タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

パティ・タバタナキット選手の完全優勝なるか?

2021年05月09日 | タイのプロゴルファー
   6日からはスタートした「ホンダ LPGA タイランド2021」は、コロナウイルス第三波の最中に 無観客で行なわれてきましたが、何とか今日 最終日を迎えることができますネ。 良かったです。    <ジュタヌガーン姉妹とパティ選手> 昨日のバンコク都の新規感染者は1,112人が確認されるなど、首都が毎日大変な時です。 それをバンコク都出身のパティ・タバタナキット選手が、4バーディー・2ボギー . . . 本文を読む
コメント

日本ツアーに出場しているタイ人選手の活躍は ・・・

2021年05月03日 | タイのプロゴルファー
   日タイ共に コロナで大変な時ですが、ゴルフツアーは男女とも着々と行なわれています。 昨年の今頃は、ほとんどの試合が中止されていましたからネ。我々ゴルフ観戦ファン、少しは 救われます。 そこで今日は、日本でツアーに出場しているタイ人選手の近況に触れてみます。   昨日の女子プロゴルフツアー「パナソニック オープン」では、通算5アンダーで並んだ桃子 同士で熊本の先輩後輩(上田桃子 34歳・ . . . 本文を読む
コメント (2)

パティ選手 おめでとう! タイ国に嬉しい朗報でした!

2021年04月06日 | タイのプロゴルファー
   また一人、幼少期にウッズ選手に影響を受け、ゴルフを始めたタイの新鋭、パティ・ タバタナキト選手(21)が、男女を通じて今年最初のメジャーで頂点に立ちました。 ツアー初勝利がメジャータイトルですからねぇ~ 最終日、ボギーなしの1イーグル・ 2バーディの「68」で回り、通算18アンダーは立派でした。 振り返って見れば、 初日から首位を守り切る完全優勝ですからネ。 これは凄いことですよねぇ~ . . . 本文を読む
コメント (2)

今度はタイ国からシンデレラガールが誕生するか?

2021年04月05日 | タイのプロゴルファー
   今度はタイ国から21歳のシンデレラが誕生しそう。 日タイとも女子プロの若手は凄いです! 最終日の結果が出てから書けば良いとは思いますが、2位となっても素晴らしいので先行します。 タイ時間の朝8時の時点で、単独首位スタートのパティ・タバタナキト選手が序盤でイーグルを 奪うなど、前半でスコアを三つ伸ばしトータル17アンダーでトップを守っています。 しかし、   前半だけで七つ、11ホールを . . . 本文を読む
コメント (2)

今年のタイ出身のランクン選手はやれそうですよ!

2021年02月14日 | タイのプロゴルファー
   国内女子ツアーは3月4日から行なわれる「ダイキンオーキッドレディス」で幕を開けます。 コロナの影響で昨季の試合数が削減されたことから、20年と21年の今年は試合が統合される ことになりました。昨年は6月の「アース・モンダミン」までツアー開催が無かったことを 考えると、選手たちも今か今かと「ダイキンオーキッドレディス」が待ち遠しいでしょうネ。 20年は絶不調だったタイのS.ランクン選手も、 . . . 本文を読む
コメント

あのタイの女子プロがツアー中にプロポーズされた!

2021年01月26日 | タイのプロゴルファー
   いやぁ~ 驚きましたねぇ~ あのタイ出身のジャスミン・スワンナプラ選手(28歳)が、 米国女子ツアーの今年度 初戦「ダイアモンド リゾート チャンピオンズ」の最中、恋人の トーマスさんからサプライズ プロポーズされ、「Yes!」と即答したというのです。 バージニア州でITエンジニアとして働くトーマスさんは、同ツアーの第三ラウンド終了後に 18番のグリーン脇で片ひざをついてプロポーズ。 この . . . 本文を読む
コメント

日米ゴルフでのタイ人女子プロ、今季は散々ですね!

2020年11月22日 | タイのプロゴルファー
   男子ツアーの「ダンロップフェニックス」で、タイ出身のガン・チャルングン選手が9アンダー 5位タイ、首位と3打差で奮闘している。まだチャンスあり、初優勝に向け頑張ってほしいです。 ですが、日米に出場しているタイ人女子選手、今年は大変です ・・・    <ガン・チャルングン選手> アリヤ、モリヤ・ジュタヌガーン姉妹が新型コロナウイルスに罹ってしまったことは、16日の 当ブログでも触れました。 . . . 本文を読む
コメント

タイのゴルフ界で 忘れてならない第一人者は!

