山間百姓に賭ける

 山林切り開き 畑に開墾 ゆず  タラの木 ウドごぼう植栽  猿 鹿と奮闘つくることを楽しみに登山に磯釣 日々是好日 

きぬさやエンドウ

2015年05月31日 | Weblog









さやエンドウができたので採ってきた さやが固くて食べられませんよ まあ食べてみて 味見したが誰が食べても固いもの固い きぬさやエンドウだと思って採ったがどうやらこれはグリーピースのようだ さやが少しきぬさやにくらべて大きい 見分けがつきにくい
コメント

あまながとうがらし

2015年05月31日 | Weblog









あまながとうがらしの苗ができました 農協出荷するつもりで種まきしていたあまながとうがらし そのままポットで育てたのが畑に移植できるまでになった 知人に苗の宣伝してあちこち配った それでも自宅用はありあまる
コメント

草刈る

2015年05月31日 | Weblog


三楽園みょうがを刈り取りする みょうがの出荷を止めたが作っていたみょうが畑は勢いよくみょうがが芽を出してきた 植える作物をかえる
コメント

ゴーヤの移植

2015年05月31日 | Weblog









ゴーヤの苗がたくさんできてきた 昨年ゴーヤを作った畑の中からどんどん芽を出してくる 捨てるのも惜しいので三楽園の空いた畑に移植する ポット苗でないから活着が悪いが枯れればまたあとへ植えていく
コメント

平家平12

2015年05月30日 | Weblog


ロープを相棒が崩壊した道を踏みつけながら木の枝にかける ロープの先を相棒にしっかりつかんでもらい私がロープを頼りにぶらさがりながら道を横切るように崩壊地を渡る こんなことを次から次へ繰り返す
コメント

平家平11

2015年05月30日 | Weblog






水のある谷までようやくおりてきた これから道があるだろう 一息つく 道が消えている少し獣道のような小道を少し歩くと道が崩壊していて相棒が立ち止まる ザックからロープを取りだした
コメント

平家平10

2015年05月30日 | Weblog





山の上から源流の沢まで道のない山を下るのはうんざりするほど疲れるし時間がかかる 以前は山林手入れがあったので山林用作業路がしっかりしていたのだろうが今はほとんど管理で山に入る人もいないから荒れ放題
コメント

平家平9

2015年05月30日 | Weblog





登ったコースをピストンするのも味気ないので少し浮気して足を伸ばすことにる ところが下りの途中で道を見失う 見失うのも無理はない 道が消えているようだ 相棒から道がわからないからとにかく沢へおりるという
コメント

平家平8

2015年05月30日 | Weblog






今日は天気がよくて平家平山頂の展望は見渡す限り堪能 ジローギュー 剣山 石立山 遠く天狗塚方面までみることができた のんびり昼飯のあと下山に向かう 下山はコースを変えて岩倉峠方面へ足をいれる
コメント

平家平7

2015年05月30日 | Weblog




平家平山頂が見えた 頂上は近い 山頂を見ると元気が出てくる やった稜線にたどりつく ここまできたらしめたものだ 新緑の青ノ塔がくっきり姿を現した 
コメント

平家平6

2015年05月30日 | Weblog






崩壊地を過ぎるあたりから今度はシカネットが張ってある そのシカネットにシカがかかり骨だけになったものやまだネットにかかって間がない死骸のなまなましいものも見つかったシカネットにシカがかかっていた 
コメント

平家平5

2015年05月30日 | Weblog






崩壊地の山肌は足元悪くロープが欲しい 相棒ははるか上を登っている ふらふらしながら根っこにしがみつきながらなんとか崩壊地を登る 眼下に岩倉集落が見えてきた まわりを山に囲まれ今なお住人はいるようだ
コメント

平家平4

2015年05月30日 | Weblog






長い杉林が続いたあと灌木の林にはいってきた 前に登ったときは禿山だったが植林しなかったのか雑木が茂り林にかわり以前登ったときの印象は影も形も消えて灌木の山を歩く 灌木が途切れて崩壊地に出てきた
コメント

平家平3

2015年05月30日 | Weblog






造林した杉林の急な登りからスタートする 相棒の足が止まる 何事だろう こんなところに三角点がある 休憩かねて少しコースから外れるが三角点に足伸ばす 三角点は切り開きしてあったが展望はほとんどなかった
コメント

平家平2

2015年05月30日 | Weblog






車の中で今日の登山の登山口を聞き出す どうやら平家平の岩倉側から歩くらしい 十数年も以前に登って以来登ってないコースでほとんど記憶は消えてしまった 橋を渡り登山口へ逆戻り 珍しく登山口に登山カードボックスが備えてあった
コメント

投票ボタン

blogram投票ボタン