SSSUUUの囲碁日記

広島県呉市のアマ三大棋戦広島県代表を夢見る碁打ちの日記(戯言)です

39歳

2024年07月06日 17時48分18秒 | その他
今日は、夜勤の最中に39歳の誕生日を迎えました。
30代も残り1年になりましたね。

人生プランも、AからBに移行することを考えたほうが良いかもね。
理想は、結婚して子供も欲しいですが......。
一生独身で実家を貰い、早めにサラリーマンを辞めて、楽で好きなように生きるのもアリかなと思い始めています。

あと、先日のアマ本因坊の県大会で、研究会仲間のK西くんが県代表になりました。
僕より強いので、そのうちなるだろうとは思っていましたが、割と早くなりましたね。
仲間としての嬉しさと、ライバルとしての悔しさが両方ある、不思議な気分です。
もっと頑張らないといけませんね。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

内容が悪い

2024年06月24日 10時56分46秒 | 棋譜
昨日は、アマ本の広島地区予選でした。
32人で5枠の座を争い、勝ち抜けば来週日曜日の県大会に進出します。

この大会は、着席順での1回戦スタートです。
なので、一部の仲の良い人とは事前に連絡を取って、行く時間を決めています(笑)。




1回戦は、Y本(逸)さんと。
色んな大会でよく当たる相手の1人です(笑)。
僕は今のところ負けていませんが、格上を倒すことが多いタイプの打ち手なので油断は出来ません。

僕の白番。
碁は、黒が左下を広く打ってきたので、少し早い感はありますが隅に突撃してコウにしました。
長いコウ争いの最中、相手のコウ立てに対する受け方が悪く、左下は解消したものの、別箇所でコウが発生してしまいました。
それでも粘り強く打ち、ヨセで上手く立ち回り、最後は白15目半勝ちでした。
最終的に大差ですが、持ち時間はギリギリで疲れましたね。




2回戦は、県代表多数のベテランN浜さん。
コロナ禍の前は、80歳くらいでこの大会の県代表になって、素直に凄いと思いました。

僕の白番。
序盤から、黒が一風変わった手の連続で少し困惑しましたが、白に不満はないはず。
しかし、今日の僕は何かがおかしい。
黑11アテにはツグ一手でしょうが、コウにすることを考えてしまい、実際にしてしまいました(笑)。
一応、コウには勝って上辺黒3子を取る進行にはなったのですが......不満な形勢になりました。

その後は粘りました。
左辺の打ち方で黒が間違えて、大きくヨセることになり逆転。
最後は白8目半勝ちとなりました。

う~ん......この碁も内容が悪い。




代表決定戦は、広大OBのS水くん。
彼が学生時代から公式戦、練習試合、ネット碁で何度か対局していて、一応勝ち越してはいますが強敵の1人です。
1月の瀬越杯では優勝しています。
でも、まぐれで優勝は出来ないでしょうから、力をつけているのでしょう。

僕の黒番。
序盤黒1では、切らずに右辺打つのもアリですかね?
でも、実戦打ってる最中は切ってみたくもなるよね。
その後の進行で中央が重たくなったのは不満だった。
しかし、不満ですが圧倒的不利とは思いません。

敗着じゃないかもしれませんが、白36のときに、黒40に打たなかったのは僕らしくなかった。
大急ぎで黒37、39を打ち、白40を許しました。
黑41と白42の交換も、少し気がないかもしれません。
黑43は大きいのですが、黒37の右下にコスミを打つほうが、ヨセでの逆転のチャンスがあるかもしれませんね。

白44以降は、僕が中央白に乱暴なことをしてしまいボロボロになりました。
黑中押し負け。

今日はタラレバの多い碁ばかりの日だったので、自信は失ってはいませんが、3局全てで内容の悪い碁でした。
実は、前日に打った野狐8段戦も4局で2勝2敗だったのですが、内容的には4連敗同然だったので、不安を残してはいました。

これを実力と受け止めて、今後も精進していきたいと思います。
コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024/6/9 研究会

2024年06月09日 21時37分44秒 | 棋譜
今日は、6月の研究会でした。
7名の参加でした。
こういう場合は、I城先生をシードにしてトーナメントを作成します。

