タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

渋野プロの笑顔は女子プロに大きな影響を与えている!

2019年12月16日 | 日本のゴルフツアー あれこれ
   昨日の男子・女子・シニアによる対抗戦「日立3ツアーズ選手権」は、和気藹で 楽しかったですネ。最後の試合も渋野日向子プロが話題の中心で終わったようです。  渋野プロが初出場した女子チームが、4年ぶり5度目の優勝だなんて、これもめぐり合わせが 出来すぎです。それにしても、しぶこフィーバーの影響か、鈴木愛プロの笑顔が多くなりました。   渋野プロが海外メジャーを勝った頃から 急に鈴木愛プロの . . . 本文を読む
コメント

タイの新未来党とタナトーン党首が大変、どうなる?

2019年12月15日 | タイの出来ごと、あれこれ
   毎週 週末になるとバンコクの民主記念塔周辺で、民主活動家グループによる政治集会が 実施されています。昨日は新未来党のタナトーン党首が、自ら呼びかけ集会を開きました。 3月の総選挙で反軍政を掲げ躍進した革新系新党「新未来党」は、政党法違反で 現在、選挙管理委員会(選管)から憲法裁判所に解党を申し立てられている最中です。    <タナトーン氏> 選管が「プラユット政権寄り」と知られている上 . . . 本文を読む
コメント (1)

タイ古式マッサージが 文化遺産として登録されました!

2019年12月14日 | タイの名所、名物、料理
   いやぁ~ 意外でしたねぇ~ ユネスコ(国連教育科学文化機関)が、政府間 委員会で、タイの古式マッサージを無形文化遺産に登録することを決めました。 一昨日、当ブログで書いたようにタイのマッサージは、イメージが良くないこともあって、登録は 難しいと思っていましたけどねぇ~ これを機会に悪いイメージを国をあげて払拭してほしいですネ。   無形文化遺産には、2013年に日本人の伝統的な食文化と . . . 本文を読む
コメント

石川遼プロの10億円、プロ野球では高額ではない!

2019年12月13日 | 日本のゴルフツアー あれこれ
   石川遼プロが最終戦の「日本シリーズJTカップ」で劇的な逆転Vを飾り、生涯獲得 賞金額が10億円を突破。28歳82日での10億円到達は、史上最年少記録と話題となりました。   プロになったのが16歳でしたかネ、12年で10億円って、プロ野球選手に比べたら そんなに 高額ではないですネ。プロゴルファーとプロ野球選手の年棒を比較する記事を目に留めました。 石川遼プロはゴルフ界のトッププロです . . . 本文を読む
コメント

タイ古式マッサージは 無形文化遺産になり得るか?

2019年12月12日 | タイの名所、名物、料理
日本の人たちに「タイのイメージは何ですか?」と聞くと、タイ料理・タイマッサージ・ 仏教寺院という答えが返ってくるらしいです。まだまだ、ゴルフは入らないようですネ。 タイ料理は すでに世界的にも有名になっています。そして、そのタイマッサージを「タイ 古式マッサージ」として、タイ政府がユネスコ協会(国連教育科学文化機関)に無形文化   遺産へ申請していました。 どうやら現在、ユネスコ委員会 . . . 本文を読む
コメント

今季のタイ人勢は大躍進でした、来季が楽しみです!

2019年12月11日 | タイのプロゴルファー
  日本のプロゴルフ界において、今年ほどタイ人勢の活躍が目立った年はありませんネ。 今までのタイ人プロでは、男子ではプラヤド・マークセン選手(52)がダントツで、女子では O・サタヤ選手(35)が通算3勝していました。ところが今年は、S.ランクン選手(20)が 初優勝を遂げ、賞金ランク31位(約3,915万円)に入り 来季のシード権もゲットしました。    <ランクン選手> また ヌック・ス . . . 本文を読む
コメント

タイのツーリストビザ、少し利便性が高まるかな!

2019年12月10日 | タイでのロングステイ
   今年7月から タイのプラユット首相率いる新政権が民政としてスタート。新閣僚36人が 就任して4カ月余り、各省で競うように様々なルールの変更が起きているように思います。 タイ観光・スポーツ省大臣には、ピパット氏が着任しましたが、この人もいろいろ新ルール 作りをしています。滞在に関するビザ関連について 何かと変更や修正を行なっていますが、 今度は「観光ビザ(ツーリストビザ)」に変更があるよう . . . 本文を読む
コメント (2)

石川遼プロ、選手会長兼務で今季3勝はお見事!

