なりとろ日誌

なりとろの『考え』を色々書いていきます。 更新はクダクダです。

いい天気!

2013年11月30日 22時35分23秒 | 

あんまりいい天気なので、

とぴジョイを連れて淀川河川敷公園へ行きましたよ。

とっぴーがいつになくご機嫌。

やっぱり広いところで走るのは気持ちいいのかな。

笑顔、笑顔。

 

もう11歳だし、

元気なうちに、たくさん走ってもらいたい♪

これからは寒くなるけど、

暑いよりはましだから、また来よう!

 

ジョイはずーーーっと元気だ。

面白いのはジョイ。

ほんとになりとろ家を笑顔にしてくれる。

 

とっぴーとジョイがいてくれるから、

なりとろは生きていける。

元気でいてくれれば、それで十分。

 

マイネルキッツも、オーシャンブルーも。

負けてもいいよ、元気で走ってくれていれば…。

もう大きいレースを勝ったんだし、

とにかく、元気で、無事で。

 

JG1 2勝のマジェスティバイオ。

レース中に故障・・・予後不良。

安らかに。

 

 

 

 

 

コメント

騎手乗り替わりと人馬一体

2013年11月27日 21時57分13秒 | 競馬

ゴールドシップの騎手が乗り替わるそうです。

内田博→ムーア。

皮肉にも、ジャパンカップで『力の落ちた馬を勝たせた騎手』に交代。

まぁ、ゴルシの場合は力が落ちたわけではないんだけど。

 

それでも、内田がゴールドシップを御せなかったのは確かで、

乗り替わりを言われても仕方のないところ。

厩舎スタッフに任せず、自分で調教つけての結果。

それで結果が出せないのなら、もう引くしかないだろう。

でないと、厩舎スタッフも納得いかないし。

 

この乗り替わりで、ネットでまたまた目にするのが『人馬一体』という言葉。

『この馬を育てたのは内田だから騎手変更はダメ』だとか、

『主戦騎手が変わると今まで培ってきた人馬一体が崩れる』とか、

『この馬にはこの騎手じゃないとダメだ』などという意見。

 

うーん。

解からんでもないけど、それってどうなの?

トップロードの時からずーーーーーーっと違和感を感じてたけど、

騎手は馬を勝たせてナンぼでしょ?

そりゃ、確かに一から競馬を教えていくシュチエーションもあるだろうけど、

それで勝てなきゃ仕方ないじゃないの。

なりとろは、自分の応援馬には勝たせてくれる騎手が乗って欲しい。

この馬にはこの騎手が似合うとか、合うとかなんて、全く思わない。

勝てなきゃ廃用。

繁殖にも上がれないんですよ。

 

日本の騎手が育たないかもしれないけど、

出来れば応援馬には、腕の立つ外国人騎手が乗って欲しい。

※外国人騎手でもミスしたら許さないけど。。。

 

 

ゴールドシップが勝てたG1 4つは、内田騎手とのコンビでのもの。

だから、お礼を言いたい。

でも負けたジャパンカップ、天皇賞、京都大賞典は、

騎手の力が及ばなかったのだ。

乗り替わりをマイナスとは思わない。

間違いなく、プラスに働く。

そういう意図で、関係者は乗り替わらせるのだから。

 

ゴールドシップは難しい馬。

もしかしたら、ムーアでも無理かもしれない。

無理なら、なりとろはムーアを許さない。

勝たせてくれる騎手が、なりとろは好きだから。

 

 

今日はもう一つ。

岩手から届きました。

高級!江刺リンゴ(サンふじ)!!

 

蜜がメチャ入ってる!!

 

そして、美味い!!

 

食べたい人~~~。

なりとろ家にいらっしゃい!!

今月いっぱいならおすそわけできるかもよ(笑)

 

ありがと、まっきー!!

ムービースター!!!

