青空と紙風船

就労サポートセンター紙風船の日常をBlogでお伝えいたします

Light It Up Blue(ライト イット アップ ブルー) in 苫小牧

2018年04月06日 | 障害者福祉

毎年4月2日は、国連が定めた世界自閉症啓発デーです。

そして4月2日~4月8日は、発達障害啓発週間とされています。

「自閉症」または「自閉症スペクトラム」という言葉と「発達障害」という言葉が使われていますが、厳密なことはおいておいて、この場合は同義語として捉えると良いと思います。

 

世界自閉症啓発デーとは…(日本実行委員会ホームページより)

国連総会(H19.12.18開催)において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。
 わが国でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動を行っています。
 具体的には、毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。
 自閉症をはじめとする発達障害について知っていただくこと、理解をしていただくことは、発達障害のある人だけでなく、誰もが幸せに暮らすことができる社会の実現につながるものと考えております。
 みなさまのご理解とご支援をお願いいたします。


ここ数年、毎年ブログにも載せておりますので、伝えたいのは同じ言葉です。

~人々が皆、人と人との違いを認め合い、尊重し合える世の中でありますように~


4月4日、紙風船に通所しているメンバーが「自閉症啓発ウォーク 2018 in とまこまい」に参加されたとのこと。

この日、メンバーは午後15:30までの実習に参加していました。

この実習は時に時間延長して活動することがあります。

ただしそれは強制ではなく、「残ることが可能なメンバー」に限られます。

この日、時間延長となり、「15分延長が可能な人?」と呼びかけました。

すると…「和泉さん、今日は5時に待ち合わせをしていて、残ることはできません。」と。

用事の内容は聞いていませんでしたが、翌日自閉症啓発ウォークに参加したことを教えてくれました。

 

今度はぜひご一緒しましょう!

緑ヶ丘展望台の噴水前より撮影。

 

撮影の帰り道、金太郎池の駐車場付近にて鹿ちゃん。

キラッと光る眼差しがすてき。

いずみまさこ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紙風船の活動を発表してきました!(ハタケヤマさんが。)

2017年09月30日 | 障害者福祉

2017年9月30日、社会医療法人こぶし植苗病院の院内学会が開催されました。

その中で、就労サポートセンター紙風船も地域での就労支援の取り組みとしてお話しする機会を頂きました!

 

発表者はハタケヤマさん。

テーマは「就職後の支援」

紙風船の活動の中の、主にステップ3、4の取り組みについての発表です。

 

 

発表後には質疑応答の時間。

社会医療法人こぶし植苗病院の片岡理事長からも、感想と、そして質問を受けました。

 

皆さんの感想を聞いていて嬉しく感じたのは…

「丁寧な関わり」を感じて頂けたこと。

 

ただし、一番感じていただきたいのはメンバーの皆さんです。

メンバー皆さんには、「よし、チャレンジするぞ!」と踏み出す時の土台となる安心感や励みとなる力を感じてもらえたら…と。

ですので今回のありがたいお言葉に甘んじず、日々目の前のメンバーの思いに寄り添いながら共に歩んでいきたいと思っています。

 

「『就職』は『ゴール』ではない」

(この言葉、ハタケヤマさんが発表原稿の中で使用しているのを見まして、その後私はやたらと使用しております。)

 

 

メンバーそれぞれには、就職のことだけではない人生の大切なことがたくさんあります。

 

「良いことも苦労もどんなことでも人生を自分で選び、選べない時には迷い、時に立ち止まり、そしてその人のペースで歩んでいけるように…」

それが「自分らしさ」に繋がるのではないでしょうか。

紙風船だけでできることではありませんので、メンバーみんな、そしてご家族、就労に関わる各企業のみなさん、お友達、その他たくさんのまわりのサポーター(医療や福祉・教育の関係者、町内会のみなさん、ご近所さんetc…)どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。

いずみまさこ

 

おまけ

緊張して発表していたハタケヤマさんには申し訳ありませんが…懇親会での美味しい料理に舌鼓。

  

 

 

卒業生Aさんとツーショット写真撮りました!

