土佐っぽ

四国は土佐国のもんが、日々の中で思いゆう事や、得手勝手な考えを書きよります。どうぞよろしく。

だから、自衛隊を『サンダーバード』に

2011年12月31日 21時08分02秒 | Weblog
現役の陸自と防衛大、それに海自の
そろい踏みというか、
教え子連中と今日は一日を過ごした。

陸自の彼は、60日以上、東北に派遣された。
そして、大川小学校での捜査活動に従事。

防衛大の彼は、
大学内での暴力行為の連発や、
極めつけの先輩のパワハラなどを、
具体的に話した。

海自の彼は、
旧海軍からの連綿とした
下僕扱いされる現状を。

それぞれが、
自衛隊での毎日の中で、
じゃあ、、
人間として、
じゃあ、、
特別公務員として、
じゃあ、、
いったい・・・

それぞれに、悩みや、
いろいろな思いをお互いに情報交換しつつ、
いろいろな話をした。


陸自の陸士長は、
中学時代より、
それはまじめで、自分の意見を持ち、
最初から陸自に行くと決めていた。

思うに、、
自衛隊が、存在する意義。
それは、

主権者レベルで言うならば、
災害支援だけでしか存在意義を見いだせないだろう。

だとすれば、
というよりも、
かねてよりも、意見というか願望であるが、

危険エリアにも行く可能性もゼロじゃあない。

だから、保身の為の武器所持は、
まあ、、これはあるかもしれないが、

自衛隊を、
サンダーバードにすればいい。

あらゆる自然災害、
あらゆる事故や事件
そういう大規模な人命の危機に、

最新の技術とノウハウ。
最新最上の訓練をされた人間が、
世界のあらゆる場所に飛んで行く。

そして、そこで、
徹底した救援、救助活動を行う。

その為に、
ニホン政府が、金を費やし、
そして、
世界のあらゆる場所で、
いかなる事故でも、
人間の命を最優先で活動。

陸自の彼が言った。

震災支援後、
その手の訓練は皆無だと。

世界の中で、
確固たる地位と、
尊敬を集めるためには、

人殺しや破壊の訓練よりは、

人間の命を、
いかなる民族でも、
いかなる人種でも、

人間の命を救う為の訓練。
そして、
その為の最新最高の機材。

その、国際救助隊を、

その救助隊を保持する国を、
だれが、

批判、非難、攻撃しようか。


だから、

自衛隊は、

『サンダーバード』にするべきだ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

国際的経済植民地化と「アメリカの暗躍する投資家たち」

2011年12月31日 19時48分14秒 | Weblog
ユーロ、11年ぶり安値=円は対ドルで76円台(時事通信) - goo ニュース


どうにも、不確かだけど、
きっと存在するであろう、
アメリカの投資家集団。

それが、ユダヤ系か、華僑系か、
その辺は、不明だとしても、

世界の金を完全に好き放題にコントロールしようとする、
そういう、大金持ちの集団があるだろうと、

あらゆる、先物取引を牛耳る。
あらゆる、外為を牛耳る。
そして、
その実働的部隊として、
アメリカ政府を手足のごとく操作する。

どうにも、そういう暗躍し、
絶対に表には出てこない、
そういう金持ちの存在があるのでと、
つくづく考えてしまう。

有名どころじゃあ、、
ロスチャイルドなんかがそうだろうが、
そういう有名な金持ちじゃあなく、
名もでない。
しかしと。

アメリカが彼らのコントロールなら、
ニッポンなんてのは、
まさしく、末端の歯車程度だろう。

そういう中で、
確実で間違いのないのは、

我々、市民というか、
サラリーマン階級は、

搾取される奴隷と同じだということ。

ガソリン代が高騰する。
バターや小麦が値上げ。
原子力というバケモノを使うしかない。

いろいろな、日々の生活との密接な関係の中で、
言われるままに、金を払う。
そういうシーンが、あまりにも増大しつづけている。
消費税でも、社会保障関係費なども、そうだろう。