 

 

コメント (2)

落日の 『女傑』、抗う 『王様』

2013年11月26日 21時28分37秒 | 競馬

ジェンティルドンナが有馬記念を回避するそうだ。

 

そりゃそうだろう。

「勝った」ジャパンカップで、

その力の凋落ぶりを世界に見せつけてしまったのだから。

エ杯と何ら変わりのないレースレベル。

名手がパーフェクトな騎乗をしてようやく掴んだ「ハナ差」勝ち。

2着はエ杯を負けている牝馬という事も加えると、

もう、昨年のジェンティルドンナはどこにもいない。

その能力には陰り見え、確実に衰えた。

 

それさえ隠してしまうほどのジャパンカップのレベルダウン。

むしろ、そちらのほうが心配だ。

アホみたいに固い馬場で、それに特化した馬でないと勝てない。

そんなレースを外国馬が選ぶだろうか?

故障する確率の高い馬場で走る事を、

大事な持ち馬に強要るのはまともな考えではない。

すぐ後には香港国際競走があるし、

外国馬の馬主にも選ぶ権利がある。

いくら諸費用全額負担してくれても、だ。

 


そんなレースde大敗したゴールドシップ。

確かに、今回は彼が苦手とするものが揃ってはいたが、 

それだけが本当に敗戦の原因なのか。

騎手は「わからない」といい、

調教師は「騎手の乗り方」を敗因とする。

いつものなりとろなら、負けた時は100%騎手のせいにするのだが、

今回は少し違う。

むしろ、内田騎手が気の毒に思えてさえいる。

 

 10月5日のブログに書いてあること。

 ※一部抜粋

俺様気質のゴールドシップは、

人間の言いなりになることを拒むのか。

宝塚記念を人馬一体で勝ち、

夏を越え、芽生えたはずの信頼感。

それを覆す、ゴールドシップの気質。

 

昨年、フランス遠征時のオルフェーヴルを重ねてしまう。

 

人の思い通りになることに対する、純粋な反抗。

抗うことで、自分らしさを表現する意志の強さ。

 

ステイゴールド産駒が持つ、強さの裏側。

 

自己主張の強さ=気性の幼さ。

 

力がある事は解かっている。

強者である事は間違いない。

 

しかし、その無垢なほどにきつい反抗心。

京都がどうとか、高速馬場がどうかとか、

そういう問題ではないと思う。

 

走ろうと思った時には圧勝。

走りたくないときは敗戦。

 

これが、ゴールドシップ、オルフェーヴルに共通するワードだ。】

 

 

 

まさに、これしか思いつかない、今回の敗因。

爆発的な強さを見せるには、

確かに条件が揃わなければいけないのだろう。

だけど、それだけじゃない。

ステイゴールドから受け継いだ気性は、

決して一筋縄ではいかないという事だ。

 

3歳が盤石で、どこまで勝ち続けるのか・・・と思われたオルフェーヴル。

4歳時は思わぬ事態に苦戦をして、ファンを驚かせたものだ。

ゴールドシップも、その『優等生』評価に対する反抗の4歳なのか。

同じような道を辿る、ステイゴールド産駒の強者たち。

 

今年の漢字一文字は、

『抗』

・・・・で決まりかな(苦笑)

 

 

しかし、ゴールドシップには有馬へ進んでほしい。

オルフェーヴルと最後の戦い。

中山はゴールドシップにとって走りやすい環境。

ぜひとも、予定通りに駒を進めてほしい。

 

 

 

コメント

2013年11月24日 21時25分25秒 | ぼやき日記
車、凹ました(´д`)

凹んだ・・・・・。

直すのに10万円かかるとか(゜Д゜;)

走るのに支障ないし、ほっとこうかと考え中。。。
パッと見、解りにくいし?


もうちっと考えよう。


ジャパンカップ?
稀に見る低レベルな凡戦。
最早、ジャパンカップはエリザベス女王杯に成り下がった。

ゴルシは馬群に沈む。
ショックは大きいが、本当に意味が分からない。
一体どうしたんだろう?
故障でもなさそうだし…?

ゴールドシップ、有馬記念に出るんだろうか?
そこらへんが心配&不安だ。


コメント

燃えろ!秋の紅葉!燃えろ!!ゴールドシップ!!

