山間百姓に賭ける

 山林切り開き 畑に開墾 ゆず  タラの木 ウドごぼう植栽  猿 鹿と奮闘つくることを楽しみに登山に磯釣 日々是好日 

デジブック 『塔の丸』

2009年10月31日 | Weblog
デジブック 『塔の丸』


コメント

土佐矢筈山6

2009年10月31日 | 山日記
 メールしてあった下界からの返信メールでは風は吹いているが晴れているとのこと。濃いガスで閉ざされた遠望をくやみながらまた天気のええときに来たらええ 足早で下山にかかる。中腹までおりると霧は晴れ 見ごろの紅葉を楽しむ。
コメント

土佐矢筈山5

2009年10月31日 | 山日記
 頂上で昼食にしたかったが風が強く 濃いガスで見通し悪い 悪条件重なり頂上では少しの休憩で下山することにした。下れば風裏で無風の場所をみつけよう 下は紅葉盛りで見晴らしもよかろう
コメント

土佐矢筈山4

2009年10月31日 | 山日記
 視界の無い峠は風だけが強く吹きぬけていく。無言のまま山頂に向かった。もうまじかに見えているはずの矢筈山頂上も濃い霧の中であしどり重く山頂目指す。小檜曽への縦走を予定していたがこの見晴らしではつまらんからもうやめようということになった。
コメント

土佐矢筈山3

2009年10月31日 | 山日記
 登山口周辺は紅葉の見ごろで赤や黄色に染まった秋景色をみながらゆるやかな登りとともに快適な登山となった。森林限界を過ぎて笹原に出るころから濃い霧に見舞われ山頂まで見通しはおろか目前の相棒の姿がやっとのありさま。
コメント

土佐矢筈山2

2009年10月31日 | 山日記
 三嶺登山口 西熊渓谷方面からわかれてアリラン峠へ向かう。道が狭い 曲がった道で運転に難儀 峠近くになると道路はやや広くなりカーブも少しだけゆるやかになってきた。赤く染まった峠を少しほんの少しまわったところに広い駐車場あった。
コメント

土佐矢筈山

2009年10月31日 | 山日記
 大栃の公民館前でトイレを借りる。ついでに前の売店に立ち寄った。まだ開店準備中で商品陳列の最中 とくに買い物はなくミカンの袋をふたつザックにいれてアリラン峠に向かった。
コメント

寺地のポンカン

2009年10月30日 | 三楽園
 土地を借り上げてつくっている寺地のポンカンはブンタンを植えた翌年植える。ポンカンとともに生長して今年はたくさん実をつけた 小粒だが収穫が楽しみだ。
コメント

寺地のブンタン

2009年10月30日 | 三楽園
 寺地のブンタンは木も大きくなり実をつけはじめ 今年はたくさん成っている。収穫が楽しみ。
コメント

寺地の草刈り

2009年10月30日 | 三楽園
 ここは鹿の侵入が一度だけでブンタンもポンカン デコポンが順調に大きくなってきたから年数の若いわりに木が大きくなってきた 畑のわりに土が少なくほとんど石ころばかりのところだが日当たり 排水がいいからよくできている 
コメント

寺地草刈り

2009年10月30日 | 三楽園
 寺地のネットが倒れている 教えてくれたので上がってみる ぶんたん ポンカンの中が草茫々 急いで引き返し草刈りさげて再び寺地 園地の草刈りをする。
コメント

ポンカンが順調に

2009年10月29日 | 三楽園
 ミョウガを植えている畑はポンカンを植えている たびたび鹿の侵入で食害によって植えかえをくりかえしてきたが今年はどうにか鹿の侵入がなかったようでいまのところ順調 これから先はあてにならないが
コメント

ミョウガに鶏糞

2009年10月29日 | 三楽園
 三楽園上段にミョウガを植えている 今年の夏ミョウガの花を咲かせてしまって失敗した 草入れも少なかった これも失敗 今年の失敗の体験を来年にいかしたいものだ 鶏糞を畑に入れる
コメント

菜の花移植2

2009年10月29日 | 三楽園
 あせりながら菜の花を植えてきたがようやく庭先のポット苗が少なくなってきた。掘り起こして 肥料いれて 植えて 袋かける 一連の手間のかかる作業からもうすぐ解放されそうだ。
コメント

菜の花移植

2009年10月29日 | 三楽園
 とにかく植え付け急がないことにはポットで大きくした菜の花が大きくなりすぎてしまう。植え付けにポットから苗をとりだすとまわりは白い根がのびて真白になっていた。
コメント

投票ボタン

blogram投票ボタン