日曜絵かきの散歩道 “doucement,doucement”

日曜絵かきは楽しくて孤独 青空に誘われてつい散歩に
“ドゥスモン、ドゥスモン(ゆっくり、ゆっくり)”

応募書類作成/希望

2017年06月30日 | travail
あっという間に
6月も最終日
つまり
2017年も半分過ぎる



そんな
6月と2017年の半分の最終日は
応募書類の作成にいそしんだ



書類選考ありだから
履歴書と職務経歴書と
送付状を作成



職務経歴書と送付状は
パソコンで作るから
修正しやすいけど
履歴書は手書きだから
書き間違えると大変

職歴が豊かだから(良く言えば)
さらに大変(自業自得)



転職経験ゼロの人は
時間を大幅に節約できてると思う

私なんか
応募書類を作成するために
今までどれだけ時間を費やしたことか
転職時だけでなく
同じ職場で働き続けるために
履歴書と職務経歴書が
必要な年もあったし



3つの書類がようやく完成して
やれやれと思ったら
封筒の宛名書きが残ってた

角2封筒に縦書きで
大きく宛名を書くの
苦手だな
下手な字が目立っちゃう

三つ折りして
長3封筒で送りたいくらい
それじゃ
不採用書類の返却になっちゃうか



郵便局で無事に出し終えると
もう夕方
スーパーへ寄って帰る

梅雨の晴れ間の
夕暮れどきの青空を
見上げた



応募書類は
釣書でもあるけど
ラブレターでもあると思う

まだよく知らない相手だけど
自分が知り得たなりに
愛をこめて書いた

会う前に
フラれるかもしれないし
会ってみたら
思った人と違ったって
なるかもしれないけど



そうだ
今日この切り抜きを見つけた

新聞を取っていた頃に
スクラップブックしたもの
2014年3月5日の記事

観劇に行かない期間も
宝塚愛は消えてなかったと
今さらながら
我ながら



望海風斗と真彩希帆って
2人合わせて
"希望"なんだね





帆に風を受けて
希望の海へ



愛の追い風
吹かせまっせー

琥珀色の雨にぬれて/紹介状

2017年06月29日 | TAKARAZUKA
これ当たった
うれしいの前に
驚いた
きっと当たらないと思って
一般前売りに挑むつもりでいたから



S A B とあるうちのB席
5階席だから
きっとものすごく遠いと思う



宙組の全国ツアーの時は
抽選方式にはずれて
一般前売りに挑んだ



その時もB席で
会場は違ったけど
4階席だった

すごく遠かった
でもずっと見たかった
『シトラスの風』の
「明日へのエナジー」を
生で見られて感激した



『琥珀色の雨にぬれて』と言えば
花組 春野寿美礼のイメージ
人の家に上がり込むか
録画してもらうかして
スカイステージで見た記憶が
あるようなないような



改めて調べてみると
1984年初演
2002年の花組公演は再演で
匠ひびきが大劇場公演で主演した後
東京公演を休演したため
春野寿美礼が主演
翌年に全国ツアーも行われた



2012年には
柚希礼音率いる星組も再演してる

白い衣装の春野寿美礼が
胸を血で赤く染める場面が
思い浮かんだけど
それは『不滅の棘』だった



現実に戻る

今日は
紹介状を発行してもらった



希望とぴったりとはいかないし
私にはハードルが高い気がするけど
とにかく応募してみることにした

お見合いまで
こぎつけらるかどうか

まずは釣書を送らないと



予約票の文字/dark side

2017年06月28日 | 日記
今日は朝一番で
先に入れた胃がん検診の
キャンセルの電話を入れた

予約票をふと見ると
XX歳Xヶ月 に続いて
記載された文字は…



単なる入力ミスだとは思うけど
こんな間違い
今までありそうでなかったから
目を見張った



またハローワークへ行った
やっぱり新着求人は少なかったから
古い求人も含めて見直した



失業してるあいだに
自分を取り巻く状況が
大きく変わった



そしたら
前は応募を見送った求人に
応募してみようかなという気になった



だんだん
この前から書いてる
3つ目の悩みとも
向き合えるかもしれないと
思えてきた



やっぱりはっきり書けなくて
申し訳ないんだけど



いつか離れる日が来ると
ずっと思い続けてきた散歩道とも
離れなくてもいいんだって
思えるようになってきた



いざとなったら
首をくくるしかないと
思ってきた人生に
希望が持てるようになった



大げさに聞こえるだろうけど
いつからか本当にそう思って
生きてきた



楽しいこと
大切にしてるものはすべて
いつか失われると思ってきた



私と同じような思いをしてる人が
きっと他にもいると思う

今まであったこと
長年のこと
全部全部書けたらと思うけど



本人だけでなく
その家族も
ずっと助けを求めてた

家族としてでなく
一個人として
助けてほしいと思ってた



dark side of me



小さくなって
胸の痛みに変わった

疼いては
悲しくさせる

春の求人シーズンの終わり

2017年06月27日 | travail
ここのところ
ハローワークへ行っても
新しい求人が
あまり増えなくなった



春の求人シーズンが
終わっちゃったんだと思う



次に増えるのは
秋ってことになるんだろうけど
さすがにそんなに待ってられない



ちょっと先になり過ぎるなと思ってた
胃がん検診の予約も
小さな病院で予約し直して
もっと早く受けられるようにした



済ませられることは
済ませておかないと

3年連続スルーにならないためにも



予約するために
初めて行ったその病院
今どきスリッパに履き替えるの?
って思っちゃった

古いのかなって
ちょっと不安にもなった



面接の第一印象は
20秒で決まるって
セミナーで言ってたっけ


訂正に次ぐ訂正とお詫び/2人のガーデナー

2017年06月26日 | TAKARAZUKA
今日はまず最初に
訂正とお詫びを

焼き玉を食ったのは
平六じゃなくて大和だった

自信なくて
後で確認するなら
先に確認しろって話

堪忍!

もう一つ間違ってた
やっぱり私の中で
久城あすと煌羽レオは
セットになってるようで…

堪忍!!

。・。・。・。・。・。・。・。

今日やっと
国保と住民税の1期分を
納付した

寒くなる一方のフトコロ

うんと年上の友人は
もうこれきりの転職なんて
気負わないで
気楽に就職してみたらと
アドバイスしてくれる

ちょっとこの本読んでみた



先日
映画も見た



なかなかそんなふうには
いかないわよと思いつつも

56歳でバーモント州に
理想の家と庭を持ち
92歳までそこに暮らした
ターシャの言葉を信じたくなる



優れた画家であり
優れたガーデナーだった2人



Monsieur Monetの池と違って
どうやっても水の澄まない
どんつきの庭の池



小さく区切ったところを
部分的に澄ませて
コイが放流された



体長10センチにも満たないぐらい
キンギョと見間違えそうな
小さな小さなコイ

池に放たれるなり
連なってスイスイと泳ぎだした



ウに食べられないように
気を付けて



そうそう
危ないときは
フジの下に
上手に隠れて



100万円級にとは言わないから
元気に大きくなーれ