日曜絵かきの散歩道 “doucement,doucement”

日曜絵かきは楽しくて孤独 青空に誘われてつい散歩に
“ドゥスモン、ドゥスモン(ゆっくり、ゆっくり)”

セカンド凱旋門Bonito‼︎

2018年06月30日 | TAKARAZUKA
久しぶりに
二度見ヅカした

セカンド凱旋門
セカンドGato Bonito‼︎



思い立ちヅカだったから
立ち見覚悟の当日券

当日券発売開始の9時半になる少し前に
宝塚大劇場に到着すると
11時公演はすでに長蛇の列

座席券50枚は当然ないし
立ち見でも2列目3列目になりそうだったので
立ち見オンリーの15時公演を観ることに



カウンターで
L1 L2の座席券もあると言われて
ちょっと迷ったけど
自分に厳しく(?)立ち見にした



立ち見客はひと足先に入場するので



無人の客席を見渡せる



『Gato Bonito‼︎』のワンシーンで
望海風斗が
あの左側の扉から入ってくるはずと



下手寄りの立ち見エリアへ



『凱旋門』

彩風咲奈がなかなか出てこないと
やきもきした初回観劇

冒頭シーン
歌うボリスの後ろで
踊る紳士たちの中に
ちゃんといた

いつも遠ーくから
オペラグラスで観るもんだから



2度目の『凱旋門』も
やっぱり泣けた

暗い時代の話なのに
その中にも
明るさや希望が感じられるのがいい

パララ パララ パララ〜♪

今日も降られると思ったら
青空も見えた



手っ取り早く
3曲セットの主題歌CD
買っちゃった

盤面は
轟悠か望海風斗を選べた
そこはやっぱりラヴィックで



『Gato Bonito‼︎』

1度目は
『La Esmeralda』と比べる目で
観てしまったけど
2度目は
『Gato Bonito‼︎』そのものを楽しめた



観劇前に劇場内のモニターで
出演者のトークを見た

フィナーレで
真ん中あたりに立つ6人が
『Gato Bonito‼︎』の各場面について語った



彩風咲奈の作曲家×朝月希和の猫の場面は
ショー1番のかわいいどころだと思って
演じてるとのこと



猫祭りの場面で掲げられる牛乳は
なるほど
YUKIGU
MILK
ってなってた

望海風斗が
「黒猫のタンゴ」を歌いながら
客席に現れる場面

前回は
観劇に来てた珠城りょうにちなんだ演出だった
今日はどんなんかなと
楽しみにしてると
だいたいこんな感じだった

ガート・ボニートです…
人は僕を
美しい猫のような男…いや
美しすぎる猫のような男と言います…

そんな僕にも悩みがあります…
マイナス志向なんです…
プラス志向の人はいいなあと思います…
プラス志向がいい…
プラスがいい…

イープラス!



この場面
もっと最初のほうだったような気がしてたら
かなり最後のほうのお楽しみだった



そしてこのあと
がらりと雰囲気が変わる

彩凪翔が神妙な面持ちで歌い出し
大勢による力強いダンスの場面へ

最後に望海風斗が
神のように現れて歌う

その声に心ふるわされ
望海風斗の声は
天からのギフトねと思った
中年の乙女心



その望海風斗は
このあとの
彩風咲奈が歌って
自分が踊る場面が新鮮で
さきちゃんの声に聴き入ってるらしかった

なるほどいつもは
望海が歌って
彩風が踊るが定番な感じだもんね

『Greatest HITS!』の
「This is the World」みたいに





「This is the World」と言えば
プロローグの彩風咲奈の登場シーン
前回はオケピから這い上がるように
現れたような気がするんだけど
今回はピョンと勢いよく現れて
映画『THIS IS IT』の
マイケル・ジャクソンみたいだった



舞台写真
いいなと思うのが軒並み売り切れの中で
(7月1日入荷予定て〜)
これがあったので買っちゃった

今回はそのつもりでオペラかまえて
永遠輝せあから順番に
望海風斗にからむ様子を見た
全員楽しそうにノリノリで
ガート・ボニートを誘惑してた



帰宅して
眠い眠いと思いながら
テレビつけて夜ふかししてたら

BSプレミアムで
『ひかりふる路』と
『SUPER VOYAGER!』の
放映が始まった

宝塚HPのお知らせを見逃したのか
突然だったので
ラッキー!って思った



『スカーレット・ピンパーネル』と
対(つい)のような作品なので
スカピンを見た人には
ぜひ見てもらいたいと
密かに思っていたところ



ひとかけらの勇気が〜僕にある限り〜♪と
歌われた反対側の
自由の為に〜人は生まれ〜♪や
今〜♪も
聴いてほしい見てほしい

『スカーレット・ピンパーネル』と同じ
フランク・ワイルドホーン氏が
全曲を作曲した
どの場面のどの曲もすごくいい



・ 。..・ 。..。・・.。...。。・ ・。...

