整骨院シエスタ

東京都東大和市の女性向け整骨院シエスタ。のんびりとした時間が流れています。

排便のススメ 最後は簡単予防法

2014-03-28 13:48:55 | 便秘
こんにちは、東大和市女性向け整骨院シエスタです。

また間が空いちゃいましたね、ごめんなさいそれでは最後に、家で簡単にできる便秘予防のエクササイズです。

まず、床に仰向けに寝て両方の膝を立てます、手のひらでおヘソ周りを時計回りに擦ります。便秘の時はお腹がパンパンで、刺激を加えると痛みを感じる人もいるかと思います、必ず膝を立ててお腹を緩めた状態で軽い刺激から徐々に強い刺激に変えるようにしてくださいね。

強い刺激を加える時は、四本の指が垂直にお腹に当たるように指を立てて、おヘソ周りを押していきます。押して離してを繰り返しながら、おヘソの周りを時計回りに刺激していきます。これは服を着たままできる方法です。

直接肌に刺激を加える時は、お腹にクリームやローションを塗って、軽くゲンコツを握り擦っていきます。私は「にゃんこの手」って呼んでますけどゲンコツを小さくクルクル動かしながらおヘソの周りを移動させていきます
毎日2~3分、時間のあるときに試してみてください

暖かくなってきましたね、薄着の季節に向けて便秘解消、お腹ぺったんこを目指してみてはいかがですか




コメント

排便のススメ  薬による便秘

2014-03-17 10:09:14 | 便秘
こんにちは、東大和市女性向け整骨院シエスタです。

色々な便秘薬について書いてきましたが、なんと病気や症状の改善のために服用したお薬が原因で便秘になることもあります
不整脈の薬や咳止め、抗うつ剤、パーキンソン病の薬や抗ヒスタミン薬といわれるアレルギー症状に使われるものなど、様々なものがあるので、病院で薬を貰うようになってから、あるいは市販薬を飲むようになってから便秘気味だというかたは、お薬手帳や貼付されている説明書を見直してみてくださいね
このお薬を飲むと便が出にくくなることがあります・・・という注意記載を見つけるかも。

治療中の疾患がある場合、治療薬の処方を受けてる場合は、ただの便秘だから関係ないと考える前に医師や薬剤師さんに相談するほうが安心ですよ。薬の種類を変えるだけで便秘は解消されるかもしれません

薬の副作用を別の薬で抑える方法を続けていると、体にかかる負担も心配だし、次から次へと薬が増えてきりがなくなってしまう気がしませんか?薬は万能で魔法のアイテムではありません。薬さえ飲めば何でも大丈夫というわけにはいかないので、必要最低限の量を上手に使うことをオススメします



コメント

排便のススメ その他の便秘薬2

2014-03-11 11:23:19 | 便秘
こんにちは、東大和市女性向け整骨院シエスタです。

色々な便秘薬について書いてきました

なかなか自分に合う薬が見つからない、何を試しても改善されない場合、最後の手段は浣腸です成分はグリセリン、ご存知のように効果は高いけどトイレに駆け込むことになりますから、よっぽど辛い便秘を解消する応急処置だと思ってくださいね。
一度リセットしてから生活習慣を見直すなど、便秘にならないよう体質改善をはかりましょ

他にも炭酸水素ナトリウムなどの座薬があります。腸内で炭酸ガスを発生して排便を促すので、かなり高い確率でトイレに行くことになります。これは体力の無い寝たきりの方などにも使われます。

漢方でも便秘解消に使われる薬があります。ただし漢方はもともとの体力など個々の体質によって処方される薬が違います
また西洋医薬と違って便秘改善だけを目的としたターゲット処方ではなく、のぼせや吹き出物、食欲不振など他にどのような症状があるかによっても薬が変わります。

漢方処方の市販薬はもともと体力がある人向けのものが多く、虚弱体質の人にはあまり向いていないかもしれません。体力のあるなしに関わらず使える漢方処方として大黄甘草湯(ダイオウカンゾウトウ)というのがありますので、この名前だけ覚えてみてはいかがでしょう
漢方を使ってみようかな?とお考えのかたは一度専門の薬局で相談するといいですよ