2013年11月23日 22時09分17秒 | ぼやき日記

今日は阪神のファン感謝デー。

何箇所かに手紙を書いて応募したのですが、

結局は一つも当たらず。

昨年も、一昨年も当たりませんでした。

ファンクラブに入っているにもかかわらず・・・。

 

なので、天気の良い今日は、腹いせ(笑)に京都へ紅葉狩り。

ちょうど行楽日和。

爽やかな青空に包まれて・・・。

 

 

今回は南禅寺から永観堂を回り、

哲学の道を辿って慈照寺(銀閣寺)へ。

南禅寺 ↑

↓ 哲学の道

途中で食べた団子。

その下は鴨南蛮そば。

味が濃かった。。。

慈照寺(銀閣寺) ↓

どこも紅葉が見頃で、ほんとにきれいでした。

19,000歩、歩きました。



そんで明日はゴールドシップのジャパンカップ。

高速馬場がどうかと思われましたが、

どうも府中は最終週になって、ちょっと時計がかかるようになってきたらしい。

それでも先行有利には変わりがないですが、

ゴールドシップに関わる不安点が一つ解消されたのなら、

それは良しとしましょう。


昨年はなりとろのバースデーJCでした。

結果は最悪のオルフェ2着。

今年もその勝ち馬がゴールドシップに立ちはだかります。


でも大丈夫、今年こそは。


ジェンティルドンナは53キロだから勝てた。

4キロ差が、オルフェーヴルを陵駕した。


しかし、今年は違う。

宝塚記念で力の差を見せつけ、

このJC。

ジェンティルの得意な舞台設定で休み明け2走目。

今までのような言い訳の出来ない状況でやっつける!


それが、ゴールドシップからなりとろへの誕生プレゼント。


頼むよ、シップ。

君の強さで、ジェンティルの化けの皮をはがす。

楽しみに待ってるよ。

 

コメント

福留さんとジェンティルドンナ

2013年11月22日 22時04分58秒 | 競馬

「つまらないシーズンだった」

福留氏の言葉。

確かに、故障ばかりして、何も役に立たなかった。

福留氏にしても、

せっかく日本に帰ってきて頑張ろうと思ったのに、

何も出来ずに終わった・・・残念。−という意味で言ったのだろう。

 

阪神ファンは、

お前のせいで、つまらないシーズンだった・・・と思ってるけどね。

来年も、いっぱい休んでくれて結構。

お金やるから、タイガースの邪魔だけはしないでね。

 

 

福留と同じくらい、ジェンティルドンナが嫌。

いや、正確に言うと、岩田が嫌いだったから、

岩田が乗り替わった時点で嫌い度は5分の1くらいになった。

 

馬自体を嫌いになることも確かにたくさんありますが、

だいたい嫌いな馬は応援馬のライバル馬。

「お互い頑張ろう!」

なんて、スポーツマンシップのかけらもないなりとろです。

競馬は特にそう。

成績残さないと、応援馬の将来に関わりますからね。

ジェンティルドンナには負けといてもらいましょう、JC。

 

この馬、牡馬に勝てたのは53キロの昨年のJCだけ。

あとは全部負けているんですよ。

天皇賞なんて、あれだけ軽いメンバーで4馬身も離されて完敗。

休み明けだとか、先行して残ったのはこの馬だけだとか、

言い訳が多すぎるんだよね。

そんな馬、強いなんて言えない。

条件がそろわなければ勝てないようでは、

本当のスーパーホースじゃないね。

 

まぁ、それはゴールドシップにしても同じで、

今回の条件はみんなが厳しいと言っている。

でも、そこで勝つのが本当のスター。

ゴールドシップの能力、甘く見すぎじゃないですか?

確かにムラが出てきたのは心配点だけど、

どんな舞台装置でも実力を出せば負ける訳ないんだよ。

 

ジェンティルドンナを、

ウオッカやブエナビスタと比べるなんて、

まだ早すぎる。

 

スイープトウショウより弱い。

「カワカミプリンセス」クラスのG1牝馬。

牝馬三冠といっても、相手がヴィルシーナでしょ?

ヴィルシーナ自体が牡馬に全く敵わないのだから、

それと接戦してたジェンティルは大したことはない。

 

昨年のJC、岩田マジックでしょ?

