タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

きっと、タイの野良犬は 世界一 幸せでしょうね。

2020年09月27日 | タイのおもしろ小噺
    日本からタイに 初めて来た人たちが驚くことの一つに、コンビニの 入り口前や、はたまた 店内にまで入り込む野良犬がいることでしょうネ。  野良犬にとって、お客が出入りする折に流れてくるエアコンの風が堪らないよう。でも店員は まったく 無頓着。それどころか、人からエサを 貰えますから その場所に居すいちゃいます。   野良犬にとって、タイという国ほど暮らしやすい国はないかも。野良犬に と . . . 本文を読む
コメント

タイの非常事態宣言、10月31日まで7度目の延長!

2020年09月26日 | タイの出来ごと、あれこれ
   やはり 推測した通り「非常事態宣言」をもう一カ月(10月31日まで)延長されますネ。 これで7回目の延長となるのかな … 今回の理由は、陸続きの隣国・ミャンマーで新規 感染者が一カ月以内に5,000人急増しており、流入を防ぐという観点からとしています。 ”地方の感染拡大を防ぐために公衆衛生省の監督と協力の下で、全国的に厳格な対策を 確保し強化するために、さらなる「非常事態宣言」が必要であ . . . 本文を読む
コメント

日韓・タイとも、コロナ禍で自殺者が増えている!

2020年09月25日 | タイの出来ごと、あれこれ
   日本ではこの2カ月で、3人の俳優さんが自殺をしてメディアを賑わしました。1月~6月の 全体の自殺者は前年同月よりも少なかったようですが、7月・8月になり増加しているといいます。 報道によると、特に8月は大幅に増加し、全国で前年同月比15.3%増の1,849人に上りました。 女性の増加が顕著で、6月は前年同月比1.2%増の501人、7月は同14.6%増の645人、8月は   同40.1% . . . 本文を読む
コメント

今こそ 若い世代のゴルフ人口を増やせるかも!

2020年09月24日 | タイのゴルフ、あれこれ
   ここ四日間の連休で、日本の観光地には 多くの人が出て「ウイズコロナ」の社会に なりつつあるようです。 ゴルファーも以前のようにプレーしているんでしょうか? タイでは コロナ禍の中、“まだまだ、家族を家において大手を振ってゴルフに行けない” なんて、ある駐在員の方が言っていました。土・日曜のコンペも以前の賑わいは まだです。   2020年になって、突如 やって来たコロナウイルスで、タイ . . . 本文を読む
コメント (3)

エアアジア、1月からの予約開始 ちょっと待って!

2020年09月23日 | タイの出来ごと、あれこれ
   昨日、ゴルフプレーのため、頻繁に来タイしている知人から、こんな問い合わせがありました。 “エアアジアが2021年1月から日本発バンコク行きのプロモーションを、往復25,900円で スタートさせたので、是非 予約しようと思っている。本当に 1月から訪タイできるのか” と。 確かに『エアアジア特別プロモーション(メンバー限定運賃)』として「2021年 新しい旅に 出かけよう」と謳い、日本各地 . . . 本文を読む
コメント (1)

タイの高齢化社会に 先輩として日本も協力して!

2020年09月22日 | チャリティー活動
   昨日の日本は「敬老の日」でした。 65歳以上の高齢者人口は9月15日現在、前年より30万人 増えて3,617万人になり、総人口に占める高齢者の割合は28.7%で、過去最高を更新したとのこと。 一般的に言われていることですが、65歳以上の高齢者の人口が7%を超えると「高齢化社会」。 14%を超えると「高齢社会」といい、21%を超えると「超高齢社会」と呼んでいます。   日本は2017年の . . . 本文を読む
コメント

タイ民主化集会、今度は 10月14日が心配です!

2020年09月21日 | タイの出来ごと、あれこれ
   19日からの反政府集会は、プラユット政権が発足して以来、最大規模のデモとなりました。 参加者は何万人になったようですが、8千人以上の警官隊も出たようです。しかし、衝突など 大きなもめごとも無く なんとか平穏無事に終了したことは何よりです。 ヤレヤレですネ。   今までの反政府集会(民主化運動)と大きく違う点は、反政府活動家・弁護士・政治家など、何人か 名前があがっていますが、デモの矢面 . . . 本文を読む
コメント (1)

270ヤードで女ウッズが、穴井詩プロを超えました!

