タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

交通事故対策、タイは日本を見習ってほしいな~

2017年12月31日 | タイのちょっと気になる報道!
   今年も今日で2017年が終わりますネ。 ご愛読 ありがとうございました。 読者の皆さん、来年も どうぞ 宜しくお願い致します。 日本では、今年の交通事故による全国の死者数が、1949年の3,790人を下回る 過去最少ペースであることが、ニュースになりました。 素晴らしいことですネ。   今月25日現在の死者数は3,609人で、昨年同期より190人減少したようですが、車の安全 性能の向上 . . . 本文を読む
コメント (5)

国立博物館の日本語ガイドさん、素晴らしい!

2017年12月30日 | タイの名所、名物、料理
   バンコク国立博物館にてボランティで案内している日本語ガイドさんたちは、同博物館を 管理するタイ文化省芸術局が認める正式なガイドなんですネ。 昨日からの続きです ・・・ ここバンコク国立博物館は、チャクリー王朝歴代の副王宮殿の一部であった敷地内にあります。 多くの歴史的建物もあり、今は展示室として使われています。展示品は、仏像やヒンドゥー神像などの 宗教美術品、王室ゆかりの伝統工芸品、王室の . . . 本文を読む
コメント

バンコク国立博物館で驚いたことは ・・・

2017年12月29日 | タイの名所、名物、料理
   タイで初めてバンコク国立博物館へ行ってきました。27日から始まった『日タイ修好130周年 記念特別展「日本美術のあゆみ-信仰とくらしの造形-」』の内覧会のお誘いを受けしました。 そして、噂に聞いていた博物館の日本語ガイドさんたちのガイドぶりに驚きましたねぇ~    <バンコク国立博物館は王宮広場の前にあります> まず特別展ですが、日本とタイが外交関係を結んで130年になるのを記念した、 . . . 本文を読む
コメント

選手会長としてマスターズも出場、素晴らしい!

2017年12月28日 | タイの出来ごと、あれこれ
   宮里優作選手会長(37)の来年4月に行なわれるマスターズ初出場が決まりましたネ。 今年の世界ランク対象大会が24日までに全て終了し、31日付の17年度 最終ランクが確定。 結果50位となり、年末時点の50位以内の資格によって念願のオーガスタの切符を掴みました。 何かと雑用の多い選手会長の業務をこなしながら4度の優勝を果たし、選手会長として初の 賞金王も獲後。今年の年末になってゴルフの神様 . . . 本文を読む
コメント

タイの副首相 宝飾品を申告せず、どう釈明する?

2017年12月27日 | タイのちょっと気になる報道!
   歌手のトゥーンさんが、タイの南北を縦断しながら11億バーツ以上の寄付金を集めたことに 「トゥーンさんを首相に」といった声が上がった裏には、こんな話もあるからでしょうか? それは 現在、プラユット政権のナンバー2であるプラウィット副首相 兼 国防相(72)に 「無申告 高級腕時計事件」が起きて、タイ国民の反発を買っているからかも知れませんネ。    実はタイにも、閣僚の資産申告制度があっ . . . 本文を読む
コメント

トゥーンさん完走で なんと 11億バーツを集めました!

2017年12月26日 | タイの出来ごと、あれこれ
   当ブログでも先月14日に書いたトゥーンさん(38)のチャリティーラン、ついに完走しましたネ! 人気ロックバンド「ボディスラム」のボーカリスト、トゥーンさん(本名・アーティワラー・コンマーライ)が タイの南北2,000キロ以上を縦断しながら7億バーツ(約24億円)という寄付金を集めるというチャリティーラン。   11月1日にタイ最南部のヤラー県ベトンを出発し、約1,300キロで12月4日 . . . 本文を読む
コメント

タイのクリスマスも 今や 一大イベントに ・・・

2017年12月25日 | タイの名所、名物、料理
   今日25日はタイもクリスマスです。今 タイは冬でタイの人は、寒い寒いと朝夕 騒いでいますが、 昼間は30度近くに … いくらトナカイや雪を降らせたツリーを飾っても、無理がありますネ(苦笑)。   タイは昔から現在でも、男子は一生のうち一度は仏門に入ることが大きな親孝行と言われ、また 誰もが僧侶を敬う敬虔な仏教国です。なぜにキリスト教徒でもないのに大きく騒ぐのか、と思います。   タイ . . . 本文を読む
コメント

女子プロはボールの初速をを大切にしている?