後ろがつい立てなので色味が寂しい…

 

ちょっとデザートでも写してみましょうか。

…Aさんの表情がやや硬い??

 

はい、笑って!

こんなところでしょうか。

(まことちゃんに似ていると言われる)いずみまさこ

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

あと1回いける~

2017年08月21日 | 障害者福祉

8/20、「苫小牧心身障害者職親会」と「障害者就業・生活支援センターすて~じ」主催の“働く仲間との集い”に行ってまいりました。

苫小牧での開催は3回目となりますが、今年は初の「基礎体力測定」。

私は“首を寝違える”という不慮の事故により、断腸の思いで参加を断念いたしましたが、卒業生とセンター長が参加いたしましたので、その雄姿をご覧ください。

ハタケヤマ

↑会場の「苫小牧市福祉ふれあいセンター」

↑とても綺麗で「新築の香り」がします

→2015年9月16日の「働く仲間の集いin苫小牧 第一回目」ブログ記事はこちら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライトアップブルー(世界自閉症啓発デー)2017年4月2日

2017年04月02日 | 障害者福祉

毎年4月2日は、世界自閉症啓発デーです。

昨年も、苫小牧でのライトアップブルーの取り組みを掲載いたしました。

 

市内4か所が、シンボルカラーであるブルーにライトアップされます。

1)緑ヶ丘展望台

2)苫小牧信用金庫本店

3)駅前のふれんどビル

4)苫小牧駅前のシンボルストリート

 

点灯式には間に合いませんでしたが、4月2日、ライトアップされた緑ヶ丘公園展望台に行ってまいりました。

 

凛としてそびえたっています。

青が、映えています。

 

ちょっと違う角度から。

何か、超合金のマシンのように動き出しそうな展望台。

 

自閉症スペクトラムをもつみんなが暮らしやすい世の中を創れますように。

それは「特別な配慮」という捉え方もできますが、

皆にとって暮らしやすい世の中になるはずです。

変に話の行間を汲むのではなく…

相手の様子から気遣い、気配りをすることを「当然」とするのではなく…

何をどうしてほしいのか、相手に伝わるように伝えること。

それこそが本当の気遣いではないでしょうか。

 

言語化だけが表現ではなく、

思いの表現の仕方はひとそれぞれ。

お互いの違いを認め合える世の中でありますように。

 

→昨年2016年の自閉症啓発デーの記事はこちら。

同じようなことばかり書いてあるかもしれませんが、ぜひ飽きたといわずにお読み願います。

これらの思いが、当たり前の世の中になりますように。

 

世界自閉症啓発デーとは…(自閉症啓発デー日本実行委員会公式サイトより)

 国連総会(H19.12.18開催)において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。
 わが国でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動を行っています。
 具体的には、毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。
 自閉症をはじめとする発達障害について知っていただくこと、理解をしていただくことは、発達障害のある人だけでなく、誰もが幸せに暮らすことができる社会の実現につながるものと考えております。
 みなさまのご理解とご支援をお願いいたします。

 

自閉症とは…(同様に、自閉症啓発デー日本実行委員会公式サイトより)

自閉症は、「常に自分の殻に閉じこもっている状態」と考えられたり、「親の育て方が冷たかったということが原因ではないか」と思われることがありますが、これは正しくありません。
 脳の発達の仕方の違いから「他の人の気持ちや感情を理解すること」「言葉を適切に使うこと」「新しいことを学習すること」などが苦手であり、一般的な「常識」と思われることを身につけることも苦手です。このため、真面目に取り組んでいても、誤解されることがあります。
 なお、自閉症の人たちは、とても「純粋」で、自分の感じたままに話したり、行動したりすることがあり、感覚が過敏であったり記憶が抜群な人もいます。
 このような、自閉症の人たちの行動や態度の意味を理解していただき、愛情をもって支援していただくことを願っています。
 自閉症の人たちは、周囲の愛情と支援によって大きく育つことができるのです。

