日曜絵かきの散歩道 “doucement,doucement”

日曜絵かきは楽しくて孤独 青空に誘われてつい散歩に
“ドゥスモン、ドゥスモン(ゆっくり、ゆっくり)”

BLADE RUNNER 2049

2017年10月31日 | 映画
最近はシネコンといえば
宝塚のライブ中継だったけど
この映画は見逃せないと思って



1時間ほど前にチケット購入
(厳密に言うとポイント鑑賞)
平日の昼間のことで
席選び放題だったので
ど真ん中を選んだら…

まさか
まさかの
センターラインを挟んだすぐ隣りの席に
座ってる人がいる!
しかも男性!



チケット買ったときは空いてたし
全体的にガラガラなのに
なぜそこを選びましたか?!

しれ〜っと
もう一つ隣りの席に座って
新たな人が入ってくるたびに
こっちへ来ませんようにと念じた

上映開始までの時間の長かったこと
予告多すぎっていつも以上に思った



前座としてそんなことがあって
見はじめた『BLADE RUNNER 2049』

続けて作って
置いてあったんじゃないかってくらい
前作の雰囲気そのままな感じがした



美しくて
もの悲しかった



ものすごく未来的な世界なのに
その中にズームインしていくと
鍋が湯気たててコトコトしてたりする
その感じがたまらない





美しいレプリカントのラヴが
前作のレイチェル(ショーン・ヤング)的な
存在かと思えば
女性版ルトガー・ハウアー



K(ライアン・ゴズリング)や
デッカード(ハリソン・フォード)は
もちろんかっこよかったけど
ロビン・ライト演じる
Kの上司ジョシもかっこよかった
(ジョーシジョシて…)



気がつけば
父と子の関係を描いた映画を
立て続けに観たような気がする



映画館を出ると
これからハロウィンパーティに行くのかなって
扮装の人たちを見かけた

本当はハロウィンじゃなくて
ハロウィーーーン



正解!


さらば、愛しきボロ車よ

2017年10月30日 | 日記
飼い犬を愛犬て言うように
愛車って言うけど
まさしく愛車だったんだなって
手放すことになってしみじみ思った



年明けに高額の費用をかけて修理した車
再び別の箇所の修理が必要になった

先の修理の時も
1番おすすめしない選択と言われながら
修理して乗り続けたわけだけど
今度ばかりはあきらめた

この日まで乗ると決めて
修理しないで
だましだまし乗り続け
ついにラストランの日がやって来た



乗ったとたんに
中年のセンチメンタル全開になって
涙が出て涙が出て
どうしようもなかった

最後のBGMはこれだった



日が暮れてからの別れは
いっそう寂しくなるから
明るいうちに引き取ってもらった



人前では泣かないようにがんばったけど
やっぱり涙が出そうになって
お店の人は
そんな私の気持ちをよくわかってくれて
ありがたかった

引き渡した後すぐに立ち去った
ぐずぐずしてると離れられなくなりそうで



まるで
小学生の頃
飼い犬がよそにもらわれていくことになって
お別れした時のような気持ちだった



いつもいつもちんまりと
私を待っていてくれた
犬の寿命と同じくらいの年月を
ともに過ごした



あおられてばかりだったし
はた目にはオンボロ車でも
私にとっては
たしかに愛車だった



飼ってた犬がずっと心にあるように
あの車もずっと心にあり続ける

ダリアダリアダリア

2017年10月29日 | 散歩道
秋の長雨シーズンなんて
もうとっくに終わってていいはずなのに
また雨が降り台風まで来た

どんつきの庭のダリア
アーチの内側と



外側を華やかに彩ってるのを
晴れた日の明るい時間に
撮り直したいと思ってたら
前回の台風でダメージを受けてしまった



台風と台風の間の
つかの間の晴れの日
新たに植えられたダリアが
見事だった





































再びの台風
大丈夫だっただろうか

タアサマワールド

2017年10月28日 | 日記
今日は
まあ様ではなく
たあ様の話・ 。..・ 。..。・・.。...。

タアサマワールドに入り込んだら
フトコロ寒く
しょんぼりしがちなココロが
一気に明るくなった







ナントカかわいいよりも
ふつうにかわいい物が好きな私も
タアサマ作品の
オモロかわいいにはメロメロ

























この細かい作り込みが
ミニチュア好き心をくすぐる



しかもこの人形
チュッパチャプス状になった棒を引っ張ると
ピコピコ動くんである

どー



もー



って
わかりにくいか…













舌ベロ〜ン



ビン詰め〜







左〜



右〜



真ん中 上〜



真ん中 下〜



さて
何でしょう?



ワシだす〜



コンビピコピコ



向かって左ピコピコ
Muu muu



右ピコピコ
Pou



再び
ピンピコピコ





立体作品もいいけど
絵もいい





















作品もいいけど
作家さんもいい

タアサマは
不思議な魅力を持った人

初対面の人も
私のようなシャイな中年女も
緊張させない

エキゾチックな感じのするその顔は
半眼の仏像を思わせて

誰でも受け入れてくれる



ウインナーみたいな子の左側の
クラゲみたいな子は




私のとこに



このポーズ
何かに似てると思ったら

天使

私に舞い降りた
プチ・タア・エンジェル

どんなに小さくても
作家さんが心こめて手作りした作品
今の私は見るだけと思っていたら
一緒に行った人が
プレゼントしてくれた



タアサマは
北から南まで…
かどうかはわからないけど
日本全国を股にかけて
活躍する作家さん

どこかで見かけたら
ぜひ立ち寄ってみてほしい



P.S.
タアサマ
陰ながら応援してます

モアイの衣替え/その後のコスモスinコスモス

2017年10月27日 | 散歩道
散歩道のモアイ像
何やら庭師さんにむしられてる様子



さむっ!



新しい服を着せてもらって
衣替え
でもスカスカしてて
まだちょっと寒そう




だんだん詰まってきた様子
ビオラかな?
本当に寒くなるまでに
しっかり覆ってあげてくださいね



ちなみに
真ん中のモアイの帽子は
木を刈り込んで作ってある



台風の影響で
予定よりも早じまいになった
コスモスinコスモス