福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

医者とは細く長く付き合いたい

2017年08月04日 | 健康・病気


「何があっても延命はやめてほしい。この歳になって切ったり貼ったりも御免こうむる」
というのが母の口癖です。

そのかわり、日々の健康維持への関心は高く、私より薬の名前や効能を知っています。
用心して、高齢者に在りがちな血圧やコレステロールをコントロールしたり、よく眠れるためのお薬を使っているようです。

医者通いは、どこも初診は待ち時間が長くて大変でしたが、今はおおよそ目途がつきました。

まず眼科。
白内障の手術後だったために、いの一番に飛び込みましたが経過は順調で心配ないと言われ、目薬をもうしばらく継続すれば良いことになりました。

足が随分弱ってきていて、もう少し歩けるようになりたい、リハビリが出来る病院に通いたいという望みもありました。
そこで、母が歩いて通える整形外科を受診し、今は週に2回ほど自力で通っています。
「歩かないと筋肉が衰えてしまうので、出来るだけ歩いた方が良い。ただし転ばないように」
という医師の指示ですが、毎日外出することはこの暑さの中かないません。
しかしながら母に言わせれば、
「こちらに来たら食事の支度や掃除洗濯と、目が回るほど忙しく動きっぱなし」
の生活だそうで、先生の指示通りにできていると私は安心しています。

内科も気になっていました。
血圧やコレステロール値が高く、心臓も気がかりです。
そこで内科は、以前こちらに来た時にかかったことがある先生のもとに行きました。
丁寧に診ていただき、心電図が若干心配とのことで、千葉市立青葉病院で詳しい検査をしました。
この時に必要だったのが、これまでかかっていた医師の所見と検査データでしたが、引越しの忙しさの中、肝心な資料を取り忘れてしまいました。
青葉病院から愛知県の病院2か所に連絡を取り、データを取り寄せて検査の重複を防ぎ、患者の負担(財政の負担でもあります)を少なくして下さいました。

病院間でそういったやり取りが出来ることを知らなかった母は、いたく恐縮し感激していましたが、同時に自分自身の情報を入手してこなかったことを反省したはずです。

私も自分自身の健康や身体に関してじっくり向き合えていませんが、ましてや遠くなはれて暮らしてきた老親の健康状態についてはさっぱりわかっていませんでした。

母と暮らすようになって「身体をいたわる」ことの大切さを実感しています。

残すは歯医者さん。
現在、87歳にして28本残っている歯を死守したいというのが母の執念、私の願いなので定期的なお掃除ていどでしょうか。


コメント

千葉市にもインフルエンザ注意報発令

2016年01月28日 | 健康・病気


今日は少し暖かでしたが、ここのところ冬らしい寒い日が続きます。
千葉市内にも、インフルエンザが流行り出したようで、学校での学級閉鎖のお知らせが届くようになりました。
千葉市でも、1月27日に、インフルエンザ注意報が発令されました。
千葉市のホームページにも、インフルエンザによる千葉市立学校臨時休業の実施状況が掲載されています。
周辺の学校で学級閉鎖がありましたら、周囲に流行しているということなので、手洗いやうがい、十分な睡眠や栄養などの予防をしましょう。
詳しい予防の方法については、こっちのページを見てくださいね。
コメント

心と肉体のバランス

2015年07月24日 | 健康・病気


議員だった時には思うように出来なかったことに、今は次々とチャレンジしています。
わくわくすることばかりで、心はみずみずしく満たされていきますが、一方で、肉体はだんだん干からびていくような気がします。
心と体のバランスをうまく取りながら、精神的に豊かな生活をしたいなぁと思う今日この頃です。

さて、7月23日の木曜日
孫のもとに行きました。
ママの代理も3度目となると、ママを消し去る魔女の来訪とばかりに、ギャングは警戒心丸出しでママの膝を離れません。
しかしそこは、魔女。
ランチの時間までにはすっかり仲良しこよしになりました。