 いずみまさこ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「みんなの学校」上映会&木村先生の講演会~苫小牧市ふくし大作戦2016~

2017年02月26日 | 障害者福祉

2月12日(日)、苫小牧市民会館で映画「みんなの学校」の上映会と木村泰子さんの講演会がおこなわれました。

 

2016年3月にも映画の上映会があり、その時もブログに感想を載せております。(→こちら 2016年3月 「みんなの学校」上映会

 

今回は苫小牧市の「ふくし大作戦2016」のイベントとしての開催。

そして映画だけではなく、当時校長先生でいらっしゃった木村泰子さんの講演会も行われるとのことで、ぜひお話をうかがいたく行ってまいりました。

 

映画は2度目ながら…うるうるしてしまうポイントも自分でわかりながら…「あ、もうすぐあの場面」と前もって感じるだけでうるうるしながら…学びの気持ちと感動とを味わって鑑賞いたしました。

 

講演会は17時ぎりぎりまでお話が続き、話の途中だけど時間の関係で仕方がなく先生が降壇されるようなバタバタぶり。

でも、気さくにフロアと意見を交わしながらお話されていた木村さんには合っているような感じがしました。

率直な感想は、「もっともっと子供たちのお話をうかがいたい。対話をしていたい。」ということ。また機会を探してぜひ行きたいと思っています。

 

 

講演の最初に、木村さんからフロアに「『人権、障害、共に』という言葉をよく聞くけれど、それはいったい誰のためなのか?」と問いかけがありました。

「人権」「障害」「福祉」といったことを、この言葉を使わないで説明してみて…というと、たいていの人が口を閉ざしてしまう。

「これらすべては、『自分のために、自分がすること』、と。

 

特別支援学級をつくらず、公立の小学校で地域の子供たちを皆受け入れるという大阪市立の大空小学校。

木村さんはまず「一番大事なのは、すべての子が安心して学んでいるという事実」と話されました。

「いろんな特性を持った子が集まっているのが地域の学校。

先生の言うことをきかなかったり、みんなと違って「あてはまらない」子供は、皆「発達障害では?」とレッテルを貼られる…。そして別室へうつることになる…。

それらを見ていた他の子供たちが大人になったら…

「『福祉』=『誰か困っている人に施(ほどこ)しをすること』と考えるようになってしまう。このようなことをとても危惧している。」と。

 

子供は、小さければ小さいほど大人の流れに合わせようとする。それは強いものと弱いものという関係ができてしまうのは人間の宿命。

でも、このことから学びを得るのか、いじめや暴力につながってしまうことになるのかを教えるのは大人の役割。

将来を担う宝物である子供たちに、周りの大人が教えていくこと…これを、学校の先生だけに任せるなんてもったいない。宝物はみんなで、地域で、守り育て教えていく。

社会は、予定通り想定通りにはいかないことがある。

災害がその最たるもの。

だから、「予定通りにはいかないことがあたりまえ」としてやっていくものではないか。

その、「予定通りにはいかない社会」の中でも、学ぶのは自分。

いろんな特性の子がいて、皆とは違う言動があったとして、「この子が邪魔」と思うか「この子からまわりの子は何を学べるか」と思うかが分かれ目。

 

(…木村さんのお話で印象に残った言葉が続きます。)

 

人は失敗をする。

失敗をするからやりなおしができる。

やりなおしをするから、チャレンジができる。

 

自分らしく、自分の言葉で語ること

…これは、決して話し言葉のことだけではない。いろんな自分の表現の仕方で「語る」ということを意味しています。

そして、周りのみんなは、「人として、相手をわかろうとすること」

このことが大切である、と。

 

 

