なりとろ日誌

なりとろの『考え』を色々書いていきます。 更新はクダクダです。

ありがとう、39矢野!

2010年09月30日 22時58分41秒 | 激愛タイガース

矢野選手の引退セレモニー。


感動しました。



いつも真っすぐ前を見てタイガースを引っ張ってくれた。



投手も、野手も、ファンも、本当に矢野選手が好きだった。


もう、矢野選手のマスク姿は見られない。

とても、とても辛い現実。


でも、矢野選手は約束してくれた。


秋風が吹く甲子園で、『必ずまたここに帰ってくる』と。


嬉しいよ、矢野選手!!



その約束だけで、ファンはもう十分だ。

その日がいつ来るかはわからないけど、希望をもって待つことが出来るんだから。


タイガースの苦しい時期を乗り越えて、優勝に導いてくれたその力、いつまでも待っているからね。



『湧き立つ大地に 輝る男 猛虎の要 矢野 狙い打ち かっとばせ矢野!』

コメント

真弓よ、それでも監督か。

2010年09月30日 22時43分13秒 | 激愛タイガース

願ったこと。


常にリードを奪い、3点差以内で九回表を迎える。


場内にリンドバーグの曲がかかり、藤川球児がマウンドに上がる。



そして、大きな歓声とともに、背番号39がマウンドの球児に駆け寄る・・・。


球児は、矢野との最後のバッテリーを惜しむように、一球一球力を込めてストレートを投げ込む。
矢野のミット目がけて、全球・火の玉ストレート。


最後の打者のバットが空を切った瞬間、球児と矢野の笑顔が弾ける。

二人は固い握手を交わし、野手が全員マウンドに駆け寄り、矢野とハイタッチ!

優勝マジックは6に減り、奇跡を起こすムーブメントが現実のモノとなる--はずだった。



しかし・・・。



九回表に真弓が選手交代を告げたのは、球児と関本だけ。


球場のすべてから巻き起こる矢野コールを無視して、真弓はベンチへ下がった。


球児の登場曲が全く聞こえないほどのざわめきとブーイング、そして矢野コール。

矢野コールは球児が投球を始めているのに続いた。


誰一人納得行かない九回表の守り。

そんなざわめきの中、球児は集中力を欠いてしまった。

ストライクが入らない。

二者連続四球を与え、続く大洋・村田には高めの棒球をスタンドに運ばれ逆転。

何とも言えない空気が甲子園を包んだ。



真弓よ、君は何のための監督かね。

甲子園のムード、空気は完全に九回表は矢野-球児のバッテリーを望んでいた。

なぜ、それに抗う?


矢野が試合前に、大事な試合を壊してはイケないから出場は辞退していたことは知っている。

優勝を狙うチームだ、矢野の言うことは当たり前の発言だ。



でもな、でも、矢野が出場することによって起こるかも知れない奇跡---。

それは、チームに勢いと力を与える調味料になるのではないか??

最高のかたちで甲子園最終戦を飾り、矢野に貰った無形のチカラで奇跡を起こす下地を作れたのではないか?

残り7試合で7勝なんて、生半可なことでは出来やしない。
タイガースは今シーズン、5連勝迄しかしたことが無いのだから。



真弓よ、何のための監督か。

監督の独断で矢野を使う!
何かあったら全責任はオレが取るから行ってこい!



そう言えなかったのか?



全く、どうしようもない指揮官だ。



自力優勝の可能性が消え、最下位相手に大逆転負け。

どうしようもない試合になってしまった。


今日の雨は、タイガースとタイガースファンの涙雨か。



※※※追記※※※
さきほど、ネットのニュースで知りましたが、九回表の二死から矢野選手の出番が用意されていたそうです。
結果的に、逆転されてしまったから出場ができなかったと・・・。

