なりとろ日誌

なりとろの『考え』を色々書いていきます。 更新はクダクダです。

また、ジョイ負傷(*_*)

2011年04月29日 21時11分36秒 | 

ジョイがまた負傷しました。

今日は天気もいいので鶴見緑地へ散歩に行ってたんですが、

家に帰っていつものようにジョイの足を拭こうとしたら、ジョイが猛反発する。

なんだろう、と思って足の裏を見ると、少し肉球の付け根に血が滲んでる。





いつの間に切れたんだ?

全くわからない。。。


痛がっているので、消毒して薬を塗ろうとしたんだけど、そこからが大変。


足を持つだけでも暴れまくり、傷口の近くを触ろうとすればマジ噛みしそうな勢い。

それに反応したとっぴーまでが荒れだし、ジョイと一触即発状態に。


ジョイがあんまりにも嫌がるから、傷だけじゃなくて、

関節や骨まで痛めたんじゃないかと心配までしました。

肉球以外は触っても無反応なので大丈夫そうでしたが。


なんとか口輪をして、患部に薬を塗り、

保護のためにカラーと靴下を履かされたジョイ。写真がそれです。

今も左足は気にしてますが、靴下もカラーも外したので一生懸命舐めています。

地面に足をつけて歩けてるし、明日にはもっとマシになってるんじゃないかと思います。


たかが切り傷ですが、あれだけ痛がられるとね。。。

大事に至らなければ、それでいいんだけどね。

コメント

じっちゃんの名にかけて!

2011年04月28日 08時53分17秒 | 競馬

大種牡馬・サドラーズウェルズが亡くなった。


今は古い血統になっているが、一時代を築いた大種牡馬だ。

ダビスタ世代には有名な馬。



そんなたくさんいるサドラーズウェルズの子孫の中で、春の天皇賞に登場する馬がいる。


ステイゴールド産駒のジャミールだ。

ステイゴールド×サドラーズウェルズと言うことで、まごう事なき長距離血統。

天皇賞春を勝つために生まれてきたと言っても過言ではないはず。


人気はないが、昨年も不細工な競馬をした割りに、七着と踏ん張っている。

屋根がもう少し上手く乗れば、十分に勝負できる距離だ。

その鞍上には昨年の春天優勝騎手のウィリアムズ。

本来、ジャミールは新潟への転戦が予定されていたが、このジョッキーを確保できたから春天に急遽参戦することになったらしい。

いい騎手なら勝てるかもしれない…陣営も色気を持っている。


父がなくなったり、祖父が亡くなったりしたとき、以心伝心、感じるものがあるのか、競技で大いに力を発揮するような場面がある。
それは競馬界のみならず、どの世界にも存在する。


ジャミールが勝つことで、亡くなった祖父の偉大さを改めて伝えることが出来る。

それが血統を重んじる、競馬の素晴らしさではないだろうか。

コメント

笑えた(*≧m ≦*)ププッ

2011年04月27日 20時25分25秒 | ぼやき日記

プロ野球チップスを買ったら、なんとタイムリーな選手カードが出ることやら(笑)


嘘つき、裏切りの代名詞!
読売の代理二塁手・脇谷じゃないですか。


って言うか、こいつがカードになってること自体が驚きですわ。
超笑える(*≧m≦*)ププッ

壁にピンで刺して貼っておいてやろう。
たまに殴るかも(笑)



あ、さっき、ヤクルト-巨人で、また誤審。
五回、二塁に滑り込んだヤクルトの選手の足が完全に早いのに、審判はアウト判定。

こんなの、日常茶飯事だから誰もしつこく抗議しませんがね。




そいや、話は変わるけど、土曜日のフローラステークス。
ここでもステイゴールド産駒が勝利を納めてたんですね。
全然知らなかった(苦笑)


バウンシーチューン。

オークスを勝てば、ステイゴールド産駒の牝馬で初めてのG1勝利です。
同じ年にクラッシックホースが二頭なんて素晴らしいなあ。
頑張って欲しいものです!

コメント

今年も足かせは真弓とジョージ

2011年04月27日 10時37分42秒 | 激愛タイガース

昨夜、能見が後半打たれて敗戦。

あり得ない6失点には、いくつかの要因がある。
いくつかあるが、やはりベンチワークの不味さが一番の理由と思う。


なりとろは昨年、これでもかと言うほど真弓批判を繰り返してきた。

でも、今年は一度もそれをしていない。

なぜか?