ぶつけてやっと勝てた。

4キロ差を生かしてね。

 

ジェンティルの、昨年のJCはフロック。

これからは、混合G1は一つも勝てないだろう。

ジェンティルドンナより強い牡馬はいくらでもいる。

牝馬限定戦なら、あと3つくらいはG1を獲れるかもしれないけど。

 

 ・・・・・・・・・・

これくらいにしといてやろう。

なりとろがこれだけぼろくそに書くという事は、

彼女を「敵」として認めてる、と言うことだ。

 

うん、そう言う事だ。

コメント   トラックバック (1)

亀1

2013年11月20日 18時14分43秒 | ぼやき日記
バンタム級防衛戦の対戦相手。

ランキングの合計は、8試合で71にもなる。

さすが大阪、商売上手(・∀・)
コメント

人間ドック

2013年11月19日 22時38分45秒 | ぼやき日記
明日は一年に一度の人間ドックの日。
結果が悪いとイヤなので、夏の終わり頃からヘルシア緑茶を毎日飲み、一日一万歩をノルマとして歩きました。

血糖値でしばしば引っかかるなりとろは、糖尿病境界型で、メタボリック。
ゆだんすると危ない体です。

明日の人間ドックの為に、今夜は軽い食事を7時頃にとりました。

今、すでに猛烈にお腹が空いています。
辛いので、早く寝ちゃおうと思うのですが、果たして寝られるのか。。。

あー、お腹すいた~。


阪神の久保。
フリーエージェントを行使しました。

自分を高く評価してくれて、優勝を出来る球団が希望とか。

じゃあ、中畑は無いな。
だって、優勝なんて、絶対に無理だから。
優勝争いすら出来やしないし。


大洋は無い。
他球団に行くなら、せめてまともなチームで頑張って欲しい。
大きなお世話かと思うけど。
コメント

進撃のジャパンカップ

2013年11月17日 21時45分43秒 | 競馬

今週はいよいよジャパンカップ。

オルフェーヴルはいないけど、

ゴールドシップが国内最強馬として出場します。

 

昨年は後味の悪い結末になったJC。

その悪さの原因・ジェンティルドンナも、

今年は騎手の乗り替わりでちゃんと「競馬」のレースをするだろうし、

2頭の対決がとても楽しみです。

 

ジェンティルドンナは府中が得意といわれています。

しかし、天皇賞秋で惨敗したのを見ると、

相手が牝馬か、斤量が牡馬よりかなり軽くないと、

勝負にはならないのが見てとれました。

今年は負けるたびに、状態が完ぺきじゃなかったという「言い訳」が聞かれます。

では、状態を完ぺきにできない理由があるのか?

そういった疑問もわいてきます。

 

最近思うのですが、

あのジャパンカップでのオルフェーヴルとの激突。

結果的に、あれが尾を引いているのではないでしょうか?

3歳牝馬なのに、あの無茶苦茶なラフプレー。

精神的に、目に見えないショックを感じてたんではないでしょうか。

今年3走は、一度も直線で以前のような切れ味を見せていません。

もしかしたら、ぶつけたほうだけど、影響が出てるんじゃないか・・・・。

そんな気がしてならないのです。

 

 

『進撃の巨人』

今回のジャパンカップでJRAがコラボしてます。

なんか、上手いことやってますね。

これが話題となって、競馬人口が増えればいいのですが・・・。

 

根本的に、

強い馬、スターホースを作らないと客は呼べないし、

売上だって上がらないとは思いますけどね。。。

でも、企画自体は面白いと思いますよ、はい。

 

 

コメント

8148

2013年11月15日 23時03分44秒 | ぼやき日記

今日は久しぶりに歯医者でした。

火曜日の夜に、歯磨きをしていたら、

糸切り歯に詰めていた被せものが取れたからです。

 

大きな穴が開いたままでは、ちょっと嫌だしね。

今日、予約が取れたので行ってきました。

 

案の定、詰め物が外れた中には虫歯が・・・・。

それでも、虫歯自体はさほど広がっては無く、

悪いところを少し削って、

新たに詰め物をして終わり、という事でした。

 

でも、沁みたりしたらいやなので、

麻酔をしてから治療してもらいました。

でもね。

あの麻酔が切れかけた時のあのイタガユイ感じ・・・。

本当に嫌なもんです。

少しくらいの痛みなら我慢すればよかった・・・・なんて思いますね、いつも。

でも痛いのヤだし。。。。

 

まぁ、治療はこれでおしまい。

またしばらくは、あの嫌な金属音も聞かないでいい。

キュイ~~~~~ン!!