2020年07月15日 | タイのプロゴルファー
 タイの男子ツアー・第三戦目「トンチャイ ジャイディ 財団」で優勝したのは、昨季 日本 シニアツアーで賞金王になったタワン・ウィラチャン選手 53歳でした。昨日からの続きです。 日本ツアーで今季のシード権を持っているガン・チャルングン選手28歳初め、多くのタイ人 若手プロ、アマチュアア選手145人が参戦したにもかかわらず、ベテランのウィラチャン 選手の勝利でした。 そうでした、プラヤド・マークセ . . . 本文を読む
コメント

タイ人プロでただ一人出場のランクン選手は!

2020年06月18日 | タイのプロゴルファー
   日本の男女ツアーを通じ初めて開催される、JLPGAツアー「アース・モンダミンカップ (千葉県袖ケ浦市カメリアヒルズCC)」が、一週間後(25日~28日)に迫ってきました。 コロナ禍の影響で無観客ですが、熱戦の模様はインターネットで四日間ライブ配信されます。 同大会公式サイト 及び JLPGAのHPで観戦できます。今季の初めての試合ですから楽しみです。    <昨年の覇者 申ジェ選手は出場 . . . 本文を読む
コメント

アリヤ選手もファンも 開幕が待ちどうしい!

2020年06月13日 | タイのプロゴルファー
   2016年の「ANAインスピレーション」最終日、アリヤ選手はトップの座から4位に転落。 その後、二人のコーチ(ニールソン氏・リオット氏)に師事しています。 昨日からの続きです。 メンタルの弱さを、二人の教えである「ビジョン54」から学び、その年のアリヤ選手の 大躍進は、コーチの教えなくしては語れないと言われるくらい、大きなものだったようです。    <「ビジョン54」では宮里藍さんと一 . . . 本文を読む
コメント

昨日11日は アリヤ選手が世界1位になった日でした!

2020年06月12日 | タイのプロゴルファー
   昨日の6月11日は、我々 タイ在住のゴルファーにとっては忘れられない日でもあります。 そう、2017年のことでした。21歳のアリヤ・ジュタヌガーン選手が米国女子ツアー「マニュライフ LPGAクラシック」にて 同年初優勝(通算6勝目)し、15年10月から85週間、1位を守ってきた 20歳のリディア・コー選手(ニュージーランド)を抜き、初めて世界トップについた日でした。 アジアから韓国・宮里 . . . 本文を読む
コメント

コロナ禍により 決意を新たにしたジャズ選手!

2020年06月07日 | タイのプロゴルファー
   日本政府は現在、COVID-19 防疫措置により世界111カ国を対象に入国制限を実施しています。 よって 今季、日本ツアーでシード権を持っているタイ人プロも、現時点で 日本に滞在して いなければ、6月7月の開幕戦には出場できない状態です。 昨日からの続きになりますネ。 ところが日本政府は最近、新型コロナウイルスが収束しつつある一部の国のビジネス関連 訪問客に対して、入国制限の緩和を検討し . . . 本文を読む
コメント

里奈ちゃんが「ホンダLPGA」の出場権を獲得した!

2020年01月26日 | タイのプロゴルファー
   さぁ~ 来月の20日(木曜日)からスタートする米国女子ツアー第5戦「ホンダ LPGA タイランド 2020」が、開幕まで24日間を切りました。今年は渋野日向子プロが「今季 初戦を迎える大会」となりましたから、一層 日タイで注目と話題を呼びそうです。    <やりましたねぇ~ 立松里奈さん> その国内予選会(1月21日・22日)に立松里奈さん(18)が、62人の中 一人という狭き門を、 . . . 本文を読む
コメント (2)

ジャズ選手がアジアンツアーで 初の賞金王に確定した!

2019年12月17日 | タイのプロゴルファー
昨日、当ブログで触れませんでしたが「日立3ツアーズ選手権」に、シニアツアーからタイの プラヤド・マークセン選手とタワン・ウィラチャン選手も出場していました。テレビ放映では、 ほとんど渋野・石川プロの組しか映しませんから、気づかなかった人も多かったでしょうネ。   各ツアーから6名しか出場できなきい中、タイから2名も出場しているなんて、日本において随分と タイ人勢も勢力を伸ばしてきました。私たち . . . 本文を読む
コメント

今季のタイ人勢は大躍進でした、来季が楽しみです!

2019年12月11日 | タイのプロゴルファー
  日本のプロゴルフ界において、今年ほどタイ人勢の活躍が目立った年はありませんネ。 今までのタイ人プロでは、男子ではプラヤド・マークセン選手(52)がダントツで、女子では O・サタヤ選手(35)が通算3勝していました。ところが今年は、S.ランクン選手(20)が 初優勝を遂げ、賞金ランク31位(約3,915万円)に入り 来季のシード権もゲットしました。    <ランクン選手> また ヌック・ス . . . 本文を読む
コメント