福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

千葉駅の変貌を目の当たりにして

2016年11月21日 | 都市問題


そんなに頻繁に使わなかったのに、なぜか駅舎リニューアルの前後は毎日のように千葉駅を行き来していました。
おのずと新装オープンに興味が湧き、巻き込まれております。
2日目の夕方はお惣菜を買い込み、お茶などしてみました。
新宿から戻ったのですが、負けないくらいの人出に疲れちゃったから(^^;
そして、周囲をキョロキョロすると何と高校生の多いこと!
若者たちがいっぱいいます♪

何といってもわくわくしたのは新装オープンの日の早朝。
日曜日とあってそんなにお客さんも多くなく、記念式典前のざわざわと落ち着かない様子が新鮮でした。
そして、記念撮影用に設置されたパネルが外房線!
先日、孫たちと出かけた養老渓谷には同じパターンの小港鉄道版があったので、目を引きました。
   

モノレールから京成へとつながる通路には、先日お知らせした絵画のラッピングがしてあり、日赤の献血ルームも新しくきれいになっていました。
  

そして本日も千葉駅経由で都内へ。
これまで行き来していた1階の人通りはこんな感じ。
 

京成へとつながるエスカレーターを上がったところから見下ろしたSOGO方面はこんな感じ。
 

完全なる完成まではまだ2年はかかりそうです。

ホームから下に降りる階段はこんな風になっていて、まだちょっと戸惑います。
   

あの複雑な地下通路は、この次にお目見えするときはどのようなエキナカ商店街になっているのでしょうね。
今となっては懐かしい迷路です。

さて、千葉駅ビルの一人勝ちで周辺の千葉中央はどうなってしまうのか?
というのが、多くの方々の心配事です。

千葉らしさとか、癒しとか、豊かな緑とか、歴史と文化などがキーワードとなって、人々の回遊性を考えていくこと、それをオール千葉で取り組んでいくことが大切なのじゃなかろうか・・・と感じています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちばレポと公園のリニューアル

2016年10月27日 | 都市問題


これは、おゆみ野秋の道のターザンロープ。
子どもたちが大好きだった遊具ですが、現在は取り外されています。
 

おゆみ野には、春の道沿いにもターザンロープがありましたが、そちらは既に撤去されています。

秋の道公園のターザンロープがどうなるのか現状はどうなのか、正確な情報を共有したいと思い、ちばレポでレポートをしました。
レポート内容は
「撤去されたままうらびれ感漂う看板 元気が出るターザンロープつけてください。 経費はどのくらいかかりますか?」
我ながらちょっといやらしい表現とは思いつつも、正直な思いを伝えました。

それから3週間たたずして、詳しい回答が公表されました。
「レポートいただいたターザンロープについては、木製支柱の根際の腐蝕により、危険なため「使用禁止」とさせて頂きました。根際の腐蝕は、ドライバーが刺さる状態(写真のとおり)ですので、この遊具については撤去します。 なお、同規模程度の遊具を設置するには、およそ700万円程度の費用が必要となります。」

まだ頑丈そうに見える柱ですが、根元が朽ちているそうなのです。
  

それにしても700万円とは!
聞くところによると、緑区の遊具の更新予算は年間300~400万円とのことです。
これでは、数字上は足りないことは理解できます。

しかし、それでいいのだろうか?
という思いがふつふつと湧いています。

これから、設置後20~30年が経過した遊具は次々と更新のタイミングを迎えます。
少ない予算の中では次から次へと撤去も余儀なしです(^^;
果たしてどのように更新していくのか?
その判断基準はどのようになっているのでしょうか。

たとえば、おゆみ野は地域によっては子育て世帯の参入が見込まれ、今後も子どもが増えそうなところがあります。
一方で、高齢化が進み子どもが少なくなっていく地域もあります。

千葉市全体を眺めても、今後の人口構成はおおよそ予測がつきます。

となると、高齢化が進む公園は遊具よりベンチの設置が良いとかドッグランが良いとか。
20年30年先を見越して子どもが公園を使う可能性が高い地域は、身体を十分に動かせるような遊具を設置するとか、走り回れる広場にするとか。
人口構成の変化を踏まえた公園のリニューアル計画を市として持つべきではないかと考えます。
パークマネージメントとはそういうことではないかと思うのです。

