山間百姓に賭ける

 山林切り開き 畑に開墾 ゆず  タラの木 ウドごぼう植栽  猿 鹿と奮闘つくることを楽しみに登山に磯釣 日々是好日 

イヨカン半額セール

2008年04月30日 | マイホーム
 「なんぼ自家製いうても ちっと安いんちゃうん」イヨカンのカゴ盛り半額にしてあった 「やすいなあ かんまんので」イヨカンに立ち止まるお客さんが買ってくれた。ヤーコンとイヨカンをこの日曜市で販売しようとはじめた日曜市出店 三月 四月と二ヶ月店頭に並べた 当初の予定どおりヤーコン イヨカンはほぼ完売できた 日曜市出店で店頭販売を初体験 今後の百姓に貴重な体験をした すなわち お客さんが何を求めているのだろうか お客さんは安くていいものをもとめている 野菜であれば まず新鮮 消毒のかかってない 新鮮な野菜を求めているようだ みかんもおなじ うまいみかんをもとめている 肥料の効いた酸味があってみかんらしい甘さもあるみかん つくるのむつかしい だがうまい野菜 みかんつくりに挑戦してみる 
コメント

ウコン全部下さい

2008年04月29日 | マイホーム
 老夫婦が店の前に立ち止まる 「お父さんあった ここにあったわ」店に並べてあったウコンを見つけてつぶやいた 「並べてあるだけ もうないの」店の裏の軽トラ荷台からコンテナにいれてあるウコンをみてもらう「みんなでどれくらいあるで」コンテナのウコンをカゴにいれ勘定する 全部でカゴ盛りにして十二はいあった 「全部買うから 負けといて」「ええと 千五百円」老夫婦は全部買って帰った ウコンを買いに来るお客さんは真剣だ 身体の健康のため薬として飲んでいるらしい なるべく安く売ってあげなくては
コメント

写真売って

2008年04月29日 | マイホーム
 「ちょっとお父さん きてみい」「どしたん」びっくり日曜市に店出してテントの後ろで立っていたわたしが呼ばれた お客さんが店に掲示してある写真が欲しいらしい 売り物ではない 店には野菜 みかんの育った環境がよくわかってもらえるように畑の現況 ダム 集落 庭の花など数枚掲示している その中の一枚 桜の写真が欲しいと言っている 日曜市だからなんでも売っているようにお客さんは感じたのだろう お店に飾るとか 私は額はあるからというから中の写真だけさしあげた まあ私の写真を店に飾ってくれるなんて夢のような話 
コメント

新四国八十八ヶ所めぐり

2008年04月28日 | マイホーム
 水崎廻りの新四国八十八ヶ所は旧桜谷トンネル東口から那賀川左岸の町道七キロの水崎めぐりをし元のトンネル西口へかえってくる。その間に八十八の石仏が点々と祀られており、近郷の信者がつめかける。縁日は毎年旧三月二十一日の正御影供(弘法大師の命)で新緑の四月中・下旬ごろ
 今年は26日だった 徳島からの友人と新しい桜谷トンネル口で落ち合い 旧トンネル東口までに一人合流 一緒にスタートしたのだが知り合いと顔合わすと「こんにちは」の挨拶だけですまされずつい世間話がはじまり 友人の話はあまりできないまま昼の休憩所まできてしまった。「今年はビールがないんじゃ」休憩所で一番期待していたのだが肩透かしを食ったようで接待の白いごはんをいただく
コメント

菜の花オクテ

2008年04月28日 | 三楽園
 待ちに待った菜の花オクテが収穫できるようになった だがナカテにくらべて一本一本が小さい 小さくて菜の花の収穫が少ない これでは束ねて出荷するようなならない こんなに小さいのであればもう少し植え付け間隔も狭く植えつけ本数を多くしておけばよかった 失敗だ 収穫してきたもののまるで収量が少なく結束できたのはわずか三束 話にならない 菜の花は暖かくなると虫ついて出荷できないと聞いたからオクテは少ししか植えてない オクテは小さい 小さいからなの花は少ししか収穫できない 
コメント

優勝祝賀会

2008年04月27日 | 磯釣日記
 私が優勝したのではない 私が加入している釣りクラブが先日の日和佐釣大会で県優勝したのだ。団体優勝など滅多にできるものでない。それがなんと二人合わせてチヌ グレ いさぎを九キロも釣ったという。大会優勝は運がなければできない釣大会で九キロもの大会対象魚を釣ることは運ばかりではない技術がなければできることではない。それも二人そろって技術と運が揃わなければ団体優勝などできない ひとりの船からおりる抽選は乗船者中最下位だったからなおさらのことだ。滅多にお目にかかることのできない 優勝旗 優勝盾 優勝カップ を目の前において祝賀の美酒に酔う。
コメント

下仁田ネギの土盛り

2008年04月26日 | 三楽園
 小さかったネギを土で埋めてほんの首先だけ出るように植えてあったのだが今日回って見ると大きくなってゆらゆらするようになっている。太ネギは白い茎を鍋に使うから白い部分は長いほどいい 土を盛ってやろうとかかったのだが植え付け失敗 溝の間隔が狭い 狭いなりに土を寄せたがこれでは白い部分が僅かしかできない。まあ今日のところは仕方ないからできるだけ高く盛っておいた。
コメント