1回戦はH野さんと。3子コミなし。
黑が厚く打って、白が頑張りますがシノギの苦しい碁でした。
しかし、シノギに成功しながら、相手の大石を潰してしまいました。
白中押し勝ち。




準決勝は、東広島のK西くんと。
僕の黒番で逆コミ3目。

右上黑1は左辺に構えることも考えました。まあ、どちらも1局なんでしょう。
白10が予想外でした。白が13にノビて、4の右にボウシする予定だったんですが......。
白26に対して、あっさりと黒の大石を捨てたのはマズかった。
先生によると、黒27のときに黒33ツケなどを考えてみたかったようだ。
仮に白35と受ければ、今度こそ27に打ち、黒は簡単には取られないはず。

大損した感はあるけど、白が手抜きした右上に回れば打てるんじゃない?と思ってました。
とはいえ、逆コミの碁は互先に近くなったかもな。

黑39の利かしは、44で利かすべきだったと後悔した。
白46は、42の右に打つのも考えられるか。

白48は、個人的には右辺構えられるほうが嫌だった。
まあでも、気持ちはわかるけどね。
というわけで、黒は49と右辺に先着。

K西くんに左上の段階で優勢意識がありすぎたのか、その後は黒のペースに。
最後は、黒が盤面で2目残りました。逆コミ合わせて5目勝ち。
まあしかし、左上が無策だったのは反省しなければ。




決勝はI城先生と。
2子で教えていただきました。

黑6、8は、打ってはみたけど、白9の後の打ち方がわかりませんでした(笑)。
てっきり三々に入るとばかり思いまして......。
黑10のときに、黑17の三々に打って悪くないんですね。なるほど。
なんとなくツラい気がして、手が行きませんでした。

黑26は、打つかどうか悩む。
上辺で戦いになればプラスになるかと思い、打ちました。
黑28で、例えば黒29だと、白は上辺にヒラキを打つような気がします。
白51は手抜きしてくるかなと思っていました。
黑52からの手は、40、42のところの断点が気になったので打ちました。

右下黒76は、84の下の打ち込みをビビり過ぎました。
大した打ち込みにはならないでしょう。
右辺黒86から、難しい碁になります。
先生は、57の左をさっさと決めておかなかったことと、123を後悔していました。
123で一路右に行きたかったみたい。ただし、黒から反発があるかもしれないが。

ヨセで中央に大きな黒地が付いたのもあり、黒が4目残すことが出来ました。

久しぶりの優勝です。
3、4、5月と準優勝が続いていたので、4度目の正直ですな。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

交流会

2024年05月19日 22時35分04秒 | 棋譜
今日は、千代田まで広島の若手アマを中心とした交流会へ参加しました。
正確には、年配の方と県外の方が1名ずつ参加されていましたが。

16名の参加で4回戦のリーグでしたが、スイス方式ではなく、くじ引きで4回戦までの相手が決まるユニークな方法でした。
対局は点数制で、1勝したら持ち点が+1点、1敗したら-1点になるルールで行いました。
持ち時間は40分。僕的には少し早碁です。

今回の僕のくじ運は悪く、1回戦からS茂くん、F原くん、S溝くん、K賀くん。
全員が県代表経験者です(笑)。

調べた結果、参加者16名の一般の県代表経験者は、この4人だけのようでした。
くじ運悪いを通り越して、くじ運が良いのかもしれませんね!




1回戦は、全国常連のS茂くん。
互先黒番。
黑1で、2の右下ツケコシする勇気が無かった。
左辺黒をプレゼントして、上辺右上を厚くする勝手読みの変化があったのだが。

形勢悪めには見えるが、黒19を打てば、まだ打てる気もする。
白26のときに黒27は、白28で白に調子を与えてしまった。

ここから完全なる白ペースになりました。
元々、少し悪いのかもしれませんが。
黑中押し負け。




2回戦は、今年の中国本因坊と朝日アマ名人戦で、共に県代表になったF原くん。
僕の黒番でコミ4目の手合い。

勝敗はともかく、この碁が1番良い碁だったかもしれない。
左辺に白を閉じ込めて、中央白も浮いてます。
多分ですが、黑が良いと思います。

ただ、黒33が善悪はともかく、マギレが出てくるので後悔しました。
白34と無視して大きいところを打ってきました。
黑は、右辺星あたりに構えておけば、打ちやすい碁が継続出来たかもしれません。

