go go Friends!!

主に自転車のこと

準備を怠った結果・・

2018-11-14 | 日記
7回目の参加となる“ツール・ド”で今年も沖縄を走ってきました。

今回は久しぶりに家族も同行。

もう僕も若くないので疲れる初日の観光は遠慮してもらい名護に直行

キャンプシュワブ、大浦湾を横目に見ながら昼食を取る為わざわざカヌチャベイまで行きました


3年前のツールド試走時立ち寄った、ここのマンゴープリンや黒蜜杏仁豆腐が美味しくて

「いつか家族も連れて来たい」との望みが叶いました(^^)

ただスイーツも飲茶も食べ放題で、レース前に食べるもんじゃない、ってのありますがね(^_^;)

飲茶バイキングは土日だけですが、通常のランチコースにスイーツバイキングも付いてます

レースじゃない沖縄旅行ならカヌチャの中華レストラン非常にオススメします(^^)

名護のレース会場で受付を済まし、S太郎と合流し羽地ダムを試走


僕は腹パンで苦しいですが、S太郎は軽快に上ってて「明日のレースに期待持てるな」と感じました

夜はアグー豚が食べたい、との家族の希望で松の古民家さんに行きました


黒琉豚と呼ばれる純血アグー豚と地場産野菜をしゃぶしゃぶで頂くスタイルで非常に美味でした


以前行った満味って豚料理の店は「アレ…」でしたがココは単品料理もすべて外れなしでした

人気店なので予約必須です。僕は前日予約で遅い時間になんとか取れました(^.^;

究極眠い状態で本部のホテルに戻り4時間の睡眠

スタート地点まで55Kmも自走するので、早起きして朝4時40分に本部を出発

提携ホテルの朝食券があったので、途中寄るが、ここで朝食取るの気が気じゃないんです…

なぜならUCIレースの選手のホテルとなってるので食事会場に超メジャーな選手だらけなんです

ため息付きながら恐る恐るホテルに入ると、我ら北九州の星ナカータに遭遇

アウェイな雰囲気が少し和らぎました(^^)

その後、S太郎と合流し国頭まで30Kmの道のりを32Km巡航、ほぼノンストップで引っ張りました

まったりしてたらレース招集がかかったので、シード選手の為前方に並ばせて頂きます

なんかえらいカメラがコッチ向いてるなー、と横を見ると56サイクルさんがいつの間にか居ました(゚∀゚)

国道に出てスタートを待ってると、市民210のメイン集団が通過、50人ひと塊の風圧が凄かったです

いよいよ市民140の400人もスタートするが、真ん中に埋もれてたらどんどん後方に追いやられます…

与那の上り入口で番手を上げ100番目くらいで侵入

上りに入っても密集度がすごく、目視で先頭が確認出来る位置キープも気が抜けない状態

下ってからの楚洲から奥の海岸線はまったりペース

辺戸岬あたりで中切れしてる事に気付き、ちょっと本気で踏み、茅打バンタで追い付く

毎年だが、西の海岸線は高速巡航。走れた頃の僕はここのアタックに再三乗ってましたが今は・・・

ロードレース男子部撮影の為か、やたらカメラバイクが割り込んで来て走りにくかったです

2回目の与那の上りは要注意なので更に前を気にしながら走る

KOM過ぎの補給所で去年アタックかけられ、気付かないうちに置いてかれたので細心の注意を払う

安田の分岐で男子部ブンペイが「シュガーどうした!?」と横で叫ぶのでうるさい(-_-;)

シュガー、チェーン落ちした様でした。でもそのシュガー今回3位の結果にびっくり(*_*;

直後の小学校への長い上りで急に脚にきだす…

ダンシング取り入れながらなんとか対処するが、大腿2頭筋が痙攣を起こしかけてました

次の安波ダムに向う上り、ペースは決して速くないのに脚に力が入らず集団が離れて行く・・

下りで必死に追いつこうとするがダメでした

80Km地点、ここで僕のレースは終わりました(T_T)

今回は長い距離(100Km以上)を踏む練習をしなかったのが唯一不安材料でしたが見事的中でした。

やはり沖縄の100系をナメてたら痛い目に合いますね(-_-;)

しばらく回復するまでは辛くて「レース止めて〜」って半泣き

その後も100Km辺りまで先頭集団を目視で確認できながらだったんで

もうちょっと頑張れたらな、と後悔しながら走る

まあ東村からは、千切れ組の各クラスの選手で励まし合いながらレースは楽しめましたが(^^)