2020年09月20日 | 日本のゴルフツアー あれこれ
 やはり、笹生優花プロが優勝でした! ツアー大会ではなく「ドライビング女王コンテスト」です。 同女王コンテストは、昨日「デサントレディース東海クラシック」の2日目 終了後に行なわれました。 270.0ヤードを記録し 予想された通りに勝ちましたネ。彼女の素晴らしい点の一つは、“19歳と いう若さなのに、ドライバーからパターまでリズムが変わらいないことだ“ と言われています。 このような 今回の「ド . . . 本文を読む
コメント (1)

19日の集会、24日に国王帰国、大丈夫かな?

2020年09月19日 | タイの出来ごと、あれこれ
   今日 19日は、8月16日でしたか? 「王室改革10カ条」を掲げた、タイの学生団体の 大規模な反政府集会(民主化運動)が行なわれる予定です。なんでも同集会には 明日に かけて7万人以上集まると見込んでいるようですからネ。 何もなければ良いですが … 昨日 昼の時点では、王宮近くにある国立タマサート大学構内で開催されるとしていましたが、 大学当局が施設使用を認めませんでした。王室改革という問 . . . 本文を読む
コメント (1)

特別観光ビザ? 何を考えているんだろう!

2020年09月18日 | COVID-19 関連
   タイ政府はいかにも、“特別に考えてあげたぞ” と言わんばかりの長期滞在外国人観光客用 「特別観光ビザ」。週に100人から300人、月に最大1,200人の訪タイ者を見込んでいるそう。   昨年は4,000万人近い訪タイ者を迎え、観光産業がGDPの2割近くになる観光立国であるタイ。 コロナウイルスを抑え込んでいるというのに、こんな案しか浮かんでこないのでしょうかねぇ~  タイ観光スポーツ省 . . . 本文を読む
コメント

こんな特別ビザでは、ゴルフ場は生き残れない!

2020年09月17日 | タイの出来ごと、あれこれ
   先日、友人とゴルフをするつもりが、急に来られなくなり、一人ゴルフを楽しみました。全ての ゴルフ場ではありませんが、これが出来るゴルフ場が多いこともタイゴルフの魅力の一つですよネ。 ましてや今はコロナ禍で、ゴルフ場は空いているし、料金も例年と比べると安く、プレー目的の 長期滞在者、ゴルフ好きの事業主、駐在員などにとっては、数少ないコロナ禍の恩恵の一つです。   毎年、タイのゴルフ場では3 . . . 本文を読む
コメント

タイ国際航空、黒字化も夢ではない、頑張って!

2020年09月16日 | タイの名所、名物、料理
   航空会社の話が続きます。経営破綻していたタイ国際航空に タイ中央破産裁判所は14日、 会社更生手続きの適用を認めました。 これで再建に向け、第一歩を進むことになります。 会社更生手続きの更生プランを同裁判所が、仮に否決していたら、タイ国際航空は廃業と なっていました。ピヤサワット同社元社長ら六人とコンサルタント会社が、更生計画策定人    <ピヤサワット氏は2012年、インラック政権の誕 . . . 本文を読む
コメント (2)

航空・観光業界の支え無しで五輪は成功しない!

2020年09月15日 | COVID-19 関連
   シンガポール航空のリストラで 日本支社にも影響が出るのではと 懸念されます。 ですが、米国の大手航空会社・ユナイテッド航空がコロナの感染拡大による業績悪化で、 成田空港にある客室乗務員の日本拠点を、今月末で閉鎖することを正式に決めたようです。 米国でアメリカン航空とシェア争いを繰り広げ航空業界を引っ張っている大手もコロナには 勝てません。これで堰を切ったようにアメリカン・デルタ航空などもリ . . . 本文を読む
コメント

アジアの航空業界はどうなってしまうのだろう?

2020年09月14日 | COVID-19 関連
   世界のどこの国を見てもコロナ禍の本格的な回復は、今だ不透明です。昨日からの続き ・・・ シンガポールも日タイも然りですネ。シンガポール政府はビジネス往来の再開について、 多くの国と交渉中で、日本政府との「ビジネストラック」もその一つです。日本とシンガ ポール両国の経済を回復軌道に乗せていく上で、重要な一歩となることが期待されます。   中国やマレーシアとも合意に達しており、どしどし や . . . 本文を読む
コメント

ビジネストラックとシンガポール航空のリストラ!

2020年09月13日 | COVID-19 関連
   羨ましい話です! 日本とシンガポール政府が「ビジネストラック」をスタートさせます。 同トラックは主に短期滞在者向けで、普通 入国後に課される14日間隔離の自宅やホテルなどでの 待機期間中も行動範囲を限定した形でビジネス活動が可能だといいます。日本政府が「ビジネス トラック」に合意したのはシンガポールが初めてになります。「活動計画書」の提出などが 必要ですが、今月18日より手続きを受け付け . . . 本文を読む
コメント (1)