日曜絵かきの散歩道 “doucement,doucement”

日曜絵かきは楽しくて孤独 青空に誘われてつい散歩に
“ドゥスモン、ドゥスモン(ゆっくり、ゆっくり)”

アビヤント5月

2018年05月31日 | 日記
5月の最終日
鍵のない監獄を解放されたあと
あいにくの空模様だったけど
窓ビした

今年もけなげに咲いてくれた
my little roseを愛でながら



自他共に認める酒飲みの
私としたことが
冷やしておくのを忘れた
よって久々に氷ビール



5月最後の
中年のひとり言
載せそびれたバラの写真など
唐突に挟みながら
ゴタク並べます



求人票の
時間外労働の欄にモノ申したい

時間外労働の月平均時間は
労働基準法の限度基準
1年間300時間を
12か月で割ったものか



1年間320時間を
12か月で割ったものを
上限として
載せるようになってるとのこと
(変形労働の場合)



ただし
特別条項付きの36協定が
結ばれていれば
限度基準を超えた時間外労働は
可能らしく



限度基準を超えた時間外労働がある場合
気の利いた求人票には
"特別条項付き36協定締結済み"
なんて記載してあったりする



それならば
時間外労働の欄には
40時間とか50時間とか
正味の月平均時間外労働時間を記載し
その上で
特別条項付き協定を結んでいることを
記載してほしいと思う
中年の乙女心



生産性の向上を目指した
働き方改革
中小企業ではまだまだ
売り上げ増加 ← 労働時間増加

残業させとけば
会社も安心
社員のフトコロも安心
てなバランスが保たれてる



次のゴタクは
題して「検索してまった」
(半分青い風に岐阜弁で)

公演ラインアップを見てから
ついにその日が来るのかと
気になって気になって
ついポチッと検索してしまった





今回のパターンは
柚希礼音退団時と同じって
書いてるサイトがあって
なるほどなと思った





ついついさらに見てしまったら
雪組の次期トップスターは
この人だって書いてるサイトもあって
次期はないでしょと思いつつも
前回の公演では
否定しきれないものを感じなくもなかった
いやいや
あれはそういう構成だったから



組替えに退団 トップ就任は
ヅカの醍醐味でもあるけど
そればかりになっちゃうと
疲れちゃう

どちらかといえば
イベント事よりも
何でもない日常を愛してる
中年の乙女心



チケットも取りにくくなるし
普通に通常の公演を楽しめるほうが
ありがたいけど
代替わりがなければ
104年の歴史はないし



そうそう
この人が星組に戻ってトップに
なんて予想も載ってた



『エル・アルコン −鷹−』のプログラムに
載ってるのを見つけて
わあかわいいと思ったけど
この時すでにいましたか



ぐでさん
近づき過ぎです



このタイミングで
花組 退団者のお知らせって
歌劇団どんだけー



アビヤント5月
また来年

晴れた夕空眺めながら
窓ぎわビアガーデン
もっとしたかった

梅雨明けしてからでも
できるけど
日が伸び続けるのは今だから


アジサイアジサイアジサイ

2018年05月30日 | TAKARAZUKA
またまたアジサイ
並べ替えるとけっこう時間かかるので
歩いた順撮った順に載せちゃいます
ダーッと
(最近こればっかり)





このアジサイ
この前も載せたけど
咲き進んだので再び



林の中に
カシワバアジサイ
わっさー



道ばたにも
わっさー



ここから
どんつきの庭





そしてここからは
池のある庭



ちなみに
涼しげな所には
早くもヤブ蚊が出マス













このアジサイも
お気に入りだから
何度でも撮っちゃう



中年の乙女心をくすぐる
パステルピンク×パステルブルー















アジサイの花は小さいから
ツブみたいな花びらが散る













茎の黒いアジサイ



名前忘れた



見た目にぴったりの名前なんだけど







左下の青いポッチリ
見えるかな



左に
ミニチュアみたいなアジサイ
(昨年のパルムドール)



右に
わっさー



これもアジサイって話
だったような…



いったん
どんつきの庭を出ました





これも
カシワバアジサイなのかな?





アナベル



咲き進むと
真っ白くなる



再びどんつきの庭
葉っぱの黄色いカシワバアジサイ



さて
アジサイはどこに
咲いてるでしょうか?



近づけないところが
またいい


どんつきの池

2018年05月29日 | 散歩道
またまたあまり時間がないので
どんつきの池のまわりを
ぐるりと

そうそう
どんつきの池の水の濁りについて
言い訳しとかないと
前にも書いたかもしれないけど…



聞いたところによると
この池が作られた当初



何とかして水を澄ませようと
試行錯誤を繰り返したそうなんである



どこぞの大学の
水質学だったか何だったかの
研究をしてる所へ



水だか泥だかのサンプルを
送ったりもしたそうなんである



でも結局
水が澄まない原因はわからず



今に至る
ということらしい



だから
本家本元の池や
本家本元公認の池のように
澄んでなくても
勘弁してあげてくださいね



それはそうと
黒ピカデッキは
フジの季節限定だったみたい



木に咲いてるのは
ヤマボウシの花





たぶんハナショウブ



カキツバタとか
似たような花があるから
もうひとつ自信がない



青い星のような花
キキョウも咲きはじめた
後ろ姿だけ
チラリ



宝塚歌劇HPに
公演ラインアップが載ってた
2番手が全国ツアー⁈
って動揺してる
中年の乙女心

撮り散らかし写真

2018年05月28日 | 散歩道
どんつき花壇の次期トップスター
ユリをはじめ
どんつきの庭で
撮り散らかした花の写真を
お送りします

散らかしたまま
あまりにも整理できてなかったので
テイク2
(あんまり変わってないかも)

スモモの木が陰を作る
この花壇がお気に入り
中年の乙女心



ブルー系とイエロー系の
取り合わせがたまらない



アジサイ



ナマエワカラズ
ピンク色の花



黄色いオダマキ



木もれ日受けてチカリ



池のある庭への門を隔てて
隣りの花壇



ユリ



てんとう虫ポピー



少し左を正面から



庭の入り口を入ってすぐの通路







少し行った先
突き当たりの手前
右側の花壇





突き当たりの花壇



黒々としたサトイモの葉っぱ



バラのアーチの右側の通路



小花大好き
中年の乙女心



白い小花の咲く花壇の
東側のエリア





そのまた東側の通路を挟んだ
まるい花壇



黒いペチュニアと
黒いカラー





その隣りの真っ赤なバラ



リスのしっぽ







ユリ











ほかの花たち







・ 。..・ 。..。・・.。...。。・ ・。...


時間がなくてダーッと貼り付けた写真に
何枚か加えて
解説もちょっぴり付けて
再アップしました

今年最後のアーチをくぐる

2018年05月27日 | 散歩道
どんつきの庭で
バラのアーチをくぐり抜けられる
最終日だった







風が吹くと
目の前で
花びらがハラハラと舞い散った



スモークツリー









カシワバアジサイと
黄色いユリ



毎年咲きはじめで
くぐり抜け終了しちゃう
このアナベル
今年はけっこう咲いてる



バラの凱旋門
(勝手に命名)



バラの季節が終わると



庭の主役は
ユリへと移る



まだまだ
花ざかりのシーズンが続く



6月の終わり頃に
夏の庭に変身するまで
ほどほどにPeak Hunt



Plante du jour



マーメイド





Bonjour, Monsieur Monet !



スイレンの季節も始まった



濁ってて堪忍の
どんつきの池