最後は、持ち時間も無くなり、ヨセでワリコミも発生して中押し負けとなりました。




3回戦は、S溝くんという広大の新1年生。調べてみると、一般の香川県代表にもなっています。
恐れ多くも、僕の白番コミなし。
主催者が勝手にハンデを決めてるので、過大や過小が若干出てしまうのは仕方がありませんが......。

初対局で良いところ見せないといけないというのに、醜態を晒しました。
右上の定石を忘れてしまい、潰れこそ回避しましたが、酷い目に遭いました。

負けるのは慣れてますが、申し訳なさを感じる中押し負けでした。




4回戦は、同い年のK賀くんと。県代表複数回の強豪です。
僕が3連敗、K賀くんが3連勝のため、僕の黒番コミなしとなります。

左辺で黒が時期尚早な手を打ったのもあり、コミなしのハンデが吹っ飛んでそうな気がする碁形となりました。
ただ、途中から白が変調になります。

黒1や黒5は、一見するとツライようにも見えます。
しかし、下辺の白からの大きいヨセと交換すればするほど、右辺の白が弱くなりますし、僕はチャンス出てくるかなと思っていました。
白6は、9のトビのほうが嫌でしたね。
黑7、9で中央を安定して、白は右辺に対する良いアプローチがないかもしれない。
白が右辺ケイマにカケれば、黒は右上白のカドに打って躱します。

コミがないのもあり形勢を悲観したのか、白10、12まで踏み込んだのがやりすぎで、黒13から得することが出来ました。
最後は右下でも大きくヨセて、黒中押し勝ちとなりました。

ハンデありとはいえ、1勝出来て一安心です。
ちなみに、僕と打った4人は全員3勝1敗で、計12勝4敗でした。

強豪と連戦で苦しさもありましたが、とても楽しかったです。
3ヶ月ごとにやるらしいので、都合が良ければまた参加したいですね。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024/5/12 研究会

2024年05月12日 21時02分21秒 | 棋譜
今日は、5月の研究会でした。
8名の参加。

1回戦は、東広島のM田さんと2子逆コミ1目の手合い。
白に無理があって、厳しい碁になりました。
しかし、ヨセで黒が見損じをして逆転。白5目勝ちとなりました。

準決勝は、H野さんと3子で黒1目コミ出しの手合い。
この碁も3子とはいえ苦しい碁でした。
しかし、黒がフリカワリで妥協したのが悪く、白が逆転しました。(目数差は忘れました)




決勝は、東広島のK西くんと。
黒番で逆コミ3目の手合い。

黑17までは、先日の朝日アマの県大会、福山のS水さんとの碁と同じです。
白18で変化してきました。9の下にハネてくるかと思ってた。
白36は、K西くんの後悔の一手でした。
左上黑45は、右下に1手かけるのが普通なんですけどね~。

右上の変化は、僕の碁では珍しいワカレです。
白50、黒51があるので、白54のときに、黒56にも57にもあまり打つ気がしない。
黑67は、いらんこと考えたかもしれない。
地を損するばかりか、結果的にヨセで右上を手にされましたからね。

とはいえ、黒87までの段階では、互先はともかく逆コミなら黒が良さそうです。
しかし、ヨセで後退してしまい、逆転されてしまいました。
最後は白2目勝ち。

悔しい準優勝です。
まあ、1回戦と準決勝が幸運な勝利だったので、ツケが回ってきたってことにしておきましょう。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

油断と結果オーライ

2024年05月07日 11時06分48秒 | 囲碁


昨日打った、野狐8段戦の碁です。
僕の白番でした。

大差ではないですが、評価値通りで白がまあまあかなと思う碁でした。
黑1に対して、ほとんど何も考えず白2へ打ちました。
しかし、黒5まで打たれて黒7の筋があることに気付きます。
これは完全に油断してましたね。
油断というか、ちゃんと最初から読んでないといけませんね!

