タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

悔しいだろうな、ポルナノン・ファトラム選手!

2018年08月06日 | タイのプロゴルファー
 
 昨日の海外メジャー第4戦「全英リコー女子オープン」では、比嘉真美子プロも残念でしたが、
私はタイ人女子プロのポルナノン・ファトラム選手のほうが、より一層 残念に思いましたねぇ~

華奢で笑顔が可愛いことから、当ブログでも “タイの藍ちゃん” として何度も紹介してきました。
昨日の当ブログの訪問者が2,461人で閲覧数が6,292でした。これは ポルナノン・ファトラム選手の
ことが、日本では知られていないので、きっと彼女を検索して当ブログにヒットしたんでしょうネ。

 
 <ファンを大切にすることで人気も高いんですよ>

『彼女についてはマスコミによっては、ポーナノン・パットラムと呼んでいる紙面もあります。
私もそう書いていたこともありますが、これからはポルナノン・ファトラムに統一しますネ。』

28歳の彼女、今まで「全英女子オープン」には7回出場していますが決勝に進めたのは1度だけ。
そしてメジャーでの最高成績は2014年の「全米女子オープン」の7位ですからネ。 今回は
最終日までトップを守っていただけに、本人が一番悔しいでしょうが 私も本当に残念に思います。

最終的には地元 英国のジョージア・ホール選手(22)が、1打差の2位から出て6バーディ、
1ボギーの “67” をマークし通算17アンダーとして逆転。初優勝をメジャー制覇で飾りました。

 

ファトラム選手は終盤の17番でダブルボギーを叩いたのが響きましたネ。結局 2打及ばず
通算15アンダーの2位に落ちてしまいました。このダブルボギーは一生 悔いが残るでしょう。

英国勢の全英制覇は、04年のカレン・スタップルズ選手以来といいますから、英国では国中が
大騒ぎだそうです。もしポルナノン・ファトラム選手が勝っていれば、アリヤ・ジュタヌガーン
選手に次ぐ、タイ人女子二人目のメジャー制覇で、タイでも大騒ぎになったかも知れません。

 
 <優勝したジョージア・ホール選手>

でも彼女は毎年 シード権を獲得し安定的な実力を発揮し、米国ツアーにおいてタイ人女子プロの
開拓者と言っても過言ではないでしょうネ。アリヤ、モリヤ・ジュタヌガーン姉妹と今年 シダパ・
スワンナプラ選手(25)らに優勝は、先を越されましたが 10年も前から米国で戦っているんです。

彼女の出身は東北部チャイヤプーム県ですが、父親の勧めで9歳の時にクラブを握りました。05年の
13歳の時にはタイ女子アマで2位、同年の「クイーンシリキットカップ」には代表にも選ばれました。
海外でのジュニア大会では、よく 有村智恵・諸見里しのぶプロらと戦ったと聞いたことがあります。

 
 <アジアでは6勝しています>
 
同県のチャイヤプーム ラチャパット大学とプロフィールには明記されていますが、プロに転向
したのが08年ですから、中退しているのかも知れません。 これは どうでも いいことでした。

 タイではジュニア時代から知られていた彼女ですが ・・・ 長くなりますので明日に続きます。  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« タイ女性の社会進出は これが... | トップ | ポルナノン・ファトラム選手... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのプロゴルファー」カテゴリの最新記事