日曜絵かきの散歩道 “doucement,doucement”

日曜絵かきは楽しくて孤独 青空に誘われてつい散歩に
“ドゥスモン、ドゥスモン(ゆっくり、ゆっくり)”

希望の灯り

2020年05月20日 | 映画
昨年観たこの映画の感想を
いつか書こうと思ってた

2018年ドイツ映画
『希望の灯り』







パンフレットを
引っ張り出してきて


表紙のキャンドルって


これだったのねーと
今さら…


コストコのような会員制の
巨大スーパーで
夜間の飲料担当として働きはじめた
クリスティアン27歳

上っぱりからは
タトゥーが見え隠れし
悪い連中とつるんでたことも
あるらしい



でも今は
いたって真面目に
先輩社員のブルーノに付いて
黙々と仕事をこなす

高〜い棚への
商品の上げ下ろしができるように
フォークリフトの練習もする


お菓子担当
39歳の人妻マリオンに
恋だってする



恋がうまくゆかず
自暴自棄になったりもするけど
気づけば皆に認められ
若い彼には
希望の灯りがともる



いっぽう
クリスティアンに仕事を教える
ブルーノ54歳
東ドイツ時代には
トラック野郎だった

今もその頃のことを
懐しく思い出し 
クリスティアンに語る

人望もあり
何の問題もないように見えたが
ある日突然首を吊ってしまう

仕事帰りに
クリスティアンを家に招き入れ
女房が起きちまうから
などと言っていた彼は
離縁したのか
死に別れたのか
実は一人暮らしだった



自殺の理由は
祖国の消滅と
孤独だろうかと思いつつ
気になって
原作を読んでみた

『夜と灯りと』所収
「通路にて」


でも
映画の脚本のほうが
ふくらませてあって
映画で描かれてる以上のことは
わからなかった


希望の灯りがともるのは
若者にだけか〜
というのが
映画鑑賞直後の正直な感想



自分もいつか
ブルーノみたいに
なってしまうのでは
とも思った
中年の乙女心

映画の良いところのひとつは
擬似体験できること
渦中にある人を
客観的に見られることかなと思う

ブルーノが自殺した時
まわりの人たちは
なぜ相談してくれなかったのかと
悔やむ


パンフレットを読み返すなどして
『希望の灯り』を
思い返してみると
クリスティアンだけでなく
他の誰にも
希望はあるのだなと思う
ブルーノにも
希望はあったはずなのにと思う


・ 。..・ 。..。・・.。...。。・ ・。... 


明日
大阪・京都・兵庫で
緊急事態宣言が
解除されるらしい




夏の甲子園は中止

宝塚歌劇は
どうなる?


ちなみに
再開を心待ちにしてた
3月末から休業中の
中年行きつけのカフェは
再開は秋を予定と出た

エントランスの
ヤマボウシ
今ごろは
咲いてるだろうか



ジェームズ・ボンドのテーマ

2020年04月02日 | 映画
日付が変わる直前の
5分番組『2355』

木曜日は
タイトルの端っこに
"映画音楽コーナーありマス"と出て
ささやかに盛り上がる
中年の乙女心


音楽が流れだすと


これ
何だっけ何だっけ〜


となるわけだけど


今回は
最初からばっちりだった


「007のテーマ」でなく
「ジェームズ・ボンドのテーマ」
なのか〜




1962年〜ということは
第1作から
同じ音楽ということか

50年以上も続くシリーズ物
すごいなあ


最新作
『ノー・タイム・トゥ・ダイ』が
いよいよ公開かあ
と思ったら
11月に延期になってた


レア・セドゥが再び登場
前作から話が続いてるみたいだし
待つあいだに
復習しておこうかな













少し前
『ハリエット』が延期になったって
大騒ぎする声を
何気なく聞いてたけど
映画の公開にも
影響が出てるのかと改めて



ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ

2020年02月02日 | 映画
映画
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』を
ブルーレイで見た
完全版 229分



本当は
宝塚版を見る前に
見たいと思ってたけど
見そびれてしまって
先に見なくて
かえってよかったかも



先に見てたらきっと
相違点にばかり
注目してしまっただろうし

ヌードルスが思い出すままに
行ったり来たりする年代も
かえって宝塚版の方が
わかりやすかったと思う


暴力的でありながら
ノスタルジック


よくこんな映画を
ミュージカル化できたなあ
というか
ミュージカル化しようという気に
なったなあと
あらためて感心


小池修一郎先生も
セルジオ・レオーネ監督も
すごい


宝塚版の少女時代のデボラも
可憐だったけど
映画版のデボラがまた…


ジェニファー・コネリー
as デボラ(少女時代)


少年時代のヌードルス
ゴキブリ中





レストラン貸切状態の場面





これに続く
バラの部屋の場面は
きっと小池先生独自の演出だろうなと
思ってた


でもまさか 
あんな衝撃的な場面だったとは

映画のヌードルスは
強引に思いを遂げ
デボラを永遠に失う

そんなことがあっても
予定どおりハリウッドへと
旅立っていく
デボラの強さに
驚いた



全編を通して流れる
『ニュー・シネマ・パラダイス』を思わせる郷愁誘うメロディー
ヌードルスとデボラの
テーマソングのような
「アマポーラ」
ちょっとだけ流れる 
「イエスタデイ」も
せつなさを誘う

