タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

サタヤ選手、日本女子オープン 予選通過できそう!

2017年09月30日 | タイのゴルフ、あれこれ
   昨日は「日本女子オープン」へ、O・サタヤ選手の応援観戦に行ってきました。 会場は千葉県・我孫子GC。昨日も初日(雨天のため)の影響を受け、51選手が競技を 終えられず、午後5時17分に2日連続の日没サスペンデッドになってしまいました。 今日の午前6時45分競技を再開し、予選突破者は引き続き第3ラウンドを行ないます。    <サタヤ選手とキャデイの永井さん> サタヤ選手はスタートが早かっ . . . 本文を読む
コメント

国王の火葬式の日程が決まり、留意する点が ・・・

2017年09月29日 | タイの出来ごと、あれこれ
   プラユット首相から故プミポン前国王の火葬式に関する発表がありました。この期間 (10月25日~29日)にタイに滞在する方々は、いろいろな面で留意が必要ですヨ。 昨年10月13日に亡くなったプミポン前国王の服喪期間は1年間ということで10月12日まででした。 が、15日間 延長され 10月27日までとなりました。そして今後は毎年、10月13日を「ラーマ9世 記念日」として祝日になり、今年だけ . . . 本文を読む
コメント

インラック氏に5年の実刑判決が … さぁ~ どうなる?

2017年09月28日 | タイの出来ごと、あれこれ
   昨日、最高裁判所はインラック前首相に、禁錮5年の実刑判決を下しましたネ。 最大で禁錮10年の判決が言い渡される可能性もありましたが、その半分の5年でした。 8月25日、コメ買い取り制度で国に巨額の損失を与えたとして、職務怠慢などの罪に問われた 裁判の日、最高裁前には約100人の支持者も集まって、無罪を訴えたにもかかわらず、法廷に   姿を見せず国外に逃亡という、思いもよらない行動をして . . . 本文を読む
コメント

10月からタイの出入国カードが変わりますが …

2017年09月27日 | タイの出来ごと、あれこれ
   10月1日からタイに入国する際に必要な出入国カードが変更になりますネ。 現在使用されているカードと比較しても、記入事項にはそれほど大きく差がありませんが、 今まで入国と出国用に2枚になっていたカードが、一枚になるとのことです。裏面にあった 「どこから到着したか、次はどこの国へ行くのか」という項目が無くなり、少し簡素化しています。    <新出入国カードは表裏で1枚に> 今回の変更は、出 . . . 本文を読む
コメント

アジアンとの共催試合の1勝は 価値高く夢も広がる!

2017年09月26日 | タイのゴルフ、あれこれ
   片岡大育プロの優勝は とてもタイミングが良かったですネ。ドンピシャリでした! 昨日からの続き。 先週20日放映の「ナカイの窓(中居正広の司会)」という番組で、『私たち○○のプロです』という特集が 組まれ、5組の各界のプロフェッショナルが集まる中、プロ中のプロとして片岡プロの専属キャデイである 伊能恵子さんが選ばれました。 その翌日曜日の26日に片岡プロと伊能さんコンビが優勝ですからねぇ~ . . . 本文を読む
コメント

バンコク・チームの一人、片岡大育プロが3勝目!

2017年09月25日 | タイのゴルフ、あれこれ
   「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ」で優勝したのは片岡大育プロで良かったですネ。 今年はアジアンツアーメンバーに登録、もしくは賞金が獲得できている選手で同大会に出場できた 選手は、池田勇太・平塚哲二・丸山大輔・片岡大育・今平周吾・川村昌弘・竹安俊也・亀代順哉プロら 8人でしたが、優勝した片岡大育プロの他に上位に入ったのは今平周吾プロの4位タイと二人だけ。 22日 当ブログに書いた川 . . . 本文を読む
コメント

日タイのゴルフ場での喫煙事情の違いは ・・・

2017年09月24日 | タイと日本の違い!
   タバコに厳しいタイ、更に今年7月からタバコ規制法が改正されています。昨日からの続きになるかな。 1992年に制定されて以来の改正となり、保健省は「若者の喫煙者を減らすとともに非喫煙者の 健康を守ることなどを目的としたもの」としています。 喫煙できる最低年齢を18歳から20歳に 引き上げ、一本単位でのタバコの販売も禁止。また 社会活動において、タバコメーカーが 間接的に行なう宣伝 及び 製 . . . 本文を読む
コメント

タイでアルコール・タバコが値上げになっていますよ!