だとしたら悲しすぎる(涙)
矢野に受けてほしかった球児が、自分の手でその機会を奪ってしまったなんて。

大洋の村田・・・。
ほんとにいい仕事したな。

責めないけどね。
村田のホームランは出会い頭で事故みたいなもんだから。

仕方ないので。

コメント

矢野選手、引退セレモニー…なのに。

2010年09月29日 23時04分58秒 | 激愛タイガース

明日、甲子園最終戦を見に行く予定です。

矢野さんの引退セレモニーが行われる予定になっています。


しかし・・・。


どうやら明日は一日雨模様。

試合が行われる可能性はかなり低い…。



この大洋戦は、6月に雨天中止になったカードの代替試合。
その試合はなりとろがチケットを持っていた試合でもありました。

偶然、雨天中止になって見られなかったカードを、
こうして再度チケットを取れたのです。

なのに、また雨・・・・。


楽しみにしてたのに…。



明日中止になったら、今度は10月に入ってからの予定。
たぶん、10月8日が濃厚。

その時にはさちこが運動会直前のために、
甲子園には行けません。。。

矢野さんの引退セレモニーも見られません。。。


がっくり。


雨って、何でいつもなりとろを邪魔するんでしょう?
降って欲しい時には降らないのにね。




ネガティブキャンペーンのなりとろをよそに、
タイガースは今日、虚塵に勝ちました。
これで虚塵の優勝は無くなりました。

ざまみろ♪


でもタイガースも明日は我が身。
人の事は言ってられない身。


とにかくひと試合でも多く夢を繋いで欲しい。

そのためには投手。
踏ん張れ、久保! 秋山! 能見!


コメント

阪神通信簿・投手編

2010年09月29日 17時37分47秒 | 激愛タイガース

阪神通信簿・投手編
※もちろん、なりとろの独断と偏見で決めました。ご容赦ください。


☆久保 100
唯一、シーズンを通してローテーションを守ってくれたうえに13勝5敗。
一人で貯金8は見事。

☆スタンリッジ 80
途中加入ながら10勝5敗。
貯金5は立派。大事な終盤で勝てなかった以外は完璧。

☆能見 70
故障さえなければ優勝できていた。
負けなし5勝は最後の局面でファンに希望を与えたけど。。。

☆秋山 100
言うことなし。君が居なかったら8月で終わっていたよ。

☆メッセンジャー 50
ローテーションの谷間にたまに好投。
頭数が足りなかったので、それを埋めたことを評価する。

☆安藤 5
いまさら言うことはない。

☆福原 20
力も落ちたが、使われ方も酷かった。
試合前半大量リードされた時などで、もう少しやれた感が残る。

☆フォッサム 20
さよなら。

☆西村 80
残念な使われ方でバテた。大事に使えば浅尾以上でしょ。

☆久保田 70
シーズン終盤で立ち直ったが、やはり活躍の時期が遅く、短すぎた。


☆藤川球児 90
真弓の意味ない登板司令でリズムを壊す。
セーブのつかない場面での登板が多すぎた。
肝心なところでバテた要因になる

☆渡辺 60
勝ち試合でうまく使えばもっとやれた。
酷使の影響で夏場に崩れたのがもったいない。

☆下柳 30
コントロールが悪すぎた。
ある程度は覚悟していたが、やはり年齢から来るものか。

☆上園 30
シーズン前半は貴重な中継ぎとして頑張ったが、オールスター戦までもたなかった。
やはり先発タイプか。

☆筒井、川崎、江草の左セットアッパーは評価に値する活躍無し。
0点。

その他、名前の上がらなかった投手は評価できる材料無し。


全体
☆先発 60
☆中継 50
☆抑え 70


2010年投手陣は60点。


まぁ、今年の場合は真弓監督が納得の行かない投手起用をしたので、ギリギリ70点あげても良いかも。
※成績は平成22年9月28日現在


後日、打者編。

コメント

真弓監督、辞任                                                    しなさい。

2010年09月28日 21時09分52秒 | 激愛タイガース

阪神、あっけなく負けたなぁ。

先日、順調に勝ち進んでM3くらいになったらプレッシャーが半端なくなるかも、
そう書いたけど…。

スタンリッジはすでにそういう状態でした。


立ち上がりから制球定まらず、
押し出しデッドボールまで与える。

2死走者無しから満塁にし、
相手投手に手痛い2点タイムリー。

この時点で3回5失点。



おわた。




しかし、6回に鳥谷のホームランなどで2点差!!
やれる!!
逆転できる!!