そのうえで、市民参加でリニューアルをするというのは大歓迎。

方針無くして予算の範囲内で対応すれば、どこもかしこも中途半端なリニューアルになっていくことは火を見るより明らかです。
現場の悩みが理解できるだけに、市としての確固とした方針を再度聞いてみたいと思いました。

一方でちばレポに関しては、投稿と対応された内容をどのように検証しているのでしょうか。

たとえば議会では、レポーターの登録数とか投稿数とかを課題として取り上げる質問をよく耳にしますが、投稿内容を分析して施策に反映させようとする議論はあるのでしょうか。
投稿数の蓄積もありその対応はそれぞれ個別にされてきているので、それらの状況を総合的に分析して今後の施策づくりや予算編成に反映させるような議会での議論を聞いてみたいと思います。
ちばレポをとことん活かすことが、予算を認めた議会の責務でもあるのではないかな~と思う次第です(*^^)v

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高度地区導入に関する一考

2012年01月08日 | 都市問題

P1100220

       

 前々回のブログで取り上げた都市計画における高度地区見直しの緊急シンポジウムには、見直し反対の請願を出した真砂の団地管理組合の方も参加され、団地再生にかける真摯な思いをうかがいました。

一方、誤解や思い込みがあることも少しずつわかりました。

意見交換ができ、思いをうかがうことができたのは貴重でした。

 主催者による録画(UST)もあります。詳細はこちらでご覧になれます。

千葉市高度地区 見直しを考える 緊急シンポジウム 冒頭

http://www.ustream.tv/recorded/19612766

千葉市高度地区 見直しを考える 緊急シンポジウム 前半

http://www.ustream.tv/recorded/19612925

千葉市高度地区 見直しを考える 緊急シンポジウム 後半

http://www.ustream.tv/recorded/19613922

       

 さて、シンポジウムの中では次のようなことを学びました。

【法制定や制度変遷の歴史的背景】

 現在の私たちのまちや建物に関する法律は、1919年に定められた建築基準法の前身や都市計画法の前身が元になっており、それぞれ改められてはいるけれど、当時の考えを引きずっているのだそうです。

その後、建築基準法は1950年に定められましたが、当初は21m、30mの絶対高さ制限がありました。

ところが、1963年に容積率が導入され、それまでの21m、30mの絶対高さ制限にとって代わりました。

1968年には新たな都市計画法が定められ、市街化区域と市街化調整区域との線引き制度が導入され、8種類の用途地域が決められました。

そして、1970年に用途地域に容積率が全面適用。

この流れは、高度経済成長を支え、人口が急増する住宅需要に応えるという時代の要請に押されたもので、現在の状況とは大きく異なります。

この時、画一的である半面で緩やかであるという面を有する我が国の都市計画規制について、地域の状況に応じてもう少しきめ細やかな規制が行われるべきとの議論もあったようです。

     

【行政手続き上の課題や自治体の権限が及ぶ範囲】

 高さ制限などの都市計画に関する自治体の仕事は、自治事務か法定受託事務か、という議論もありました。

以前は機関委任事務として国から託されたものでしたが、現在は法律に基づいて行う自治事務として、自治体の裁量権がきくものと考えられています。

     

【さまざまな工夫】

 安曇野市の土地利用条例、神楽坂の最高高さを下げる地区計画、新宿区の高度地区全域指定、練馬区の厳しい規制を緩和によって運用する手法・・・など、さまざまな事例について聞きました。

それ以外にも、船橋市の高さ制限、京都市の景観に配慮した高さ制限、真鶴市の美しいまちづくり条例などもあります。

先進的に取り組んでいる事例は枚挙にいとまが無いほどで、まだまだ勉強不足だと感じています。

   

【資産価値はどうなるのか】

 高さ制限をかけられて、高層建築が建てられなくなると資産価値が下がる、という意見をよく耳にします。

日本の経済は土地本位制で、地価が上がることを前提に成長してきたので、まだまだそういった考えが住宅の建て替えにもついてまわるのでしょうか。

しかし、街全体のたたずまいが美しい方が、地域としての資産価値があがるのではないかと私は考えています。

また、将来売り渡す時の価値よりも、現在の生活実態を改善することを優先させるべきだ、という意見もありました。

        

 ところで、今回のシンポジウムの中で、耳について離れない言葉があります。

それは、

「一人ひとりが努力をしたら全体として良いものができるというのは幻想。一人ひとりが頑張るとおかしくなることもある。」

というものです。

まちづくりにおいては、個人個人がそれぞれの敷地の中で最適化を目指すと、全体のたたずまいは良くならないということです。

都市計画が必要な所以はここにあるのではないかと思いました。

まさに、個人の自由と公共の福祉の関係、公共性に関する意識、権利と責任の問題など、まちづくりについて語るには、問題意識を倫理的な次元で持つ必要があると感じます。

    

 そこで肝心なのは、ではどんなたたずまいの千葉市にしたいのか?

