このごろの下島八段

「へいちゃん」こと プロ棋士下島陽平八段が富山を舞台に繰り広げる新しい囲碁普及のカタチ

NEWS!

5.23  第11回朝日アマ名人戦富山県大会をUPしました。
6.17  第62回日本アマチュア本因坊戦富山県予選をUPしました。
6.19  第23回・第24回フレンズ碁をUPしました。
7.7  富山県ケーブルテレビ競技会5周年記念 囲碁フェスティバルin富山市民プラザをUPしました。
7.17  学校で囲碁 日本の伝統文化[囲碁を学ぼう]in氷見市比美乃小学校をUPしました。
7.17  第13回文部科学大臣杯小・中学校囲碁団体戦をUPしました。
7.25  第38回 世界アマ囲碁選手権 富山県大会をUPしました。
8.3  第23回囲碁林間学校in立山青少年自然の家をUPしました。
8.27  第23回市町村対抗交流囲碁団体戦{ビッグ碁}をUPしました。
9.25  レッツサークル6周年記念ペア碁大会をUPしました。
10.7  第9回万葉の里囲碁大会をUPしました。
10.27  第3回下島陽平杯囲碁の集いをUPしました。

下島先生に会いに行こう!(大会等のお知らせ)

●11月12日(土)  
 ★G1グランプリ 
 場所 日本棋院 中部総本部(名古屋市)

●12月11日(日) 9時~ 
 ★連合会会合 
 場所 北日本新聞社(富山市)

●12月17日(土)  
 ★レッツ支部 忘年碁会 
 場所 検討中 

●12月18日(日) 14時~ 
 ★三協忘年碁会
 場所 まんよう荘(高岡市) 

●12月19日(月) 13時~ 
 ★指導碁会
 場所 囲碁サロン とんぼ(高岡市) 
 ◆18時~ 忘年会

●12月24日(土) 13時~ 
 ★指導碁会 
 場所 囲碁サロン 天元(富山市)

●12月25日(日) 9時~ 
 ★ジュニア名水囲碁大会 
 場所 前沢公民館(黒部市)

各種申込み・お問い合わせは←側のフレーム内「メッセージを送る」から連絡をお願いします。

森川紗衣のcafe de囲碁

富山県西部で囲碁を始めたい方に朗報です
北日本女流アマで何度も優勝、高校・大学時代には全国優勝も経験されている富山県女流界の一番の有名人、森川紗衣さんによる
森川紗衣のcafe de囲碁(囲碁教室) がイオンモール砺波にて開催されます。 要チェックです!
<申し込み・お問合せ> 富山新聞新聞文化センターとなみラモーダ TEL 0763-58-2125まで

第三回下島陽平杯 囲碁の集い

2016年10月27日 22時14分40秒 | 大会
2016年10月10日、創造の森越中座にて「第3回下島陽平杯囲碁の集い」が開催されました。
大会の様子を我らが廣田連合会会長に想いのこもった記事にしていただいたのでアップします



吉原由香里杯から下島陽平杯に代わり、三年目。今回は44チーム132名の選手たちが集まった。六段3名の強豪チームから、3人合計の級が78級の子供チーム!!
またファミリーチームも5チーム!!19路盤で打てればどなたでもウエルカムなのです。




それともう一つの特徴は、棋力別に分けないで1つのクラスで、それぞれ4局対戦することだ。
えっ、それだと差がありすぎると面白くないんじゃぁないの?
六段と25級が当たると、どうするの? 
そこは主催者の腕の見せ所なのですが、ともあれ、これだけで、どんな大会であったか想像できるのではないでしょうか^^
中には、前回に引き続き、へいちゃん先生を慕って、名古屋から8名の若者たちも参加してくれたことも嬉しいことでした。