結果として、
一生懸命働く。
そして、サービス残業を強いられる。
逆らえない。

先日の新聞じゃあ、、労働組合加入率が、下降線を続けていると。

強弱
上下
勝敗

などで、徹底的に格差をつけられる。

働き奉仕し、貢ぐ者と、
働かず、貢がれる者。

そういう、主従の関係が、
これから先の社会で構築される。

そんな気がしてならない。

欧州は、
いろいろな意味での実績を創り出したかもしれないが、
しかし、ユーロの通貨統合で、
どうも、かなりの無理があったようだ。

ギリシャなどの弱体国をターゲットにされ、
それを必死でまもろうとした結果、
どうも、アメリカ資本の餌食にされたのではないかと。

「円」は、安定株らしいが、
それも、まあ、、アメリカの傘の下で、
アメリカに楯突けないから、、ではないかと。

医療器具や、
金型など、
ニホンだからこその、高度な『技』
ニホン民族だからこその、そういう民族性。
それを、
今まで、徹底的に萎縮させてきた自民党政府
特に、小泉純一郎など。

今だからこそ、
遅すぎたかもしれないが、

暗闇の中に輝く眼差しから、
独自の主体的な国としていくには、
世界のあらゆる国に、
最上の技術と、
最高のシステムと、
人的資本を、いかに発展させるか。

そこを、なんとしても再構築するしかない。

そのためには、
教育そのものが、
勝敗や、強弱という、

『競争原理』ではなく、

可能性を信じて、自由で発想、想像ゆたかな
そういう教育システムにしないと、

間違いなく、亡国への坂道が、
さらに、急傾斜になる。

2012年まで、あと4時間すこし。

主権者が、もっともっと、
主張するべき時だと、
つくづく思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月30日(金)のつぶやき

2011年12月31日 02時22分01秒 | Weblog
10:40 from gooBlog production
笑っていいとものパロディの過剰反応 『不敬罪』の復活か http://t.co/22GGpt9y
21:43 from gooBlog production
『物言わぬ』主権者たち http://t.co/85sBMwmz
by kantate0210 on Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『物言わぬ』主権者たち

2011年12月30日 21時43分06秒 | Weblog
「非常に大きな前進」=財政再建目標は死守―野田首相(時事通信) - goo ニュース


「鵺のような状況」とでも言おうか。

多くの人が、消費税10%は仕方が無いと言う。

何度も言うが、

高知県の平均年収は200万円。
そのほとんどが消費活動に消える。
そう、
毎年、10万円の消費税を払っている。
それが、10%になれば、
毎年20万の消費税を払うようになる。

所得税+県市町村民税+自動車関連の税(カソリン税を含め)などなど、
それに、医療費や、年金掛金などのアップともなれば、

生活できるかどうか、
年間10万。
毎月約8000円の税ともなれば、
かなりの金額。
独身の一人暮らしの、降水熱代金ぐらいにはなる。

そうなると、消費を控えるようになるだろう。
そうなると、品物が売れなくなる。
そうなると、雇用を縮小するか、解雇が増大する。
そうなると、失業者が増大し、結果として、公的扶助申請が増える。
そうなると、さらに税金が必要だと、消費税をアップさせる。
そうなると、生活苦の連鎖が連綿と続く。

消費税が高い諸外国では、
それなりに、高福祉や、社会環境の整備が整っている。
要は、
消費税やその他の税で、主権者の生活が政府や行政によって、
確実に保障されているという、、
そういう実態がある。

しかし、野田政権は、
徹底的にそういう事への提案はしないまま、
消費税だけを何が何でも上げると言う。

そして、
経済が悪化すれば、また、考えるなどという、、
異常なまでの愚かな発言まで。


今、この寒い冬に、どれだけの人が、
暖房もなく暮らしているか。

ほんとうに、
この国の主権者は、

自らの主権者としての誇りも、自信も、
さらには、自らの力さえも、
かなぐり捨てて、

誰かが、何とかしてくれる。
きっと、誰かが・・・・・・・・

と、大阪の強権独裁者的政治家を待っている。

ほんとうに、亡国に突き進んでいるとしか、思えない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笑っていいとものパロディの過剰反応 『不敬罪』の復活か

2011年12月30日 10時38分31秒 | Weblog
フジテレビで28日に放映された、「笑っていいとも! 年忘れ特大号2011」で、
劇団ひとりさんがAKB48の秋元才加さんとともに、ブータン国王夫妻の物まねを披露した。
しかし、これが国王夫妻を侮辱したとして、インターネットを中心に波紋が広がっている。