楽しいランチタイムでは、ギャングの道具使いも上手になり、そうめんをフォークで食べられるようになっています。
しかしその感激も束の間。
結局、手づかみが主流です(⌒-⌒; )


ランチを済ませ、お散歩かたがた後ろ髪引かれながら改札口で別れ、婆婆は千葉に一目散に戻ります。
夕方は、みんなの広場でおさらい塾があったのです。
4回目になりますが、すっかり慣れ、学びの習得も予想以上にスイスイのようです。
「そうだねー。出来たね。」
という先生の静かな声を聞きながら、パソコン仕事ができる幸せな時間です。


夜は、新しい組織を立ち上げるための話し合いに参加。
小さなことを積み上げていくアプローチに慣れているので、スケールの大きな構想に戸惑いながらも、ゴールを描いて戦略を練る手法も磨かなくちゃいけないのかな、など感じながら会場を後にしました。

長い1日で、肉体のコントロールが効かなくなり、食事は深夜のファミレスでリゾット。
帰宅後は、そのままベッドになだれ込みです。
そのおかげで、本日金曜日は元気ハツラツで、DV被害者支援養成講座に出かけました。
今回から6回シリーズで、子ども支援のインストラクター研修です。


これがまた、ハードなんだ。
ということで、今夜は明日の予習を少しだけして、早々にBed in です。


コメント

千葉市の医療のあるべき姿を考えるワークショップ

2013年09月04日 | 健康・病気

 千葉市では今後の医療のあり方について考え、二つの病院の基本的な構想を見直そうとしています。

このブログでもご報告しましたが、24年度には二つのシンポジウムを開催しました。

http://blog.goo.ne.jp/shoukosan_001/d/20130216

 

 

 今年は公募市民によるワークショップが始まります。

既に8月14日から募集が始まっていて、締め切りが9月6日とせまっています。

お知らせが遅れてしまいましたが、ワークショップに参加してみようと思われる方は、お急ぎください。

募集の千葉市ホームページアドレスは下記です。

http://www.city.chiba.jp/byoin/kanri/kikaku/kihonkouso-workshop.html

以下、千葉市のHPの募集要項(PDF)引用です。

 

【千葉市の医療のあるべき姿を考えるワークショップ】

千葉市の医療について一緒考えませんか?
高齢化の進展へ対応は社会全体大きな課題ですが、千葉市においても高齢化の進展課題ですが、千葉市においても2025年には65歳以上の方人口は現在の約1.3倍、75歳以上の方人口は約2.1倍にもなるのと予測されています。
今年の1月と2月には、救急医療と在宅医療をテーマにシンポジウムを開催し、超高齢社会における医療のあり方ついて議論いたしました。
本市では、さらに議論を深めるた、全10回のワークショップを開催することしまた。
ワークショップでは、医療や介護に関する情報を共有し、千葉市のあるべき姿を考え予定です。
参加を希望される方を希望される方は、下記をご参照いただき、応募お願いたします。

1 )名称 「千葉市の医療あるべき姿を考えワークショップ
2 )募集人数20人(公募)
3 )期間・回数

25年10月~26年3月 10回程度
第1回 平成25年10月11日(金)
第2回 〃 10月25日(金)
第3回 〃 11月15日(金)
第4回 〃 11月29日(金)
第5回 〃 12月13日(金)
第6回 平成26年 1月17日(金)
第7回 〃 1月24日(金)
第8回 〃 2月 7日(金)
第9回 〃 2月21日(金)
第10回 〃 3月 7日(金)
4) 時間