「あちゃ~」とネガティブな感じで打っていましたが、黒11までで白先手が回ると、まだまだ白が打てそうなのに気付きます。
「まだまだ打てそう」どころか、絶芸の評価値的には2目くらい白のリードが広がりました。

計算が間違っていなければ、黒11を打つと黒地が10目増えて、白が打つと白地が6目増えます。
出入りは16目。つまり後手16目の手。
この局面だと、少し小さい手なのかもしれませんね。
まさに結果オーライのような展開です(笑)。
最後は白4目半勝ちとなりました。

野狐の調子は全体的に良好です。
8段戦の勝率は少し上がってきてる気がします。
あとは、リアル碁で結果が出れば嬉しいのですが......。

余談ですが、ネット碁といえば、先日の県大会で初めてお会いした若い方が野狐や幽玄を打ってる方でした。
15歳から始めたらしく、学生や一般の大会に出たことが1度も無かったらしいです。
ネットで7段前後で打てる人は、少年少女囲碁大会の県代表とか、一般の地区代表とか経験してそうなものなんですが。
珍しいケースかもしれませんね。

僕も18歳で碁を始めて、大学時代は棋力的に話にならなかったので実績はありませんし、出場もしていません。
一般の大会は20年くらい出続けてますが。

比較的自分に近い年代や棋力の方でしたので、他人事とはいえ、なんか嬉しかったですね。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まだまだ実力不足

2024年05月06日 12時14分02秒 | 棋譜
昨日は、朝日アマの県大会に広島地区代表として参加しました。

広島5名と福山3名のトーナメントですので、準々決勝は広島VS福山が3カード、広島対決が1カードとなります。
僕は、今は無くなった呉地区予選の時代を除けば、3度目の地区代表です。
過去2回は広島対決を引いて、それぞれ全国常連のT田くんとS茂くんを引き当てる悲運でした。

しかし、今回は最初にくじを引いて、福山との対戦が確定。
せっかくの地区代表ですし、他地区と対戦したいよね。
ちなみに、福山メンバーで最強のS水さんと対戦になってしまいました。

僕の地区予選でのくじ運は比較的良いほうで、全国常連のいる枠を避けれることが多いのですが、
県大会でのくじ運の悪さは笑ってしまうレベルですね(笑)。

福山のS水さんは、去年の中国本因坊の県代表です。
アマ名人戦の前身であるアマ十傑戦では、全国7位までいったことのある強豪です。
言うまでもなく、僕より格上です。




僕の黒番でした。
左下は両ガカリの定石。
黑は下辺に定石の続きを打たずに、黒1へ。
白は2へツケてきました。
黑は白4に対して、黒5で反発。

黑13のときに、単に15にしようか悩みました。
ただ、15の下にツケられたら難しいかと感じて13へ。
しかし、単に黒15のほうが良かったっぽいですね。




白8にツケられた時点で良くないかなと感じましたが。
帰宅後にAI(天頂)で見ると、10のブツカリから37カケツギで守る打ち方でも、まだまだ打てるみたいでした。
実戦だと、僕自身も感じてますが、黒が少し苦しいみたいです。

早くも非勢を意識してるので、黒17は間に合わせです。
白18も、受けずに右上カカリか、上辺ヒラキか打つ選択肢もあった気がします。

白20には、悩ましいですが21で受けました。
黑23、25は、僕がいつも緊急事態的なときに打つ戦術です(笑)。
白32は35ボウシのほうが働いてて僕は嫌ですが、一長一短ですかね。

白34には、今度は受けません。
コウが残るのは承知です。
しかし、38アテのときのコウよりも黒の負担(負けたときの黒の被害)がマシかなと思うんです。
だから、白20に対して21と一度受けたわけです。
弱いなりにちゃんと考えてるんですよ!(笑)




黑1と、逆転を狙うために手厚く打ちました。
左上はコウに負ける前提だったので、そこは問題なし。
黑5は、AI(天頂)だと逆方向のケイマのほうが良かったみたい。
言われてみると、白6から打たれると、右上の黒地が削減される可能性があるし、実際にヨセで削減されました。
逆転の未来があるとしたら右辺ですから、そこに進むべきなんですね。
白20のときに、22アテから闇試合を狙おうかとも思いましたが、自重しました。
するべきだったかな?

