(火)TOKYOFM「クロノス」に国際電話で出演します。

2018年02月19日 | メディア出演、書評、講演など

といっても、国際電話でだいぶ前にもう収録済みなんですが……。

TOKYOFM「クロノス」(毎週月〜金あさ6時ー9時)
●パーソナリティ:中西哲生氏&高橋万里恵さん

明日、2月20日(火)の、
朝7:20分からと、同じく朝8:00から。

聞いてね!



コメント (1)

本当は中国で勝っている日本企業 前書一部公開です。

2017年10月17日 | メディア出演、書評、講演など
読めるかな

結局、勝つ会社は人が強い。
技術もあるけど、技術が圧倒的優位をもっていた時代に中国に来て、
惨敗の会社は数知れず。

本文は人を書いております…。











あと、日本→中国の越境EC。
化粧品など女性のものを中心に好調で、2016年、一兆円超えです。



アマゾン『本当は中国で勝っている日本企業  なぜこの会社は成功できたのか?』(集英社刊)
コメント

10月17日(火)の朝日放送ラジオに国際電話で出演します!

2017年10月16日 | メディア出演、書評、講演など

10月17日(火)の朝日放送ラジオ

『おはようパーソナリティ道上洋三です』に国際電話で出演します。

 朝、8時ぐらいからかな。
 聞いてね!

コメント

9月25日(月)発売の週刊プレイボーイで著者インタビューを掲載いただいています!

2017年09月26日 | メディア出演、書評、講演など

9月25日(月)発売の週刊プレイボーイで著者インタビューを掲載いただいています!


めっちゃいいので、ぜひご覧ください。


ええか、グラビアはごほうびに後で見るんやで。


コメント

新刊JPさんで、本当は中国で勝っている日本企業をご紹介いただきました。

2017年09月18日 | メディア出演、書評、講演など


中国でヒットしている意外な日本商品 中国で売れなかったテッパン日本商品



今、ホンダの車、中国ですごく伸びてるんですよ! 


後半です! 

中国進出で成功する企業と失敗する企業 その決定的な違いとは?

いい記事をありがとうございました! 
コメント

新刊「本当は中国で勝っている日本企業 なぜこの会社は成功できたのか?」 8月25日発売

2017年08月22日 | メディア出演、書評、講演など
新刊「本当は中国で勝っている日本企業 なぜこの会社は成功できたのか?」(集英社)

8月25日(金) 発売です!


日本では中国 崩壊論が叫ばれていますが、
実は中国で大きな成功をおさめている日本企業はたくさんあります。
あまり報道されてきませんでした。


 たとえば日立製作所は中国の売上高が1兆円超え(2015年)、パナソニックは8078億円、アイシン精機は3607億円で、ひっぱられて本社は過去最高益です。中国自動車メーカーへの販売が伸びました(本は他、数字とともに多数詳しく記載。何千億円から一兆円規模も多々)。
 

 勝っている会社は黙っている……ところも多い。
(中国の日本商会(元在中国日本商工会議所)が本の案内メールを検討されてますが、中国での売上と企業名を外して欲しいと言う言論弾圧、あ、いや、ご要望がやってまいりました。私、なにかいけないこと、書いたのかしらぁ。オープンソースなのにぃ。あ、でもやさしいからきっと大丈夫ね


 業種でいえば自動車や鉄道の部品、ファクトリーオートメーション、ロボット、センサー、IoT関連、工作機械、 スマホ部品やEV関連……、そして○○や○○。
  安心&マネできない日系の 雑貨や食品、化粧品も好調です。
 

勝ち組が狙ったのはネオ中流層と、(グロー バル)中国企業です。

中国IT企業と組む
「つながる社会」のアジア同時消費圏
農夫山泉(中国NO1飲料メーカー)のトップへプレゼン……。


困難をどうのりこえたか。

最終章は、複数の中国通による(「A氏」は合成モデルです)、
「匿名だから言える、中国で本当に勝つ方法」です。

ヒットを打てるヒント、満載!


アマゾン『本当は中国で勝っている日本企業  なぜこの会社は成功できたのか?』(集英社刊)

続編も希望しております。
取材にご協力くださる方、どうぞ、よろしくお願いいたします。
guqiguang(アットマーク)yahoo.co.jp (連絡先)



コメント

週刊プレイボーイ(2月6日(月)発売)に、中国人の「スマート化(春節も携帯もルックスも給料も)」について書いてます。

2017年02月07日 | メディア出演、書評、講演など

なんつーか日本人が、中国人を上から目線で、ナメていい気分になれる時代は終わってしまったのか?、という話です。


春節、中国人がなんで日本にこなくなったかも明確に書いてます。
というか、私、2年前からまったく同じこと言ってるんですけど(キンドル本見てね♡)、当時は「日本の便座のすばらしさに中国人が夢中(うふっ)」みたいな話がウケてて……。

ウケるのと、本当は違うのよ。
でも、ウケないと商売にならないからなぁ。


中国(の人口比率)、若いからね。変化早いよ!!!