 
開催にあたり、へいちゃん先生と相談して、3つのキャッチフレーズを掲げた。


 1「一碁一会」 2「みなさんが主役」 3「子供たちの成長の手助けを」



 
実は、このことは、どの大会であれ、富山(きときと)碁界のイベントにおいて、共通の目的にしている。それは、囲碁の普及に繋げたいとの認識があるからだが
今回は、特に、みなさんにも開会式にお話しさせていただいた次第。


 ◆眼の前の方との対局は、ベテランの方であれ、子供であれ、特に初めての方の時、最初で最後かもしれない。それなら、出会いの不思議さや対局できることを喜び
終われば勝敗はどうあれ、ノーサイド。笑顔で手談を楽しむ気持ちであってほしいこと
「また会いましょう」「次も頑張ってくださいね」この一言交わすだけで、幸せを感じるのが囲碁の魅力なのでしょう。


 ◆イベントは選手たちが集まれば出来るものではない。当然スタッフの力も大切になってくる。へいちゃん先生はじめスタッフやつき添いの方々も、それぞれの立場で
大会に加わって楽しんでほしいこと。ただ、碁が打てる方は出来るだけ参加してほしいこともあり、スタッフが手薄になることもある。
そこで今回は、きときと碁界が誇る、(子供たちの付き添いでこられており、大会に参加しない)囲碁ママたちに、成績付けや組み合わせ、順位付けなど
進行のほとんどを手伝っていただいた。これは日頃、各地域の大会でもお手伝いされている方が多いこともあり、慣れておられるので大助かりなのです。
気忙しい中にも手伝う囲碁ママたちも楽しそうなところが嬉しい。それと、ユニークネーミング賞の審査にも加わってもらった。


 
◆子供たちに囲碁を教える時、どこまで上手になればよいのか。きときとでは「中学生卒業までに初段」を一つの目途にしている。
初段までくれば、生涯の趣味になると思うからだ。ただ子供たちとはいえ、すぐに囲碁が面白くなるわけでもないし、楽しいと感じてくれるわけでもない。
折角囲碁の道に入ってくれても、やめてしまう子もいる。
ではどうするか。
囲碁は面白い、楽しい、これから頑張ってみよう、と思ってくれるようにすることが小生たちの大切な役割だが、一つにはこういうイベントが
きっかけになってくれれば、と期待している次第です。


五段と15級の子供との対局(1段・1級差1子の置き碁)の場合、19子置く。9子までは星に置くが、あとの10子は、好きなところ、どこに置いてもよい。
この勝負、どちらが勝つでしょうか^^もちろん、チームのためにも、勝利を目指して、真剣に対局していただければ良いので、手を抜いてもらう必要はない、ことはお知らせしてある。
ただ、終局後、声をかけてもらいたいのです。「良く頑張ったね」「また今度打とうね」「次に会うのを楽しみにしてるよ」「あの切った手はすごかったね、やるなぁ」
とか、その時の一言で子供たちはやる気が出てくることもあるでしょうから。



 

お昼の時間には、へいちゃん先生への感謝の気持ちを表し、子供たちから似顔絵のプレゼントがあった。へいちゃんも嬉しそう。
また、終日、へいちゃんの指導碁が続いた。対局の合間に少しでも手が空くと、すぐに「先生、打ってください」と声がかかる。
「よし、打とう」この日だけで、一体何局打たれたのだろう^^


 
帰り際に、名古屋から参加してくれた若者は「こういう雰囲気の大会は名古屋ではありません。参加してとても楽しかったです」と言っていただいた。
「それなら、みなさんが主催して行うときは、参考にしてくださいね。」「はい、ありがとうございました」「こちらこそ^^」

 
帰り道、「今日のお父さん、かっこ良かった」「な、やるだろう^^(10子置いたとはいえ)六段の方に1目勝てるとは。おかげでチームでも1勝出来たし」
「帰ったら、打ってね」「いいよ、今度は妹と一緒に出ような」「うん」 
そんな声が聞こえてくるようである。

 