2017年09月23日 | タイの名所、名物、料理
   先週の16日から改正物品税法が施行され、タバコとアルコールなどの小売価格も騰がっていますネ。 物品税関連の法律を一本化し、税額の算出方法を変更したもので、年間約120億バーツ(約408億円)の 税収増となるようです。物品税率が変わっても在庫分を値上げしないで売っている店もあれば、早々に 小売価格に反映させている店もあるようです。 どんな商品がどのくらい値上げとなったんでしょう?   私 . . . 本文を読む
コメント

アジアでシード権を持っている日本人選手、頑張れ!

2017年09月22日 | タイのゴルフ、あれこれ
   日本ツアーとアジアンツアーの共催が4試合目となる「アジアパシフィック ダイヤモンド カップ」がスタート。プラヤド・マークセン選手初め タイ人プロも20人前後参戦しています。 初日はツアー5勝の高山忠洋プロが自己最多の10バーディー(1ボギー)を奪い、ツアー 自己ベストスコア「62」をマークして9アンダー、5年ぶりの首位で発進しています。 が、    <竹安俊也プロ> アジアンツアーとの . . . 本文を読む
コメント

スマートビザで タイに優秀な外国人が入って来る?

2017年09月21日 | タイの楽しみ
   タイ政府は先月18日、高度なスキルを有する専門家や投資家を誘致するため、4年間滞在可能な ビザを提供する新システム計画が閣議決定されたと発表しました。 その名称は「スマートビザ」。 同ビザを取得するには、どのようなスキルや技能が求められるのか、近いうちに報告や発表が オンラインされるといいますが、まだありませんネ。このビザを取得した外国人は、ワーク   パミット(労働許可証)を申請しな . . . 本文を読む
コメント (2)

タクシン氏のメッセージの意味するものは?

2017年09月20日 | タイのちょっと気になる報道!
   国外へ逃亡したインラック前首相は、今 どこにいるのか その動向は不明ですが、兄 タクシン 元首相のツイッターでの呟きと、ファミリーの ちょっとした動きが話題になっています。 タクシン氏は昨日、英語で「11年前の記憶がタイ人の心の中から消えていないことを望む」と書き込み ました。振り返れば昨日は、タクシン氏が軍事クーデターで政権を追われてから11年になる日です。   更に「私はこれからも . . . 本文を読む
コメント

宮里藍プロは世界のゴルファーと日本人の誇りですね!

2017年09月19日 | タイから英樹・遼・藍プロを応援!
   日米のゴルフ界を引っ張ってきた第一人者、宮里藍プロ(32)がとうとう エビアンで 開催された米国メジャーツアーの「エビアン選手権」で、現役最後の試合を終えました。 最終試合は、通算1オーバーの32位で競技生活に終止符を打ちました。「自分自身にお疲れさまと 言いたい」と語り、涙をぬぐっていました。その姿を見て、つい貰い泣きをしてしまいました!   その涙は前日に行なわれた「ロレックス・ア . . . 本文を読む
コメント (2)

今日ほど想う、80歳になってもゴルフができればと …

2017年09月18日 | タイの番外編
   今日18日は、日本では 敬老の日ですネ。タイでは、4月13日が敬老の日になります。 4月13日と言えば、タイの正月であるソンクラーンに当たりますから、水かけ祭りに隠れて 余り大きく取り上げられません。 水かけ祭りの前に 家族の年長者、敬う目上の人の手に、   香の付いた水を少し掛けて尊敬の念「お年寄りを敬う」という行為が 慣習となっています。  そんな慣習と文化から、4月13日をタイ . . . 本文を読む
コメント (3)

シニアでタイの鉄人・マークセン選手が強すぎる?

2017年09月17日 | タイのプロゴルファー
   相変わらずの鉄人であり、ダントツの強さですネ。そう、プラヤド・マークセン選手のことです。 日本国内シニアメジャー「日本シニアオープン」3日目を終わり、初日から首位を走るマークセン選手が、 通算20アンダーで、2位に8打差で大会連覇、年またぎでのメジャー3連勝に王手をかけています。    <日本シニアオープン参戦のそうそうたるメンバーたち> 今年のシニアツアーは前年度から3試合増、2試合 . . . 本文を読む
コメント

まだ 逃げるなら、レッドブルの不買運動をやろう!

2017年09月16日 | タイの出来ごと、あれこれ
   国際指名手配されたウォラユット・ユーウィタヤ容疑者の祖父であるチャリアウ・ユーウィタヤ氏が 1976年、 ドリンク剤「クラティンデーン(レッドブル)」を開発。タイ国内各地に試供品を100万本 以上は配布した販売戦略が功を奏して、今ではタイ業界最大手になりました。 昨日からの続きです ・・ レッドブル創業者のチャリアウ氏は毎年、米国・経済誌フォーブスの「世界長者番付」でタイの 上位にランクイ . . . 本文を読む
コメント (2)