コメント

排便のススメ その他の便秘薬の注意点

2014-03-10 16:21:45 | 便秘
こんにちは、東大和市女性向け整骨院シエスタです。

その他の便秘薬として、酸化マグネシウム、水酸化マグネシウム、硫酸マグネシウム、硫酸ナトリウムなどをあげました注意しなくてはいけないのは他の薬と併用する時同時に服用すると薬の吸収を抑えてしまうものがありますから、2時間以上の間隔をあけなくてはいけないということ。

ひとつはテトラサイクリン系、薬名で言うとミノマイシンとか、もうひとつはニューキノロン系抗菌薬、薬名でいうとクラビットとか。これは両方とも感染症の薬で風邪を引いたりした時に処方されると思います。でも風邪のウィルスには効果がないんだけどね二次感染を起こさないように予防的に使われている薬です。
更にビスホスホネート系治療薬、これは骨粗鬆症の薬です。

病院ではお薬手帳や手帳に貼付する情報シールをくれますが、病院で処方してもらう医療用医薬品だけじゃなくて、市販薬と医療用医薬品の飲み合わせにも注意が必要ということになります。たかが便秘薬とあなどれませんね

他にも腎臓病や心臓病の診断を受けた人はマグネシウムやナトリウムを含む薬を使う時には医師や薬剤師さんに相談してくださいね。





コメント

排便のススメ その他の便秘薬1

2014-03-08 12:41:16 | 便秘
こんにちは、東大和市女性向け整骨院シエスタです。

その他の便秘薬について書いていきますね。その他のものとして酸化マグネシウム、水酸化マグネシウム、硫酸マグネシウム、硫酸ナトリウムなどの塩類下剤と呼ばれるものがあります。

理科の実験でやったことがあると思いますが、浸透圧の実験って覚えていますか?これを腸の中で考えてみます

お薬を飲んだとしますね、酸化マグネシウムは腸管から吸収されないので、腸内の水溶液濃度は濃くなります。そうすると浸透圧が大きくなって水を引っ張る力が強くなります。腸内の水分量が増加すると内側と外側の濃度の濃度の差はなくなりますね。その時腸内には水分が多いので、便も水分を含んで排出しやすくなるというわけです

習慣性は少なくて作用も穏やかですが、いくつか注意しないといけないことがあるんですよ。お薬の飲み合わせにも関わってくるところですが、そのお話は次回に





コメント

排便のススメ 習慣性の少ない便秘薬

2014-03-04 14:00:19 | 便秘
こんにちは、東大和市女性向け整骨院シエスタです。

また間が空いてしまいました、ごめんなさい薬についての続きですね、一般的な便秘薬に配合されてる薬、普通は一般便秘薬に配合されることは少ない薬について書きました。

今回は習慣性が少なく、お腹が痛くなりにくい、便秘薬についてです。
小腸は栄養を吸収し、大腸は主に水分を吸収します。なので、長い時間大腸内に便がとどまっていると、水分をドンドン吸収されてカチカチで出ない・・・ということになります

そこで、水分を吸って膨張して排便をしやすくするものとして、カルメロースナトリウム、プランタゴ・オバタの種子、種皮などがあります。
直腸の壁が押し広げられると脳から「排便しなさい」という命令が出るんでしたよね
もう一つは便自体に水分を浸透させて膨張させて腸を刺激するジオクチルソジウムスルホサクシネート(長い名前だな~)などがあります。
どちらも多めの水で服用するのがポイントになります。

ちなみに前回の「排便のススメ」で書いた小腸刺激性成分は(ヒマシ油ね)当然小腸で作用します。小腸は栄養を吸収するところなのに無理やり体外に排出しちゃうので、栄養の吸収が悪くなることがありますから注意が必要なんですよ。長い期間使い続けるのはやめておきましょうね




コメント

キャンペーン期間延長のお知らせ

2014-03-03 11:34:17 | 整骨院シエスタの日記
こんにちは、東大和市女性向け整骨院シエスタです。

ご好評をいただいたシエスタのキャンペーン3月末まで延長決定です
延長するのは美顔コースのみ一回3000円→2000円です。
整体コースは2月末でキャンペーン終了です。ごめんなさい

3月は卒業、入学などでお母さんもスーツを着ておでかけする機会が多いですもんね。
ピッカピッカのお子さんに負けないように、お母さんもシエスタの美顔コースでピカピカの美人ママに変身してみませんか?
もちろん行事がなくても、美しくなりたい女性大歓迎です。
この機会に、ぜひ一度お試しくださいご予約は042-562-3339へ




コメント