タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

ホンダ LPGA タイランド 2019 がスタート、誰が ・・・

2019年02月22日 | タイのゴルフコンペ
   タイの2月の風物詩となった感のある米国女子ツアー「ホンダ LPGAタイランド」が、今年も開幕。 ツアー自体は第4戦で会場は、もちろんサイアムCCのオールドコース(6,576ヤード・パー72)です。 昨日はバンコクで夕方に用事があり、早めにサイアムCCを後にしましたが、やはりアリヤ、モリヤ・ ジュタヌガーン姉妹の人気はずば抜けています。世界ランク1位と18位で地元タイの選手ですから     . . . 本文を読む
コメント

ドン・キホーテのタイ1号店が鏡開き、驚きました!

2019年02月21日 | タイの名所、名物、料理
   近年、十代・二十代の女性が、やたら “ヤバい、やばい” という言葉を頻繁に使う この表現、 余り好きではありません。ですが、昨日だけは “これはヤバい、やばい” と叫んでしまいました。 何がヤバいのか、バンコクで多くの日本食材を取り扱っているフジスーパーや伊勢丹がヤバいんでは。 明日22日にエカマイ通りソイ5(トンロー通りだとソイ10)に「ドン・キホーテ」がオープンします。   昨日、 . . . 本文を読む
コメント

今年の暑季は熱いらしい、ナイターゴルフもいいね!

2019年02月20日 | タイのゴルフ、あれこれ
   3月に近づいて来ました。 タイの気温も これから徐々に上がっていきますヨ。   通常 タイの気候について、日本の観光ガイドブックなどには 暑季(3月~5月)、 雨季 (6月~10月)、乾季(11月~2月)と 紹介。 当然、これから暑くなっていきます。 ですが 欧米人は、ホッテスト(3月~5月)、ホッター(6月~10月)、ホット(11月~ 2月)と 暑さの順に 三つの季節を そう呼んでい . . . 本文を読む
コメント (1)

私は今日、”タンブン” を意識してしまいますね!

2019年02月19日 | タイの出来ごと、あれこれ
   タイでは今日19日は「万仏節(マーカブーチャー)」という仏教日で祝日です。  随分と知られるようになりましたが、タイの仏教日では酒の販売が禁止されます。 違反者には6カ月以下の懲役、1万バーツ以下の罰金が科されます。レストランでも提供して くれません。 外国人には販売しても良さそうに思えますが、これはタイのルールですからネ。 今日の「万仏節の日」とは、釈迦がウェールワン寺院を訪れた際 . . . 本文を読む
コメント

華人が増えて タイらしさが消えていくかも ・・・

2019年02月18日 | タイの出来ごと、あれこれ
近年、タイへ訪れる中国人観光客が年間1千万人を超えるといいます。ホントに増えました。 今年の春節の大型連休には何十万人もが、観光都市を訪れています。その折には、各都市の 不動産関連をチェックする人も多いと聞きます。将来、移住も考えているんでしょうかネ?    <第二のチャイナタウン? ホイクワン駅近辺> タイ国政府観光庁はバンコク市内にあるヤワラートという中国人街を、世界の8大チャイナ タウ . . . 本文を読む
コメント

21日から「ホンダ LPGA タイランド」がスタート!

2019年02月17日 | タイのゴルフコンペ
   さぁ~ 今週の21日から米国女子ツアー第4戦「ホンダ LPGA タイランド」がスタートします。 2006年からスタート、速いもので今年で13年目を迎えますネ。 当初は06年と07年は10月の 開幕でした。しかし、この時期の気候は雨季。雨天になるケースが多く その為 雨天の心配のない 2月に変更となり、08年には実施されず、09年2月からの再スタート。実質は12回目となります。   同大 . . . 本文を読む
コメント

現軍事政権系の政党が優位かな? 政治動向 13

2019年02月16日 | タイの出来ごと、あれこれ
   タクシン元首相は海外で “ウボンラット王女が首相になれば帰国の道が開け、その先に 政界復帰も見えてくる” と内心 密かに期待していたでしょうネ。 昨日からの続きです。 さて、昨日のタクシン派・タイ貢献党の集会、どうやらスダラット元保健相が 次期首相の有力候補になることを、印象づける内容だけの集まりだったようです。     <スダラット氏> 各党とも首相候補に3人の届け出を提出できます。 . . . 本文を読む
コメント

タイ国家維持党は解党か! 政治動向 12

2019年02月15日 | タイの出来ごと、あれこれ
   昨日、15日の今日16時頃からバンコク都庁前で、タクシン派のタイ貢献党が演説集会を 行なうので会場周辺には近づかないように、と在タイ日本大使館から注意喚起が流れました。 何の集会を行なうのか、気になるところです。   やはりタクシン派のタイ国家維持党が巻き起こした「ウボンラット王女 首相候補擁立問題」で、まだ 色々とくすぶっているよう。選挙管理委員会が “立憲君主制への敵対行為に当たる . . . 本文を読む
コメント

フラワーマーケットへ行ったことあります?

