福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

あくまき

2017年08月09日 | 食育


南九州地方の季節の伝統的な和菓子「あくまき」
もち米を灰汁で煮込んだものだそうですが、その独特の食感とさっぱりした味が好きです。
きな粉をたっぷりかけていただきます。


今年も、知人の手作りが届きました。
愛知以西の文化に馴染みのない母がとても珍しがり、食後に早速試食です。
ごちそうさまです。

端午の節句の頃に作るのだそうですが、地方の珍しい食文化に触れるのは楽しいですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏やすみ | トップ | 天から降り注ぐプレゼント »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

食育」カテゴリの最新記事