F.F.Art Gallery

FF釣行記&出張先での旅行記&グルメ情報を中心に発信しています。

戒名

2013年02月14日 23時41分15秒 | 雑記帳

この世での名前を「俗名」と表現しますが、あの世にいっ
てから使う名前のことを「戒名」としています。
戒名の文字数は、仏の世界は平等であるということから、
誰もが2文字と決まっています。ところが、最近は、そこへ
「戒名(法号)」とは別に「院号」「道号」「位号」などが加わ
り、その方の位を表すようにしています。

戒名(広義)=院号3字+道号2字+法号2字+位号2字 

「院号」は、かつては人が生前に寄進した寺院名をつけま
したが、現在は、社会的貢献をした場合につけられます。
「道号」は、仏道を修めた人につけられます。
「法号」は、俗名から一文字取ってつけられます。
「位号」は、戒名の下につけられる文字で、性別や年齢に
よって付けられるもので、位などによって異なるわけでは
ありません。
(例)成人男子の場合、大居士・居士・信士など
(例)成人女性の場合、清大姉・大姉・信士など


この記事をはてなブックマークに追加

さげもん

2013年02月03日 10時38分08秒 | 雑記帳

”さげもん”とは、旧柳川藩時代に女の子が生まれた時、
親戚、知人から贈られた着物のはぎれで、この子が一生
幸せでありますようにと祈りを込めて、縁起のよい「鶴」
「兎」「宝袋」「三番鼠」「這い人形」など一針一針縫い上
げた手作りの布細工と鮮やかな七色の糸で巻いた柳川
地方伝統の大まりを下げ輪の中央に、小まりと縫いぐる
みを交互に下げ輪につりさげたものです。

             <おまけ画像>


この記事をはてなブックマークに追加

大お多福面

2013年02月01日 20時57分49秒 | 雑記帳

櫛田神社は博多の総鎮守として、「お櫛田さん」の愛称で
広く市民から親しまれている神社です。
平清盛が博多を日宋貿易の拠点港とした平安末期に御託
宣により鎮祭され、伊勢松坂の櫛田神社を勧進したものだ
と考えられています。
毎年、2月3日の節分を前に、楼門前で参拝者に福をもた
らす名物の「大お多福面」を神職らが木枠に和紙などを貼
り付けて作成します。40年以上前から毎年飾られ、大きく
開かれた口をくぐって参拝すると、商売繁盛や家内安全な
どの御利益があるそうです。

            <おまけ画像>

 


この記事をはてなブックマークに追加