それは、小林宏を獲得できたからに他ならない。


昨年の一年でわかったこと、それは、真弓の投手交代機のまずさ。

先発の見極め、中継ぎの運用方法、球児の投入タイミング。

ひとつもまともに出来ていなかった。
これは久保投手コーチにも責任はあるのだが。


しかし、今年は違う。

先発は能見、岩田という軸になるふたりが帰ってくるし、試合後半は小林宏を獲得したことにより、なにも考えることなく三人で七回以降を乗りきれる、そう思った。

つまり、真弓の下手くそな采配なしで勝てる準備ができたと確信したからだ。


打つ方はそのうち上昇するだろうし、それほど心配はしていなかった。



だけど、やはり真弓はダメだった。

試合当初からアップアップしている能見を打ち込まれるまで放置し、案の定敗戦に導いた。


エースなら調子が悪くても踏ん張らないと…なんてサラリと言うが、6回2失点なら十分責任は果たしているし、なんと言っても後ろには休養たっぷりな自慢の3Kが居るわけだ。

無理に悪い投手を続投させる意味など無い。


真弓も久保も、勝つための試合をしない。
先を見越しての判断だという事もあるだろうが、勝てるときには勝っておかなければ、昨年みたいに一勝で泣くことになるかも知れない。



ジョージも何とかならないか。
ポロポロと投球を後ろに逸らし、リードも相変わらず偏っている。

怪我の影響があるなら、藤井と併用すれば良いのに、なぜ、こだわるのか。


今年も真弓采配には首を捻りそうだ。

コメント

さよならメジロ牧場

2011年04月27日 07時55分52秒 | 競馬

メジロ牧場が解散してしまうらしい。
負債を抱えてではなく、競走馬の賞金だけでは経営が成り立たなくなってきたからだという。
誰かに迷惑をかける前に解散するという英断を下したらしい。


確かに最近はメジロの馬が活躍する姿を見なくなってきた。

外国から入ってくる良血馬と、JRAの長距離軽視の流れに押されてしまったのか。


もともと、メジロ牧場は長距離に勝てる強い馬を作る事を指針として作られたらしい。
種牡馬には内国産を使うことも多く、なりとろは好きな牧場であった。


メジロデュレン、メジロマックイーン兄弟が活躍していた頃に競馬を始めたので尚更かも。


時代の流れにとり残されてしまったのか。

古き良き時代が終焉を迎えたようで、とても切ないニュースだった。


皮肉だろうか。
先日、皐月賞を勝ったオルフェーヴルの母父がメジロマックイーン。

そして、今週はメジロ牧場が最大の目標としていた天皇賞・春が開催される。


こうなったら、ぜひとも長距離専門の馬に勝ってもらい、メジロ牧場への餞として欲しい。


中距離馬でも勝てる、超がつくほどのスローペースの差し比べでは、天皇賞・春の存在意義がますます薄れてしまう。


メジロ牧場が目指した長距離に強い馬。
そういう馬が勝つのが天皇賞・春だと、ぜひとも証明してもらいたい。


メジロ牧場が無くなっても、その意志が天皇賞・春に結果として残るのであれば、メジロ牧場の今までの努力が報われると思うから・・・。

コメント (2)

間違いだらけ

2011年04月26日 16時37分37秒 | 

日曜日のブログで書いたこと、誤りが二点ありました。


東京競馬場の天気が『もった』と書いたこと。

土曜日の競馬場の馬場状態を知らず、皐月賞の良馬場を見ただけで判断した結果、ああいう記述になりました。
当日の日曜日だって、朝のレースは重馬場だったんですよね。
急速に乾いたという良馬場だったんだよね。


ナカヤマナイトの柴田善騎手のコメントの意味がこれでわかりました。



もうひとつは馬名間違い。
天下の皐月賞馬の名前を間違って書いてました。

×オルフェーブル
○オルフェーヴル

ですよね。

情けない(苦笑)

残念ななりとろでした。



昨日の月曜日、とっぴーとジョイの狂犬病予防接種をしてきました。


ついでにフィラリアの検査も。
ふたりとも、これでしばらく注射はないかな。

とっぴーは口輪をしなきゃダメだから、無事に終わったら一安心。

ジョイは…(笑)

コメント

愛しさと切なさと心強さと

2011年04月24日 22時20分05秒 | 競馬

東京競馬場。

お天気、持ちましたね。

 

良馬場での3冠レース第一弾。

皐月賞。

 

ステイゴールド賞・・・・になりました!