その後白に寄り付いて、中央の黒に大きな黒地が付き、碁にしたかなと感じました。
ただし、ヨセで両アタリを見逃すミスが出て、完全に負けにしてしまいました。
ただ、後から検討すると、どのみち黒が少し足りなかったみたいでした。

黑時間切れ負けですが、中押し負けと同じようなものですね。
60分の持ち時間でも、序盤で苦戦すれば持ち時間使っちゃうんだよね。

自信は失っていません。
単純に実力不足ということを受け入れてます。
6月の毎日本因坊も頑張ります!
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024 FF囲碁

2024年05月03日 19時52分25秒 | 囲碁
今日は、フラワーフェスティバル(FF)の囲碁ひろばへ行きました。
記憶が確かなら、5年ぶりになりますね。

コロナ禍以降、一度も会ってなかった方々とも再会しました。
大昔というわけじゃないですが、懐かしい気分になりました。

さて、僕は高段者との対局を4局ほど楽しみました。
女流県準優勝のT肥さんと2局、地区代表に何度もなってるK原さんとも2局。

2勝0敗と1勝1敗でしたが、少し内容が不満でしたので、県大会までには良い状態にしておきたいですね。

今日は楽しかったです。
FFは3日間あって、僕は2日行くことが多いです。
しかし、今回は県大会前ですので、今日だけにしておこうかなと思います。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

検討・対局・焼肉

2024年05月02日 14時11分21秒 | 棋譜
昨日は、地区予選の結果報告も兼ねて呉支部へ。
研究会以外の日に行くのは久しぶりですね。
I城先生に、代表決定戦の碁を検討していただきました。

検討の後は、2子で1局教えていただきました。




黑18から思い切って押し続けました。
ただし、黒34と白35は交換しないほうが良いみたい。
74の押しの強みが無くなるので。

黑36は後悔しました。
41の一路上にトビサガリで戦いたかった。
黑54と手堅く打ったのは、2の一路下の鉄柱ですと、白から2の右上のカドが残って少し気持ち悪いです。

黑78と打ちましたが、普通に87にノビるところでしょうか。
白79は、まさか黒が80から切ってくるとは思わなかったみたいです(笑)。
とはいえ、もう一度言いますが、黒78では87に打つもんでしょう。

白から66の右にキリが入ると怖いですが、ギリギリ耐えてるかな?
先生は仕掛けてきませんでしたので、後で守ることになりました。

この後は、ヨセで地力の差が出て、黒7目負けとなりました。
簡単には勝たせてくれません。




検討が終わった後は、16時くらいでしたが、食事の約束があるので帰宅しました。

職場の同僚と元同僚の3人で、焼肉を食べに八本松まで行きました。
広大から比較的近くにあるためか、学生さんらしき人が多かったですね。

美味しかったです。
しかし、歳のせいか若い頃ほど食べれなくなりましたね。
せっかくの食べ放題だというのに(笑)。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アベックで枠抜け

2024年04月29日 20時54分13秒 | 棋譜
今日は、朝日アマの広島地区予選でした。

今回は以前と違い、先着40名で締め切って予選を行いました。
5枠の予選ですから、40名(1ブロック8名)は理想的ですね。
最近の傾向だと、41名とか42名とかが多く、ほんの一部が4回戦が必要なのも大会運営的にはやりにくいですからね。

さて、1名来られないとのことで、39名です。
なんとなんと、僕の対戦相手の席が唯一の空席で、シードになりました。
これは凄い!39名もいるのにね(笑)。

ですが、県本部のトップのA本さんが僕と打ってくれるとのことで、1回戦を打つことになりました。
これで、結果的に40名になりましたね。
対局するのは初めてです。低段者として打たれているのは知ってはいましたが。
僕の黒番でした。
地合いは局面が進むにつれ大差になりましたが、潰れないように丁寧に打たれていたのが印象的でした。
黑中押し勝ち。

2回戦は、広島囲碁の大スポンサーのT島さんです。
広島囲碁に貢献されてる重鎮と連戦になりました。恐縮です><
僕の黒番でした。
黑の実利と、白の厚みの碁でした。
個人的には黒持ちでしたが、勝負は全然わからない碁形だったと思います。
途中、白が一気に薄くなりました。
丸ごと捕獲して、黒中押し勝ち。
少し白は不本意な碁だったかもしれませんね。

さて、代表決定戦です。
今回は初対戦の方です。
この前の中国本因坊戦みたいに、仲間同士で潰し合いにならなくて良かったです(笑)。



補足:白8(3の左)

K吉さんという若い方との対戦でした。
中国本因坊県代表のF原くん曰く、相当強いとのこと。

僕の白番でした。
大ゲイマにシマってきたので、すぐ2、4とツケました。
ここで、13アテを打たずに単に黒5とノビてきました。
初めての経験ではないので、慌てることはありませんでした。
しかし、応手はこれでいいのかな?
黑は13と取らずに、左上シマリとかのほうが良かったかも?