そう思った7回表に真弓が出した投手は・・・・。


フクハラ・・・・。



6連戦の初戦だから久保田温存??

負けたら6連戦もくそもないのに????



さすが真弓采配。

今年、投手交代の失敗が何度試合を壊したか。

それも、シーズン終盤に何度も何度も。



風前の灯。



駐日はチェンをも中継ぎに用意した。

巨人は東野をスタンバイしているらしい。


阪神は、フクハラ。


フクハラが悪い訳じゃない。




でもあの場面、フクハラが適任だったか??



この指揮官で奇跡は起きない。

起きて欲しかったけど、





この指揮官では・・・・・。



コメント

携帯電話の買い替えは

2010年09月26日 22時08分48秒 | ぼやき日記

非常に難しい問題でございます。

先週末に家電量販店へ行ったときに、
スライド式のタッチパネル携帯を発見。

デザインもなかなか良くて、
売り上げもナンバーワン。

これ、良いんじゃない?

そう思ってたんですが。。。


これと同じ携帯を持ってる友達に話を聞くと、
どうにも使い勝手が悪いらしい。

価格コムのユーザーコメントなんかを見ても、
高性能過ぎて逆にトラブルも多いらしい。

防水なのはいいんだけどね。


それで、今日実際に携帯を見に家電量販店へ行って来たんですが、
いろいろ話を聞くと、
なりとろのニーズに合うのはスマートホンではないか、と言われました。


でも、まだスマートホンは要らないんだよなぁ。。。

やっぱり今はまだ買い替え時じゃない気がする。

心惹かれる機種が無いんだもん。


もう少し待ってみるかな。





タイガースにマジック点灯(苦笑)

皮肉なもんだね。

負けられない状況は変わらないのに。

あと8勝。

今は奇跡な数字だけど、
運良く順調に減らせたとしたら、

「3」
あたりからものすごいプレッシャーと戦う事になる。


ここを乗り切れれば、
タイガースはまた一つ高いレベルのチームになれる。



負けるまで、夢は続く。

出来るだけ長く見ていたいなぁ。


コメント (4)

ついに見た!!

2010年09月25日 23時18分38秒 | 

昨夜、ついになりとろ家に革命が起きました!


今まで、なんでかな?どうしてなんだろう……?

そう疑問に感じていたことが、解決ではないけど解消された気分です。



知ってる人は知っている、あのなりとろ家・七不思議の一つ。


ジョイのしっぽ!!


振りましたよ、あのジョイがしっぽを!!



ウチにジョイが来てから3年と4ヶ月目。


ついに、ジョイのしっぽが左右に大きく振られました!!


いやー、感動的な瞬間でした(´∀`)


したがって、賭けられていた懸賞金は無しと言うことで♪


ただ、感動のあまり、映像としては記録できなかったんだよなぁ。

すごく残念なことだけど。

だから今度は、ジョイがしっぽを振っている映像を抑えた人に記念品贈呈だな。


振らせるだけでも大変なのに映像って………。

まさに奇跡やな(苦笑)



ちなみに、ジョイがしっぽを振った経緯は……。



とっぴーと玩具の取り合いをしていてテンション↑。
そして、玩具をくわえたままリビングをぐるぐる走り回り、そこへ仕事を終えたさちこが帰宅。

さらに興奮(苦笑)

また室内を走り回った挙げ句、なりとろに『玩具を取ってみやがれ!』的な挑発ポーズ。

この時に、確かにしっぽがブルンブルンと振られました!!