[成績]
■最優秀チーム 
陽はまた昇る


■優秀チーム 

牧野囲碁クラブ
石を助ける!4年生 
白えび総理大臣 
E碁キッズ 
カマリ 
東布施ひよこ


 

■最優秀ユニークネーミング賞 
「目指せ碁栄道」

■優秀ユニークネーミング賞       
既婚者トーマス未婚編成 
生きてる?(ハテナ) 
上島陽平チーム


記事 風
写真 散居村
編集 hide 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第9回万葉の里囲碁大会

2016年10月07日 23時15分32秒 | 大会
9月25日 高岡駅前、ウイング・ウイング高岡にて第9回万葉の里囲碁大会が開催されました。



大会には32チーム96人が出場し、3人一組の団体戦で競いました

要明英雄 大会会長の挨拶、高岡ケーブルネットワーク(株)の森田利明常務とへいちゃんに激励の言葉を頂きました。




要明英雄 大会会長 「囲碁の強い人は碁盤全体を視ている。 会社経営も同じで,事象一つ一つに捉われすぎることなく経営全般を視る視点が重要。囲碁は人生の役に立つ」



森田和明 高岡ケーブルネットワーク常務「リオオリンピックの女子レスリング金メダリスト高岡市出身の登坂選手。無名の頃から応援していた。囲碁でも高岡の若い才能を応援していきたい」



へいちゃん「団体戦は素晴らしく、そしてうらやましい。 チーム名の「ネーミング賞」がユニークな大会ですね。皆さんにチーム名にかけた思いを聞きに行きます」



開会式が終わり、対局開始 今年は4つのグループ(段位戦A、段位戦B、段位戦C、級位戦)に分かれました。








また昼休憩の合間に、級位戦に出場している美人3人チーム「トレンディ碁★エンジェル」による選手宣誓が行われました。(永田智世さん・小坂ゆう香さん・荒井美々さん)
急なお願いにもかかわらず3人ともありがとうございました





へいちゃんと、イケメンと評判の熊本秀生三段による指導碁や、今熱戦が繰り広げられている第41期名人戦の大盤解説会も行われました。













さて、大会の結果はといいますと、、 栄えある段位戦Aの優勝チームは高岡とんぼ支部◆風チーム でした。 おめでとうございます。 




[大会結果]


■段位戦A

優勝 高岡とんぼ支部◆風 
2位 ドンキホーテ
3位 富山ぺあ支部

■段位戦B

優勝 すげがさの里
2位 高岡とんぼ支部◆海
3位 UOZU12DAN

■段位戦C

優勝 勝利は指運
2位 氷見中央囲碁クラブ
3位 陽はまた昇る

■級位戦

優勝 ボケモン碁
2位 トレンディ碁★エンジェル
3位 鶴の巣碁守



ユニークネーミング賞

●ボケモン碁
●シン・碁ジラ
●孫碁空
●3人足しても28才
●投了は嫌だ!☚管理人的一番です 直球がイイネ! 


今年も盛り上がり、大成功に終わりました。 来年も皆様の参加をお待ちしております。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッツサークル6周年記念ペア碁大会(レッツ支部3年半♬)

2016年09月25日 22時54分46秒 | レッツ支部活動
9月11日、富山市「カフェ ヴェルデ」にて、レッツ サークルは6周年記念ペア碁大会が行われました
また自称「日本一平均年齢の若い支部」&自称「日本一平均棋力の低い支部」(褒め言葉です)を名乗っている
レッツ支部になってからは3年半が経ちました 


レッツ支部は20~40代の働くパパ・ママを中心に結成しており月に1~2回、富山市にある碁会所、「碁楽室」を集合場所にして活動しています。 
そのほかに年に数回、食事と囲碁を同時に楽しむ今回のような会や1泊泊りの合宿などを行っています


