goo

令和2年12月19日 三嶺(1893)

令和2年12月19日 三嶺(1893)

【日時】 2020 令和2年12月19日

【天候】 雪

【コース】 菅生 三嶺(1893) 菅生

【記録】

いやしの温泉郷 発 5:16 --- 林用作業小屋跡 7:09 --- 1791m標高点 9:46 --- 菅生下山口標識 10:37 --- 三嶺 (11:03-11:30) --- 途中で引返し 12:12 --- 三嶺 (13:03-13:08) --- 三嶺ヒュッテ (13:30-13:48) --- 菅生下山口標識 13:52 --- 1791m標高点 14:16 --- 林用作業小屋跡 15:12 --- いやしの温泉郷 着 16:04

【山頂】

前々日 かなりの 降雪があった 奥祖谷。一気に冬景色になった。

雪が舞う 未明の いやしの温泉郷を出発。

登っていくと 雪が増えてくる。

シーズン 降り始めだけに 支持層なく底まで潜る。しかも湿気が多い湿雪。

グンとスピードが下がり、1791m標高点の 登り返した さき 鹿よけネット手前で 後続者 2名パーティーに 追い越される。

菅生下山口標識からは 三嶺山頂へ直行。

2名パーティー は三嶺ヒュッテへ。

■三嶺 10:22 「マイナス7.0度 北4.4m 雪。視界なし。」(累計登頂回数 684回)

三嶺山頂で 名頃からの1名。

■予定では 縦走だが ここまでの進み具合 潜り具合を勘案すると 体力的・時間的に かなり 難しそうだが 念のため 一応 縦走路へ向かう。

案の定 三嶺西峰までの 進み具合では 天狗塚までの 縦走は厳しそうなので 縦走断念。

それでは 三嶺西峰からの 下山もと思い 1806m標高点 に向かうが 風雪 低視程のもとで これも 先行き チョット 厳しそうなので これも 断念。

今シーズン はじめての本格的降雪のなかで、まだ寒さに 慣れてないし 雪の感触も まだ 取り戻せていないなかでの ラッセルらしいラッセル。

とかく シーズン初めの 無理は禁物。素直に 元きた道 で下山。

■この日 山中で であった登山者は、三嶺 3名。

2020 令和2年12月19日現在
累計山行日数 1914日(内 四国 1524日)


【動画】

https://youtu.be/PPsLGX4gBiw




【写真】

flickr
https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157717428609387

ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2808896.html

YAMAP
https://yamap.com/activities/9128154

【APRS】

2020年12月19日 APRS(Automatic Packet Reporting System)

APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。

ただしアマチュア無線家の皆様によって運営されていて アマチュア無線従事者の資格と アマチュア無線局の開局免許が必要となります。
今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家のみなさんには 大変お世話になり ありがとうございました。


「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=86400&tail=86400
アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7 
今回 2台とも順調。


「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用、今回 順調に作動。
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400


「 JJ5MDM-7 」と「 JJ5MDM-5 」を 同時に表示
http://aprs.fi/#!mt=roadmap&z=11&call=a%2FJJ5MDM-7%2Ca%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400/


-----------------------------------------------------------

【気象】


令和2年12月19日 午前9時 地上天気図


令和2年12月19日 午前9時 500,300hPa高層天気図


令和2年12月19日 午前9時 850,700hPa高層天気図


令和2年12月19日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



短期予報解説資料






  • 趣深山shumiyama.com 2020年12月19日
  • 趣深山Jimdo 2020年12月19日
  • 2020年12月19日 fc2
  • 2020年12月19日 xdomain
  • 趣深山ブログ goo 2020年12月19日
  • 趣深山ブログ fc2 2020年12月19日

  • コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
    « 令和2年12月12... 『雪崩事故事... »
     
    コメント
     
     
     
    おはようございます。 (河童)
    2020-12-21 08:15:43
    やはり北面は積雪量が多いですね。
    私たちは20日にカヤハゲに入ってました。
    雪質は尾根を超えてきた雪か軽く
    積雪は5cm~吹き溜まり30cmと
    まだ雪は居場所が定まっていないようですが
    どうも根雪になりそうな気象予報ですね。
    今年は要注意な冬になると感じています。
     
     
     
    いつも 貴重な コメントありがとうございます。 (趣深山)
    2020-12-22 06:44:21
    河童さん

    おはようございます。

    いつも 貴重な コメントありがとうございます。

    > 今年は要注意な冬になると感じています。

    このところ何年か暖冬が続き 
    とかく無意識のうちに 暖冬慣れしてきて
     大雪に対する認識が 低下していますが、

    今冬は 冬らしい冬になりそうなので 
    十分 気を引き締め 自戒して いきたいと思います

    「要注意」頂きまして まことに ありがとうございました。
     
    コメントを投稿する
    ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
     
    名前
    タイトル
    URL
    コメント
    コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
    数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。