 大空小学校で、唯一の決まりは、

「人にされていやなことは人にしない、言わない」ということ。

そしてこれは「人は人として対等に学びあえることの条件」と。

 

 

紙風船でもよく会話に出るのは「自分がされていやなことは、人にしないこと」という言葉。

これは、人と人とが接する上での大切なことだと私も常に思っています。

 

病気や障がいにて「相手の立場に立って考えることが苦手」と言われる人たちにも、まずはこの話をします。

 

自分にとって「嫌」と感じるのはどんなことか。

「嫌」とはどんな感覚なのか。

まずは皆それぞれに、自分自身を探るところから始めてもらっています。

 

「自分がされていやなことは、人にしない」

このフレーズではうまくいかないことも、多々出てきます。

ある講座では、人とのコミュニケーションにおいて「相手の顔(目からあごの間あたり))を見て話すこと」について取り組みました。

良くない例として、「相手の方を観ないで話す」ことを体験してもらい、どう感じるか聞くと…

「見られたら緊張するので、見ないでいてもらうとほっとする。」や「全然気になりません!」といった感想が出てきました。

 

そうか!そうだったのか!と、スタッフは気づきます。

「どうして自分がされていやなことを、人にしてしまうのだろう?」ではありませんでした。

「自分がされていやなこと」ではなかったのか、と。

 

その人のありのままを受け止めていくことはしますが、私たち紙風船は、いわゆる一般社会での就労を支援する事業所です。

本人と、企業とがうまくやっていくためには…両者に働きかけていく必要があると考えています。

だとしたら…

ご本人には、「教えること」。

「そうされると嫌な気持ちになる人がいる。だとしたら違うやり方を練習してみませんか?」と。

「就労を続けていきたいという思いがあるなら、人とうまくやっていくやり方を身に着けることが大切だし必要です」と。

 

場面によって、使い分けることができたら最高ですが、それは難しいことでしょう。

しかしながら、できないことができるようになるには、「知る」ことからが第一歩。

知って、受け入れることができれば、半分できたようなもの。

あと半分は、どう対処するかを学び、実践すること。(と簡単に書きましたが、なかなか難しい。)

 

そして周囲(人、企業、その他)には…

特別なことはありません。

ご本人におこなうことと、やることは同じです。

 

「教えること」

それは…

こういった人です。

こういう感覚をもっています。

そのために、周囲の理解があると助かります。

ぜひ、お願いします。

そうしていただければ、この人の良い部分が見え、ご本人も発揮することができます。

…というように、です。

単純じゃないことは重々承知しておりますが、それでも、やることは「人と人とがわかりあうこと/わかりあおうとすること」に尽きるのではないでしょうか。

 

木村さんは、

「子供たちのまわりの社会を育てていくこと」

「まわりの子を、育てていくこと」

をお話しされていました。

「トラブルメーカー」と言われてしまう子がいたとして、その子が安心して学校にいられるようになるには…

「まわりの子がその子を見る目が変われば、敵ではなくなる。安心していられるようになる。」と。

 

映画の中で、親の学習会の様子が出ていました。

そこに登場していた大阪市立大学の堀智晴先生が言っていました。

 

「まわりの子が変わる」

「親の見方が変わる」

(30年も経てば…)「地域が変わる」

 

特別なことではなく、日々の、日常の積み重ねが地域を変えることにつながる。

つなげるのは私たちひとりひとりだということなのです。


 

大空小学校の取り組みを、特別なものとしないように。

教育現場だけの取り組みで終わらせないように。

子供は、やがて成長して大人になる。

今、紙風船に通所しているみんなは、当然のことながらそれぞれの子供時代を経て来ている。

病気、障がいがあることでのつらい経験もそれぞれにたくさん味わってきている。

みんなに、何か施しが必要なわけではない。

 

人と人とがあたりまえに対話ができること

あたりまえに気遣えること

自分ができることを、精一杯表現すること

 

これらを通して、紙風船では人生の選択肢を増やす支援を今後も続けていきます。

お読みいただきまして、本当にありがとうございました。

マウスでスクロールした方、お疲れ様でした。

ここが終点です。

もし、よろしければ…戻っていただき、せめて「青い字」のところをお読みください。

木村泰子先生や映画の中の言葉で印象的だったものです。

いずみまさこ

※誤字脱字の訂正は、2月中に修正しますのでお許しを~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

苫小牧でのとりくみ ~ライトイットアップブルー2016~

2016年04月02日 | 障害者福祉

いかがですか?

