リセッツAROMA香房

ケモタイプ精油・国産ハーブウォーター・植物オイル・ひまし油
植物の恵みと共に健やかに暮らす知恵をお伝えします。

イソジン VS ひましあぶら

2012年12月25日 00時44分10秒 | ふなかわ日記

息子は、口内炎になると、イソジンうがい薬の原液塗布が一番効くといいます。(歯医者さんから伝授された方法です) で、最近も、よくイソジンを持ち歩いていました。

すると爺さんが、「そんなもんじゃなくて、『ひましあぶら』つけたら、一発で治るがに・・・」と豪語しております。
くちびる切れても、口内炎なっても、ちょっと舌をやけどしても、全部『ひましあぶら』がいいのだと。

ひましゆではなく、ひましあぶらが・・・

さて、どっちがいいのでしょう???

皆さん、ご実家への帰省や、ご旅行にも、ぜひ、ひましあぶらの小瓶携帯をお忘れなく

イソジンも、ノロやインフル予防にはいいかも知れませんね。
息子説が有力ならば、口内炎にも・・・。

『富山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きびす負傷 | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ふなかわ日記」カテゴリの最新記事