そのあとは、どんなことをしても振りませんでした……。


興奮状態×3くらいで、初めてしっぽを振るんではないかな。

なかなか誘導するのも難しそうっす(;^_^A



こんなことでも幸せを感じられるなんて、ほんとにワンコを迎えて良かった♪♪

コメント

冷静で狂気な隣人

2010年09月25日 06時02分40秒 | ぼやき日記

日本、中国の強気な姿勢に白旗揚げましたね。

日本の領海内での漁船操業。
更に、日本の海保の巡視艇への故意の衝突。

これだけでも場所が場所なら十分戦争になるくらいの出来事なのに、
中国の恫喝、経済的制裁、民間人の誘拐に、日本は簡単に屈した。


簡単に…とは書いたけど、
確かにこれだけ強引にムチャクチャされたら、
日本としては言う事を聞かざるを得なかったと思うな。

だって、『人質』を取られてるわけでしょ?
良いか悪いかは問題ではなくなってます。
相手は『犯罪者』なんだもの。
まずは国民を助けなければ。


中国と言う国が社会主義国家で、
政府の独裁政治がおこなわれているのはわかっているから、
民間人のデモやら反発は仕方ないものなんだろうけど、
それにしても中国のやり口は暴力的すぎる。

世界的に見ても、
こんなやり方をするのは北朝鮮とこの国くらいじゃないかな。
世界はね、きっと中国の異常な行動をしっかり見てますよ。

今は景気がいいから誰も何も言わないかもしれないけど、
中国が経済的に苦しくなった時には、
助けてもらえなくなるんじゃないかな。

それでなくても、
マスコミは忘れたように無視してるけど、
チベットなんかの問題で醜態をさらしているのは、
中国な訳だしね。


ただ、民間人レベルでの「軋轢」は、出来れば避けたいですよね。
SMAPの上海ライブが中止とか、
民間レベルの文化交流にまで話を広げるな!って思います。


この事件により反中感情が高まって、
日本にたくさん来ている中国人の人たちが、
差別とかの被害を受けなければいいけど。。。

中国政府が悪いのであって、
中国人全部が悪い訳ではないと思うから。


これから日本はどうなっちゃうんでしょうね。
中国もこの結果に成果を感じてるんじゃないかな。


尖閣諸島、乗っ取られちゃうかもな…。


そう思うと、日本はもっと毅然とした態度を取るべきだったか。
折れるにしても、
もっと世界に向けて、中国の理不尽さをアピールするべきだったと思う。



今回の日本側の決断がいいか悪いかはまだ分からないけど、
中国…いや、世界に『日本は恫喝すれば落ちる』と
印象付けてしまった事はとても残念。


なんかいい方法は無かったんでしょうかね。

こんな解決の仕方は後に遺恨を残しますよ。

コメント (4)

強制執行

2010年09月24日 11時24分50秒 | ぼやき日記

今朝、出勤したら、デスクまわりが整頓されていた。

なりとろは基本的に片付けられないタイプなので、
結構デスクの上には書類や文具が散乱しているのだが、
この日は朝会社に着くと、キレイに片付いている。

パソコンを見ると、デスクトップのアイコンの位置も、休み前とは全然違っていた。


同僚に話を聞いてみると、なりとろが休んでいた水曜日に、後輩が片付けていたらしい。

どうやら、汚いのが我慢できなかったらしく、
『なりとろさんには任せとけない』と、
他の機械なんかも片付けていたらしい。




情けなかった。

そして、腹が立った。


悲しくて、虚しくて、情けなくて。


ワシ、完全に後輩にバカにされているんやな、と。

休んでいるうちに、なんの予告もなくキレイにされて、
他の同僚相手に愚痴まで吐かれて。


今日はその後輩は休み。

きっと、休み明けに、得意満面な顔で言われるだろう。
『見ました?片付いてたでしょ』って。

どや顔でね。





なりとろの身の回りを片付けてくれる人間発見。
もう二度と、自分では何も片付けたりしない。


ラッキー。

コメント (3)