みなさんも良かったらぜひ。

青いものを身につけて、もしくは手にして…町をブルーに染めましょう。

(でも、青いものがなくても勿論良いとのことですよ~)

いずみまさこ

 

追記:紙風船ちゃんがまちこ巻しているマフラーは、私の高校時代のマフラーです。

「青いもの」と聞いて…20数年前の物ですが、すぐに思い出しました。

鮮やかなブルーです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LIGHT IT UP BLUE(ライトイットアップブルー) JAPAN 2016

2016年04月02日 | 障害者福祉

毎年4月2日は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」です。

苫小牧でも、緑ヶ丘公園展望台を始め、苫小牧信用金庫本店等にてブルーにライトアップされます。

 

紙風船がいつも実習でお世話になっている緑ヶ丘公園展望台でも、本日18:10に点灯式が行われました。

…残念ながら私は所用にて点灯式には間に合わなかったのですが、ライトアップを見に行って参りました。

 

【青い証明の意味(パンフレットから転載)】

ブルーは静寂と癒しの色。

静かに時間(とき)を刻めるよう。

穏やかな心でいられるよう。

この日

青い 想いが 世界をつなぐ。

~周囲の環境によって心の平穏を保ちにくい自閉症の人たちが落ち着きを取り戻せる癒しの色として選ばれました~

 

 

駐車場には何台かの車が停まっていました。

聞こえてくるお話から、どうやら発達障害啓発週間の今回の活動の関係者のようです。

「今年のライトアップは、去年よりもいい感じ!」

そんなお声でした。

 

ライトアップされた展望台。

何か吸い込まれそうな静寂が

そこにはありました。

自閉症スペクトラムのみなさんが暮らしやすい世の中へ、

世界の全ての人たちの理解が少しでもすすみますように。

いずみまさこ

(4月8日までブルーにライトアップされていますよ!)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変わる地域 ~16年前の苫小牧市明野柳町内会を思う~

2016年03月12日 | 障害者福祉

そうですそうです。

「みんなの学校」を観て改めて思いだした事。

それは今、紙風船がある建物のこと。

 

この建物は、現在は1階が主に紙風船の活動場所。

2階が精神障がい者のグループホーム「遊友荘(ゆうゆうそう」(定員男性10名)となっています。

 

1階と2階は別組織であり、法人も違います。

それでも、いつも遊友荘のみなさん(入居者および職員みなさん)には紙風船の活動に理解をしていただき、多くの協力を得ています。

 

平成12(2000)年に設立した遊友荘ですが、設立までには長い道のりがありました。

当時北海道では、精神障がい者の暮らす施設は全て郊外。市街地には皆無だったそうです。

この建設までの道のりはNHKの「人間ゆうゆう」という福祉番組でも取り上げられたことがあります。(このブログでも、少し触れました。→こちら(1))

(その続きが→こちら(2))

いわゆる、強固な設立反対運動が起こった経過があるのです。

当初の強い反対姿勢だけでなく、話しが進むにつれ「反対するにしても、本当のところをみなくちゃ。」という意見が出たと聞きました。

そして当時の町内会長、そして建設反対代表者が千葉県にある同様の施設に視察に行かれ…

その報告を受けた町内会地域住民の皆さんの思いに変化が表われ…

遊友荘は無事に建てられました。

 