当ブログ
下手の長ブログを少しでも簡潔にするため
敬称略となっております

上から目線チックで堪忍!

とか言いながら
それでもなお
下手の長ブログで堪忍!


歯のはなしと葉のしゃしん

2018年06月29日 | 日記
中年の歯の話に
葉っぱの写真を添えて
お送りします

どちらも地味ですが
もしよろしければ…



ずっと行かなければと思ってた歯医者に
やっと行った

定期検診の予定だったけど
ここ茶色くなってる!
何となくしみる!
虫歯かも!となって
慌てて予約を入れた



もちろん6月最終金曜日も
プレミアマナイフライデーだったから
残業を断って歯医者へ



新しくて清潔な歯科クリニックで
若くて清潔な印象の先生に診てもらうと
茶色いのは汚れ
しみるのは知覚過敏とのことだった



そして
ホッとしたのもつかの間
別のところに
2箇所も虫歯が見つかった



もう何年も
虫歯らしい虫歯はなかったのに



今の職に就いてから
フロ→メシ→ウタタネ→ネルが常態化した

時には
食べ物を口の中に入れたまま
寝落ちしてしまうことも



繁忙期が終わったら
定時で帰れる日もあるだろうと思ってたら
繁忙期は終わったらしいのに
10時間労働daysは終わらない



仕事するために生きてるんじゃない!
生きるために仕事してるんだ!



…と
きっちり治すまで
歯医者に通うと心に決めた
中年の乙女心



毎日残業して
土曜日に休日出勤してたら
歯医者に予約の電話する時間さえ
なかなか取れないんだもの


蒸し暑い

2018年06月28日 | 日記
毎日
蒸し暑い





ちょうど今ごろの季節に
フランスへ旅立ったことがある



フランスの通貨が
フランだった頃の話である



カラッとした陽気で
過ごしやすかった







帰国して降り立った空港の
蒸し暑かったこと

現在 狭っこい我が家では
サーキュレーターが活躍中

首振り時のカタカタ音がひどくなったため
今年からキッチンに配置換え
サーキュレーター1号



ボタンを足で押せるのが便利な
サーキュレーター2号
(扇風機って基本足押しですよね)



寝床に配属予定のルーキー
サーキュレーター3号



ちなみに
昨年までキッチンで使ってた
角型ファンは
たまったホコリを掃除しにくく
レースカバーをかぶせると
"強"にしても微風しか吹かなかったので
今年は戦力外に

レースカバー姿が
かわいらしかったんだけどね


LOVELESS

2018年06月27日 | 映画
ヅカも好きだけど
映画も好きな中年の私

最近観たのは



夫 ボリス
一流企業に勤めるビジネスマン



妻 ジェーニャ
美容サロンの経営者



息子 アレクセイ
小学生 12歳



夫婦は離婚協議中
不仲度MAX
どちらも息子を引き取りたくなくて
押し付け合ってる

そんな両親の言い争いを
アレクセイは聞いてしまう



顔を歪めて声を出さずに泣く姿が
痛々しかった



失踪した息子の捜索の場面に
いつ移るんだろうと思うわけだけど
なかなか移らない



父親と母親
それぞれの
新しいパートナーとの関係が
延々と描かれる

もちろんベッドシーンも
それぞれご丁寧に

珍しく人と一緒に観てたから
気恥ずかしいくらいだった



息子よりも
スマホの画面に見入る母親

朝食が喉を通らないと言う息子を
軽くスルー

そこで息子に寄り添っていれば
もしかすると…



そしてようやく息子の不在に気付き
捜索が始まる

家出人の捜索にまで手が回らないと言う
警察に代わって
ボランティア団体が捜索を引き受ける

その手際の良さに感心した
リーダーはちょっと
スティーブ・マックイーンぽかった



疎ましく思ってた息子も
実際にいなくなってみると…



はたして
アレクセイは見つかるのか



一緒に観た友達は
『不機嫌な果実』を思い出す
と言ってた



思うところあって
いつもはほとんど観ない
サスペンス映画を観た
中年の乙女心



おまけ
今をときめく
もう1人のボリス





アレクセイも
聞いたことあるなと思ったら



皇太子アレクセイ



皇女オリガの弟


アガパンサス

2018年06月26日 | 散歩道
今日は短めに
アガパンサスを

アガパンサスが



咲きました



三日月





今ごろは満開になってるかな



どんつきの庭のアガパンサス
照りつける日差しの下で
涼しげ



今日は珍しく
短めにお送りしました