山間百姓に賭ける

 山林切り開き 畑に開墾 ゆず  タラの木 ウドごぼう植栽  猿 鹿と奮闘つくることを楽しみに登山に磯釣 日々是好日 

日和佐・アセビの地

2015年10月31日 | Weblog












まだ11時だというのに船頭がきて磯釣り中止の合図をしている 波が出てくるらしい これ以上の波が出てきたのでは磯におれない 今日は波が大きすぎる まいたエサがはるか沖にでてしまって魚が集まらない こんな日はだめだ
コメント

日和佐・アセビの地6

2015年10月31日 | Weblog





前に投げるが大波でウキがさっぱり止まらない これは釣りにならない ふたたび磯際へたくさんオキアミまいてねらったみた ウキがすばやくはいった きた 竿が弓なり 強い強い 我慢していたが三回目に軽くなった サルカンの際できれていた
コメント

日和佐・アセビの地5

2015年10月31日 | Weblog







ウキははいるが魚がかからない ハリがとられる フグがきた どうやらフグがいるらしい エサがなくなるはずだ ワライをねらう コグレがかかった これがいるなる楽しみだ あとが続かない
コメント

日和佐・アセビの地4

2015年10月31日 | Weblog



準備しているときからときより大波がまいこむ 釣り道具を上に運ぶ 今日は釣りにならないかもしれない 波が大きすぎる 船頭にならったポイントは大波がきてウキがとまらない 仕方なく足元の磯際をねらう
コメント

日和佐「・アセビの地3

2015年10月31日 | Weblog



大波をこえてアセビの裏へまわってきた 裏は案外静かだ 押し上げてくる波で船が止まらない なんども磯際へ船をよせてようやく磯におりる 船頭がていねいにポイントを教えていった
コメント

日和佐・アセビの地2

2015年10月31日 | Weblog



港を出るとやはりうねりがあって波が高い 船より高くうねりがくる 船頭かまわず船を
走らす ときどき停止して波をかわす 船はいつもと反対の方向木岐へまわる アセビ裏で船がとまる おりようとしたがあんたと違う
コメント

日和佐・アセビの地

2015年10月31日 | Weblog



明日は船出ますか 波があるようですが波裏ならいけそうです 前日の電話は波があるがなんとか裏イソでいけそうだ そんな電話で港へいく 駐車場に車が二台 港に三人が船をまっていた
コメント

貧田丸6

2015年10月30日 | Weblog














早くついた 登り口は道がなく苦労したが稜線に出ると歩く時間短くすんなり山頂についた 海に近い山で遠く大島 出羽島を見下ろす 灌木茂り山頂の見晴しはほとんどなかった 尾根を少し離れて高知方面の山脈を眺める
コメント

貧田丸6

2015年10月30日 | Weblog







やっと追いついて休もうかとザックをおろすと汗が冷えたのか休憩していたメンバーが腰をあげた 稜線に出ると獣道のようだがゆるやかな歩き易い尾根道だった 登山口で想像したとおり山頂は目前だった
コメント

貧田丸5

2015年10月30日 | Weblog




入り口だけなく山林を登っていくが全く道がない 道がない山林を登るのだがみなさん早い早い 足元がすべり枯れ枝につかまりながら登ったが先をいく人を見失ったしまった 人影が見えだす 彼らは休憩しているようだ
コメント

貧田丸4

2015年10月30日 | Weblog







歩きだしてびっくり リーダーがつるはしで山を掘っている 道がないのだ 獣道があるようだが人が歩けるような道でない急な坂道 リードーは知っていたのかつるはしを準備してきた
コメント

貧田丸3

2015年10月30日 | Weblog







林道を深くはいってようやく車が止まる どうやら登山口についたらしい 林道を登ってきたので稜線がみえている あれなら山頂へ時間がかからないだろう 登山口の標示は何もなかった
コメント

貧田丸2

2015年10月30日 | Weblog








道中が長いのか途中コンビニで弁当駐車 今日の山は海部山系で県南で一番高い1000メートル峰へ登るガイドがあった 国道はなれて県道に入る 海部から高知へ抜ける道のようで県道をはいるとまた今度は林道にはいる
コメント

貧田丸

2015年10月30日 | Weblog








予定した時間に待合場所へ小型マイクロバスがきた 参加者が少なく小さい車でいきます 車内には二人しかいなかった 途中で乗せて総勢8人の山登りになった 最近で一番少ない
コメント

デジブック 『青いスイレン』

2015年10月29日 | Weblog
デジブック 『青いスイレン』
コメント

投票ボタン

blogram投票ボタン