黑31に対して34アテを打つと、黒は32とアテ返してきそうなので、白32へ。
黑33は、個人的にはありがたかった。
白36で、32の上のマガリを打とうかとも思ったけど、黒にハネられた後、こちらはハネにくいですね。
黑49ノゾキは、少し疑問でした。




局面が進み、黒1。強い人が打つ手ですね。
やや白ペースかな?と思う碁でしたが、白12では15と守って、右上の地にしておいたほうが良かったかも。
白24が狙いになるのですが、さすがに力みすぎですね。
右上を黒地化されて、形勢が怪しくなってきました。

黑43は44のほうが大きそうにも見えますが、微妙なのかな?

黑は、55、57もそうですが、61が特に疑問でした。
黑67に打ちたくなる気持ち、凄くわかる。
僕も、すぐには守りませんでした。

白70に対する応手が、この碁を運命を大きく動かしました。
黑は左辺で生きを確かめたわけですが、74の上にコスんで頑張るべきでした。
左辺は白が打つことにはなりますが、潰れることはありません。
細かい碁だと思います。

実戦は、白74から荒らすことになり、白優勢が確定しました。
時計が怪しくなってきたので計算は出来てませんでしたが、白が良いとは思っていました。
最後は白8目半勝ちとなりました。
手強い打ち手でした。

とりあえず、5枠入り出来ました。
過去2年は1回戦負けでしたので、特に嬉しいです!




Aブロックは、東広島のK西くん、A達くん、K原さんが有力。
K西くんが枠抜けしました。

Bブロックは、僕を除くとして、K吉さんと潰し合ったT屋さんも強い。
2人とも倒さないといけないパターンだと、枠抜けの難易度が上がっていたでしょう。

Cブロックは、広島高校囲碁3強?の3名が固まり、瀬越杯優勝のS水くん、ベテランのT峰さんと満遍なく揃ってました。
高校県代表のM内くんが枠抜けしましたが、T峰さんとS水くんを立て続けに破ったH川さん、強かったです!

Dブロックは、1番の激戦ブロックでした。
T田くんを筆頭に、K賀くん、広島のK西くん、中学県代表のH田くん。
S田さんや、女流県準優勝のT肥さんなども手強いです。
あと、S木さんという方には去年負かされました><
前年度の全国大会ベスト8でもあるT田くんが枠抜けしました。

Eブロックは、中国本因坊県代表のF原くん、宮島本因坊優勝のA冨さん、強豪のN崎さんが有力。
F原くんが枠抜けしました。

多分、僕のいるBブロックが1番枠抜けしやすかったかもしれません。
Cブロックも僕より確実に強いと言える人はいませんが、Bブロックより少し層が厚いかも。

今回の枠抜け難易度は、D>>A=E>C≧Bくらいかもしれませんね。

地区予選のブロック運はともかく、県大会で優勝しなければ県代表にはなれません。
県大会は5月5日にあります。優勝できるように頑張ります!

あと、東広島のK西くんとアベックで県大会へ進むのは、意外にも初めてなのです。
お互いに地区代表は多いのにね。
I城先生も喜んでくれることでしょう。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024/4/14 研究会

2024年04月14日 21時31分09秒 | 棋譜
今日は、4月の研究会でした。
7名の参加でした。

1名ほど遅刻された方がいましたので、シードに入っていただきました。
不公平とかは気にせず、臨機応変にいきます。




1回戦は、東広島のK西くんと。
僕の黒番で逆コミ4目です。

白2には反発しました。
ただ、黒7は良くなかった。
8付近に打たねばならなかった。
黑9から白12まで、我が道を行きます。
ただ、白12では13の右あたりに先行される方が嫌だった。

この碁は、序盤から少し不満な展開でしたが、逆コミを活かして頑張りました。
最後は、盤面2目負けながら、逆コミで黒2目勝ち。

2ヶ月連続で、逆コミとはいえ勝利。
ハンデを互先に少しずつ近づけていきたいですね。




準決勝は、H野さんと。
3子で黒2目コミ出しです。

3子置かせてるので仕方がないですが、白が薄く、黒が厚い碁です。
ただ、見せかけの地合いは良い勝負してませんか?