おはようございます

2010年09月24日 08時29分16秒 | 激愛タイガース

水曜日には朝の散歩でとぴジョイが暑さでバテたと書いたところなんですが……。

昨日朝の雷雨以降、一気に気温が下がった大阪地方(汗


前日には30度を超す暑さだったに、昨日は20度を少し超す程度しか気温が上がらず。

その差、10度以上(苦笑)

極端な秋の到来です。



でもまぁ、これで散歩も楽になるし、歩数も稼げるというもの。
秋は四季の中で一番好きな季節だしね。



秋風が吹く中、かすかに残された希望。

阪神の優勝マジックは10。

あと10勝すれば、間違いなく優勝だ。

しかし、一つでも負けた時点で終戦する。


勝つしかない。
負けたら終わり。

正真正銘、今度こそトーナメント戦だ。

 

コメント

3E

2010年09月22日 21時31分39秒 | 激愛タイガース

今日は休みでした。

なので朝寝坊してしまい、
とぴジョイの散歩は朝8時から。

いつもは6時過ぎからなので、2時間弱遅い。

散歩に出たら、すでに太陽は高く昇っていて暑い。。。

それでもゆっくり歩いて1時間ほど頑張りました。

さすがにとぴジョイもバテバテ。

もうしばらくは朝早くじゃないとしんどいみたいだね。




プロ野球。

もう、あらためて書く事なんてないんだけどね。

昨日で心の中の整理はついてたから。




真弓監督の目指した「打撃のチーム」の限界。

はっきり見えたよ。


でも、夏場は面白かったけどね♪


さて来年。


監督が変わらない以上、上積みは薄いな。


また、他チームのエースを分捕ってきますか。

虚塵みたいに。



ワシの一番嫌いなチームと同じ道を辿る?





『阪神も虚塵と同じ事してるな』


そう言われて、
なりとろの心は傷付く・・・・。


勝てばいいのか?
勝てさえすれば、それでいいのか?

また葛藤の日々が始まる…。


コメント (2)

苦杯

2010年09月22日 03時48分43秒 | 激愛タイガース

こんな時間にブログ更新。

いま、目が覚めたから。


試合終了直後、ビールを呷ったなりとろは、すぐにダウン。


起きたのが今、と言うこと。


今シーズンのタイガースを象徴する初回の攻撃だった。

マートンがいきなり二塁打。


しかし、結局マートンは二塁に釘付けのままスリーアウト。


2番・平野は送りバントの格好はするも、ファーストストライクをファールにしてしまい、2球目からは作戦変更で強打。

中途半端なベンチの指示に平野は内野フライに終わる。

バントならスリーバント!
打たせるなら打たせる!!

ベンチにいきなり迷いが出てしまった。
決戦の試合なのに!!


続く鳥谷も内野フライ。

4番・新井はまたまたまたまたまたまたチャンスで凡打。


選手が自分の役割をわからずに、ただ打つだけの作戦。
ベンチに何の工夫も感じられない。


真弓監督が最近、こんなことを言ってた。

『いままで通りの野球をやりますよ。いまさら戦い方は変えられませんからね』

すげぇ開き直り。

確かに、いままでノープランで打たせ続けて今日を迎えたのだから、いまさら細かい野球なんて出来るわけ無いわな。

これまで、弱点ははっきりしてるのに改善しようとしなかった人間の言葉とは思えない。


駐日に勝つには、とにかく先制点を取らなければ。
そして、5回までにリードしてなければいけない。

駐日に勝ち越してる乳酸菌でさえ、5回以降で逆転するのは困難だった。
ほとんどは試合前半でリードして、逃げ切り勝ちなのである。


ここに来て、この大事な時期になって、送れない2番………。
チャンスでまったく打てない4番、5番………。

パスボールとリードのまずい捕手………。


悪いところばかりが顔を出してしまった。


一つ負けたからと言って、数字的にはまだ優勝をあきらめる状況では無いのだけれど、こんな試合を見せられると絶望感しか残らない。

どうやったら点が取れるか思いつかないもの。

本塁打しかないでしょ?

