山間百姓に賭ける

 山林切り開き 畑に開墾 ゆず  タラの木 ウドごぼう植栽  猿 鹿と奮闘つくることを楽しみに登山に磯釣 日々是好日 

道刈り

2008年08月31日 | 三楽園
 通路の雑草刈り払うとさっぱり すっきり 通路はいつもこんな状態であれば作業もはかどる そんな気もするが大半は草茫々が現状
コメント

三楽園道刈り

2008年08月31日 | 三楽園
 畑に通っている道もいつの間にか足元に露がかかるほど雑草が伸びてしまった。朝から小雨パラついていたから畑に入るのを止めて通路の道刈りをする。
コメント

甘長とうがらしに追肥

2008年08月30日 | 三楽園
 今年はじめて甘長とうがらしを作っているのでとうがらしの勝手がわからない 追肥はとうがらしの肥切れが見えてからでは絶対遅い 勝手がわからないままだが追肥に鶏糞をしてみた
コメント

イヨカン摘果

2008年08月30日 | 三楽園
 草刈りをしないことには雑草が多くてイヨカンの木の下へ近づけない 早くイヨカン畑の草刈りしたいと畑を眺めながらとうとう今日まで延びてしまった 草刈り終えてイヨカンの摘果にかかったが遅くなってしまった 遅くともしないよりはいいいだろう 今年も大きな実のイヨカンはあまり期待できない
コメント

伊予柑鈴なり

2008年08月30日 | 三楽園
 伊予柑が鈴なりになっている このままおいたのでは小粒のイヨカンばかりできてしまうので摘果する。もう大きくなっているのでせっかく実ったイヨカンを落としてしまうのも惜しい気もするがかまわず摘果してしまう。
コメント

シカの食害

2008年08月29日 | 三楽園
 こんにゃくの葉っぱが食べられた同じ畑のやーこんの中で育っていたデコポンの幼木も葉っぱを食べられた
コメント

鹿被害

2008年08月29日 | 三楽園
 先日鹿ネット張り直した畑の下の畑でこんにゃくの葉っぱが食べられていた
コメント

伊予柑畑草刈り

2008年08月29日 | 三楽園
 うまいミカンを作りたい 伊予柑は果汁の多いミカンだが私が作ると酸味が強く酸っぱいと言われた この強い酸味を少しでも殺して 甘くて適当に酸っぱい伊予柑に仕上げたいが 至難の業 かも知れない そんなこと感じながら 伊予柑の木の下草刈りする
コメント

イヨカン草刈り

2008年08月29日 | 三楽園
 雑草を刈り払うだけの作業はあとへ あとへなってしまう 作る作物が多い 柑橘だけでも数種 野菜も数種 毎日気忙しく 落ち着いて作業ができていない どれでも止めて作物の種類を少なくしてはどうか 反面 作物ができたときは喜びがある 体が元気でさえあれば気忙しくても作る楽しさを求める
コメント

梯子架ける

2008年08月28日 | 三楽園
 梯子に使う二本の杉丸太は新しくしたが子は何本か使える 今度は前回のようにグラグラするようなものでなくしっかり つくらなきゃなるまい 二本の丸太を石垣に立て 一番したから短く切った杉丸太をつけていく 数本しばりつけて 梯子は完了 何度も 何度も 梯子を上がって 降りて 締め直す 
コメント

梯子腐る

2008年08月28日 | Weblog
 三楽園中段の畑にかけた梯子が朽ちて折れてしまった 梯子は二本の丸太でつくっているがそのうち一本が腐って折れてしまった。あの梯子は危ない 落ちるよ 不評だった梯子がとうとう腐ってしまった。グラグラしながらでも使っていたのだが折れてしまうと上れなくなってしまった。仕方なくとなりの山林から新しい杉丸太を担ぎ出し新たに梯子つくりにかかる。
コメント

被害極少ナス

2008年08月27日 | 三楽園
 異常に大きくなっているナスはたくさん実をつける この畑のナス キウリはお猿さん一回来たきり お猿を待っているわけではないがあまり取られないのでこちらどうしたのか気を使う キウリはカラスがやってきている これは取られてもたかが知れている 鳥ネットで防げる お猿が来ないから次から次へ収穫するナスは近くの食堂へ運ぶ
コメント

大きいナスの枝

2008年08月27日 | 三楽園
 友人にもらったすし豆 キウリと一緒の畑に植えているナスが非常に大きくなっている もう何年もナスをつくっているがこんなにナスの枝がが大きくなったのははじめて どないしたん どないもせなんだ ひとりこんなになったもん 私の背だけほどになっている 二メートル近くあるのだ 私の作り方と違うのはこまめに追肥 土寄せ 草抜きをしている 私は野菜つくりは植えたまま ほとんどあとのフォローがないから あんたは野菜 よう作らん と言われる
コメント

支柱した甘長とうがらし

2008年08月26日 | 三楽園
 トマトでもナスでも支柱しているから野菜に支柱するのは難儀でもないが甘長とうがらしはたくさん植えているから支柱するのも大変だ だが支柱しないことには曲ったとうがらしがたくさんできてしまう 谷川の竹やぶにはいり細い竹を切り出し一本一本支柱を建てる
コメント

甘長とうがらしに支柱

2008年08月26日 | 三楽園
 植えた甘長とうがらし大きくなっているだろうと畑を見回ると大きくはなっているのだが横たわってしまった できてくるとうがらしもことごとく折れ曲っている これでは農協へ出すようなとうがらしができない 困った 農協で扱ってくれるとうがらしはまっすぐなものが秀品そして長さも要る まっすぐで長いグリーン艶のよいもの あとは多少の曲りはあっても色つやよければOK これに合格する そんなとうがらしつくらなくてはいけない とうがらしの茎が横たわっていてはまっすぐなもなができない
コメント

投票ボタン

blogram投票ボタン