というコンセンサスを得ていくことです。

そのための努力をしていくことも議会の重要な役割ではないでしょうか。

未完の都市から魅力の都市へ・・・と言っている我が会派です。

第一回定例会は頑張らなければなりません。

     

最後に、建物の高さに関する徳永副市長の幹部メッセージが、参考になります。

ご一読いただければと思います。

http://www.city.chiba.jp/somu/shichokoshitsu/hisho/k_mes_t_fukushicho.html

     

    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高さ制限について

2012年01月06日 | 都市問題

P1020479

            

 今、千葉市では高度地区の見直しを行っています。

市民意見も聞いています。

http://www.city.chiba.jp/toshi/toshi/keikaku/pub_com/231201ikenbosyuu.html

      

 高度地区制度というのは、建物の高さを制限する制度です。

今までも千葉市内には建物の高さを制限している地区はありますが、斜線状に定めているため、土地が広くて境界から離れて建設する場合には、無制限に高く建てられるに等しいような状況です。

計画的に高層住宅エリアとして計画されているのであれば、それなりのスペースも確保されていますが、低層住宅地にぽっかり空いた土地に、後から高層ビルが建つ場合は日照の問題などトラブルも発生します。

したがって、隣接する低層の住宅地の住民との調整が難しく、中高層条例がありながらも、マンション紛争は耐えることがありませんでした。

    

 おゆみ野地域でもそんな事態が相次ぎ、2007年3月には市議会に出された陳情が常任委員会で全員一致で採択されています。

その時のことは、以前の日記でもお知らせしていますが、再度、このブログの最後に転記しておきます。

    

 このように、議会では陳情を採択し、その後の質問でもたびたび無秩序な高層マンション建設の問題や、中高層条例による斡旋や調停が今ひとつ機能していないことなどを指摘してきました。

そこで、千葉市でも検討を重ね、このたび最高高さ制限を設けることにしたのです。

国道(14号357号16号)を境に、用途地域によって、高さの制限を海側が31m、内陸部を20mとするものです。

低層住居専用地域は現状でも10m以上は建てられないので対象外です。

また、商業地域や近隣商業地域、工業地域なども対象外です。こちらは逆に高層施設の建設を可能にすることにより、経済の活性化を図るためです。

     

 ところが、昨年市がこの計画を示した際に、意見が分かれました。

考え直してほしいという声がいくつか寄せられたのです。

そこで、市では再検討をし、既存建築物の建て替えに関しては現状の高さまでは認めるなどの特例措置を設けて今回の再提案となったものです。

   

 しかしながら、今議会に、高さ制限に反対する請願が出されたのです。

この請願は、今回の常任委員会では採択されず、継続審査となりました。

   

 さて、このような状況になり、これからの都市のあり方、魅力的な都市づくりについてのコンセンサスが議会で取れていない・・・と感じています。

高層建築物を否定するのではなく、秩序ある街並みとして建てられているかどうか、近隣と良い関係でコミュニティ形成ができるのかどうかなど、奥深く孕んでいる課題を見通さねばならないと感じます。

       

 人口が減少していく中で、豊かに暮らすとはどんなことか。

千葉市が誇る豊かな自然を、どんな風に残し守っていくか。

高層化を進める地区をより魅力的にするにはどうしたら良いか。

そういったことを議員同士がもっと議論し、千葉市としてどんな魅力や価値を生み出していくかを考えるのが、議会の役割ではないかと感じます。

秩序ある街並みを作っていくためには、市として制限をかけることが必要である・・・ということを議会としても主張し、市民のためにもここは、市の後押しをすべきではないかと考えますが、いかがでしょうか。

   

【アーカイブ 2007年3月2日の日記】

今日は常任委員会です。
審査は午前10時からで、補正予算や議案が計11件、請願1件、そして陳情2件が本日の案件です。
その中の陳情2件が、今おゆみ野で大きな問題となっている、新日鉄社宅跡地に建設予定の18階建てマンション「おゆみ野プロジェクト」に関するものです。