ランナーが出ても、選手を信じてただ打たせるだけなんだから。



なりとろは、飲めないビールを自分から買って飲んだ。


そんな事、一昨年に虚塵に逆転優勝を許したあの日以来だ。

コメント

ヤマニンエルブについて

2010年09月21日 18時04分57秒 | 競馬

セントライト記念2着馬、ヤマニンエルブ。


レース後の柴山騎手のコメントに??が…。


『力がありますね。最後もバテた感じじゃなく、内にモタれていたから……』

とありましたが、バテてないのにモタれたと言うのはどういうことなんでしょう?

もともとモタれる癖がある、と言うことなんでしょうか?

モタれて追えなかったのかなぁ?


ちよっと気になったので。

コメント

毎年恒例豆アジ釣り IN 三方

2010年09月20日 22時20分11秒 | ぼやき日記

毎年この時期になると、
三方五湖の方へ豆アジを釣りに出かけます。

今年は今日、朝7時に家を出て向かいました。

昨年はシルバーウイーク真っ最中という事で、
行きも帰りも大渋滞に遭いました。


今年は分断されて連休にならなかった事も有り、
さほど混雑もなく、スムーズな行程になりました。

よかった(笑)


まあ、釣りと言ってもサビキ釣りなので、
時間も場所もアバウトな感じで・・・・。

とりあえず目指したのは釣りではなく、
鰻。

鰻と言いましても、鰻釣りじゃなく、
道中にある鰻屋さんでうな重を食べる…と言うことで。

昨年、渋滞に遭ったせいで食べられなかった鰻です。


11時開店なので、それを目指して行きました。

10分前に到着!
さすがワシ(笑)

すでに店の前には並んでる人もおり、
ウチは4番目くらいでした。

開店と同時に入店。

せっかくなので、うな重の上を注文しました。

待つこと30分。。。。


出ました。
これがうな重の上(3600円)です。


美味しかったです。
炭火で外をパリッと焼いてありました。

中はとろっ。

とろっ????

鰻ってタコ焼きみたいに中身とろっ!・・・なの?

ワシ・・・・も少し身がしっかりしてるのが好きだぁ。

掛かってるタレも辛すぎて。


評判のいいお店でお客も多いけど、
ワシには合わん感じかな。

まぁ、好き嫌いでしょう。



食べ終わってすぐに釣り場へGO!

入れ食いと言う訳には行きませんでしたが、
まぁまぁ、ぼちぼち連れて2時間で約50匹。

とぴジョイのおやつには十分です。


釣りの途中からタイガースの試合が気になってね。

運良く車のテレビが受信できたもんだから、
試合が気になって気になって。

勝てて良かった♪

新井がいなくても勝てるな♪


さっき駐日も負けたし、
あとは明日、いかに主導権を握るかだ。

3つ勝てば奇跡が、
2つ勝てば大きなチャンスが、
白星1つ以下なら、ほぼおしまい・・・・。


まさに天王山。

ひとつでも勝てば数字的にはチャンスが残る。
もちろんそれでは今より奇跡を起こせる確率が低くなるが…。

駐日が2つ負けると思ってなかったからな~。
また負けるかもしれないしな~。


やっぱり、奇跡だけは信じとかなきゃね、うん。



コメント

久々の大物!

2010年09月19日 15時52分42秒 | 競馬

セントライト記念。

ヤマニンエルブ、2着!!!


負けた事はそんなに問題ではない。

問題にしたいのはその能力!!
底力!!


レース前に書いた展開そのものなレース。

早いペースで逃げて、
しかも残る。

これをやっての2着だから価値がある。

それもゴール前15mくらいまでは確かに先頭だった。


さすがに5F=58.1秒(58.7でした!!)はいささか早すぎたけど、
その能力を量るのに持って来い、なペースだった。


2着と言う事で、菊花賞の切符も手に入れた。

あとは、このレースの反動が出ないかどうか。
中間の調整が上手くいく事を願いたい。


サッカーボーイ産駒、最後の大物。

この言葉が本物になるのは、
3頭目の菊花賞馬が誕生した瞬間か。


コメント