タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

タイのプラユット首相もG20首脳会議に出席!

2019年06月30日 | タイの出来ごと、あれこれ
   「インテックス大阪」(住之江区)で行なわれていた『G20大阪サミット』が閉幕しました。 集合写真にタイのプラユット首相も映っていました。“タイはいつから日米欧や新興国の リーダーが一堂に会する20カ国・地域首脳会議に加わったの?” と思いきや ・・・・ 特別招待客として、今月23日に閉幕した「東南アジア諸国連合(ASEAN)」の議長国として出席 していました。 今月11日に首相に再任され . . . 本文を読む
コメント

タイでは「家庭内 喫煙の禁止」という法律が ・・・

2019年06月29日 | タイの海外安全情報
   いやぁ~ 驚きます。タイで今度は、家庭内喫煙を禁止する法律が今年 8月20日より施行されるんです、ってヨ。 ここまで やりますかねぇ~  当ブログでも タイは喫煙に関して厳しい国と、たびたび書いています。最近では公共機関の 入り口から5メートル以内の喫煙を禁止する法律が施行。さらに先月4日からは、タバコの表紙に 「低タール」「クラシック」「女性」「セクシー」などの記載不可の規制が施行された . . . 本文を読む
コメント (2)

第一回目の女子リランキング順位、どうなるか?

2019年06月28日 | 日本のゴルフツアー あれこれ
   昨年からスタートした女子ツアーのリランキング制度は2年目を迎えました。ほぼ毎週 試合が あり戦っている選手は大変でしょうが、ゴルフファンにとってはスリリングで興味深いですネ。 リランキング制度はシーズン途中に、シード選手以外の選手(前年のシード権で次点の 5名、下部のステップアップ ツアーの1位、昨年QTの上位選手)を賞金ランキング 上位順に並び替え、リランキング順位に基づき、出場資格を付 . . . 本文を読む
コメント

タイへの持ち込みに注意と空港ランキング!

2019年06月27日 | タイの海外安全情報
   日本も夏休みが近づいてきて、訪タイする人も多くなります。新たに留意する事項が増えました。 タイ民間航空局は各空港に対して、機内に持ち込む液体物の規則の より厳格化を要請しています。 これまでも航空機には、規定により液体物は100ミリリットル以下の容器に入れたものしか持ち 込みが出来ませんでした。が、今後はこれまでの規定を厳密に液体物をチェックするとのことです。   これからは食料、飲料 . . . 本文を読む
コメント

ANAとJALでは こんなに順位が変わっている!

2019年06月26日 | タイのこぼれ話
   英国の航空業界専門の調査会社・スカイトラックス社が行なった航空会社のベスト10と、 ホテルなどの旅行に関する口コミ・価格比較を主とするウェブサイト・トリップアドバイザーの アンケートでは、同じベスト10でも、ちょっと変わってきます。 昨日からの続きです ・・・   スカイトラックス社のベスト10      トリップアドバイザーのベスト10 1. カタール航空(カタール)       シ . . . 本文を読む
コメント (2)

タイ国際航空が評価され ベストテンに選ばれた!

2019年06月25日 | タイの名所、名物、料理
   近年 赤字が続いているタイ国際航空(TG)に、TGファンなら嬉しいニュースが流れていました。 英国の航空業界専門の調査会社・スカイトラックス社が行なった「2019 ワールド・エアライン・ アワード」にて、「The World's Best Airline Lounge Spa Facility」と「The Best Airline Staff in Asia」の2部門で受賞したと … ス . . . 本文を読む
コメント

里奈ちゃんの応援観戦に行ってきました! 今後は?

2019年06月24日 | タイのゴルフ、あれこれ
   21日、立松里奈ちゃんが出場した「ニチレイ レディス」の第一日目に応援観戦に行って来ました。 会場は千葉県の袖ケ浦カンツリークラブ・新袖コース(6,548ヤード パー72)です。1965年に 開場された歴史のある林間コース。ですので、両サイドの杉や松の木々が深く密集しており、   林に入れると横に出すしかないという、またフェアウェイが狭く、グリーンが小さい難コースです。 広いフェアウェ . . . 本文を読む
コメント

「教師の日」のある行為が 批判される時代に ・・・

2019年06月23日 | タイの好きな所、良い所
   二つ目の「教師の日」となるワンワイクルー(教師尊敬の日)は、 6月の木曜に行なわれています。 昨日からの続きです ・・・ タイは4月が一番暑い季節。タイの学校の夏休みは3月中旬から5月中旬までとなります。 タイでは5月が学校の新年度になりますので、新学期が始まる5月末~6月中旬からの 木曜日は、多くの学校で「ワンワイクルー(先生を敬う日)が行なわれる時期なんですネ。   「先生を敬う」 . . . 本文を読む
コメント

タイには「教師の日」が 2回もあるけど 日本は!