タラの木ようやく植え付け終える

2008年04月25日 | 三楽園
 日曜市であまりにも好評だったタラの芽で気をよくして高知で苗を軽四トラックで買い込み今日まで植え続けた。やっと完了 これで滞っている作業ができる。タラの芽があれほど売れていく訳がわからない 買うひとは六パックも買っていくのだから先週は50パック余りのタラの芽を準備していたのが11時過ぎには全部売り切れた。
コメント (2)

遊山小屋でビール

2008年04月25日 | マイホーム
 ビールは準備しておきますが肴は持ち寄りでお願いします 友人から招待がかかった 彼は実家の田を借りてゆずを植えている 田は道路から離れて歩くこと数分の山際にある。退職したあと拾い仕事しながら実家から借りた田にゆずを植え日夜没頭している ゆず以外にも レモン ゆこう アスパラ タラの芽 ありとあらゆるもの植えて楽しんでいるようだ 昼間はみんな仕事で寄れないから夕方にするという 肴提げて迎えの車に乗り込む 車は山へ山へ走る 小屋の入り口には二つの木戸で入山を制限していた 山際だけに 猿 鹿 猪 の侵入 食害は日常らしくガードに四苦八苦しているらしい 畑はすでに数回の侵入にあったという 田の畦に二本の支柱をたてそのテッペンに小鳥小屋をつけて小鳥が出入りしていた 案内された手作り丸太小屋は遊山小屋と命名して友人とのビールパーティに使いたいからどんどんきてください 数人の気のあった友人で日暮れ近い山小屋で乾杯 
コメント

木陰で咲いたエビネラン

2008年04月24日 | マイホーム
 庭先の木陰でエビネランが咲いた。近くの山御嶽山のふもとのゆず園で咲いていたエビネランの株を譲っていただいて庭先の木の下へ移植してあったのが今年初めて咲いた 譲ってもらったゆず園のあるじにお知らせしとかないかん。
コメント

旬のタケノコ堀り

2008年04月24日 | 三楽園
 自宅の前は国道が走っている。国道の下は山林から川につながっており山林のなかに孟宗竹が自生している。市内の友人が所有しているのだが何年か前から竹林の管理もかねて出てきたたけのこを堀上げ一部所有者の友人に送ったあとは自由に食べている。道路と竹林にかけた急なはしごを降りていくとあっちもこっちもタケノコが出ている。タラの芽採りも同じだが新しく出たものを探し収穫するのは実に楽しい。タケノコは非常に重いから急な坂道を20kあまり肩にかけて持ち上げるのも
重労働だが掘りあげたタケノコを待っていてくれるとなれば足取りも軽い 探し掘るのが楽しくて次から次へ堀りあげたタケノコは何度も何度も道路まで持ち上げた。所有者から頼まれ小包にして東京の友人まで送る。
コメント

クレソン売れた

2008年04月23日 | マイホーム
 びっくり日曜市はたくさんの買い物客で賑わう 店も出店数250を越え並べた商品も 魚 野菜 果物 衣料品 古工具 花木 盆栽 庭木 苗木 たこやき 焼き鳥 天ぷら 広範囲な品物がならぶ 日曜市の買い物が楽しく来ているお客さんもかなりいるようだ。私の出した品物のなかでもタラの芽 クレソン 蕗 アスパラ 菜の花 山うど シイタケ原木など完売した なかでも クレソン シイタケ原木は人気があった クレソンは今回バケツに三杯も採っていたのがみんな売れてしまった。 
コメント

タケノコにタラの芽

2008年04月22日 | マイホーム
 「ようけ買うけん 負けてだ」おばさんが店先に並べたタケノコの前に立ち止まりタケノコをさげて話しかけてきた 昨日の夕方自宅下の川原近くから何度も上に下に運びあげたタケノコを買ってくれた。日陰に出たタケノコはやわらかいから自信持って買ってもらえるタケノコ 
コメント

タラの木袋がけ

2008年04月21日 | 三楽園
 木いっぱい陽射しを受けられないから成長は悪いかも知れないがこうして包んでしまわないと新しく出た芽はウサギがみんな食べてしまう。木はぼうずになって枯れてしまう。タラの新芽は野うさぎの好物らしい。タラの苗植えたあとから肥料袋で植えたタラの木へ肥料袋をしてまわる。
コメント (2)

デコポン肥料する

2008年04月20日 | 三楽園
 デコポンはうまい ハウスで作ったデコポンは高くて手が出ないがもらったデコポンは格別おいしく味がわすれられなかったから送主に連絡して苗木を送ってもらった。そのデコポンが大きくなって実をつけるようになり収穫し始めている。売っているような大きなデコポンではないがうまいミカンができる。形状はともかく皮を剥いてしまうとうまいデコポンに変身する 時期やや遅れたが春肥えをほどこす
コメント (2)

投票ボタン

blogram投票ボタン