山間百姓に賭ける

 山林切り開き 畑に開墾 ゆず  タラの木 ウドごぼう植栽  猿 鹿と奮闘つくることを楽しみに登山に磯釣 日々是好日 

名残つきない

2008年07月27日 | 旅日記
 ニッコウキスゲが湿原のところどころに黄色く集団で花を咲かせている アルプスでときどき見かける景色だがこんな平坦な草原でははじめてみる 雲がだんだん暗くなり 夕立になるかも知れない 少し足早で草原をあとにする
コメント   この記事についてブログを書く
« 延々とつづく木道 | トップ | 鳩待峠 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅日記」カテゴリの最新記事