ガリガリガリガリ・・・・。

 

ひぃぃぃぃぃぃーーーーーーー!!

 

 

 

とぴジョイはアヒル&カモが怖いのです。

なりとろが歯医者を怖いのとおんなじだな(^^)

 

コメント

有馬記念はもうすぐ、そこに。

2013年11月11日 22時25分29秒 | 競馬

今日は、一気に寒くなりました。

秋はいったいどこへ行ったのでしょうか?

 

雨が降って、北風が入り、

寒くなったおかげで、月がきれいに見えてました。

望遠レンズで撮ると、クレーターまではっきりと見えます。

月は近いんですねぇ。

 

今年は有馬記念に参戦します。

嫁と二人です。

しかし、有馬記念だけではなく、

ディズニーもセットになっており、

結構ハードなスケジュールです。

 

21日(土)の夜に大阪を深夜バスで出発し、

22日(日)早朝にディズニー到着。

昼までディズニーシーで遊び、昼から中山競馬場に移動。

有馬記念が終わったら、またシーに戻ります。

 

東京で1泊して、次の日はランド。

そして、その夜、また深夜バスで大阪に戻ります。

 

競馬場に居るのは3~4時間ですが、

同じ競馬場内にいらっしゃる方、よければ声をかけてくださいませ。

ゆっくりと話は出来ませんが、お顔だけでもお見せくださいm(__)m


オルフェーヴルは引退式もやるのかなぁ。

関西馬だし、京都で年明けにやるかな?


有馬当日なら、もちろん、見て帰りたいと思います。


あと2カ月ないんですよね・・・。

寂しいなぁ。。。。


コメント

リベンジ企画・富士山、伊豆への旅 3日目

2013年11月04日 22時09分44秒 | ぼやき日記

最終日。

朝からしとしと雨が。

伊豆の東海岸はオシャレで見るべき観光スポットが沢山あるが、

雨でもはそれも台無し。

なので、雨でもそこそこ楽しめそうな、山の中へ。

 

山道をどんどん走って、目指した先は天城峠。

歌でしか知らない、天城越え、浄蓮の滝。

浄蓮の滝

天城遂道

 

下田まで南下したのは、

海鮮丼を食べるためと、黒船ペリー(^^)

海鮮丼は

『さかなでめし さかなでさけ 勝』さん。

写真は好きな5種類を選んで載せられるチョイス5。

いくら、甘エビ、ウニ、金目、まぐろ。

 

ペリー来航160年。

とぴジョイ来訪1回目。

 

そのあとは西回りで伊豆半島を北上。

夕陽の見える温泉。

堂ヶ島温泉、なぎさの湯。

 

本当は沢田公園露天風呂を目指したのですが、

こないだの台風で被害を受けたらしく、お休みしていました。

とても残念。

 

ここで夕方5時。

ナビでは、大阪まで7時間半。。。。

 

大阪到着は、深夜12時すぎでした。

 

あー、疲れたけど楽しかった。

無事に帰ってこれたのも良かった。

 

なりとろのリベンジ旅は、これにて終了。

気持ちも新たに、また、来年。

同じメンバーが、みんな元気で、またどこかへ行きたいな。

 

 

コメント

リベンジ企画・富士山、伊豆への旅 2日目

2013年11月03日 21時44分55秒 | ぼやき日記

さて、2日目。

モンターニャでおいしい朝食を堪能した後、

昨年のリベンジ。

富士山5合目を目指します。

朝の内は天気もまだいいという事で、早速スバルラインへ。

昨年の事故・・・。

どうしても思い出しますが、今年は違う!!

 

安全第一!!