 

4番人気のオルフェーブルが、3馬身差の圧勝!

道中、中団よりやや後ろのインを追走し、

直線の坂を登りきったあたりからスパート。

 

抜け出す時に使った脚は、もう素晴らしいの一言!

他の馬を『止める』才能・・・名馬の証です。

 

前が止まらない展開を危惧していたのですが、

中団で道中折り合いがついてしまえばそんなこと関係ないですね。

完勝、圧勝、爆勝です。

これならダービーも・・・・・そう思えるくらいの勝ち方でした。

 

 

2番人気 ナカヤマナイトは5着。

道中は絶好位にいたのですが、向こう正面では口を割ってました。

休んだのが悪い方に出てしまったのかなぁ。

それでも粘って掲示板確保。

やはり力のある馬です。

ダービーでは人気にならない分、逆にレースがやりやすいでしょう。

 

 

フェイトフルオーは現時点ではまだ力不足。

成長途上、期待はまだ先でしょうか。

今日は付いて回っただけでした。

残念。

 

 

ディクタス系のクラッシックは、

ナリタトップロードの菊花賞、

ヒシミラクルの菊花賞以来、3勝目。

だから、

この時期での勝利は本当に価値が有ります。

 

ステイゴールド産駒の素晴らしさ。

ノーザンディクタスの時代が、また訪れそうな予感です。

 

今週は天皇賞ですね。

マイネルキッツが登場します。

勢いに乗って、もう一丁!!

 

 

皐月賞は、甲子園のレフトスタンドの中で見ました。

 

阪神は・・・・格下の大洋に惨敗。

見せ場は8,9回のみ。

最悪のゲームでした。。。

 

しかし、6番、7番。

この二人、何とかならないでしょうかね。

あまりにも酷すぎます。

 

金本は内野フライしか打てないし、

ジョージは当てるので精いっぱい。

ここでいつも攻撃の流れが止まるんだよなぁ。

 

赤星の言うように、

7番と8番を入れ替えたらどうだろうね。

金本・ジョージの並びは無いわ・・・。

 

なりとろ的にはマートン6番だけどね。

 

コメント

ステイゴールド賞(皐月賞)

2011年04月23日 22時07分51秒 | 競馬

明日は皐月賞。

注目するのは3頭の重賞ホースたち。

それぞれがステイゴールド産駒だ。

 

1頭目は ナカヤマナイト。

共同通信杯を勝ち、早くからここに照準を置いた。

もちろん、ダービーが最大の目標であるのだろうが、

早くから権利を取れた事で、余裕の調整が出来たのは大きい。

能力を消耗する中山競馬を使わずに済んだし、

この時期、無理に使わずに成長を待てた事に魅力を感じる。

今回の3頭の中では、

現時点では一番の力を持っていると思われる。

脚質には幅が有り、前で流れに乗れる器用さも持つ。

開幕週の府中も何ら問題ない。

 

2頭目はオルフェーブル。

2歳時から能力の片りんは見せていたが、

その若さから来る気性で勝ち切れず、

ようやく重賞に手が届いたのがトライアル(スプリングS)だった。

走るたびに成長を見せ、世代屈指の末脚を磨き続けてきた。

まだ若さが残る現状だが、その分、伸びシロも大きいはず。

まだ底は見せておらず、展開次第では圧勝まで考えている。

左回りは新潟で勝っており不問。

むしろ、開幕週の府中での前残りが気になる。

雨予報もその危惧をより一層現実のものとしそう。

乗り方が難しくなりそうだが、池添に任せるしかない。

 

3頭目はフェイトフルオー。

正直、この馬はあまり知らない。

京成杯を勝たれて、初めてステゴ産駒と認識したくらいで(苦笑)

しかしこの馬もナカヤマナイトと同じく、

早めに権利を取れた事で、成長を促す時間を持てた。

安定感は無いが、実にしぶとい競馬をするらしい。

京成杯で鼻差で退けたデボネアが弥生賞でピサのパテックと僅差の勝負をした。

その物差しから、一番人気とはオッズ程の差が有るとは思えない。

確実に成長するステゴ産駒としては、

使いづめるよりもこういうローテの方が好感が持てる。

3頭の中では一番人気が薄いが、

一発穴をあけるならこの馬かとも思う。

府中2000mは何が起こっても不思議では無いコースだからね。

 