2017年12月24日 | タイのゴルフ、あれこれ
   永井花奈プロなんて 身長155センチの体重が55キロと、小柄な選手ですが、 ドライバーの飛距離は240ヤードを超えます ・・・ 昨日からの続きです。 体重があるからといって飛ばせるかというと、今の時代 そうとは言えませんネ。飛距離に 体重は余り関係ないようです。昨日 表記したベストテンで体重が70キロを超えているのは、 2位の川岸史果プロの75キロ(身長166センチ)だけですものネ。   . . . 本文を読む
コメント

日本の女子プロを見て 一般男子飛距離を探ってみる!

2017年12月23日 | タイのゴルフ、あれこれ
   「最近は 飛ばなくなって」という声を、周囲で よく 耳にするようになりました。若い頃 から比べると加齢とともに、飛距離が落ちていく悩みにぶつかるゴルファーは多いようです。 ドライバーショットを「少しでも遠くへ飛ばしたい」というのは、アベレージクラスから上級者、プロまで ゴルファーなら誰もが共通した想いでしょう。 すると頭に浮かぶのが “ヘッドスピード” という言葉?   40歳前後以上 . . . 本文を読む
コメント

まさか、タイのビアガーデンが廃止になるって?

2017年12月22日 | タイの出来ごと、あれこれ
   えっ! どうして ・・・ タイの乾季だけに行なわれる 恒例のビアガーデンが “違法である“ と、アルコール管理委員会の一部の委員が言いだしているようです。 昨年はプミポン前国王の逝去により控え、今年は11月に服喪期間が明け、セントラルワールド前 はじめ、各地でビアガーデンが復活しています。 が、ビアガーデン自体が、タイのアルコール 管理法で禁じられている「飲酒を促進する宣伝・広告活動に該当 . . . 本文を読む
コメント (4)

タイも 冬将軍? がやって来ている ・・・

2017年12月21日 | タイの出来ごと、あれこれ
   日本では冬将軍が到来し長引く停滞で、全国どこでも随分と寒いようですが、 タイもここ数日間、とても冷え込んできて この乾期で一番の寒さになっています。 中国からやってきた寒気団(冬将軍?)が、タイを覆っているようですヨ。 19日朝のバンコクの最低気温は15.5度ですからネ。バンコク西部の方では14.8度まで下がり、タイ東北 地方はさらに冷え込み、サコンナコン市では最低気温が7度までに。 チェ . . . 本文を読む
コメント

日タイの ラムウォン盆踊り大会 には驚きました!

2017年12月20日 | タイの出来ごと、あれこれ
   16日土曜日、初めて日タイ交流のラムウォン盆踊り大会へ行ってきました。 およそ1万人が訪れたと聞きましたが、いやぁ~ もっと来ていたように思うくらい凄い人でした。 マーブンクロンセンター隣のテップハサディン国立競技場(BTSナショナル スタジアム駅前)にて 行なわれましたが、その国立競技場のフィールドを埋め尽くすほど、多くの人が集まりました。    <ラムウォン盆踊り大会の「ラムウォン」 . . . 本文を読む
コメント (2)

アジアンツアーのQTは来月3日からスタート!

2017年12月19日 | タイのゴルフ、あれこれ
   2018年度・アジアンツアーのQTが来年1月3日からタイのゴルフ場で行われます。 昨日からの続きです。 略称QT(クオリファイングトーナメント(Qualifying Tournament)は、プロゴルフツアーにおいて ツアー本戦へのシード権を持たないプロゴルファーが、シード権を得るために参戦する予選会のこと。   ツアーによってはQS クオリファイング スクール(Qualifying . . . 本文を読む
コメント

アジアンツアーでは タイは 日本を抜いてしまうかな?

2017年12月18日 | タイのゴルフ、あれこれ
   24試合目となったアジアンツアーの最終戦である「インドネシア・マスターズ」が終了しました。 優勝賞金13万5,000ドル(約1,550万円)をゲットしたのは、最終ラウンドで1イーグル、 9バーディー、1ボギーの “62” と爆発した世界ランク6位のジャスティン・ローズ選手(英国)。 通算29アンダーの259で2位に8打差をつけての圧勝でした。 流石でしたねぇ~    <ジャスティン・ロー . . . 本文を読む
コメント

タイで日本の新幹線が具体化してきたけど ・・・

2017年12月17日 | タイのちょっと気になる報道!
   本当に タイで日本の新幹線が走るんでしょうか? 日本政府の事業調査報告は大丈夫? ライバルの中国を破り、日本の新幹線の導入を前提に 高速鉄道建設計画が、両政府の間で 進められていたのは、周知の通りでした。 が、ついに具体的な話になってきましたヨ。    <NHKが描くタイ新幹線のイメージ> タイ政府が日本の新幹線の導入を前提に建設を計画している高速鉄道について、日本政府は 事業調査の結 . . . 本文を読む
コメント