福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

子どもの居場所は人づくりから

2018年09月02日 | 居場所づくり


千葉市では、子どもの居場所サポーターが活動をしています。

子どもの居場所サポーターとは、こどもカフェやプレーパークといった子どもの居場所でボランティアとして活動する大人のことです。(千葉市のホームページより)

数年前からその子どもの居場所サポーターに向けて研修の場を設けていますが、今年からさらにステップアップ講座としてSOS支援員の養成講座が始まりました。

千葉市のホームページでは次のように告知されていました。
【子どもの居場所サポーター養成講座、子どもSOS支援員養成講座】
 植草学園短期大学と千葉市との共催講座。
「子どもが信頼できる大人」、「子どもに信頼される大人」として、子どもの居場所や遊びの現場で活躍する人材育成を目指します。
30年度は「子どもSOS支援員養成講座」を新規開講し、更にレベルアップを図ります。
30年度開講講座(予定)
8月5日(日曜日)「子どもの居場所サポーター講座」※本年度は終了しました。
8月19日(日曜日)「子どもSOS支援員養成講座」(ケーススタディー)
9月2日(日曜日)「子どもSOS支援員養成講座」(フィールドワーク・講演)

私は、このうちのSOS支援員養成講座2回を受講しました。
8月19日は、植草学園千葉駅保育園の教室で子どもたちの姿を感じながら。
9月2日は、きぼーるの中央保健福祉センター内にて。

プログラムはとても面白く、
8月19日は
・子どもSOS支援の仕組み創出のアイディアを吉永真理先生からうかがい、
・対人関係能力と自尊感情の育成のために学習プログラムについて、実践を始められた元おゆみ野南中学校の平江正実校長先生と吉永先生に対談形式でお話しを聞きました。
午後は、
・子どもたちがSOSを出しにくい社会状況について田村光子先生のお話、
・高校生の中途退学者の課題とソーシャルスキルトレーニングについて、小栗貴弘先生のお話を伺いました。
  

9月2日は
・チャイルドラインの宇野京子さんと中村幸恵さんに、電話相談から見えてくる今日的な子どもたちの状況をうかがい、子どもの声の聴き方のロールプレイをし、
午後は、
・弁護士の藤谷護人さんから子どもに関する法制度の変遷と、包括的な制度づくりについてのアイディアをたくさん伺いました。
  

児童虐待の通告件数が増えている中、児童相談所の職員などを増やし、介入する権限を強化して子どもたちを守っていこうという流れが出来て行くのは心強い事です。
それは、国がしっかりやらねばならないことです。

しかし、それだけでは子どもたちは守れないし救えない。
子どもの人権を守って子どもの利益を最優先に考えられる人を増やし、プロよりも詳しいことを知っていていざという時は抱え込まないで関係機関につなぐ権限を行使できるボランティアが必要です。

また、点在する子どもの居場所にそういったボランティアの相談機能も備わっていると安心して一人一人が子どもたちと向き合えます。

本日の講義の中で、「大人の話は正論だからそれに対して自分たちは何も言えない」という子どもの声があると聞きました。
そんな風に子どもたちに思わせない信頼できる大人を増やす。
そんな人材育成の取り組みを千葉市には頑張ってやって欲しいですし、私自身もどこかで関わり続けて行きたいと改めて思ったのは、今回の受講の成果です。

コメント

みんなの広場とプロジェクト結

2018年05月22日 | 居場所づくり


今週末の土曜日ですが、NHKEテレのバンバンジャパンで、プロジェクト結の活動が取り上げられます。

プロジェクト結は2020年のオリンピックに向けて「誰でもできるおもてなし」をコンセプトに、子供も、高齢の方も、障がいをおもちの方も、みんなで参加して「箸置き」を作り、日本のおもてなしの心を海外の方へ伝えよう、という取り組みです。

この活動がスタートした時から、みんなの広場もプロジェクト結の拠点のひとつとしてお手伝いさせてただいています。

そんなご縁で、4月18日のすいようカフェにNHKの取材が入り、レポーターとして訪れたのはアントニーさん♪
プロジェクト結の箸置きづくりの取材を、すいようカフェのメンバーが見守るというのは、またとない楽しい経験です。
  

また、5月12日には幕張総合高校の生徒会と放送部が、箸置きを海外から訪れた人たちに渡す体験を収録した動画をみんなの広場で披露し、箸置きづくりを支えてこられた方々にお見せしました。
その後、高校生とシニアのみなさんとで一緒に箸置きづくりをして話が弾みます。
  