2019年02月14日 | タイの名所、名物、料理
  今日はタイでもバレンタインデー。ご存知、タイでは男性が女性にバラの花を贈ることが慣習です。 近年は 日本を倣ってか、チョコレートの贈り物も増え、花と肩を並べるくらいになってきました。 でも、街中の花屋さんは、昨日から大忙し。タイのバレンタインデーではバラの花が一番売れる日です。 1,500バーツ以上の花束を注文すると、14日に指定した場所に届けてくれる、なんてサービスもあります。      . . . 本文を読む
コメント

タイの成人女性が ゴルフをやらないのは ・・・

2019年02月13日 | タイのゴルフ、あれこれ
   タイの成人女性がゴルフをやらない理由に、“歩く” という要素も その一つでしょうネ。 よく歩く我々からすると「タイの人は ホント歩かない」と思います。昨日からの続きです。 歩くことの少ない要因に時代的な背景も手伝っていると思いますので、昔を振り返ると ・・・ バンコクの道路は大通り(タイ語でタノン)と、そこから派生する小道(タイ語でソイ)」で   構成されています。大昔のバンコクは、そ . . . 本文を読む
コメント

アリヤ選手が世界1位になって女性ゴルファーは?

2019年02月12日 | タイのゴルフ、あれこれ
   大阪なおみ選手が世界ランクトップになり 日本女子のテニス人口が増えていると聞きます。 タイではアリヤ・ジュタヌガーン選手が世界ランク1位になって、ジュニアのゴルフ人口は着実に 増えています。ですが、成人女性のゴルファーは なかなか増えません。日本のテニス人口は、 成人女性で初めてラケットを握る女性も増えているんでしょうか。 興味のあるところです。   タイでゴルフをする皆さんも感じて . . . 本文を読む
コメント

さっぽろ雪まつりで タイが2年連続・8回目の優勝!

2019年02月11日 | タイの名所、名物、料理
   恒例のさっぽろ雪まつりでの国際雪像コンクールで、タイチームが見事 2年連続 8回目の 優勝を成し遂げしました。作品名は「プラー・ガット(ベタ)」。 素晴らしい技術力です!    <プラー・ガット(ベタ)タイでは闘魚でもあります> 雪まつり自体は70回で雪像コンクールは46回と結構 歴史がありますが、タイは23回目の出場です。 今年は9チームの参加{タイ、フィンランド、ハワイ、インドネシア . . . 本文を読む
コメント

ワチラロンコン国王のご対応、速かった! 政治動向 11

2019年02月10日 | タイの出来ごと、あれこれ
   いやぁ~ 今回はワチラロンコン国王に、失礼ながら “あっぱれ!” ですねぇ~ 国王の対応が非常に速かったです。タクシン派の一つタイ国家維持党が、ウボンラット 王女を首相候補として届けた翌日の昨日(9日)に、“不適切だ” と声明されました。   「ウボンラット王女は 故プミポン前国王の長女であり、今も王室の一員である。憲法に 定められているように国王は政治性のない存在であり、王室メンバー . . . 本文を読む
コメント (1)

王女が首相になるかも知れない! 政治動向 10

2019年02月09日 | タイの出来ごと、あれこれ
   いやぁ~ 驚きました! こんな奇策 誰が予想したでしょう? これは超ウルトラCですヨ。 報道されているように、タクシン派政党の一つであるタイラクサチャート党(タイ国家維持党)は、 現在のタイ国王陛下であるワチラロンコン国王の姉にあたり、前プミポン国王の長女の ウボンラット王女(67)を首相候補として届け出ました。これにはタイの国民もビックリです。   ウボンラット王女が、タクシン氏と妹 . . . 本文を読む
コメント (3)

東南アジア各国で 滞在ビザが厳しくなっている!

2019年02月08日 | タイでのロングステイ
   日本人がロングステイを希望する国として、マレーシアが12年連続で1位ですが「政権の交代で、 滞在ビザも厳しくなるのでは?」という、ご意見が寄せられました。(タイは7年連続2位です) 一昨日の当ブログでタイ・リタイヤビザに一部変更があるかも知れないことを書きましたが、その折に ペンネーム・メナムの残照さんからも、ご意見と情報を頂きました。 参考にさせて貰いますネ。   タイも3月24日に . . . 本文を読む
コメント