山間百姓に賭ける

 山林切り開き 畑に開墾 ゆず  タラの木 ウドごぼう植栽  猿 鹿と奮闘つくることを楽しみに登山に磯釣 日々是好日 

もっと大きくなるまで

2008年07月31日 | 三楽園
 せっかくできたなすび もう少し大きくなるまで待って取ろうか いままで来なかったのだからもう今年はお猿さんやって来ないかも知れない 大きいものだけでも取ってしまおう
コメント (2)

世話しないがなすび

2008年07月31日 | 三楽園
 あれもこれもつくるから忙しくて手がまわらないからどの野菜も満足にできないのでしょう そうでもない野菜のつくり方知らないから満足な野菜ができないのだ 植えると収穫までほとんど手をつけない まだこのなすびは一度の追肥と支柱を立てた
コメント

なすびができた

2008年07月31日 | 三楽園
 ポット苗たくさんありますから植える畑あったら植えといて 面白くてたくさんなすびの苗をつくり過ぎた 三楽園に植えてもお猿に取られるからどうせあかん せっかくできたなすび苗 お猿にとられてもみんな取られはせん 三楽園上段のデコポン園の間へ植えていたなすびが順調に生長し花が咲き 実をつけ 収穫できるまでになった
コメント

お猿が来たら

2008年07月30日 | 三楽園
 絶対にお猿はやってくる 何時来るかわからない 毎日来るわけでないから昨年も三楽園下段でキウリつくってお猿と交代で収穫したことある ネットを張ればいいのだが費用がかかってなかなか張れないのが現状 そのうちキウリなんかより外の野菜 おサルのあまりやってこない野菜に切り替える
コメント

できた太丸キウリ

2008年07月30日 | 三楽園
 種を買ったときはこれがまあキウリの種かと高い太丸きうりの種だった 三楽園に植えてみた 順調に生育して 花が咲き実をつけてくれた デコポン畑の樹間に植えている サルネットは張ってないから お猿が来れば全滅する 
コメント

ミョウガ畑の草

2008年07月30日 | 三楽園
 ミョウガの元へ草をいれておかないと花がでたとき濃いグリーンで堅そうに見える 事実表皮が堅い 草をいれておくと表皮はピンクで皮がやわらかい はじめてのミョウガつくりだがピンクのみょうがつくりをめざしてつくっている ところがうまくいかなくて 作業が手遅れになってしまった ミョウガの元へ草をいれるどころかミョウガ畑周辺の草刈りさえできない 夏ミョウガがどんどん花を咲かせてしまった。
コメント

一番なりカボチャ

2008年07月30日 | 三楽園
 畑のカボチャ ツルの色変わってきたから もう採ります ここ数年カボチャの一番なりはお猿さんの指定席みたいにことごとく 持っていかれていた 知っているかのようにお猿がやってきて一番なりのカボチャをさらっていく 私の畑に限らず 周辺の畑のかぼちゃもことごとく採ってしまうから農家によってはもうかぼちゃつくるのをあきらめてしまった農家もある 今年は幸い未だ お猿がまわってこない カボチャはつけねのツルの色変わると実が熟していると聞いている やっと一番なりカボチャを採る。
コメント

やっとあまながとうがらし

2008年07月29日 | 三楽園
 手入れもしないがなかなか大きくならなかったあまながとうがらしがようやく食べられるまでに生長した まだ数が少ないから出荷できるほどの実はないが それでも家庭での食卓にあげるまでにはなんとかなってきた 
コメント

あまながとうがらし支柱

2008年07月29日 | 三楽園
 植えてしまうとしばらく園地にはいらないのだからあまながとうがらしが大きくならない 園地にはいりこまめに世話しないことには野菜はつくれない とにかく次から次へ作業の山がせまって来るものだからあれやこれやで集中してあまながとうがらしつくりにかかれないのが現状 植えてそのまま園地にはいらなかった やはり大きくなってきたものと小さいものと差がひどい 草を取り 倒れているものが多いので支柱を立てる。
コメント

生姜が芽を出す

2008年07月28日 | 三楽園
 三楽園 ブンタン園の樹間に植えてあった生姜がたった三本だが芽を出した
コメント

楽しみブンタン

2008年07月28日 | 三楽園
 ようやく実をつけはじめた 山楽園のぶんたん 冬の収穫が楽しみ
コメント (4)

ぶんたん園草取り

2008年07月28日 | 三楽園
 高温と雨でどんどん伸びたブンタン園の雑草を除草する 草抜いてあとへあまながとうがらしを植えた もう遅くなったあまながとうがらしだができるかどうか実験 実をつけたぶんたんは数本だがすずなりの木もあり 摘果しておく ぶんたんは大きな実にしないと 小さいぶんたんでは実の中のふくろ小さくて食味が悪い
コメント

尾瀬川原

2008年07月27日 | 旅日記
 はじめての方は尾瀬川原へはいります どうしても尾瀬沼へいきたいなら止めません 戸倉温泉の旅館の主人の言葉が印象に残る 尾瀬沼へは大清水から二時間はかかる 私が戸倉温泉ついたのが正午になっていたのだから行きたくても尾瀬沼往復は無理だったのだ 尾瀬沼は宿題にしよう 尾瀬川原実に美しい草原だった
コメント

鳩待峠

2008年07月27日 | 旅日記
 キャンプ場からはしばらく平坦な道がつづく うっそうとした森林の遊歩道で日がさえぎられ ここでも山岳散歩の気分堪能 せせらぎから離れるとやがて ゆったりした登り 峠が近づくに従って道は急峻になって来る 入ってくるとき きつい登りだと覚悟して登ってきたせいか 案外簡単に峠のバスのエンジン音が聞こえてきた
コメント

名残つきない

2008年07月27日 | 旅日記
 ニッコウキスゲが湿原のところどころに黄色く集団で花を咲かせている アルプスでときどき見かける景色だがこんな平坦な草原でははじめてみる 雲がだんだん暗くなり 夕立になるかも知れない 少し足早で草原をあとにする
コメント

投票ボタン

blogram投票ボタン