白1に対する黒2ポン抜きでは、左辺構えるほうが良さそうみたい。
白が2に逃げてもカケられて、白が上手くいきません。

少しずつ追い上げて、白がコミ含めて6目勝ちとなりました。




決勝は、I城先生と。
2子逆コミ1目で教えていただきました。

黑1で守った後なので、黒3に手抜きしてきました。
黑21ノゾキに、白は49に打つだろうと勝手読みしていました。
白22、24は想定外でした。
右辺右下は相当な黒地ですが、なんか嫌な感じもある。

この碁の全ては、左上でした。
勝手読みでした。笑うしかありません(笑)。
黑63で、64にカケツギくらいでした。

この後、下手なりに頑張って難しい形にはしましたが、結果的には黒14目負けでした。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バーベキュー

2024年04月07日 20時37分27秒 | その他
3月末に、同僚の送別会でバーベキューをしました。
何十年ぶりですかね~。

僕も、A4ランクの和牛カルビとソーセージを買って行きました。
幹事さん達が用意した肉も含めて、とても美味しかったです。

僕は会社を辞める予定はありませんよ。
基本的には、今の会社で引退まで働きたいと思っております。
ホワイトとは言えないと思いますが、甘いところがあって居心地が良いです(笑)。

1人の会社員としてどうなの?とは自分でも思ってますが、続けられることが大事だと思っているので。




コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024/3/10 研究会

2024年03月10日 22時31分59秒 | 棋譜
今日は3月の研究会でした。
1名欠席されましたが、福山からY根くんが2ヶ月ぶりに参加してくれたのもあり、8名の参加です。

1回戦は、H野さんと。3子黒3目コミ出し。
白がじっくりと追い上げる碁でした。
難しいヨセ勝負でしたが、黒の大石が切れたため、白中押し勝ち。




準決勝は、東広島のK西くん。
先週、地区代表決定戦で敗戦したばかりの相手です。
僕の黒番逆コミ5目。

K西くんと打つときの負けパターンは確定地で先行されることなので、地に辛めに打ちました。
白地は上辺が大きいけど、他は寄り付きが残りそうな小さな地です。

白4の後、黒5へ。
直接下辺白2子に絡みにいくのをやめておきました。
左下黒が弱くなったらいけないからね。

黑23から、寄り付いていきました。
最後は、左下のヨセで白が大損して、時間切れ勝ち。

逆コミとはいえ、まあまあの勝ち方が出来た気がします。




久しぶりの決勝です。
I城先生に2子逆コミ2目で教えていただきました。

右上で戦いになりました。
黑32は、右辺の白石に近寄りすぎでしたね。
白35の耳に打たれると、応手が難しい。

黑44も良くなかった。
おまけに、堅く打ってた上辺は、白49、51から入られて、フルボッコにされそうな展開です。
しかし、白も深追いしなかったのもあり、中央は生還しました。
まあ、取るまでは大変かもしれませんね。

黑が残りそうな展開だったのですが、時間を使い過ぎ、小ヨセで損がありました。
最後は、逆コミ2目入れて持碁。
持碁白勝ちなため、惜しくも準優勝です。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

結局は対戦することに

2024年03月03日 19時08分54秒 | 棋譜
今日は、中国本因坊戦の広島地区予選でした。
28人?で5枠ある地区代表の座を争います。

呉地区予選があった時代も含め、朝日アマや毎日本因坊に比べて、枠抜けに苦戦してる棋戦です。
久々に県大会へ進みたいところです。




1回戦は受付順で、広島のY岡さんとの対戦。
僕の黒番。

帰宅して天頂で見てみたけど、黒17は、71の上へのケイマのほうが良いかな?
白が下辺受ければ、上辺マガリ。

上辺白は自然消滅だけど、黒45はなんか甘ったるい気がするね。
打ってる最中は、「これで充分」という感じだったんですが......。
白66は、多分だけど時期尚早。