ゴールでは店員さんが待っててくれましたm(_ _)m


僕の出た市民140はI切さんが優勝! 完敗の2位の選手が拍手しながらゴールしていました

I切さんレース中常に先頭をキープし、よく動いてたし、本当に強い選手が勝ったので僕も嬉しいです。

今回は30周年記念大会なので名物豚の丸焼きが復活


高いと言われてるエントリー費でありますが、パーティに参加して食事を楽しまな損ですね


その後移動となりますが、僕の体内にオリオンが入ってた為、運転は妻に任しオクマに移動

普段は高くて泊まるなんて考えおきませんが、日曜泊まりは安かったんでオクマにしました


次の日はなかなか行く機会がない辺戸岬もオクマ泊まりだから行けました


ホテルに帰り朝食を済まし、バタバタ用意して、東村に移動し子供とマングローブカヤック


再度ホテルに戻り輪行の帰り仕度、僕は留守番の予定でしたが沖合いに同行してシュノーケル

水深15mくらいの場所でサンゴ群に群れる魚達を見ながらが非常に良かったです

ちょっと空港間に合うかな?と心配になりましたがフライト50分前に空港に到着

福岡に帰るが、八木山バイパスが通行止めで帰宅0時20分とハードでした(+_+)

早く子供達が成長して、僕自身も鍛えられる環境になればまた挑戦したいと思います。

北九州から参加の皆様もお疲れ様でした。これから制約のないオフを楽しみましょう\(^o^)/
コメント

いつかの少年

2018-11-09 | 日記
昨晩、時間が出来たので少し走ろうと空港に向ってると一人の青年に会いました

「K本さんの空港練習に行くの?」と話しかけたら

「いやA&Nさんの練習に行きます」と青年

「あっそれたぶんK本さんの練習ね」と僕(^_^;)

話しながら向かってると、僕の中で「この子もしかして・・」と記憶が蘇り

「もしかして君7~8年前お父さんとよくこの辺走ってた子じゃない?」と聞くとやはりそうでした

当時彼は小学4年生くらい、

その姿を見ながら「将来この親子みたいに子供と自転車を楽しめたらいいな」と微笑ましく見てました

まあ実現はしてますが、楽しく走れてるかには疑問符が付きますね。

顔をしかめてないと「余裕があるならもっと踏めや」と言ってますから

昨日の空港風速14mとなかなか爆風でした

まあ脚の調子を見るだけなんで本気で走ってないですが

なかなか良好だと思います

やはり僕の場合1週間を切ったら1人で調整するのがピーキングし易いと感じました

備忘録として記録しときましょう

日曜、仕事だったんで通勤30Kmのみ

月曜、通勤30Kmのみ(日・月は店員さんに頂いた青魚を大量に摂取)

火曜、通勤30Kmのみ

水曜、朝よっぴーとトラック練&通勤ライド。夜はくさみ温泉でサウナインターバル?

木曜、通勤30Km&夜空港

金曜、通勤30Kmと夜よっぴーとTKローラー(の予定)

何もしないのもなんなので、筋肉が緩まない程度に乗るのがベストでしょうね

今週は自転車じゃない田代分岐にも行きました(withゆきちゃん)


絶対的には強度不足ですがどうでしょうね(^_^.)








コメント

意外にスタミナ太郎

2018-11-03 | 日記
今朝も朝から下痢が止まらずトイレに籠りました・・

昨晩VCのS代表と会う機会があり相当節制されてると聞きました。さすが210の優勝候補です。

節制してない僕は「この下痢で余計なもんは全部出てしまえ」と願いました

トイレから出てボトルに薬(ポカリ)を入れロード練に出発しました

極寒の朝ながらなんと10名も集まりました

左のプロ仕様な身体つきの方はmuga氏ですね

そのmuga氏、アグリ入口の交差点を直進してしまい、3名を引き連れ英彦山方面に・・

「ストッープ!」と叫ぶと後ろ3名は気付いたがmuga氏はそのまま帰らぬ人となりました^^;

アグリに入りロッキー、山Pも時間の制約があり帰還

やっちさんは息子の守、Y手さんは1人で先に行ってしまい、往路はほぼ1人で走りました

今日は距離走りたかったので青の洞門手前のセブンまで行き休憩

最強のウエポンと聞いてたやっちさんの息子は最後まで不発のまま帰宅

復路は6人で帰る事に

走り始めてすぐ店員さんが本日2度目のパンク。サイドに穴も・・

こんな時タイヤブートがあればいいのに・・と呟いたら

Y手氏が「ありますよ」と(・_・;)

処置が終わる頃、僕が学生と女史を引き連れ先行スタートを切り、後追いから逃げ切れるか試してみる

復路は脚の回りも良く、やっちさんY手さんから逃げ切れました


僕の現状での不安材料のスタミナ面、特に問題なしだとわかりました(^O^)

あとは腹痛を治すだけですね

>店長
今年もありがとうございました!

ロードとトラックの両立は難しいと思いますが、そんな中ご協力いただき感謝してますm(__)m

ポカリで治る病気なんでたいした事ないんでしょうね(^_^;)

>大ちゃん
壱岐まで順調やったけど、それからのダウンヒラーぶりは凄かったね

来年は憑き物が取れた大ちゃんが大暴れする事でしょう

ポカリの焼酎割りは沖縄前の店員さんのカレラのボトルゲージに差してあげて下さい(^^)

>山P
今年は朝から男前な走りを我々に届けてくれありがとうございました!