今年も昨年に引き続き、ペア碁をメインに楽しみました

年々支部メンバーの棋力も向上し、ペア碁(13路)もレベルの高い対局ばかり
まだペア碁をやったことない方は一度やってみてはいかがでしょうか? 「負けても半分のくやしさ、勝てば倍うれしい」 そんな新しい世界が待っていますよ







優勝ペアの謝さん親子 息ぴったりのペアでした

途中、別会場で行われていた大会からへいちゃんと、廣田先生も駆けつけてくれ、2人の即席最強ペアができるなど盛り上がりました

ペア碁の後はみんなでお食事、先日行われたアルファ碁の話題や、富山グルメについて熱く語り、解散となりました。



この先、10年、20年と続いていける、そんな支部を目指して頑張っていきましょう

記事 hide
写真 N山さん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第10回コーセル杯・ビッグフレンズ碁

2016年09月05日 23時33分24秒 | フレンズ碁
8月20日(土)に富山県民会館にて、第コーセル杯・ビッグフレンズ碁が開催されました。
今年は、へいちゃんだけでなく、今年からプロ入りした大表拓都初段をお招きして、子供たち・パパママ・富山県囲碁関係者約100名が囲碁を楽しみました。



今年も、コーセル株式会社さんの後援をいただきました。コーセル株式会社さんのホームページはこちら。
スイッチング電源(コンピューターや制御装置の電源)を製作してしておられます。
世の中に無くてはならない製品を製作している富山の会社です。
なんと東京スカイツリーのLED照明装置、国立競技場のオーロラビジョンもコーセルさんの製品です。



はじめに廣田支部長とコーセル株式会社,小西総務・経理部長挨拶がありました。






小西総務・経理部長 
「会社では年1回,未来につながる失敗に賞金10万円を出しています。 リオオリンピックでは富山県出身選手が大活躍。
 女子柔道田知本選手,女子レスリングの登坂選手は失敗しても努力を続け金メダルを取った。
 子供達は囲碁でもいっぱい失敗して未来につなげてほしい。」



続いてへいちゃんと拓都君の挨拶です。 拓都君が初々しい



へいちゃん
「囲碁はアマチュア1級から3級位の頃が一番楽しかった思い出があります。
 今日はみんな囲碁を楽しんでほしい。」

拓都君
「プロ1年目,これまでの成績は2勝1敗。次の対局は9/1にアンティ・トルマネン初段と。
 今日は富山の子供達からエネルギーもらって頑張る。」



開会式が終わるといよいよ対局開始です








へいちゃんと拓都君の指導碁も、もちろんありますなんと二人とも6面打ち






富山県指導陣にもいっぱい打ってもらいました 富山県囲碁界の指導者は本当に層が厚いです


















恒例、廣田会長による入門教室も開催。 子供だけでなく、パパ・ママも巻き込むのも富山流


   

昼休みには、輪投げコーナー(おかげさまで大盛況!)や両先生への質問コーナーがありました。

子供達から質問(奇問?)がいっぱい

   「何歳でプロになったのですか」

   「NHK杯にはどうしたら出場できるの?」

   「対局相手はどういう人達ですが?」












特別イベント、拓都君VS富山県ジュニア6人の6子局 自然と子供たちが周りで応援をしていました。




最後はジャンケン大会 拓都君ジャンケン大会デビュー戦でした。 これからもよろしくね




暑い中、参加してくれた子供たち、保護者の皆さま、大会運営の皆さま、へいちゃん、拓都君、みんなお疲れ様でした


記事・写真 (嫁さんの気性を予報できない)気象予報士
編集    hide
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第23回県市町村交流囲碁団体戦[ビッグ碁] 各クラス予選大会

