整骨院シエスタ

東京都東大和市の女性向け整骨院シエスタ。のんびりとした時間が流れています。

排便のススメ 習慣性の少ない便秘薬

2014-03-04 14:00:19 | 便秘
こんにちは、東大和市女性向け整骨院シエスタです。

また間が空いてしまいました、ごめんなさい薬についての続きですね、一般的な便秘薬に配合されてる薬、普通は一般便秘薬に配合されることは少ない薬について書きました。

今回は習慣性が少なく、お腹が痛くなりにくい、便秘薬についてです。
小腸は栄養を吸収し、大腸は主に水分を吸収します。なので、長い時間大腸内に便がとどまっていると、水分をドンドン吸収されてカチカチで出ない・・・ということになります

そこで、水分を吸って膨張して排便をしやすくするものとして、カルメロースナトリウム、プランタゴ・オバタの種子、種皮などがあります。
直腸の壁が押し広げられると脳から「排便しなさい」という命令が出るんでしたよね
もう一つは便自体に水分を浸透させて膨張させて腸を刺激するジオクチルソジウムスルホサクシネート(長い名前だな~)などがあります。
どちらも多めの水で服用するのがポイントになります。

ちなみに前回の「排便のススメ」で書いた小腸刺激性成分は(ヒマシ油ね)当然小腸で作用します。小腸は栄養を吸収するところなのに無理やり体外に排出しちゃうので、栄養の吸収が悪くなることがありますから注意が必要なんですよ。長い期間使い続けるのはやめておきましょうね




コメント