2019年12月09日 | 日本のゴルフツアー あれこれ
   さすが石川遼プロでした。やってくれました、こうでなければいけません。 「日本シリーズJTカップ」で、S・ノリス選手が優勝し、今平周吾プロが賞金王を逃したら、 “男子ツアー、どうなる” と観ていましたら、石川遼プロの大逆転優勝で幕を閉じました。   プレーオフの3ホール目、5番から4番アイアンに持ち替えてグリーン左下2.5メートルに落とし バーディで決着をつけました。同じ18番ホールで一 . . . 本文を読む
コメント

バンコク市内で歩行者天国が復活しますね!

2019年12月08日 | タイの名所、名物、料理
   バンコク都では今月から、シーロムや中華街で 歩行者天国を復活させると聞いています。 日本からの訪タイの方々に、珍しいバンコクの一面が観られるかな。エリアは BTSサラデン駅付近の シーロム通りと中華街のヤラワート・カオサン通りで、それぞれ週末を中心に実施されるようです。   このバンコク都の歩行者天国、以前 行なわれていた時は好評でした。が 今回は路上での伝統 舞踊や音楽演奏、屋台の出 . . . 本文を読む
コメント

女子ゴルフのQT戦で笑った、泣いた選手は ・・・

2019年12月07日 | 日本のゴルフツアー あれこれ
   来季の出場権がかかった4日間の熱い女の戦い、ファイナルQT戦が終了しました。  来季シーズンの前半戦(リランキングまで)に出場できるボーダーラインを確実に するには、35位以内に入らなければいけません。 最低40位以内でしょうかネ。    <左から吉田優利、西村優菜、安田祐香プロ> 今年のプロテストに合格した17歳~19歳の「プラチナ世代」のほとんどが、35位以内に 入りました。 安田 . . . 本文を読む
コメント (2)

冬場の時期、タイ北部では凍死する人もいます!

2019年12月06日 | タイの海外安全情報
   私 12月の日本でも 人に会う際、2月の真冬の恰好をしているので、よく笑われます(苦笑)。 でも今年の気象庁が昨日発表した「1カ月予報」によりますと、“お正月にかけての1カ月は 全国的に 気温は平年より高く、暖冬になる” と予想しています。 私は助かりますけどネ。    <寒いのに多くのタイ人は札幌雪まつりに来ますね> タイの気象局では、中国上空から張り出した高気圧の影響でタイ北部など . . . 本文を読む
コメント

来季の国内女子ツアーのシード権選手は ・・・

2019年12月05日 | 日本のゴルフツアー あれこれ
   現在、女子プロゴルファーが最も緊張するファイナル QT が行なわれていますネ。 今年から出場がLPGAの正会員に限られた選手だけの4日間の日程で、ファイナル QT (クォリファイングトーナメント)で35位前後の選手が、来季ツアー前半戦の出場権を 獲得できます。 ファイナル QT(96名)に来るまでに、167名の選手が脱落しています。   ツアーで実績のある服部真夕、O・サタヤ、金田久美 . . . 本文を読む
コメント

タイ南部の「夜間外出禁止令」は解決策となるのか?

2019年12月04日 | タイのちょっと気になる報道!
   プラユット首相は、タイ南部において「夜間外出禁止令」の検討の許可に関し、 “南部地域のテロを未然に防ぎ、治安状況を掌握し、そして国家の安全を確保する為” として、同禁止令の必要性を強く国民に訴えました ・・・ 昨日からの続きです。 もし「夜間外出禁止令」が発令された場合、一年間になるようです。現在 検討されている タイ南部4県(ヤラー県・パタニー県・ナラティワート県・ソンクラーン県)の内 . . . 本文を読む
コメント

タイ南部地方のイスラム過激派問題のこと!

2019年12月03日 | タイのちょっと気になる報道!
   最近、タイ最南部4県でイスラム過激派によるテロが、時折 起きているようで気になります。 11月、最南部の分離独立を掲げるマレー系イスラム武装グループとタイ軍と警察の 治安部隊の銃撃戦があったり、タイ国鉄の線路上で爆弾が爆発したり、しています。   その4県は、タイ南部マレーシアとの国境地帯にあるパタニー県・ナラティワート県・ヤラー県・ ソンクラーン県でイスラム教徒が多く住む地域です。こ . . . 本文を読む
コメント (2)

女の戦い、ライブで放映してほしかった!

2019年12月02日 | 日本のゴルフツアー あれこれ
   いやぁ~ 女の戦い(闘い) 面白かったですねぇ~ 最終戦の「LPGAツアー 選手権リコー杯」は、国内女子ツアーの今年を、象徴するような締めくくりでした。 渋野日向子プロは「単独2位以上」を前提条件に、首位と2打差3位でスタートしましたが、 70と伸ばしきれず通算7アンダーの281の2位で終わりました。賞金ランクは2度目の女王   戴冠となった鈴木愛プロに、約757万円差の1億5,261 . . . 本文を読む
コメント