F.F.Art Gallery

FF釣行記&出張先での旅行記&グルメ情報を中心に発信しています。

そば処 三百坊

2011年01月22日 16時05分15秒 | 美食

三百坊の謂われ : 
かつて、西暦852年頃、この地には、瀧山霊山寺という中心
となる修験場があり、その隆盛時には、300を数えるほどの
多くの坊舎が、立ち並んで、いかにも壮観であったという。
やがて、あまりに大きくなりすぎてしまった勢力を削ぐため、
鎌倉幕府により、閉山を余儀なくされ、跡形もなくなってしま
って、今日に至る。

なお、店名は、その当時、この場所を、三百坊と呼び慣わし
たことに因っている。この地に、山形の庄屋・陣屋であった
という大きな建物を、1972年に移築。蕎麦屋としての商
いは、今年で、23年目に入るそうです。

通常の板そばメニューに対して、こちらの”坊板そば”は、
蕎麦の産地である=地元 西蔵王産、敷地内の畑にて自家
栽培されています。
注文を受けてから、蕎麦を打ちますので、15分程度お待ち
下さい。

http://300bou.com/300bou/index.html


       大雪にもかかわらず営業中でした・・・


            そば処 三百坊


  縁側からの眺め(自慢の庭は雪に埋もれていました)


  自家栽培の一番、二番蕎麦粉を使った十一そば







        山形の小正月の伝統「だんご木飾り」

枝先に色鮮やかな飾りやだんごがつけられたお飾りは、雪国
の冬を彩ってくれます。
だんご木とは、米の粉で作っただんごを枝につけ、大きな稲
穂に見立てた船煎餅や宝船などで飾り付けた縁起物のこと
で、大黒柱や神棚に飾り、今年の豊作を祈ります。
だんご木に使われる木は、ミズキがその大半を占めるそうで
す。なぜ、ミズキがだんご木に使われるかというと、枝が規
則正しく水平に出て、小枝が細く揃っていて繭玉の餅が刺し
やすいことや、小枝が赤みを帯びていて美しいこと、春先に
樹液の吸い上げ盛んなために小枝の先が少し上向くように
なることから、それにあやかって運が上向くなどの、いくつか
理由があるようです。
ちなみにだんご木は、様々な願いを込めて縁起物だけに、
飾るときは枝が垂れたように下向きにではなく、小枝の先が
上を向くように飾らなければならないそうです。


            <おまけ画像>

            もってのほか(食用菊)

               山形牛

コメント (2)

フライリレー「ポンドでドボン」 西組2-No.3

2011年01月09日 10時11分56秒 | 釣り
昨日、hiramekijijii様から、フライリレー「ポンドでドボン」?
の連絡をいただきました。

バトンは東西各二本でスタート 50番目で打ち止め 東西
200名のリレーになるそうです。
西組2は、ブラックオセロさん→hiramekijijiiさんからバトン
をいただきました。

3日以内に回さなければ小物に終始、
7日以内に回さなければ、この年はボウズ同然という恐ろ
しいフライリレー!!!

http://6701.teacup.com/pond_de_dobon/bbs

皆様のようにフライを巻くことができないので、お気に入りの
フライでご勘弁下さい。

大物狙いのフライは、これですよ~ :Gランナー


朽木の大物釣れた! の連続記録がかかっていますので、
次のバトンは、現在破門中ですが、師匠(ドライ野郎さん)
にお願い予定です。
コメント (9)

大雪でした・・・

2011年01月08日 19時39分24秒 | 釣り
ノーマルタイヤでナントかたどり着けたものの、帰りは駐車場
から出られず、止む無くチェーンを着装。
山道を抜けたので、チェーン外そうとすると、ナント左のタイヤ
チェーンが見当たらず。 どうも途中で外れてしまったようです。
片方のチェーンのみで雪道を爆走していました・・・

「なごみ」にすればよかった・・・












             連続記録更新中!


           ヤマメも釣れました!
コメント (3)

謹賀新年

2011年01月01日 18時10分42秒 | 雑記帳
新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。


               平野神社

創建は天智天皇が大津京を遷都したときに、御祭神として
大鷦鷯皇命(仁徳天皇)を都の三里以内の守護神として祀ら
れたそうです


       蹴鞠を持つ誇らしげな尾うちわ狛犬
コメント (2)