という、ミクシのトップ記事から・・・・・


アメリカの雑誌タイムに、ヒロヒトの画像が使われた時、
時の大日本帝国は、熱烈な抗議をした。
『御真影』を卑しい雑誌の表紙に使ったと。


今じゃあ、
タイムの表紙にのると、
かなりの名誉だというらしいが・・・

そして、このニッポンには、
1945年まで、
正確には1947年に刑法から抹消されるまでは存在したが、
まあ、、

下手すれば、
治安維持法で、特別高等警察に、逮捕され、
そして、最後は獄中死になる。

あの、東大の教授で、
「天皇機関説」の美濃部達吉さんや、
キリスト教徒で教員をクビになった、
内村鑑三さんなど、
全部、『不敬罪』だった。

少なくとも、表現の自由の中、
テレビ番組で、
笑いをあれこれする。

それが、じゃあ、、野田首相なら、
じゃあ、、小泉純一郎なら、、
じゃあ、、

もし、それが、明仁だったら、、

またまた、右翼その他がアレコレ言うのだろうか。

確かに、
『笑い』をなんでもかんでも、、でというのには、
異論もあるし、気持ちがよくはない。

しかし、
疑問をなげかける以上に、
攻撃的になるのは、

どうにも、おかしいと思う。

そういう感覚は、
結局は、政府行政の、
過度な報道規制や、
自由な表現の規制になる可能性が大だ。

ブータン大使館とかからの公式表明がでれば、
それは、それでフジテレビが対応すれば良いことで、

どうも、ニッポンの人たちは、
攻撃する相手を、ひたすらに捜し求めている、、
そんな気がする。

大阪の影響だろうか・・・・・

忘れてはいけない。

誰かを攻撃するとき、
必ず、自分にも、その火の粉はふりかかる。

そして、自分自身も攻撃されだすという、
過去の歴史の積み重ねてきた真実を。

『不敬罪』なんてのは、途上国以前の、人権感覚の希薄な社会の遺物だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月28日(水)のつぶやき

2011年12月29日 02時22分10秒 | Weblog
19:41 from gooBlog production
沖縄だけじゃあない あなたの街にも。 http://t.co/2VeanVBo
by kantate0210 on Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄だけじゃあない あなたの街にも。

2011年12月28日 19時41分26秒 | Weblog
普天間「もうこじれてますからね」 藤村長官、軽率発言?(産経新聞) - goo ニュース


ポピュリズムに反するのが、
為政者としての大成だという、
そういう政治家が結構存在する。

いわゆる自由主義こそが、
国家として安定するんだという論理。
だから、
選挙では、徹頭徹尾「へりくだり」であるが、
当選すれば、権力者として豪腕をふるうと。
その際、必ず彼らが口にするのが、
「国家、国民の為」というセリフ。

ただ、
確かに、このニホンが、
内戦に明け暮れた戦国の時代から400年以上、
かなり国内的には平和であり、
数回の国際的戦争以外は、穏やかである事は間違いがないだろう。
しかし、
歴史は進化するべきものであり、

何よりも、
世界に誇れる

日本国憲法

によって、基本的人権が確実に保障されているはず。
いかなる政府であろうとも、
この
日本国憲法に明記された「基本的人権」を
無視することはできない。

たしかに、安定した状態であり、
隣国のごとく、道路上に飢餓で死ぬ人はほとんど見られない。
しかし、だから、より高いものを望むのは、
多国に比較して贅沢だとか、「足るを知れ」というのは、
本末転倒だろう。

『御上』などと、政府や行政を言い、
そして、
その『御上』がなんとかしてくれるだろう、
だれか、強権的独裁者がなんとかしてくれるだろう。
そういう感覚や意識の間は、

実は、この国そのものが、
発展途上もかなり低レベルな状態だという証拠にもなる。

国の主権者は、国民であり、
その国民が、何を求め、何を期待するのか。
そして、その思いが行政というシステムの中で
いかに有効に働くのか、
そこは、主権者だけしか、『監視』でlきないはずであり、
だからこその民主主義でもある。