ゴーフレに載る為に無理して前に出てくれたのに、その勇士をなかなか激写できずm(__)m

企画というよりマスケンが残してくれた軌跡をたどってます!

来年も来て下さい。スタート地点ご近所さんも一緒に(^^)v



コメント

今朝も冷え込みました

2018-11-01 | 日記
結局10月の走行距離は2253Kmで締めました

目標は達成してますが「こんなんでいいわけがない…」と自分が一番わかってます

今朝は起きると、目眩がする程腹痛が酷く、食べ物を受け付けない状態

とりあえず朝練に行くが、よっぽどなら帰ろうと思いました

現場に着くとF川さん、Y野君、女史しか居ない

これは何とかなるかな、とポカリを飲み走る事に


僕は具合が悪くても薬は飲みません、その変わりポカリ飲みます。たいがい効きます(^.^;

今日の走りはセーブしながらもパーフェクト出来ました

かと言って1人じゃ練習にならないので、今朝走ってくれた3人には感謝です


僕の体調不良は寝不足からですが、急に寒くなり体調を崩してる人が多くなってます

こんな状況なんで、これで朝練最後かな?

ほぼ固定メンバーだった気がする今年の朝練(4月〜10月)

こんな強度での練習、到底1人じゃ出せません。今年もお付き合いありがとうございました!
コメント (3)

もう冬眠に入ったか?

2018-10-30 | 日記
昨日からですが脚が思う様に動きません。内転筋の疲労を凄く感じます。

僕は走ってませんが、遠征の疲れからなのか

帰りのフェリーで子供に蹴りを入れてしまった罰かもしれません…酷い親です(-.-;)

そんな中ロード練しました。


河内はアタック掛けられたら即死状態だったが、平和に行ったので助かりました

田代は店長に取ってもらおうとアシストに出ましたが

ムチャ振りスプリントのN林君が危な過ぎるんで店長捲りませんでしたね(^.^;

最初に脱落するのは間違いなく俺だ!と開き直って畑ヒルクラ

2Km地点でN林君アタック

当然反応できないが、ジワジワ詰めて追い付くがまたアタック

最近このパターン多いなーと思いながら、また詰める

今日はN林君にパーフェクト取ってもらおうと最後はアシストすると決める

だがそこは若いN林君、また攻撃かけて僕をふるい落としに来たので追走

ごめんねー、と思いながら潰えたN君を交わし僕が取る形になりました

嬉しくないけど、こんな状態でも走り方次第でKOMに絡めるんだと分かったのは収穫でした

もうすぐこの楽しい朝練も終わりますね

4時起きじゃなく6時まで寝れるのは僕の中で冬眠と呼びます

>葉々さん
遊びを餌に全国大会誘い出したんですが、スイッチ入ったんで成功ですね。

これからは相当厳しい事要求しますが

何の為の練習か、本人達も分かってるので付いて来てくれると思ってます。

ハル君もスイッチ入ったら狙って欲しいです☆

>ひこざるさん
毎年夏遠征してるS口家の大変さがわかりました(運転してませんが)

ツバキ君は勝ちに絡むと思ってましたが、上りの強化が足りなかったのかな、と感じました

なっちは手足が長いので700cを操るのに有利です。練習にさえ取り組んでくれたらイケますね(^.^;

来年は小学生最後!九州に悲願のチャンピオンジャージを持ち帰りたいです。

>F田さん
あそこの6年生レースは元々強い子が勝ってるでしょうが

ロードレースは戦略、ダークホース的に狙えないかと目論んでます

S太郎君狙ってただけに本当に悔しそうでした。来年ジュニア連覇狙って欲しいです。

でも諦めない姿には感動しましたよ

1年のK5はほんとこれからが楽しみですね!

>Yキ君一家様
今回は大変お世話になりました

Yキ君一家と出会えた事、そして全国大会を共に戦えた事、ほんと感謝してます。

ヨッピーとSキは直にYキ君と同レベルまで上がって来ると思います

そこから全国獲りの狼煙が上がると思ってます。

他のキッズも中学生になってグンと伸びるだろうし、下の学年の子も上がってくるでしょう。

K監督も巻き込んでガンガンやりましょう(^^)

>AnDoさん
平尾台から応援ありがとうございました!

全国は凄いレベルでした。

それを体験した子が、他の子にも走りで伝え相乗効果でみんな強くなると願ってます

一番大事なのは走りのサポートです。チャンピオンが出るかAnDoさんにかかってます(>ω<)

>K5ははさん
身体も大きくなってるし先頭グループだし「ほんとにK5かな」と不安もありました(^_^;)

この半年で精神的にも成長した姿が、このレースに出てんだな、と僕も嬉しくなりました

もし叶う事なら、来年選抜ロードOPレースがあれば一緒に走りたいです(選抜レギュラーといきたいでしょうが)

母は不安もあるでしょうが、これから益々楽しみですね☆

コメント