さて、委員会室に近づくと、廊下の両脇にはハチマキ姿タスキがけの見慣れた顔が大勢詰めかけています。
入室する議員それぞれに「お願いします!」と。
委員会室の中では、ありゃ何事だ?とか、こりゃパイプライン以来だなあ~とか、委員の皆様方が口々に仰り、住民パワーに、驚かれているようです。

千葉市議会の常任委員会は傍聴できないので、こんなことになってしまいます。本当は入室して傍聴して頂くと良いのですが、場所の都合なのだそうです。

さて、議案が多かったこともあり、審査はお昼の休憩後になりました。
審査が始まる頃には、住民の皆さんはお帰りになっていましたが、熱い思いが伝わったのでしょうか、全員一致で採択されました。
心のそこから嬉しくて、熱いものがこみ上げてきます。
しかし、これで計画が即座に白紙になるわけでは無く、解決したわけでは無いのです。
少なくとも、議会としては
「この計画は認められないので、大幅な計画の見直しと、新しいルール作りにむけて検討すべき」
という考えを示したことになります。

さて、参考までに、本日の都市消防委員会で出た意見を覚えている限り書き連ねてみますと、以下のようになります。
千葉市議会、なかなかですよ。
政治を諦めなくて良かった!私は地域の応援団になれた!という思いを実感しています。

☆ この計画は、住民の皆さんが20年間大切にしてきたまちづくりを壊すような計画である。
☆ この街ができた当時のコンセプトが伝わっていない。市はそのことをもっと認識して積極的に関わるべきである。公団任せにしてはいけない。
☆ 現地を見てみたが、あの場所は、こんな規模のマンションを建てるようなところではない。
☆ 街開きの頃からこの地域を知っているが、景観が美しい地域である。マンション建設によって景観が損なわれるようなことがあってはならない。
☆ 市が計画を知りえた時には、たとえ住民に公表できなくとも街の様子や市の理念を伝えるなどの指導力を発揮すべきであり、そういった働きかけをすることで、事業者の姿勢を変えさせることにつなげて欲しい。
☆ 基準法では認められない規模の駐車場が必要なほど、戸数が多いめちゃめちゃな計画ではないのか。事業者に対して指導の余地は充分にある。
☆ 施設の規模だけの問題ではない、コミュニティの問題を孕んでいる。新日鉄の社宅であった時は、全員がすずかけ街の会員となり、すずかけ街の人たちと一体となってコミュニティを形成していた。しかし、このようなトラブルに至ると、今後のコミュニティ形成にも影響がある。そんなことに思いも及ばず売り抜けするような事業者によって、無責任に建てられることは、認められない。
☆ まだ指導や話し合いの余地は充分にある。住民の皆さんの街づくりにかける思いを後押しするためにも、この陳情には賛成したい。

ガンバレおゆみ野 フンバレ千葉市! ファイト!!
     
       

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

むくどりはネオンと人ごみがお好き

2011年08月24日 | 都市問題

P1080504

      

 8月23日から25日までの3日間、鎌取駅前センターモールで、むくどり対策が今年も行われていると小耳にはさみ、夕方、ちょっと覗いてみました。

    

 緑区役所地域振興課、緑土木事務所、自転車対策課、環境保全課、動物公園管理課、公園管理課、みどりの協会から、20人以上の職員が出て、竹ざおで樹木をゆすったり、拍子木を打ちならしたり、ディストレスコールを流したりと、大騒ぎです。

   

この対策、今年で4年目になるでしょうか。

行き交う住民の方々も、「ご苦労さまです」と声をかける割合が多くなったように思います。

初夏から夏の年中行事となりつつありますが、願わくば定例にしたくない行事です。

    

 ところで、今年は節電のために周囲のビルがネオンを一部消していますが、暗くなった所にはムクドリが来なくなった、とのことです。

ビル街で、明るくて、樹木があって、適度な人ごみをムクドリは好むそうですが、なるほど、暗くしてみるのも対策のひとつかもしれません。

    

ところで、過去のブログ記事を読んだと、佐賀県の企業から情報提供をいただきました。

参考までに、アドレスを掲載しておきます。

http://www.anjin-saga.com/690.html

       

       

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加