各回とも19時~21時
5)場所

千葉市役所会議室及び駅周辺

6 )応募資格

市内在住、勤学、在学学の方で、議員及び本市職員でない方。

7 )応募方法

【募集期間】 9月6日(金)必着
別紙「応募用紙」に必要事項を明記し、参加の動機や自己PRを記載た小論文(1200字以内、書式自由)を作成し、
〒260-8722
千葉市港2番1号 千葉中央コミュニティセンター10階
千葉市病院局経営企画課
メールアドレス:kikaku.HOB@city.chiba.lg.jp
電話番号 :043-245-5744
FAX番号 :043-245-5257
へ郵送・EメールFAXまたは直接持参にて応募しください。
8) 注意事項注意事項
(1)ワークショップは公開で行います。また、マスコミ等の取材を受ける場合があります。
(2)ワークショップでの議論など、結果を市ホームペジで随時公開します。
(3)応募者多数の場合は、書類選考をしますがその際に参加者の年齢、性別、職業などに偏りが出いよう、多様性着目して選考いたします。
(4)原則として、10回のワークショップすべに参加をお願いしたと考えています。

コメント (3)

超高齢社会を生ききる 医療シンポジウムを聞いて

2013年02月16日 | 健康・病気

Img_31781

    

 千葉市の病院局が企画した、連続医療シンポジウムに参加しました。

1回目は、救急医療について。

今日は2回目で、超高齢社会における在宅医療がテーマでした。

 

 医療というと、専門性が高く、当事者である患者には自分自身の状況がわからなくて判断できず、結果的に医師任せというのが、現代医療の特徴ではないでしょうか。

 

 今日のいくつかの報告を聞き、まさにそのことが患者自身の選択権=自らの生き方を選ぶ権利を放棄させ、その結果自宅で最期を迎える人が少ないのではないかと感じました。

つまり、どのように生ききりたいか、その最も大切な最後を病院任せにせざるを得ない。

自分の人生を生ききるとは、覚悟のいることでもあるのですが、その覚悟とは、本人だけではなく、家族や、医療従事者や、介護者、ボランティア、そして社会全体にも必要で、そのことを問い直さねばならない時期に、いよいよ差し掛かったのです。

 

 基調講演は、緩和医療のお話でした。
がんの在宅緩和ケアをしている大岩医師のお話です。
印象に残ったのは、がんと聞くと人生終わりだと思ったり、がんは痛いと思っているだろうが、がんの痛みは辛いものではない、と言い切り、さまざまな事例をお話されたことです。

患者にとって必要なのは、過剰な医療ではなく、痛みの原因や何をすればよいのかなどの情報を提供すること。

それをすることで、不安感が少なくなり、気持ちが和らぎます。

とは言っても、がん終末期に最後まで家に居られる人は多くはなく、千葉市では14%(全国平均では9%)なのだそうです。

病院依存に加えて、地域医療に関わる医師や看護師、介護従事者が、圧倒的に不足していることもその一因なのでしょう。

 

 加えて、今後は超高齢社会を迎えます。

超高齢社会とは高齢化率21%以上の社会をいい、千葉市は既に2012年4月にそれを超えています。

それでも現在は、前期高齢者(65歳~74歳)の方が後期高齢者(75歳以上)より多いのですが、2020年にはその割合は逆転し、2030年には、高齢化率は30%を超えます。

千葉市内の病床数は7125床。

現在の一日の入院患者数の平均は約5300人でまだ余裕はありますが、2025年には、病院のベッドも不足します。 

 

 このような状況を、まぎれも無い事実と受け止め、行政も市民も共にどう対処したら良いのか考えていかねばならないのが、今の状況なのです。

行政はどうしてくれるのか、医者は何をしてくれるのか、と問うのではなく、この世に生を受けて生活をしている私たち自身は、最後の最後までどのように生き切りたいのか、つまり、どのように生活し続けたいのか、ということが問われているのです。

 

 人口減少による支え手不足と税収不足、超高齢化による諸問題、を考えた時に、従来当たり前であった事は、通用しないでしょう。

だからこそ、今一度膝つき合わせて、発想を転換したり、新しい仕組みを考えていかねばならないのだと思います。

行政は何をやってくれるの?ではなく、行政にはこれをやってほしい、といえる当事者になりたいと思います。 

 

コメント (2)