映画「みんなの学校」の中でもこういう場面がありました。

「噂の〇〇君が大空小学校に転校してくる。」

この「噂」とは、地域にまで広がっている噂であり「〇〇君が来るならば通わせられないと考える親御さんもいる。」とか…。

 

「精神障がい者が地域に暮らしたら、何をされるかわからない」

「精神障がい者の暮らす地域は、資産価値が下がる」

…これは、残念なことに遊友荘建設当時も、そして今も他地域では言われている言葉だと聞きます。

 

大空小学校では、校長先生が前の学校からの引継ぎ文章を読み上げました。

いわゆる「問題行動ばかりを起こす子ども」の内容です。

校長先生は続けて言いました。

「…というのが、以前の学校からのものです。でも先入観を持たず、大空の子として見ていこう。」

 

情報は情報。でもそれに捉われず、自分たちの目で見るという事。

遊友荘設立の時も、それまでの「噂」や「情報」に振り回されず、「市街地で暮らしている本当のところを見にいこう」という意見が無かったら、出た意見を町内会として受け入れて下さらなかったら、…遊友荘の今は無いように思います。

 

映画の中では、こういった活動を30年続けたら「あたりまえ」「そういうもの」になっていくとのこと。

遊友荘は今年で16年。

「あたりまえに暮らす」は定着しています。

 

未だ続いている「遊友荘運営委員会」では、数年前からは「就労サポートセンター紙風船」についても町内会幹部の皆さんに経過報告をしています。

「企業を見つけるのって、大変でしょう?」

「どんな会社で勤めているの?」

こんなお声を聞くと、嬉しく思います。

 

だって、就労は、地域生活があった上でのこと。

病気や障がいをもつ方が「地域で暮らす」があたりまえとなり、

そして「働く」もあたりまえに選択できるように…

明野柳町町内会からもっと地域へ、そして社会へ広げていけるよう取り組みを継続していきたいと思います。

いずみまさこ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「みんなの学校」上映会

2016年03月11日 | 障害者福祉

2016年3月11日、苫小牧文化会館にて「みんなの学校」という映画の上映会が行われました。

広告はこちら ↓

 

こちらも。 ↓

 

色々な感想はあるのかと思いますが、私はとても感動し素敵な映画だな~と思いました。

2012年の大空小学校の1年をドキュメンタリーで追う内容。

どの子どもたちも、そして先生方も、とても生き生きと描かれていました。

 

校長先生である木村泰子さんは2006年開校から2014年で退職されるまでを大空小学校で過ごされました。

言葉のひとつひとつに思いが込められ、他の全ての学校職員、保護者、地域ボランティアの方の思いと響きあって、

「みんなで」 

子どもたち全員を大切にしている、

関わっている、

寄り添っている

…そのことが伝わってきました。

 

チラシにも書いてありますが、「学校が変われば地域が変わる、そして社会が変わっていく」

映画の中で、いわゆる特別支援を必要とする子ども達の親の会(思いを語る会のようなもの)がありました。

そこでゲストの大学の先生が言っていました。言葉の正確なニュアンスは違うのですが…

「続けていれば、30年もたてば、一人一人の違いを受け入れる過程ではなく『あたりまえ』になっていく」…と。

 

まず始めないと変わらない。

続けないと変わらない。

 

でもどちらも、

始めれば、変わる可能性があるということ。

続けていれば、変わる可能性が広がるということ。

 

あたりまえのことをあたりまえにできないことを、能力や病気、障がいのせいにしてはいないだろうか?

あたりまえのことをあたりまえに「できなくさせている」のは、身近な人たちであり、地域であり、社会であるのではないだろうか?

 

私たち就労サポートセンター紙風船が取り組んでいる障がい者の就労分野においても、この映画から得たヒントを忘れずに活かしていきたいと思います。

いずみまさこ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16年3月スケジュール

2016年02月29日 | 障害者福祉

いよいよプロ野球も開幕ですね。

ハタケヤマ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加