沖縄の人たちと政府がずれている。くいちがいがある。
さらには、「こじれている。」
のであれば、民主主義社会である以上、
そのこじれは、政府がただすしか無い。

沖縄は、
このニホンの縮図であり、
沖縄の現状は、未来のニホンの姿である。

と言ったのは、
あの東大で御用学者に徹底的に挑んだ、
そして、世界でも有名な環境の専門家で
「公害」では、第一人者とも言われる。

宇井純 先生がよく話してくれたこと。

政府と国民との「こじれ」
これは、
何も、沖縄だけの問題じゃあない。

それだけは、絶対に忘れてはいけないと
そう思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月27日(火)のつぶやき

2011年12月28日 02時22分44秒 | Weblog
23:12 from gooBlog production
『労働力の安売り合戦』 大阪発の暴力 http://t.co/NGpNccfS
by kantate0210 on Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『労働力の安売り合戦』 大阪発の暴力

2011年12月27日 23時11分41秒 | Weblog
給与カット前に…大阪市バス121人が退職希望(読売新聞) - goo ニュース


ボンネットバスの時代、
必ず、前の橋の席に座りたかった。
カーブでは、確実に脱輪しているだろうに、
なんで、、、と、
運転手の顔を見ては、外を見て、
なんか、、すごい、、すごいと、
独り合点をしていた。

だから、
バスの運転手になりたくて、
そういう夢を、楽しみにしたりしたが、
きっと、バスや、電車などの運転手にあこがれた人も、
多いだろうと思う。


給与をカットする。
民間並みにと、

長野だったか、愛知だったか、
民間のバス会社で、
過重労働で居眠りで、死亡事故を起こしたことがあった。
あの時、
ほんとうに、、休み無くバスの運転をしている実態に、
再度以上の認識をした。

修学旅行などで、
観光バスを利用するが、
早朝の五時頃から、
十九時ぐらいまで、
運転をする運転士。
もちろん、一人で。

確かに、途中での休憩はあるし、
そりゃ、、旅程が問題だという、
という思いもあるだろうが、

しかし、、と思う。

タクシー運転手の労働時間では、
沖縄が、一番しっかりとしているらしい。
だから、
京都などのような、
貸し切りタクシーでの修学旅行がくみにくいとも、

どうも、
過重労働を強いる、
そういう方向に、あの小泉以後どんどん、、加速度的に進んでいるようだ。

派遣であれ、パートであれ、
もちろん、正社員でも、過重労働による低賃金。
これが、この国のあたりまえになりつつある。

「サービス残業」なんてのは、
欧米じゃあ聞くことがないらしい。

この国の経済が、
そういう過重労働によって支えられ発展してきたとしたら、
まさしく亡国への道だろう。

大阪でのバス運転手が、
退職を急ぐという。

多くの人が知っているだろうが、
大型二種の免許は結構たいへんだ。
それに、仮に免許を持っているとしても、
トラック運転手は、バスの運転をいやがる。
それは、
荷物への責任よりも、『命への責任』ははるかに、はるかに、重いと知っているから。

そう、
命を乗せている。
非常に重要な仕事だと思う。

高齢化が進む場所では、
公共交通機関は何より重要な動脈。
その運転を任される人が、
その労働力が、安売りされだす。
そして、多くの人が、それを当たり前だと言い出す。

それは、結局は、自分自身の労働も安売りをしている。
そういうことになる。

バスの運転手への夢は、
まだ、、ゼロにはなっていない。

しかし、
『命を運ぶ責任』という重さを考えれば、
やはり、不安がすくなくなく存在する。

大阪を発端として、

人件費のデフレが、始まりはしないか・・・・・
いや、小泉が始めたが、
大阪で、
さらに拍車をかけ、
どんどん労働力の安売りが蔓延する。

それが、


国内植民地化政策を、突き進めそうで
不安はうなぎ登りになる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月26日(月)のつぶやき

2011年12月27日 02時23分09秒 | Weblog
23:49 from gooBlog production
熊本だけじゃない。日本中のあらゆる場所でパワハラは存在する。学校でもどこでも、 http://t.co/MjPVPsMg
by kantate0210 on Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加