3枠5番 ナカヤマナイト 6.1倍(2番人気)

6枠12番 オルフェーブル 10.6倍(3番人気)

7枠14番 フェイトフルオー 27.7倍(13番人気)

※23日 午後22時20分現在

 

ただし、明日はレースを見られない可能性が大。

甲子園に応援に行くので・・・。

今年初めてが、弱小・大洋戦。

また相手のミスで勝つのではなく、

実力で圧倒して欲しいな。

 

コメント (4)

脇谷の愚行は風化させない、絶対に。

2011年04月22日 23時05分40秒 | 競馬

巨人・脇谷は自分の凡プレーを隠したうえに、

更に嘘まで付いて見せた。

 

『捕りましたよ。・・・(以下略)』

 

こんな、みえみえの嘘を平気な顔をしてつける・・・。

 

野球をやろう!やりたい!!と思う子供たちが、

確実に減少しただろうね。

 

勝つためなら、嘘をつくのは当然だ。

人を裏切っても、勝てばそれで良いんだ。

そう、巨人・脇谷は体現して見せた。

 

巨人・脇谷にスポーツマンシップは無い。

皆無。

 

夏にはレギュラーでいられるかどうかもわからない3流選手だが、

この事は絶対に風化させたりしない。

このブログでは、定期的にこの話題を取り上げて行く。

 

 

絶対に、許さない。

絶対に、忘れたりしない。

 

絶対に!

 

コメント (4)

巨人だけには震災支援を語る資格がない!

2011年04月20日 21時17分48秒 | ぼやき日記

今日の阪神-巨人2回戦、7回裏。

阪神は1点を勝ち越してなお、213塁。

打者のブラゼルの当たりはセカンドへのフライ。

 

そこで事件は起こった。

巨人の2塁手・脇谷が落球。

3塁走者の鳥谷がホームイン、尚も走者12塁でチャンスは続く・・・?

 

あれ?

 

2塁の塁審が何か言ってる。

 

アウト???????????????????????????????????????????

 

 

あり得ない・・・・ことが・・・・。

 

プロ野球が始まってから何十年も続いてきた、

審判の巨人様は神様です!攻撃があからさまに行われた。

 

巨人の2塁手、脇谷は何事も無かったように、

自分が今、エラーで失点した事を薄ら笑いで隠し、

3塁側ベンチへと帰って行った。

 http://youtu.be/adAm1k_lhVs

巨人の2塁手、脇谷は自分が落球した事を隠し、

日本中の人々を欺いたのだ。

自分のミスは、観えなかった事によって帳消しにされたと、

喜び勇んでベンチに帰ったのだ。

 

アウトを宣告した審判からは、

絶対に脇谷の落球は確認できなかった。

でも迷う事なくアウトを宣言したのだから、最初からアウトと決まっていたのである。

 

そして、巨人の2塁手、脇谷は自分にも、日本中の人にも嘘をつき、

嬉々としてベンチに戻ったのだ。

 

見えてなければ、それでいいのか。

人が見ていなければ、何をしても許されるのか。

 

巨人の2塁手、脇谷は犯罪者と同じ事をした。

そうだ、誰も見ていなければ、

嘘をついても人を欺いても構わないのだ。

巨人の2塁手、脇谷はそういう人間なのだ。

 

原発の近隣の被災地で、空き巣に入る輩が居るが、

巨人の2塁手の脇谷はそれと同じ事をしたのだ。

 

 

被災地を応援するなんて恰好のいい事を言っておいて、

誠実に、ひたむきにプレーする事さえできない奴に、

被災地の事を考えるなんて出来るわけがない。

 

 

巨人の2塁手、脇谷には被災地を支援する資格なんてない。

巨人と言う球団にも無い。

 

所詮巨人など、そういう輩の集まりだ。

 

奴らはどうしようもない。

 

あんな球団、無くなってしまえばいいのに。

 

 

 

コメント (2)

さよならジョージ

2011年04月19日 21時08分18秒 | 激愛タイガース

今日は身内の手術のために、京都の病院へ朝から行ってました。

今帰りですが、さすがに待ち時間は長かった…(^^;

しかも、まだ体調が完全回復してないので尚更か。。。

でも、手術はうまく行き、とりあえずは一安心です。



さて、タイガース。
最近は打つほうが良くないので、中継ぎに負担が掛かりすぎてます。

なので、打順変更案。


1 俊介 センター
2 平野 セカンド
3 鳥谷 ショート
4 新井 サード
5 ブラゼル ファースト
6 マートン ライト
7 林(浅井) レフト
8 藤井 キャッチャー


城島は二軍行き。
あんだけ横や後ろに投球をポロポロこぼすような捕手はイラン!