 

そして・・・・。

 

ついに・・・。

 

キターーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

マウント富士。

 

5合目にある、カラス天狗の顔だし。

恒例のいぬ顔出し。

富士山メロンパン。

美味しかったです。

 

思いを果たしたなりとろ、

翌日の伊豆地方が雨だという情報をGET。

天気が崩れる前に伊豆観光を。。。

そういう気持ちで、河口湖・富士山を離れました。

 

そんでもって、城が崎。

奇岩の群れ。

どこかで見たような風景・・・・。

でも、きれいだった。

 

城が崎にほど近い、伊豆高原。

ここに、「わんわんパラダイスホテル伊豆高原」があります。

昨年も泊まるはずだったホテルです。

昨年は富士山で事故してしまったので、

結局当日キャンセルしました。

その時に、ホテルの方が泊まれなくなった理由を聞いてこられたので、

正直に事故の事を話すと、

なんと、キャンセル料は取りません・・・と言ってくださったのです。

6万円近いキャンセル料なのに・・・・!!

ええ人たちやぁ~~~(T_T)

 

そんな事もあって、今年、リベンジ宿泊させて貰いました!!

料理は超豪華!!

3大味覚コース!!

アワビ、伊勢えび、金目鯛!!

そのほかにも食べきれないほどの料理の数々。

わんわんパラダイスホテル、最高!!

 

3日目にも続きます。

コメント

リベンジ企画・富士山、伊豆への旅 1日目

2013年11月02日 21時05分38秒 | ぼやき日記

なりとろ、リベンジ旅、初日。

 

一週間も前から天気予報を、

一日に数十回調べるという日を過ごし、

この日を迎えました。

 

この旅の立ち寄り先は3つ。

富士山、箱根、伊豆。

昨年のように天気に何の心配もない状況ならよかったけど、

今年は明らかに昨年よりも悪い。

普通の観光地なら、雨さえ降らなきゃOKなんだけど、

相手は日本一の山、富士。

「くもり」でも見られないというわがままな山。

 

なので、富士山をきれいに見るための計画が必要なわけです。

 

1泊目(11月2日)、河口湖。

2泊目(11月3日)、伊豆高原。

 

天気は、

2日=朝のうち晴れ、午後曇り。(箱根)

3日=午前中晴れ、午後曇りのち雨。(河口湖)

4日=雨のち曇り、時々晴れ。(伊豆)

 

しかも、河口湖と、箱根と、伊豆でずいぶん予報が違う。

迷った挙句、箱根、富士山、伊豆の並びでの行程にした。

浜松で最終決断したので、ギリギリまで考えたというわけです。

 

さて、朝の4時スタートのなりとろ一行は、

まずは箱根を目指す。

なりとろの思惑では、

「TOYO TIRES ターンパイク」という有料道路から見える、

芦ノ湖を眼下に見下ろしながら正面に富士山が見える・・・。

そういう景色を見たかったんですが、

芦ノ湖周辺は雲が立ち込めていて、全く富士山は見えず。

仕方ないので、箱根湯本を目指しました。

 

箱根湯本のあるホテルに、

ウチの両親は新婚旅行の時に泊まったそうで、

そのホテルに51年ぶりに立ち寄りたかったのです。

そのための箱根。

ホテル自体は数年前に建て直していて、

ウチの両親が知るものではなかったのですが、

なかなか雰囲気のあるホテルで、庭には滝が2本流れていました。

まさにパワースポットです。

ここのホテルでお昼ご飯を食べましたが、

来て良かったと言ってもらえ、こちらも良かったです。

 

昼過ぎに箱根を後にしたなりとろ一行は、

一路、河口湖へ。

途中、忍野八海と山中湖に立ち寄り、

うっすらと富士山も見られました。

山中湖。

忍野八海。

 

そして、昨年、事故の直後にお世話になった宿。

ペンション『モンターニャ』さん。

昨年のダークな気持ちと違い、今年はうきうき気分。

料理も食べられなかった昨年。

今年はオーナー自慢のイタリアンに舌鼓!

ボリュームも味も、文句なしでした!!

ごちそうさまでした。

 

2日目に続きます。

 

コメント