2019年06月22日 | タイの好きな所、良い所
   タイの子供に「将来の夢は?」と尋ねると、どんな職場を返答すると思います? タイの子供が一番なりたい職業のトップは「医者」で、2位が「教師」です。3位にはサッカー選手など 「アスリート」が入っています。近年、世界でのタイ人プロの活躍で、ここにゴルフも入っているかも。    <子供の日には軍の戦車が開放されるので兵士に憧れるのかも> そして4位は「兵士」。日本で言えば子供が「自衛隊に入りた . . . 本文を読む
コメント

日タイで 一番 バンカーが多くあるゴルフ場はどこ?

2019年06月21日 | タイのゴルフ、あれこれ
   タイのゴルフ場は タイラ(平 たいら)ンド と言うくらい(笑)、アップダウンが少ない コースが多いのは周知の通り。それをカバーするために池とバンカーを多く配置しています。 今日は そのバンカーの話です。 こんな記事を読みました。 「ゴルフ発祥の地、スコットランドのリンクスでは、海からの強い風のため、小さなウサギ穴が 大きくなるなど、砂の窪みが自然発生的にできた。 それにバンカーという名前を . . . 本文を読む
コメント

タイで 日本のイチゴが 人気らしいですね!

2019年06月20日 | タイの出来ごと、あれこれ
   日タイ それぞれで簡単に食べられない果物といったら、どんなものがあるでしょうネ。 日本ではタイのドリアン・マンゴスチン・マンゴー・ランプータンでしょうか。ランプータンが 一番 見かけないかも? 今 タイでは果物の王様・ドリアン初め、これらの果実は今が旬ですネ。 昨年、タイのドリアンを中国のオンライン ストア「アリババ」に出店販売したら、1分で8万個も 売れ以来、中国では品切れ状態が続き . . . 本文を読む
コメント

バイクタクシーの「仁義なき戦い」は縄張り争い!

2019年06月19日 | タイの出来ごと、あれこれ
   乱闘事件が起き 死亡者2名を出てしまったバイクタクシー グループ同士の乱闘事件。場所は スクンビット通り ソイ103 (BTSウドムスック駅)の入り口でした。 昨日からの続きです。 乱闘事件の顛末はこうでした。 このエリア一帯は BTS(高架鉄道)の延伸が進んで、新しいビルや高層分譲マンションの新築が 続くなど、バンコクのベッドタウン 及び 商業地区として大きな発展を遂げている場所です。 . . . 本文を読む
コメント

タイでのバイクタクシー乱闘事件の要因は何だ?

2019年06月18日 | タイの出来ごと、あれこれ
   15日、バンコク市内のスクンビット通り ソイ(小路)103辺り(BTSウドムスック駅)で、バイク タクシー運転手の集団同士で、ナイフ・銃などを持出し、路上で大乱闘するという事件がありました。 時折、専門学校生同士が やはり集団で、乱闘騒ぎという事件は聞きますが、今時 大人同士が 縄張り争いで、乱闘騒ぎとは驚きます。 昔の昔、菅原文太のやくざ映画のようです(苦笑)。   タイには日本には . . . 本文を読む
コメント

タイ人プロの日本での活躍、マークセン選手の影響大!

2019年06月17日 | タイのゴルフ、あれこれ
   いやぁ~ 残念でした。プラヤド・マークセン選手53歳の大会3連覇なりませんでしたねぇ~ 国内シニアの「スターツ シニア ゴルフトーナメント」の最終日、首位をキープしていましたが、 「70」で回り通算10アンダーの3位に終わりました。でも今年も その健在ぶりを発揮しています。   結局、首位と5打差の6位から出た63歳の倉本昌弘プロがこの日ベストの「64」をマークし、通算 11アンダーで . . . 本文を読む
コメント (2)

ウッズ選手が 東京五輪を目標にしていると明言した!

2019年06月16日 | タイのゴルフ、あれこれ
   今日16日現在、海外男子メジャー今季第3戦「全米オープンゴルフ選手権」の3日目が スタート。松山英樹プロも気になりますが、今はタイガー・ウッズ選手も追ってしまいます。 そう、ウッズ選手が11日、東京五輪を目標にしているとはっきり明かしたからです。 “金メダル獲得に挑戦する機会は、もうそれほど残されていない” と、来年の東京五輪 出場を明確にして、今大会の「全米オープンゴルフ選手権」から試合 . . . 本文を読む
コメント