★オープンフリーク★

OpenFreak
~ドライブとクルマと、時々、出来事~
最近は、家庭菜園が主流になってます。

初代スズキ・スペーシア:ロードインプレッション

2020年03月26日 21時33分06秒 | 
愛車ハイゼット車検」の代車は、「初代スズキ・スペーシア」


「初代スズキ・スペーシア」は、2013年~2017年まで発売された軽スーパーハイトワゴン。
代車は、2016年発売の初代後期。
ターボエンジンに「S-エネチャージ」を組み合わせたモデルで
安全機能も充実。


いつものロードインプレッション。
鷲羽山展望台へ行った。

スズキ・スペーシア

フロントガラスが上部にせり上がってないので、解放感はない。
でも、ガラスが起きているので、視認性は良い。

アクセルを緩めても
エンジンブレーキがかからず、スピードが伸びるように感じた。

ワインディングを走ると思いのほかキビキビ走る。
「スポーツモード」ボタンがないけど、ノーマルで十分走る。
思った以上に楽しい。

街乗りもワインディングもサスペンションは快適だ。

小さな子供がいるファミリーをターゲットにしたクルマで
こんなに走って良いのか?走りすぎじゃないのか?
って思ってしまう。



スズキ・スペーシア

見た目通り、後部座席はべらぼうに広い。
が、シートの座席が低すぎ。
子供用に作ったのか?
乗り心地が悪い。


スズキ・スペーシア

インテリは、立体感があってなかなか良いと思うけど
使える小物入れがない。
良くわからん穴まである。


「王子ヶ岳」にて

スズキ・スペーシア



動画で見る初代スズキ・スペーシア






スズキ・スペーシアギア
2代目スズキ・スペーシア
スズキ・パレットSW
スズキ・パレット
コメント   この記事についてブログを書く
« 愛車ハイゼット車検2020 | トップ | プロパンガスのパネル故障2... »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事