日曜絵かきの散歩道 “doucement,doucement”

日曜絵かきは楽しくて孤独 青空に誘われてつい散歩に
“ドゥスモン、ドゥスモン(ゆっくり、ゆっくり)”

3周年

2018年11月03日 | 記念日
このブログを始めて
3年が過ぎた



いつものかたも
たまにのかたも
たま〜にのかたも
見てくださって
ありがとうございます



あっという間の3年間

ハヤイ〜
ヤバイ〜

というのが正直なところ



ヅカネタのおかげで
訪問者数は
増えたり減ったり



もともと
使いみちのない散歩道写真に
使いみちを与えるために
始めたようなものだから
そこは続けたいと思うし



中年の乙女心も
ちょいちょい
吐露していこうと思います



中年て
何才までかな

決まり文句の
ナントカカントカ中年の乙女心
いつまで使っていい?



4年目に入っても
相変わらず
特に有用な情報も
為になる言葉も
提供できないと思いますが
気が向いたら
覗いてみてくださいね


1000

2018年07月30日 | 記念日
というわけで
当ブログは
開設から1000日を迎えました

いつもありがとうございます



1000とくれば…

10年は夢のよう♪
100年は夢また夢♪
1000年は一瞬の光の矢♪



1000日といえば…

1000daysって
このぐらいかと実感



宙組『エクスカリバー/シトラスの風』に
先駆けて
TAKARAZUKA1000days劇場
こけら落とし公演として上演されたのが
月組『WEST SIDE STORY』





トニーを演じたのは
真琴つばさ



マリア 風花舞



ベルナルド 紫吹淳



リフ 初風緑
アニータ 樹里咲穂


999

2018年07月29日 | 記念日
当ブログは今日
開設から999日を迎えた



梅田芸術劇場の
シアタードラマシティでは今日まで
こんな作品が上演されてた



観たかったー





アニメそのままの登場人物



シャドウ
アンタレス
トチローの母



キャプテン・ハーロック
トチロー
星野鉄郎



メーテル
クイーン・エメラルダス
機械伯爵



リューズ
車掌さん
クレア



宇宙の女海賊
クイーン・エメラルダスを演じたのは



宙組先先代トップスター
凰稀かなめ

絶対かっこよかったよねー




2周年

2017年11月03日 | 記念日
2015年11月3日に開店した当ブログが
おかげさまで2周年を迎えた

開店したその日からずっと見てくれてる人
(そんな人いるのかな)
どこかの時点から見てくれてる人
たまに覗いてくれてる人
見てくれてるすべての人に
心から感謝の気持ちを込めて
本当にありがとうございます!



コスモスに夢中になってた間に
ツワブキがつぼみをふくらませ
咲きはじめた



今年も変わらない
甘いいいにおい



このまま
ツワブキづくしと
決め込みたくなるところだけど
3日と4日は
どんつきの庭が"特別な2日間"なので
その様子をお送りしたい



ポロンポロン♪ヒュイ〜ン♪と
心地良い音楽に誘われるようにして
庭に入ると
ボダイジュの下で
小さなハープとノコギリによる演奏が
迎えてくれる



弦の他に指で押さえるところのある
小さなハープ
名前を聞いたのに忘れてしまった
ノコギリは
"ミュージカル・ソー"という楽器

ノコギリ奏者さんが説明をしてると
ハープ奏者さんが隣りからすかさず
そーそー!とオヤジギャグ

迷コンビの間では
茶トラ猫がすやすや



館の前のコスモス
2度の台風に見舞われながらも
けなげに咲いてる
庭の人たちが懸命に守って
コスモスもがんばった



やさしい色合いの
イエローキャンパス



芝生の広場で
小さなコンサートが始まった

「アヴェ・マリア」や
「マイ・フェイバリット・シング」などが歌われ
心地良く耳を傾けた



伴奏はピアノとパーカッション
(ピアノの写真撮り忘れ)

いろいろぶら下がってるおもしろそうな楽器
中でも
動物のツメなんかを束ねてあるという楽器を
揉むようにして触って音を出すのを
興味深く眺めた



花の主役はやっぱり
ダリア



ダリア



ダリア



ダリア



花の華やかさと人のにぎやかさに疲れたら
池のある庭へエスケープ

ツワブキが咲き







コイが楽しそうに泳いでる



ススキが風にそよぎ



色づいたツタにも
目を奪われる



この花長く咲いてるけど
何だっけ?
バラ?



ちっちゃい花の
かわいいキク



これもキクかな
イソギクに似てるけど
葉っぱが違う



再び館のある庭へ

おや
アーチの下で何かしてる



北欧のオーナメント作りの
体験コーナー



みんなで少しずつ作って
最後にひとつに合わせて
完成



青空に白が映える



体験コーナーは無料
いつもの男前ガーデナーさんが
にわか講師になって教えてた

いつかのにょっきりコルチカム地帯では
ほんもの講師の先生による
有料ワークショップも行われてた





コルチカムはほとんど姿を消してたけど
八重のが一輪
にょっきりぱっ



こうして美しい花を見ると
見せてあげたいと思う

憎まれても家族



さて
日曜絵かきの散歩道は
3年目に突入しました

相変わらず
書きたいこと書いてるだけで
特に有用な情報を提供するわけでもなく
弱音や愚痴も織りまぜながらお送りしますが
引き続き見てもらえるとうれしいです


古い友達の誕生日

2016年11月30日 | 記念日
今日は古い友達の誕生日
その友達と出会ったのは20代になりたての頃
だからもう"古い友達"と言っていいと思う
何年経ったかは内緒にしておきたいけど



その友達とは
真ん中にアメリカデイゴの木の生えた
交差点から近い小さな会社で
アルバイトを始めた時に知り合った

これは小春日和に誘われて咲いた
散歩道のアメリカデイゴ
本当は花は夏に咲く



はじめて会ったとき友達は
短い髪して
ネイビーのタートルネックセーター着て
壁に向かって置かれたデスクで
猫背気味の背中を見せて仕事してた
私が事務所に入っても振り向きもしなかった

のちにレイアウト変えがあって
デスクは向かい合わせに配置され
事務所の雰囲気も明るくなった



私は その友達が辞めるというので
代わりに雇われたアルバイトだった
だから引き継ぎのほんの短い間だけ
いっしょに働いて
いっしょに昼ごはん食べて
いっしょに電車に乗って帰った

私はその友達のことが
大好きになった



好きと言うタイミング
逃しちゃったなと
今でも折りに触れ思う
機会は永遠に失われた



今年送った誕生日プレゼント
例によっていろいろ詰め込んでしまったけど
メインはこの2つ



読みかけの本は最終話に入った
春夏秋と1話ごとに季節が進んで
第4話は ちょうど今ごろの季節
11月から12月に入るところから始まる



最近はいつも
この本を枕元に置いて寝る
寝る前に少し読むこともあれば
読まないこともあるけど
オネエさんのシャールの夜食カフェ
"マカン・マラン"のお話は
傍らにあるだけでほっとさせてくれる