打撃もダメ、リードもダメ、早く下げなきゃまた優勝逃しちゃうよ!

コメント

だうーん

2011年04月15日 19時53分56秒 | ぼやき日記

はぅ。


水曜日くらいから体がだるくて、でも熱もないので出勤してたんですが、さすがに今日は軽い発熱があり、一日休みました。


一応近所の町医者で診察を受けて、点滴+投薬を受けて家に帰り、横になってテレビを見てました。


すると、夕方になってから、急に体が熱くなり、寝込むことに。

さっき熱を測ったら37・7度。

上がってきました。


鼻水が出て咽に痰が絡んでいたので、エヘンエヘンしてたら喉が痛く、軽い喘息みたいに息が苦しい状況に。。。


なんだか下痢も始まって、いよいよダウンです。


なので、今日も早く寝ます。
息苦しくて眠りにくいんだけどね。

タイガースが勝つのが一番の薬かも。

コメント (2)

言う事なし、完勝。

2011年04月13日 22時58分04秒 | 激愛タイガース

阪神が開幕連勝。

今年はかなり強いぞ。


だけど、なりとろはちょっと体調がよくありませぬ。

寝ましゅ。

コメント

甲子園で開幕勝利!

2011年04月12日 22時26分19秒 | 激愛タイガース

試合数が増えたので開幕時期が早まったのと、

高校野球が独占してしまうために、

甲子園開幕戦が出来なかった阪神。

18年振りの本拠地開幕で、痛快な勝利を飾った。

 

先発・能見が悪いなりにも要所を抑えて6回途中まで3失点。

打つ方では、マートンの開幕先頭打者本塁打。

鳥谷のタイムリー安打。

新井の同点安打。

俊介の堅い守備に、代打・桧山のダメ押し打。

 

そして、今年の阪神の目玉、『KKK』。

 

久保田は7回のピンチを2球で抑え、

球児は9回を3者連続三振で締めて1セーブ目。

 

8回に登場の新戦力・小林は左翼・浅井のまずいプレーも有って1失点。

それでもその後をきちんと抑えきってリードを守った。

かなり緊張していたように見えたな(笑)

 

でも3人寄れば何とやら・・・と言います。

小林がダメなときは久保田&球児が助ければいいし、

久保田がダメなら小林&球児が助けてくれればいい。

3人でフォローしながらシーズンを戦えばいいのだ。

 

広島相手とは言え、いい勝ち方が出来た開幕戦、

今年の優勝を予感させるには十分な内容だった。

期待は大きく膨らみ、それは現実のものとなる。

 

さぁ、優勝して、甲子園と仙台で日本シリーズだ!!

 

コメント

日本プロ野球、あす開幕!!

2011年04月11日 21時35分15秒 | 激愛タイガース

震災の傷跡もまだまだ癒えぬ今日・・・。

また、大きな余震が起こりました。

本当に、いい加減勘弁してほしいです。

被災地の方々がかわいそうで仕方ないですよ・・・。

早く、安心して暮らせる状況になる事、願わずにはいられません。

 

 

そんな中、明日からプロ野球が開幕します。

ひと月前には開幕時期の事などでごたごたが有りましたが、

ようやくここにこぎ着いた…と言う感じですね。

 

プロ野球を見る余裕なんて被災地の方々には無いと思いますが、

試合をする事で得られる何かも有ると思います。

タイガース・新井貴選手のこんな思いのような・・・。

『新井・新井が本塁打、打点ごとに寄付』

 

新井だけじゃない、プロ野球全体でもたくさんの義援金を募っているし、

プロ野球ファンもそれに感銘を受けて協力している。

試合をする事で、日本に勇気と元気を与え、

経済を活性化することにも一役買う事・・・・。

プロ野球にも、サッカーに負けない支援活動は出来るはず。

 

がんばれ、日本!

がんばれ、プロ野球!!

プロ野球が日本の復興の象徴となる事を、切に願っています。

 

 

東北のタイガースファンのみなさん、

心はいつも共にある!

優勝に向けて全力のタイガースを応援しましょう!

 

 

 

コメント