この他にも、4月1日に開催されたさくらさくさくウォークラリーでのプロジェクト結のポイントなどでも撮影があるなど丁寧な取材がされてきましたので、どのように編集されるか楽しみです。

放映は、5月26日(土)午後10時~10時44分と遅い時間帯ですが、夜にお強い方はどうぞご覧ください。

コメント

みんなの広場の歌のひろば

2018年05月21日 | 居場所づくり


みんなの広場では、毎週第1&第2&第3の月曜日午後1時半から3時半まで、「歌のひろば」を開催しています。
シニアが20~30人集まり、抒情歌や唱歌、懐かしい歌謡曲などを「練習」しています。

そうです!「練習」なのです。
少しでもそれなりに良い声で、少しでもそれなりに美しく歌うことを目指して厳しい指導のもとなのに、なぜか楽しそう。

今日はその練習日だったので、ちょっとお邪魔しました。
加山雄三の「お嫁においで」を練習しているところでしたが、この曲の場面、状況、雰囲気、こめられた気持ちなどを想像させる先生の語りが、まさに今はやりの「神語り」で、ちょっと覗いた私も思わず大爆笑!

老いも暮らしにくさも足腰の痛さも、すっかり忘れられるひと時です(^^;

悶々と暮らしている方は、月曜日の午後にみんなの広場にいらしてください。
そこは、とびっきり明るい「歌のひろば」となっております。

広場が、漢字だったりひらがなだったりでわかりにくくてスミマセン。
こういったコダワリが、どうやらとても大切なようです。

ステージ目指してがんばれ~♪

コメント

コミュニティカフェ全国交流会

2018年03月06日 | 居場所づくり


毎週水曜日、千葉市緑区のおゆみ野にある「みんなの広場」というコミュニティスペースで、すいようカフェを開催しています。
このブログでも、たびたび登場します。
あらためて説明すると、午前11時から午後3時まで、「誰でも予約なしで」ふらりと訪れることが出来る場所です。
コーヒーや紅茶、日本茶など自由に飲むことができますので、「参加費=お茶代」として100円いただきます。

ランチタイムを挟みますので、お弁当を持ち込んでここで食べるも良し、まかないランチを1食500円で食べていただくのも良し、という場でです。

4時間いったい何をしているのかと言えば、井戸端会議、手仕事、ボランティア的活動、時々ミニ講座、時々体操、時々情報提供・・・と、その時々で異なります。

そんな居場所を2年半続けていたら、コミュニティカフェ全国交流会からお誘いをいただきました。
さまざまな居場所運営についてグループ討論の時間がある(午後3時~)ので、一つのグループを担当してほしいとのことです。


私自身はコミュニティカフェを運営しているという意識はなかったので少々迷いましたが、「すいようカフェ」と名付けている以上カフェなので、週にたった一度ですが一つの事例として話題提供できれば幸いだと思い、お引き受けしました。
私が担当するグループ討論のテーマは「高齢者を囲む多世代の居場所」としました。


前半は、コミュニティカフェ開設講座で学んだ方々からの発表と講評もあるとのことで、そちらも大いに関心があり楽しみです。

ということで、3月31日は、飯田橋の東京しごとセンターの地下2階にもぐって交流してまいります。
地域での居場所運営に関心のある方、現在居場所運営をなさっている方、ボランティアなどをしてみようと思っている方、こちらをのぞいてみませんか?

主催しているのは、公益社団法人 長寿社会文化協会(WAC)で、このイベントの詳細は、全国コミュニティカフェ・ネットワーク(略称:コミカフェ・ネット)のブログに掲載されています。




コメント

石の上にも三年のみんなの広場

2018年02月08日 | 居場所づくり


2015年6月に、みんなの広場という居場所を持ち、ここをどんな風にしたら街に優しい居場所になるだろうか?
と、試行錯誤を続けてきました。

ほんとうにゆっくり、一人ずつに理解をしていただき、一つずつ活動が生まれ出たように感じています。

2年半が経過して、ようやく「みんなの広場とはこういうところです」というお知らせチラシを作ることが出来ました。

うそ偽りや誇大広告過大評価はありません(つもりです)。
現在行われていることを、正直に並べてみました。


何かを実現したい。
誰かを幸せにしたい。
そう思って動いている人たちって素晴らしいなあ、と感じます。

もちろん、みんなの広場だけではありません。
その他にも、たくさんたくさん、いーっぱい、素敵な活動をしている方々を見ています。

個人で。
チームで。
既存組織で。

形態はどうでもいいと思います。
いざという時に、助け合う信頼関係さえあれば。

引き続き、地道に歩いていこうと思います。
こうしていられることに、ただただ感謝です。


コメント (2)