日本は、システムが変わったら損する人(年配)のほうが多いの。
だからなかなか変わりません。

コメント

ご質問にまとめてお答えしておきます!

2016年11月28日 | メディア出演、書評、講演など

今回のお仕事、ご協力いただいた方々、本当に有難うございます。
もっと早く、やるべきだったわ!(笑)。というか、充実を感じている日々です。

さて、今、いろんな方々に取材でお目にかかってますが、
よく聞かれる質問があるので、お答えしておきます。


①「16年間、ずっと北京にいらっしゃるんですか?」

そうです。16年間、基本、毎年ずっと90%から95%以上は北京にいます。
中国と、中国人社会を知りにきたので、できるだけ、彼らと交流してます。


②胡同の四合院(平屋とか)に住んだことはありますか?

一度もないです。
基本、ずっとマンションです。

それ以外は、16年間で、寮に合計2年半。
来た2001年に対外経済貿易大学の外国人用寮1年(2人部屋を1人使用)、
それからマンションに引っ越し。
その後、やっぱよく知るには、ということで取材で、北京大の教授用の寮に1年半。
またマンションに戻りました。寮はどちらも2000年代前半で4000元(一カ月)というのは、今思うと寮としては、けっこう高いですね。特に対外経済貿易大学の方。大学が外国人でビジネスです。でもきれいで広くて台所やお風呂もあり、お掃除とシーツ交換とか全部ついてました。
北京大は家族用の3LDK に一人住みで一室、図書室にしてました。昔は大きなのしか、まともなのがなかったんですね。


③日本にしょっちゅう帰るんですか?
年2回から6、7回で、年によって違います。今年は3回帰りました。東京だけとか、大阪だけのときも。
遊べなかった方々、めちゃくちゃ残念です。絶対またね。
あ、大阪の同窓会は行ったか。20年ぶりの友だちとかで、超うれしかったです。

④北京で何か、別の仕事はしたことはありますか?

 ないんですが、今思うと、やっときゃおもしろかったかもというのがこれ。
 方正集団(北京大のIT大企業)から、「うちで働きませんか。仕事は日本からくる企業の人のアテンドと通訳、会議参加」という仕事に、スカウト! されたことがあります。
 理由は、「日本人は日本人しか信用しないので…。あと適任者が意外と難しい」とのこと。
 自由出勤でもいいから、どう? と何度も言われ、
 外国人基準で提示されたお給料も良かったんですが、なんとなくやらなかった。


 中国、まだまだ面白いです。
 皆さん、お目にかかったときに、他、なんでも遠慮なく聞いてください。

コメント

4月24日(金) 北京日本人会の総会で、講演をします(会員外・参加OK)

2015年04月27日 | メディア出演、書評、講演など
ご報告&お礼

おかげさまで、講演、無事に終了させていただきました。
ゴールデンウィーク前の忙しい中、来てくださった方々、本当に有難うございました。

参加者約170名(内、中国人60名)の盛況でした。これはひとえに、関係者の皆さまのご宣伝、ご助力の賜物です。
ネット上で個々のお名前を挙げることは控えますが、本当に有難うございました。
まずはお礼とご報告まで!!!

                                                       谷崎光
********************************

北京・日本人会総会で、講演をすることになりました。


日時    :4月24日(金) 
       16:30~18:00(講演と質疑応答)

場所    : 長冨宮飯店(ホテルニューオータニ)1階の芙蓉の間

参加資格 : どなたでも参加できます。北京日本人会会員でなくてもOK! 
         (という条件で、今回、お話をお受けしました)。
         女性大歓迎です。
        

演題    :北京てなもんや文筆生活 -作家が語る、一冊の本ができるまで

 処女作、『中国てなもんや商社』から、最新作、『日本人の値段』まで。
 在中14年、中国ならではの苦労、楽しさを、皆さんと共有しております。
 この国で「もうダメ」と思ったところから始まる、元気の出る話をお届けしたいと思います。
 本やブログには書けないウラ話も! 某中国企業に取材電話をかければ即、○○開始で……。


申し込み方法 :北京日本人会事務局へ、お電話かメールで。
tel:6527-2970 e-mail: jab@postbj.net 

北京日本人会ホームページ 

参加費 : 無料

申し込み締め切り : 4月20日(月)
定員に限りがあります。まずはお早い目にどうぞ。



  *****************************


 
 今回、北京日本人会会長と、副会長、副事務局長が、三人で、長冨宮飯店でていねいにご接待くださって、
 ぜひにということで、OKさせていただきました。

 皆さんに、お会いできることを、楽しみにしております!!!



コメント