少年は大人になり
親友を失う

まるで
『スタンドバイミー』を
見た後のような
せつなさが残った



最後に
ヌードルスが
マックスとの別れ際に
話して聞かせる2人の少年の話を

宝塚版は
小池先生がふくらませたらしく
映画のセリフは
もっとシンプル

ずっと昔 友達がいた
親友だった


命を救うために密告した


だが 殺された


本人が望んでた



いい友情だった


そいつもつらく
俺もつらかった


おやすみ 
ベイリーさん


映画のヌードルスは
一度も"マックス"とは呼ばず
去って行く


せつない

私のちいさなお葬式

2020年02月01日 | 映画
そんなわけで2月になった
映画も割引になる
ファーストデー

ロシアの小さな村が舞台の
『私のちいさなお葬式』
観ました


近年は
高齢者が主人公の映画が増えたし
中年の乙女心も
現実感を伴って
観るようになってきた







原題は
『Thawed Carp』
"解凍された鯉"


物語の冒頭で
主人公エレーナは
元教え子が釣り上げた大きな鯉を
強引にもらわせられる

どうしたらよいものかと
とりあえず冷凍庫に入れ
再び解凍したら
ピチピチと跳ねだした


上は一人息子のオレク
都会で成功し多忙
エレーナが倒れた時
5年振りに帰郷した

アントワーヌ(仮名)と
重ねながら見つつ
鯉が引き起こす騒ぎなどを経て
ピカピカのアウディに乗った
ビジネスマンの顔から
次第に息子の顔へと
変わっていく様子を見守った



最初は仲が悪いのかと思った
隣人のリューダは
本音をぶつけ合える親友

ちょっと濱田マリに似てた
歳を取らせた濱田マリ


バラエティに富んだ棺桶の中から
真っ赤なのを選び


夫の墓の隣りに
墓穴を掘らせ


リューダの孫に乗せてもらって
葬式の振る舞いのための
買い出しに行き


葬式計画がばれ
リューダとともに現れた友達と
4人で料理して


死化粧も自分で施して
準備万端
あとは死ぬばかり…


葬式の振る舞いをアテに
ウォッカのボトルを
空ける勢いの2人


エレーナは時々ちょっと
キャシー・ベイツに見えた





今年はなるべく
パンフレット買わないことにしたのに
赤いかわいい表紙に
思わずジャケ買い




田舎を離れなければよかったと
思わず言い放ったオレクに
エレーナはカーテンを開け
ここに住んでるのは老人と
アルコール依存症者だけよ!と叫んだ

でも
エレーナの
田舎の素朴な暮らしぶりを
なんだかいいなあと思いながら
見ていた中年の乙女心


母親の
子供がいくつになっても
とりあえず何か
食べさせなくちゃと思うところ
万国共通なんだなと思った


毎度遅うなりまして
堪忍

2月もとりあえず
こんな調子で




ラストレター×Love Letter

2020年01月28日 | 映画
わ岩井俊二監督の最新作
『ラストレター』は



同監督20年以上前の作品
『Love Letter』への
オマージュのような
その続きを見てるような映画だった




ふたつの映画には
手紙をはじめ
共通する要素が
たくさん散りばめられてて
監督の頭の中にあった
別バージョンなのかなとも思った

舞台は
冬の小樽から
夏の仙台へ
どちらも
法事を待つ場面から始まる

手紙
校舎
図書室
転校生
初恋
初恋の人の死

初恋の人と
よく似た人との出会い



死んだ人の
大人になった姿は
今回も出てこない

乙坂鏡史郎



裕里


主人公が結婚して
妻となり母となり
嫁となってるところに
『Love Letter』の
藤井樹♀のその後を
見たような気になった

旦那に選んだのは
漫画家のこの人
なぜこの人なのかも
ちょっと気になる


藤井樹♂の父を演じた
鈴木慶一も
孫を持つおじいちゃんとなって
再登場



あの2人のその後が


この2人とは
さすがに思わなかったけど

大学生になった未咲は
悪い男に引っかかる
それが豊川悦司演じる阿藤



藤井樹♀の
中学生時代を演じた
酒井美紀と


高校時代の裕里&
裕里の娘颯香を演じた
森七菜は
どことなく似てる



どちらも
せつない物語だけど
中年の乙女心
せつなさ胸キュン度は
『Love Letter』が上かな


中学生時代の藤井樹♂が
せつない

窓際の白いカーテンの場面と
樹♀に本を押しつけて
自転車で去っていく場面
何度見てもキュンとなる



でもやっぱり
どちらもせつない

初恋の人には
生きていてほしい


ところで
渡辺博子→藤井樹♂の
最初の手紙は
誤配達ではなかった

博子が
卒業アルバムの中に見つけたのが
そもそも藤井樹♀の住所で
国道の下敷きになったという
藤井樹♂の昔の住所に
送ったつもりでいたという話だった

『Love Letter』でも
『ラストレター』でも
郵便の
いわゆる誤配達というのは起こらない
それなのに
本来の相手とは違う相手に
手紙が届いてしまうという
岩井マジック



昨日は堪忍
晩ごはん食べた後の私も
いつもこんな感じ


me too〜