2016年08月27日 10時56分24秒 | 大会
2016年7月17日(日) 第23回県市町村交流囲碁団体戦[ビッグ碁]が富山市の越中座にて開催されました。



全出場者が集い、予選から決勝までを同日に行っていた方式を今年から4回に分けて予選を実施する形に変更されました。
17日はAクラス(無差別)とBクラス(四~五段格)の16チーム約90人が熱戦を繰り広げました。(各クラス4チームが決勝進出)
※同月24日にC1クラスとEクラス、9月11日にC2クラスとFクラス、9月18日にDクラスとGクラスの予選がそれぞれ行われます。全クラスで62チーム約350人参加


開会式で今回のゲスト棋士である大澤健郎二段があいさつ。選手を激励しました



大会の上位2クラスの対局だけあってレベルの高い名局、名勝負が繰り広げられました






また、大澤先生による指導碁もあり大人から子供まで楽しみました。







休憩時間には、大澤先生と廣田連合会長との大盤解説会もあり時折クイズや昔話も交え息の合った掛け合いで会場を沸かせていました






[予選結果}


■Aクラス(無差別) 決勝進出チーム
① ホワイト
② 天元
③ 黒部名水
④ ぺあ棋院A


■Bクラス(四~五段格) 決勝進出チーム
B1組
① 半因坊
② とんぼのG5

B2組
① 日曹高岡工場囲碁クラブ
② ぺあ棋院B


■Cクラス(初~三段格) 決勝進出チーム
C1 1組
① 呉羽地区囲碁同好会-3
② いろりの里

C1 2組 
① さがの囲碁サロン
② 烏鷺の会A

C2 1組
① 大沢野B
② 指談の会

C2 2組 
① ぺあ棋院C
② 烏鷺の会B


■Dクラス(1~3級格) 決勝進出チーム
D1組
① 二口長寿会囲碁クラブ
② 烏鷺の会C

D2組
① 下関公民館
② ぺあ棋院D

■Eクラス(4~7級格)順位決定戦
① 高屋敷二区囲碁クラブB
② 高屋敷二区囲碁クラブA
③ 東布施こども囲碁教室A
④ 魚津市立東部中学校囲碁部

■Fクラス(8級以下戦) 順位決定戦
① 東布施こども囲碁教室B
② 砺波工業高校
③ 小矢部市北陸森紙業

■Gクラス(段・級位混合戦) 決勝進出チーム
G1組
① 悠々倶楽部
② 上市囲碁研

G2組
① 森若町クラブ
② さくら



予選を勝ち上がったチームのみなさまも惜しくも負けてしまったみなさまも、お疲れ様でした
決勝は10月30日(日)に同会場で開催されます。 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地元の囲碁スポットを紹介してみませんか?

いつもお世話になっております。 管理人のhideです。 たまに県外の囲碁友達から「富山県のどこで囲碁が打てるの?」と聞かれます。 
地元であれば行く場所を決めておられる方も多く迷うこともないと思いますが、県外から来られた、また囲碁を覚えてさあどこかで打ってみたいという方は情報がとぼしく見つけにくいかもしれません。
  それもこれも囲碁が打てる場所、「囲碁スポット」の情報があまりオープンでないことが原因と考えられます。
そこで当ブログにて県内の囲碁スポットのまとめを作ってみようと企画しました。 碁会所だけではありません。 紹介範囲を地域の囲碁が打てる場所まで大きく広げます。
その場所、その場所の特徴をまとめ写真付きでアップしていきます。
私だけではまとめきれないと思います。 そこで紹介用の用紙として「富山県囲碁スポット報告書」なるものを作成しました。
  当ブログトップページの左下、富山の囲碁スポットバナー内の ”囲碁スポット報告書”をクリック、用紙を保存していただき記入の上、記載してあるメールアドレスに送っていただくか記載住所にまで郵送にてお送りください(質問等も受け付けます 15toyama@mail.goo.ne.jp まで)
私たちの囲碁サークル、集まりを紹介したいという方にはうってつけだと思います。 どんどんご紹介ください。 富山県内の囲碁活動が少しでも活発になるよう皆様の協力をお願いします。