長いヨセ勝負の碁でしたが、色々ヨセて、黒7目半勝ちで1回戦を突破です。



補足:黒37(38の上)、黒41(40の上)

代表決定戦は、東広島のK西くん。
去年の県大会の準優勝者でもあります。
打ち慣れてる間柄なので、受付順による1回戦を回避するために、連絡を取り合って会場入りしました。
しかし、結局は代表決定戦で対戦することになってしまいました(笑)。

僕の白番。
久しぶりに白番でK西くんと対局できます。
以前から、僕ら2人の互先は白番の勝率が高いのです。
ただし、最近は差をつけられてるので、そういうのは通用しないでしょうが。

右上で、少し黒が浮き気味な形になりました。
黑は、37(38の上)では、91あたりに守るくらいだと思われます。
白42のときに、黒43は少し驚きました。
白52は、66ツギのほうが良かったかも。

碁のほうが、実戦の最中は白がそこそこ打ててる気でいたのですが、黒91で守られると、白上手くない気がしました。
だから、白から91のケイマや、117のケイマなどを打っておいたほうが良かったかもしれない。
当然ながら打つタイミングはありましたが、攻めて逃げられて、動いた白石に責任が出て後手を引き、左辺に黒が先着する展開が嫌だったのです。

最後は、黒137から潰れました。
とはいえ、白132などは打たなければ地合いが話になるまい。
まあつまり、完敗だったということでしょう。


今回は、全国常連のY本(拓)くんやS茂くんが不参加でした。
ちなみに、T田くんは本人が中国本因坊なので、予選にはいません。

なので、K西くんの初の県代表を少し期待しちゃいます。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

成長

2024年02月18日 21時30分01秒 | 棋譜
今日は、広大囲碁部の方々と囲碁クラブ千代田で対局しました。
僕のようなおじさんを呼んでいただけるなんて、嬉しい限りでございます。

4名で集まる予定でしたが、1名欠席となったため、僕がそれぞれ1局ずつ打つことになりました。




1局目は、今年の女流アマ県2位のT肥さんと。
互先で僕の白番。

ゆっくりした立ち上がりとなりました。
黑3は、10なら普通ですが、白に47ツメられるのを嫌ったのかな。
まあでも、白4を許しても互角でしょう。
しかし、黒5から打って、黑11で後手を引いたのが不満だ。
白12は、黒から打つのと全然違うからね。

黑17は、ワリツギ(16の下)のほうが良い気がする。
僕も、白26はカタツギ(24の下)のほうが良かったかな?

黑35のノゾキが来るということは、39で45ボウシで来るのかなと思っていた。
AIの評価値が落ちたのは、43、44を交換したあとの45の生ノゾキ。
打つなら、単に45でしょうね。

白ペースで碁は進みました。最後は時間切れで白の勝ち。
黑に疑問手が多い感はありますが、不思議と盤面で五分、もしくは少し白か?くらいの碁でした。

つまり、棋力そのものが上がってるということでしょう。
置き碁は卒業の棋力ですね。

素晴らしい成長です。
僕が負かされる日も、そう遠くはないでしょう。




2局目は、F原くん。
T田くんが卒業なので、次期エースです。
互先で僕の白番。

黑2のときに、白7に打つ選択肢がありましたが、白3に受けてしまいました。
白7ツケコシから戦いに。
黑14は、本来は白26のワリツギがあるので、黒は26が正着らしい。
しかし、僕の本能がワリツギを拒否してしまった。

白31を打つのに長考しました。
黑が受けてくれるかわからないからです。
しかし、32とツギを打ったので、白33へ。
黑は34から逃げたのが良くなかったようです。




白2と黒3をあっさり交換するのは良くなかったかも。

敗着は、白24でしょうね。
そこで評価値が逆転したらしいです。

右下に開くなり、中央逃げ出すなり、そういう手を打たないといけませんね。

最後は時間に追われてミスして、中押し負けとなりました。

負けは負けですが、とても勉強になりました。
何年も頭打ちが続いていますが、まだ強くなれる気がする対局だったと思います。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする